上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェイクに背後から刺されたサムはディーンの腕の中で絶命。
サムの亡骸から離れようとしない、またサムの死を受け入れられないディーンは
サムを埋葬しようと言うボビーの言葉も拒否し、彼を追い払う。
サムの亡骸の前で嘆き悲しむディーンは、我慢できず、
悪魔との取引場所へ車を走らせる。
サムを生き返らせるために、自分の魂を犠牲にすると。
なかなか認めようとしない悪魔(取引場所は一緒でもまた違う女の悪魔が登場するのね)に
ようやく認めさせた取引。
ただし、ディーンに残された命は一年となる。
取引成立と同時に目覚めるサム。
アッシュが何を見つけて悪魔に襲われたのかを探っているボビーに合流するディーンとサム。
悪魔は最後に残ったジェイクに何をさせようとしているのか~。
死んだはずのサムの姿を見て、ディーンの取引をボビーは察知する。
そこへ難を逃れたエレンが合流。
アッシュが発見したという地図らしきものを彼が隠した金庫から出して持ってくる。
スポンサーサイト
ダイナーに買出しに入ったサムが、こつ然と姿を消す。
気付いたディーンがすぐに中に入るが、ダイナーの中では、客も従業員も殺されていて・・。
サムが目が覚めると、そこは携帯の電波も届かないようなゴーストタウン。
建物をたしかめていると、前に登場した同じように能力を持つアンディやエバや
他にもジェイクやリリー、いずれも超能力を持つ者が突然そこに集められていた。
ディーンは、ボビーにサムが行方不明になったことを告げ協力を求めていた。
そこにロードハウスのアッシュから何かを発見したと連絡が入り、
すぐ来るように言われるのだったが・・・。
ディーンとボビーが駆けつけたときには、ロードハウスは襲撃を受け全焼。
エレンの生死は不明だったが、焼け跡の死体の腕時計からアッシュの死が確認される。
サム達は、団結して食料や悪魔と戦う武器を手に入れようとゴーストタウンの中を探しているが、
自分が触れると相手の心臓を止めてしまう力を持つリリーは別行動で山へ、
すぐに悪魔に襲われて命を落とす。
この場所をなんとかディーンに知らせたいサム。アンディの力を借りてディーンへ念力を送る。
頭痛とともに鐘のビジョンを見たディーン。そのことからボビーが場所の検討をつける。
行方不明事件を追うディーンとサム。
犯人は精霊ジンではないかと、そのアジトと思われる廃墟に
サムの心配をよそに一人乗り込むディーン。
案の定、ジンに捕まってしまい・・・。
目が覚めると、なぜか故郷、そして横には女性が寝ていて
どうもいつもといきなり違う様子に、サムに連絡するが。
女性はカーメン、どうやらディーンの恋人の様子。
そして、実家に飛んでいくと、子供の頃悪魔によって天井張り付けにされ
亡くなったはずの母は元気で・・・。
実家にも全く違う様子の穏やかな家族写真の数々。
父ジョンは亡くなってはいたが、死因は眠っている間の脳卒中とのこと。
ソフトボールに興じている姿のジョンの写真まで飾られている。
車にももちろんいつもの装備などなく、母の作ったサンドウィッチをほお張り
芝刈りに励むなど、いつになく平穏な時間に、満足気なディーン。
ただひとつ、彼を凝視する謎の女性の存在を除けば~。
そして、母の誕生日と言うことで、サムも久々に訪れるが、
これまた、悪魔に殺されたはずのサムの恋人ジェシカを同伴!
そして、どうやらディーンとサムの兄弟の関係は、疎遠であり、不仲らしい。
スパナチュ風プリズンブレイクなお話。
グリーン・リバー郡拘置所。昔閉鎖した独房を開ける工事中。
中から怪しい冷気とともに何かが飛び出した模様。
囚人ランドールは、何かを察知し知らせるが信じない看守は、何者かに襲われ犠牲に。
アーカンソーの人類学博物館に侵入したディーンとサム。
あっけなく警備に見つかり逮捕されてしまう。
