上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜか今回の冒頭の夢は、ジョーの夢(爆)
ブリジットを連れて靴下売り場でウロウロ・・・乾燥機が靴下を食べちゃうだの云々。(そもそもその靴下、乾燥機に入れたら縮みません?>ジョー)
ちょっと目を放した隙にブリジットが居なくなり、さぁ大変!で目が覚める。ジョーにまでアリソンの霊能力が移っちゃったりしたら、
そんな夢じゃアブナイじゃない、事件じゃない~ (((((^^;)
まぁそれはそのまま終わるが、どうやら連続誘拐殺人事件の捜査にアリソンはかりだされていて、深夜に及ぶ捜査でアリソン家もかなり危機的状況。ジョーがアリソン風の夢を見るのもその現われか?(爆)

スキャンロンと一緒に向かった現場、寝室などには何の手がかりも発見できないアリソンらだったが、たまたま入った浴室で
なんと鏡に映って見えた映像は、初回登場のテキサスのプッシュ警部の捜査風景。同様に浴室の鏡から今回の証拠が発見される。

家族で乗馬の予定が嵐によりキャンセル、人生ゲームを始めるアリソン家だったが・・。
スポンサーサイト
今回のアリソンの夢、今までで一番強烈な惨劇だったような・・。
14歳の少女が診察を受けるが、診察室で主治医に惨殺される。
翌朝の新聞記事を眺めてもそのような事件は起きていなくて、
デヴァロスに探してもらうと、似たような事件が91年に起きていて
犯行を勧めるような声に促されたとする医師は、医療施設に送られていた。医師はまさに夢で見た医師だったが、少女は違う少女。
さらに、ドアのところで発見者らに語りかけた別の男の存在は不明。
(この男、”24”に続いて”SOF”のCJことマーク・シェパード!また悪役かいっ(爆))
アリソンが夢や91年の少女の惨殺事件を調べていることをモンタージュを見て知ったスキャンロン刑事は、急きょレストランにアリソンを呼び出す。そこの壁紙風な指名手配の人相書きに、まさにモンタージュの男が。ただし、彼は、100年以上も前に似たような事件の犯人で既に死んでいるのだが・・・。スキャンロン刑事はアリソンをからかったつもりだが、アリソンは激怒、帰還。
今回のアリソンの冒頭の夢、何やら事件性がありそうな黒人青年が運転中、後部座席には子供が乗っていそうだが、
彼は途中で職務質問をパトロール警官に受けるがやり過ごす。
そのあと、子供は彼の手によって生き埋めに・・・っとなったようで、
アリソン、思いっきりむせて苦しくなり目覚め。

母の日、ジョーの母親がやってくることになり、アリソン憂鬱。
バスルームでぼやいていると、前にベッドで登場したジョーの亡き父が現れたりもする。

デヴァロスのところには、”正義の番人”と言う団体が、終身刑となって服役中の男から無実を訴える手紙を何度ももらって冤罪の疑いがあると来ていた。
その男バトラーは、麻薬中毒でもあり多くの罪も問われるが
また同様に麻薬中毒な被害者を銃殺したとされているが、
その証拠に問題があるのではないかと言うもの。
被害者から発見された銃弾の銃がバトラーの車から発見されたに過ぎないということらしい。
10年前のその事件、被害者の死体の発見したとされる巡査がなんとスキャンロンで、”正義の番人”らとの聴取に同席するアリソンは、
スキャンロンの証言に嘘を見抜いてしまう。
気流で揺れ始めた飛行機、次第に揺れが激しくなりまるで墜落しそうな夢を見るアリソン。
そして朝には早くから呼び出しがあったようで
アリソン留守のなかジョーはシリアル朝食の用意。
出てきたブリジットの頭には、自転車用のヘルメット。
わざと外さずに寝たらしい。しかもかぶったまま学校へも行くと言い・・。
妻が三日前から行方不明となっている男の取調べの協力にアリソンは呼び出されていた。(男は、オォ~!チャド・ロウじゃないの~)
スキャンロンも来ていて、妻の行方不明で疑うのはまず夫だと言う。
が、アリバイもあるし、彼の怪しいところが見つからないと。
アリソンがその男コールを取り調べるが、
彼は何度も聞かれているが、その間に行方不明の妻がどうにかなっているかと思うとただ心配だと答える。そしてパイロットであることがわかり、アリソンが朝見た飛行機の墜落は、彼の会社の飛行機だった。
その場で、朝の夢の続きを見るアリソン。
今回のアリソンの夢、追われる男と追う男たちの夢。
なぜかはっきりとスペイン語の夢に、傍らのジョーなどあきれ気味。
デヴァロスの勧めで凶悪事件などに携わる者として、
一度その”結末”を見とどけておいたほうが良いと、死刑執行場面に立ち会うアリソン。
そこでの死刑囚セレラには、何も感じることが無かったアリソン。
まるで魂がないかのように、何も訴えてこなかったと言う。
そして、深夜、スキャンロン刑事からの事件の電話。
ロレーナと言う女性が殺害され、容疑者としてその場にいたらしいラミレス(刑事ナッシュ・ブリッジスの部下エバンよね?だいぶ老けたけど(笑))が逮捕される。
無実を主張するラミレスが真犯人として主張するのは、
死刑を執行されたばかりのセレラだった!
(ラミレス側の弁護人には、またワット弁護士登場(爆))
ロレーナはセレラの恋人であり、同時に同業者(麻薬売買?)のラミレスとも関係があった。
三角関係にあった恋人を殺害に死者が蘇った!?

