上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日目。
銃弾を受けたボディーガード、ヴァージルの容態、
弾とともに防弾チョッキの破片が体内に残り、移動、
脊髄を圧迫し始めたので、至急手術が必要になる。
このこともすぐに犯人は情報を得て、あのメガネの殺し屋が
だいたんにも今度はその手術室に。
メスをもち執刀医に切り付けたところで、その場の様子を見ていたラティマーに追われ逃亡。
(執刀医の安否は?首切りつけられてたもんねースゴイ出血だったし・・)
ヴァージルの手術は無事に終わり、証拠となる弾も取り出された。
特殊な弾丸だと鑑識からの報告が届く。
スポンサーサイト
誘拐から3日目。
普段どおりに振舞うため、予定通り恒例のチャリティ・パーティーを
行うことにするケイン家。
コンラッドは見張りをまいて、旧知のサリバンのところへ出向く。
彼が息子レオポルドの誘拐に関係しているのかどうかを
問い詰めに行ったが、子分たちに取り押さえられ叩き出される。
ナップは、獄中のラリーを訪ねるが、なぜかラリーは、パーティーのことも知っていて・・。
そして、パーティーには、招かれざるサリバンも来ていたのだが・・。
エリーには、前に会ったと言う男が近付く。
彼女が一人になったところを見計らい、その男スコットは、息子の誘拐に対する条件を彼女に内密に伝えるが~。
金の受け渡し時は罠で、突入したブルックリンの現場では爆発が起き
犯人の思うツボ。踊らせられた捜査陣。
そして事件発生から2日目。
ナップには獄中から電話が。
なぜか事件の詳細を知っている囚人。ナップとの関係は~?
一方、レオポルドの姉のブラウン大の学生オーブリーは依然連絡が取れず。
FBIの捜査陣は、前回の失敗のためか、ケイン家を追い出された?
近所から家を見張ったり、ナップを尾行したり・・すぐバレてるけど。
そして、末娘アリスに届いた箱の中身は・・・。
それも誘拐実行犯グループを次々と始末してるメガネの男が届けたんでしょう?大胆なもんだねぇ。
まずはその安否確認もあってオーブリーの学生寮に向かった捜査陣。
(すでにナップは到着済(爆))
彼女の携帯やメールのデータから、接触した人物がわかる。
NYのケイン家、ふだんどおりの朝をむかえ、
長男のレオポルドは、ボディガード付きで車で学校へと向かう。
今朝は友人のアルフレッドもその車に便乗。
早朝の風景が一転、複数の男達によって車は襲撃を受け、
車の運転手やボディーガードのヴァージルも撃たれ、
そのまま何もなかったように車ごとレオポルドらは連れ去られる。
その後、彼らが学校に到着していないと言う知らせを受け、
事件が発覚し、やがて同乗していた友人のアルフレッドが
犯人のメッセージを持たされて解放され現われ・・・。
この冒頭の襲撃事件発生の一瞬。
ちょうどダコタ嬢とデンゼル氏の映画「マイ・ボディーガード」を
彷彿とするものがあった。
(でも、あれだけ派手に銃撃戦しといて、いくら早朝だからって、
周囲に目撃者とか無し?事件公にならないわけ?)
AXNにて放送。全13話らしい。
週2話ずつの連続放送。

NYの裕福な家庭の息子が、ある朝突然、誘拐される。
そして、彼の救出にあたるために依頼されたのが、主人公であるナップ。
警察やFBI等が、救出はもちろんのことではあっても、
犯人逮捕や身代金の奪回に重点をおいているのとはことなり、
あくまでナップは、人質の救出が目的であり、
無事救出によってのみ、成功報酬を得るというプロ。
その立場の違いや、手段の違いによる対立とかがあるのかな。
そして、何やら被害者宅には、秘密もあるらしいし・・・。
それにしても、この一件の誘拐を13話使って話を進めていくんだよね?
途中展開が鈍ってきたりしないのかな~?
とりあえず、初めの1、2話では、スピーディーで面白かったけどねー。
裕福なケイン家の当主コンラッド役には、ティモシー・ハットン。
わりと近年のTVシリーズ「5デイズ」あたりでは、
娘思いの勇敢な父親だったりしたけど、
イイ役もやれば怪しい役柄もあったりするので、
チョット曲者?(爆)さて、今作ではいかが?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。