そして彼らを執拗に追っていたFBIのヘンリクセン捜査官とご対面~。
ヘンリクセン捜査官自身も意外だったように、
今回あっさりと防犯装置にひっかかって捕まえられた兄弟。
どうやら、グリーン・リバーの拘置所に入ることが目的だったようで・・・。
獄中での霊退治。これまでの仕事より、何より過酷な環境に
特にサムなど不安気で顔ひきつってるし~。
父ジョンの恩人だという”ディーコン”なる人物からの依頼だった模様。
ハリウッドのスタジオでホラー映画の撮影中~。
ヒロインのタラ、叫び声がイマイチ決まらず、撮り直し。
監督が彼女に絵コンテ見せたりするけど、何やらニコちゃんの”ゴーストライダー”似(爆)
そして、悲鳴の練習中の彼女の頭上には、スタッフの惨殺死体が。
スタジオ見学中のディーンとサム、案内のアナウンスに、
”ギルモア・ガールズ”や”ヤングスーパーマン”紹介ありで、
それぞれに出演の二人のため笑えます^_^;
スタジオでスタッフが変死と言うことでやってきた二人だったが、
タラが目撃した死体と言うのは、実は映画の話題性作りにプロデューサーが
脇役名優な男にやらせていた”死体”だったことが判明する。
しかし、次に今度はその鬱陶しいプロデューサーが変死。
死ぬ直前彼の前に現れたモノクロな女性は霊?
撮影フィルムに映りこんでいた霊から、昔スタジオで自殺した女優とわかり
墓の死体で除霊するが、その後もスタッフの変死は続き・・・。
サンフランシスコ、満月の夜、バーからオフィスに仕事で戻った男が、
動物の噛み傷のような手口で惨殺される。
刑事を装ってその解剖医に聴取するサム、惨殺体からは心臓も無くなっていた。
発見者は、彼の秘書マディソン。
彼女の元彼カートが、ストーカーのようになって職場に姿を現していて
事件の夜もバーで見かけたと言うことだった。
満月の夜に現れる狼人間の仕業と、少しワクワクと装備を整えるディーン。
怪しいカートの部屋を探ると、その部屋の建物の壁には鋭い爪あとが。
そしてそこの警備員がまた襲われ犠牲になり心臓も奪われている。
カートが頻繁にマディソンのところに姿を現すことから、
彼女の側にサムが、カートをディーンが見張ることになる。
いつもはディーンがイイ思いをするほうを取るのだけれど、
今回は、どうやらサムはマディソンにかなり興味が・・・。
次第に彼女と親しくなってもいくサム。
結婚記念日のデイビッドとモリー夫婦、どうやら道に迷ったようで車を走らせていると
わき見をした瞬間、道に男が現れ、避けようとハンドルを切って車は道を外れて木に激突。
モリーが気付いた時に、ディビッドの姿はなく、助けを求めに寄った近くの小屋には
さっき道で見た男がいたが、彼は血を流して襲いかかろうとして・・・
驚き逃げたモリーの前に、ディーンとサムの車が通りかかる。
まずは、事故現場を確認し夫のディビッド探しの協力を二人に求めるモリーだったが・・。
さらに警察へ送り届けようとモリーを乗せた車の前に再び男が立ちはだかる。
男の名は、グリーリー。15年前にこの道で事故死していた。
そして、彼の古家を探しあて中をさぐると、家の中には、事故死した夫の後を追ったのか
その妻の白骨死体が。
またしてもグリーリーの霊はモリーをさらい、小屋に連れ込む。
間一髪で、小屋の外に埋められたグリーリーの骨を除霊し彼の霊は消える。
ディビッドの身を案じ続けるモリーを兄弟が案内した場所は・・・。
雪が積もってる冬の夜だってのに、えらく薄着なドレスの若い女性が
大学教授を訪ねる。思わず自分の研究室に案内した教授だったが、
女性に対してなにやら下心アリアリと見えたところで、
女は急にミイラのように姿を変え、窓から教授は転落死。
また、ある男子学生は、やはりその同じ建物の前でエイリアンに襲われ
人体実験をされ、スローダンスを踊らされたと・・・(?_?)
さらに、動物実験をしていた男は、その建物の前の下水に腕を入れたところ
ワニらしきものに襲われバラバラに・・・・。