冒頭アリソンがうなされて目が覚めた夢・・・ギロチンとはまた~。
しかも中世のような髪だし、なんだそりゃ(・・?
首をバッサリと言うのは、風邪で熱はある、ノドは痛い、鼻はグシュグシュの悲惨な状況のアリソンだったのね。
風邪薬をなんとか飲んでTV前でグズグズウトウトしていると
子供の頃に再放送で見てファンだったという懐かしのドラマ「奥様は心が読める」が始まり、
いつのまにか、その主演の私生活でも夫婦であるアビゲイルとヘンリーと時をともにする登場人物スタッフのドロシーとしてコスプレ状態のアリソンの夢となっている。
息の合った夫婦役を演じる二人のようだったが、実生活での夫婦関係は
かなり微妙となっているようで・・・。
彼らと一緒に行ったバー(?)で、後方にショーン・コネリーが登場していると言うのが可笑しかった。(もちろんご本人じゃないけど(笑))
アリソンはこの2週間ほど頻繁に見る夢で必ず起こされてしまい睡眠不足。
線路と列車とそれに沿って走る二人の少年。
やがて一人は線路の向こう側に、もう一人は転んでついて行けずに
線路と列車を挟んで離れ離れに・・・・っと言うような夢。
隣で同様に起こされて迷惑だろうにジョーは、なんとか改善するために
専門家のアドバイスを受ければ?っと気づかう。
さらに、ちょうど家族で訪ねたアランのホームパーティーで出会った霊能力を研究するカードウェル博士に相談するようにアリソンに気を使うジョー。
(なんて気の利く旦那様だこと・・寝不足の影響を訴えるのがせいぜいのはずなのにねぇ)

またいつものようにアリソンの協力を得ようとするデヴァロス。
議員が地元で射殺されたが目撃情報もなければ証拠もなく犯人があがっていない事件。
犯罪組織絡みの事件のようではあったが、突然に容疑者が弁護士を伴って自首してきたと・・しかし、容疑者は14歳の少年で、
どう考えても自供の信憑性が疑われる。
アリソンを同席させるが、この睡眠不足状態でアリソンは、途中でウトウトしてしまったりと期待に反して全く戦力にならず。
やむなくデヴァロスは、孤軍奮闘することになってしまう。
今回の冒頭の夢は、アリソンではなく、長女アリエルの夢。
最初はメルヘンタッチだったが、城にドラゴンに・・・
そして森で何者かに追われる登場人物少女サラ・・・は、なぜかアリエル本人。
夢の話を朝食時に一生懸命するが、いつものあわただしさで聞いてもらえなくて苛立つアリエル。
(ブリジットなど食べかけのシリアルの皿、アリソンにサッサと下げられていたしね~(爆))
アリエルをなだめ”夢と現実は違う~”っと言うアリソンに
まさに君の言葉か・・・っとジョーの厳しい突っ込み(笑)

学校からの遠足(?)、博物館までのバスから、
まさに夢の光景、ドラゴンの絵に、思わず勝手に戻ってしまうアリエル。
アリエル行方不明~っと、アリソンも呼びつけられて大騒ぎに。
今回のアリソンの冒頭の夢、弟マイケルが派遣先のアフガニスタンで戦死?(弟マイケル役はライアン・ハースト)
マイケルの安否が気がかりでならないアリソン、朝から問い合わせるが
部隊のそうゆう情報は全く入ってきてないらしく、苛立つアリソン。
毎度のことながら、ジョーも娘らもあきれ気味^_^;

一方、デヴァロスには、ある住所のメモを渡される。
ともかくも現地に行ってみろと詳細は何も知らされず・・・デヴァロスもどんどんアリソンの能力を認めてるってことよね。
現場は放火現場。
そこでアリソンは(犠牲となった)少女ディードレの話を聞く。
この事件で母親は重度の火傷で昏睡状態。
職場のアシスタントとどうやら浮気をしていたらしい父親に容疑が
かかりそうだが・・・。
昏睡状態の母親からも何か受けるものがあるかとデヴァロスと病院に同行するアリソン。
ただし、死者の霊が多く彷徨う病院って、アリソンにとっては難関だったのね。なるほど・・・。
冒頭のアリソンの夢は、どこかの崖で若い女性の投身自殺の瞬間。
飛び降りと同時にアリソン、ベッドから転落~なんだけれど
今回ジョーは爆睡ちゅうにて、アリソン手を貸してもらえず(爆)

ジョーを職場に送ったときに、同僚ブレットとご挨拶。
握手をした瞬間にアリソンに見えたシーンは・・・彼の心停止~(>_<)
悩んだすえにジョーに報告するのだけれども、
ジョーもやはり同僚であり親友であるブレットの身が心配で、
苦肉の策でアドバイスするが、当然ながらまともに聞いてもらえず。

投身自殺の現場を発見できたアリソン、そこにはもちろん死体が。
その女性の身元確認にやってきた恋人の父親が
なんと第5話で法廷でアリソンと闘った弁護士ワットだった。
未明にアリソン家に自ら”悪魔”と称する男が出現・・の夢。
ともに叩き起こされすっかり寝不足なジョーに
追いうちをかけるアリソンの告白~”一週間遅れてる”(爆)
既に3人の娘が居るアリソン家、しかしジョーは
どうやら本音ではまだ男の子を望んでいるらしい。

検事局で偶然スレ違った男が、夢に出てきた”悪魔”だったが、
デヴァロスの話では、稀にみる善意の市民だと。
それでもアリソンは、彼が極悪人に思えてならない。

長女アリエルの算数苦手克服に、ジョーの特訓が行われる。
(しかし、手始めにやってた掛け算って・・・アレじゃアリエル対象じゃなくブリジット年齢じゃ?)
いきなりアリソンとジョーの濃厚ベッドシーン・・
と思ったら、ベッドではなくて棺の中、
しかも相手はジョーではなく、警官に~!の夢でスタート(爆)

健康診断の結果、組織検査を受けることになったことを隠そうとしていたジョーを
アリソンが問い詰める。
夢での警官がアリソンに告げた”オーストラリア”は、
彼の背中に出来た検査の原因のホクロの形状だった。

審議途中の警官殺害の凶器の銃、
その警官と銃こそが、アリソンの夢に登場していたものだった。
証拠となる銃の存在が不明なままの審議だったが、
アリソンの能力どおり、掘り出された棺のなかから銃は発見されるが~。
今回の冒頭のアリソンの夢は、またまた不思議。
まるで赤ずきんちゃんのようなマントを付け、
無人の空港ビルで狼犬に追い駆けられるアリソン。

次女ブリジットが朝から学校行きを渋る。
部屋に籠もるブリジットをアリソンが窓に回って説得。
とりあえずあっさり篭城は解決するも(爆)、
夫婦で学校に相談に行くが、ブリジットは友達が一人も居なくて浮いた存在ということが判明する。

出勤したものの、特に仕事がなかったため、
間に合わせでデヴァロスは、アリソンに未解決事件(ワォ、”コールドケース”だって(爆))
の資料を渡し何か感じるものを教えてくれ~っと、ほとんど納戸状態な資料部屋へ案内。
そこで目撃者の供述で犯人の似顔絵を描いているところに遭遇。
アリソンの頭に描き出される犯人像と目撃者が供述する犯人とは
全く違っていて・・。
まず冒頭・・何やらカウンセリングを受けている様子の若い夫婦・・
・・っと思ったらいきなり夫が至近距離で妻に発砲~
もちろん、アリソンの例の夢からのスタート。
夫婦の無理心中と思われる事件が発生。
デヴァロスの知人のスキャンロン刑事が事件に執着する。
周囲が無理心中と判断するも彼は数件連続で起きている事件との関連を訴える。
彼の妹夫婦も一連の無理心中の犠牲者の一人だった。
反発しながら捜査にあたるアリソンとスキャンロン。
コンサルタントとして検事局に雇われたアリソンだったが
そんなに頻繁に事件の依頼などあるわけもなく
自分の能力にイラつきながら暇を持て余す。
夫やその知人夫婦との食事会で、嘘を見抜いて暫し喜ぶくらい。
凶悪犯の量刑裁判で、死刑の判決を得るために陪審員選びを検討し直す検事の依頼で、
候補者の書類選考の意見を求められるアリソン。
既に雇われている陪審員コンサルタントとの意見が食い違う~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。