・・っとまぁ、今回はなんかチョット異質なコメディ入ったパターンのよう(爆)
連続事件にもお手上げ状態だし、何やら兄弟間の仲も細かく悪いようで
もめてばかり~。
兄弟は、思わずボビーに助けを求め呼びつける。
買い物に出たままサムが一週間も戻らない、父がいなくなった時のようで不安だ・・っと
エレンに泣きの電話を入れるディーン。
そして、当のサムから連絡が入りディーンが駆けつけるが、
サムはその一週間の記憶を全くなくしていて、
しかも衣服は血まみれ・・・・誰かを殺したのかも~
ついに父ジョンがおそれていたように変身をしたのかも・・・っとサムは怯える。
どうやらガレージに隠した車を使ったようで、凶器のナイフも見つかる。
かすかな記憶をもとに、自分が行った道をたどると、
ある男を殺害してたと思われ、調べると彼はハンターだった。
さらにディーンを殴り倒したあと、サムが向かった先は、
エレンの元を離れて一人暮らしていたジョーの店。(やはりバーをやってるのね。)
最初はふだんのサムの様子を見せていたものの、すぐに豹変、
ジョーに襲いかかり縛り上げる。

前回で銀行強盗犯の容疑まで加わったから
ディーンは、モーテルから外出禁止。
しかし暇にまかせて何をしてるかと思えば・・・やっぱお気楽(爆)。

神に使わされた天使の指示によってグロリアと言う女が
罪深き男を刺したとして施設に収容されていた。
刺された男の自宅を兄弟が調べてみると、たしかに男は隠れた犯罪者だった模様。
さらにザックと言う別の男も、光とともに現れた天使の指示により殺人を。やはり犠牲者は犯罪者だった。

一連の事件に関連があると思われる聖天使教会を兄弟は訪れる。
そこで、2ヶ月前に車泥棒に襲われ殺されたというグレゴリー神父の事件を知る。
彼の霊が悪人に復讐するために指示を出しに現れていたのか・・。
ミルウォーキーで宝石店や銀行など、ともに勤勉な社員、行員が
意外にも強盗犯となりその後自殺するという事件が続く。
なにかあると怪しむ兄弟は、銀行で犯人に倒された警備員に
当時の様子をFBIを装って聞き込みにいくと・・。
警備員ロナルドは、かなりのオタク系で(爆)
彼の知る銀行員が犯人ではなく、彼にソックリの彼ではない
誰にでも変身できる”マンドロイド”が犯行に及んだんだと主張する。

そうそう、匂ってきましたねーーー(爆)
シーズン1に登場した、やっぱりアレですか、シェイプシフター!
次に襲われそうな銀行を調べた兄弟は点検工事を装って入りこむが
既にシェイプシフターは入り込んでいて・・・。
さらに、ロナルドが自分の主張を確認するために銀行を占拠しにやってきたから事態はややこしくなる。
そして、シェイプシフターは、すでに脱皮していて別の姿になってる模様だし~。
(あのネバネバベトベトな脱皮・・・相変わらずグロイわ~(>_<))
廃業の決まった古いホテルで奇妙な事故死が続く。
何かあると調べに立ち寄る兄弟。
ホテルを受け継いで経営しているスーザンとその娘タイラーがいたが、
少女タイラーの側には、なぜかもうひとり女の子が・・・
(これが4400のマイアだから、何か絶対あると思ったら~(爆))
犠牲者は、ホテル売却担当の不動産会社や荷物の搬送係。
そして、さらに売却先会社の担当者までが、兄弟のホテル到着後にも謎の死を遂げる。
タイラーが遊ぶアンティークドールの様子に、その不審な死が示されており、
さらに、屋根裏(?)に住むスーザンの母である老婆ローズが
幼少期にブードゥー教を崇拝する乳母に育てられていたことを知った兄弟はローズと接触しようとするが、スーザンに見つかり咎められ
ホテルを追い出されるハメに~。
触れた物を感電させる力が自分にはあると、何やらカウンセリングを受けている青年スコットが告白してるが・・・
そして、あの黄色い目の男(悪魔)の話も。
その後、彼は何者かに刺殺(?)

父の遺言(ディーンに、サムを命がけで守れ、無理なら殺せ~)のことや狩りのことでもめた兄弟。
サムは単独行動(狩り?)をしてるようだが、そこで仕掛けにかかり爆発?
・・・っと思ったら、それはある女性の悪夢・・・?

サムはエレンのバーを訪ね、自分と同じような能力を持つ者を探すべく
アッシュの検索により、これまで出会ったマックスやアンドリュー以外でヒットしたスコットの存在を知る。
ただし(これが冒頭の彼)、スコットは一ヶ月前に刺殺されていて~。
彼のことを調べにインディアナに向かうサム。
そこで、さらに、サムのことを悪夢で見た女性エバが、彼の身を案じて接触してくる。
エバの協力のもと、スコットが通っていた医師のところから、彼のカウンセリングの記録を盗み出すサム。
そして、エレンからサムの行き先を教えてもらい、追いかけてきたディーン。
モーテルのサムらを狙撃しようとしているのは、やはり前に登場のハンターなゴードン!
・・・っと、何やらわけのわからないスタートの今回(爆)。
イスに縛られて(?)助けを請う若い男を部屋に入ってきたディーンが
銃で・・・ってのが、今回の冒頭のサムの悪夢。
(そんなディーンはお気楽にビール抱えてモーテルに帰ってきたけど(爆))

サムの悪夢をたどってリバーグローブと言う町にやってくる。
まずはディーンが撃ったイスの男を捜すことに。
他にも夢に出てきた人が手がかり。
そして途中で電柱に刻まれた住民全員失踪事件の印のような物も発見する。
これは手強いかも~っと言うことで、エレンやボビーに協力を求めようとするが、携帯も町の電話も不通・・。
しょうがなく二人で教えてもらったイスの男ドウェインの家を訪ねるが
彼は不在で、その父と弟が居たが、アヤシイ~。
裏に回って覗くと、中では、さっきの父親と弟で母親をイスに縛り、
弟は自分の腕をナイフで切り、なにやら儀式のようなものを始めていた~。咄嗟に撃って中に入る兄弟。
父親を射殺、弟は逃走する。母親を町の病院へ運ぶ。
女医が父の血液を調べると彼は未知のウイルスにおかされていて、
さらに硫黄に似た残留物もあった。
連絡が町では全く取れないので隣町へ向かったディーンだったが
町境では、男たちが封鎖していて、その中には、さっき逃げた弟もいて・・。
今回の冒頭は何やらセピアな感じ・・

実はコレ、もうかなり前に見終わってるんだけど、
アップするのに時間かかったかかった~。
なんとなくだけど、セピアものって苦手~(爆)
で、それが多少影響して、
このエピで次々と滞ってしまったの (((((^^;)

1938年らしい、ミシシッピ州グリーンウッドの酒場で
男がギターを奏でている。
その後、追われるようにして小屋に入り固く戸締りするが
恋人(?)が駆けつけて来たときには、黒い犬が・・っと言う言葉を残し絶命。

そして、兄弟。
ディーンは、”正式に”FBIの指名手配になってるらしい。(やれやれ^_^;)
建築家が野犬の害を訴えながら、数日後のマンションから転落死。
彼の仕事仲間に聞き込む兄弟。
死んだ建築家は、元バーテンダーで、急にデザイナーとしての仕事で
成功したらしい。
他にも野犬の害を訴えていた医師が行方不明。
彼女も急に医師として成功を収めている。
その女医の潜伏先(?)には、急にゾンビのように変身する男がおしかけていた。

二人に共通する”ロイズ・バー”がある場所にやってくる兄弟。
その店の前の十字路には、儀式に使う”ノコギリソウ”が咲いている。
十字路の中心を掘ると・・悪魔を呼び出すまじないの箱が。
成功を手に入れるために、悪魔との取引をしたのだった。
その箱の中の写真の人物を訪ねる兄弟。
絵を描く彼は、悪魔に名声や成功ではなく、才能を望んだらしい。
だから、売れない絵がどんどん増えていくだけだと・・。
そして悪魔がバーに居座ったために、取引をする者が次々と出て、
先に犠牲になった建築家や女医や~。
たしかもう一人いる~っと言う彼自身は、ただ絵を完成させるだけが
望みで、自分がまいた種、悪魔との取引を終わらせようとしていた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。