上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植物状態の患者が一晩で次々と3人も急変しともに心不全で死亡した。3人の身体からはいずれもドキシジェン(心拍を速める薬らしい)が検出され、OSCの捜査対象となる。
昨夜ICUの担当医が尊厳死をとなえる女医エリザベス・ウォーカーだったことから、彼女の事件への関与がまず疑われるのだが・・・。(クリーガン、”ググル”って何?だそうです(笑))
他にもチョット怪しい感じの清掃係の男の疑惑も・・・。
さらに3人の患者の首の後ろには共通する文字が書かれていたようで、それをふき取ったあともあった。その文字は”行かせて”だったと、クリーガンが読み取る。

あ、そうそう、途中、前回で犯人に刺され重傷を負っていたリバースが快復し退院が決まったと連絡が入ってましたねーー。(そっか無事で何より、でも残念ながら最終話には登場はないのね、リバース。)

首の文字をふき取ったのはウォーカー医師であり、何者かから、メッセージを受け取っていたことも聴取で判明する。だが、実際は”もう一度行かせて”らしく、犯人は死んだことのある人間(臨死体験経験者ってこと?)らしい。
そのメッセージカードを使い犯人に呼びかけるような文面をクリーガンが書き加え病院のボードに貼り付け反応をうかがう。
そんななか、犯人からOSCのクリーガンあてに犯行声明とも思われる電話があったあと、クリーガンが聴取もした患者ビリーが、まさにその文字を首の後ろに描かれ、次の犠牲になる。交通事故に遭ってほとんどほとんど全身麻痺状態ではあったけれど意識もあるし目も見えるし、設置された機器で簡単な文字で答えられるほどの彼女、決して植物状態ではなかったはずなのに何故?しかも本人が見えるところで薬物を点滴に注入してる病院関係者っぽい。
スポンサーサイト
オレゴンで手口の似た殺人事件が続いていた。いずれも被害者は女性で絞殺だが、その死体から心臓が切り取られ側に置かれると言う異常さ。女性の人種もバラバラだが、ごく普通の主婦だったり恋人のいる若い女性。夫の車のトランクから死体が発見される例もあった。
OSCが要請され飛ぶことになったが、ハンクの指示で今回はまずクリーガンは留守番を言い渡される。休暇を取りゆっくりとして家族のことを考え直せとのハンクの命令、もう家族を呼び戻せとも。
クリーガンの妻ホリーとも時々話しているらしく、戻ってきたいと言っていることを伝えるが、クリーガンはまた家族に危険が及ぶことを恐れ応じない。
結局は誤認逮捕となっている地元の暴力警官がいたり、被害者宅に下着泥棒に入り自分が犯人だと主張する変態野郎がいたりと、余計なメンツがいるものだから、捜査は混乱をきたす。
さらに薬中の弟を突き放したリバースだったが、その弟から現地にわざわざ連絡が入り、場所を聞いたからやってきたので会いたいと・・・・しかし、約束の場所で弟は既に変わり果てた姿となっていた。
(薬物の過剰摂取ってことですか?これは。)
リバースもそのショックを引きずりながらの捜査なためやはりイマイチで・・・そこへ遅れてだがクリーガン合流。彼には休暇を与えたはずではあったが、ハンクも内心助かったと思っただろう。
通り魔による犯行と思われる男性の殺人事件が続く。犯人は力のある大男、殺害の様子から精神的に異常がみられると思われ病院や療養施設からの脱走者をあたることに。現場からは被害者以外の血液が検出され犯人はケガをしているとも見られた。
クリーガンがボストンへ捜査で行った時以来、彼を頼っていたシリルの行方がわからない。今回の犯人像にシリルがハマること、さらに次の殺人現場にクリーガンが渡したシリルの携帯が落ちていた。
それから、シリルは発見され、クリーガンによりOSCに連れてこられ取調べを受けることになる。
同僚バーナルなどは、精神を病み意味不明な供述をし条件にぴったりとハマるシリルが犯人であることを主張する。クリーガンは犯人がケガをしていると思われること、刺し傷と体格の違いを重視し、シリルではないと主張、真っ向から対決する。証拠不十分でシリルは釈放されるが、ハンクからはシリルの監視をじゅうぶんし責任を持つように指示されるクリーガン。
ボストンへ行ったことでシリルとの約束をすっぽかした形になってしまったせいか、以前のようにクリーガンに従わないシリルは、クリーガンじゃ自分を救えないと言い、その扱いに苦慮するクリーガン。
そんなシリルは、彼が言うところの”別の次元”で男と会っていた。どうやら彼と行動をともにしているらしい。(その男スペンサーは、SATCのスティーブね。)そしてまた犯行が・・・。
教会の懺悔室で自ら連続殺人鬼”ブレードランナー”を名乗る男。それを聞く神父は思わず携帯でその場から通報するが犯人にも襲われ負傷する。
事件はボストンで起きていて、ボストンはクリーガンの故郷だった。久々に訪れる故郷にクリーガンの思いもまた特別のよう。
さらに今回通報したのが襲われた神父だったわけだが、元々は敬虔なカトリックだったらしいが過去の経験から教会や神父に不信感を抱くブランカは神父の供述をイマイチ信用しないで、自作自演とまで疑う。
まずは暴力行為で逮捕歴のある救命士が容疑者として捕まり取調べを受けるが、
連続殺人事件の各犯行時間にアリバイがあり空振りに終わる。
他の犠牲者と違いからくも命拾いをし退院した神父に、さらに犯人の言葉を細かく思い出させるクリーガン。
犯人は被害者達と隣人ではあっても知り合いではない、しかし彼らのことをよく知っている地域の住民だと、神父の言葉で改めて気付くクリーガン。
クリーガン、いつもと違ってスーツ姿、髪もピチっと・・・そうフラッシュバックする昔の感じなので
こりゃまた夢か?前回、家族の安全優先で永遠の別れを告げた家にたたずんで・・・だったし~っと思って見ていたんだが、しっかり現実で(爆)、そりゃOSCにもスーツ姿でクリーガン登場すりゃ、同僚達も皆驚くだろう~。

モーニングパーソンと呼ばれる暗殺者が、一家の両親を射殺。残された少年が行方不明となる事件。
ほどなく近くのモーテルから連絡が入り、その少年を連れていたウクライナ出身の若い女性が捕らえられる。少年エディは無事で、女性アビーの言い分によると、自分の息子らしい。
さっそく行われたDNA検査でも二人が親子であることが判明。
射殺された夫妻の家宅捜査により、彼らがウクライナを訪ねたことがあったことが判明。
さらにアビーの死亡診断書が発見され~。

出産間もなくウクライナで誘拐されたエディが養子斡旋業者の手によって夫妻の手に渡っていた。
その母親アビーは死亡していると夫妻は聞かされていた。
同様な手口で何件もの斡旋が行われており、ほぼ人身売買状態。
アビーは何年もかかってようやく自分の息子の所在にたどり着き、夫妻の元を訪ねていた。
夫妻が施設の違法行為に気付き問い合わせたことから、口封じに暗殺者が送られたらしい。
たまたまアビーの手によりエディ少年だけは助かった。
第7話 夢幻アート

4人の若者達が馬小屋に忍び込み、三頭の馬を惨殺してビデオ撮影までして逃げて行く。
動物の虐待や惨殺は連続殺人の予兆になることが多いとのことからOSCが捜査にあたることになったらしいが、深夜に召集を受けるクリーガン、前に登場していたケンプがどうやら施設を飛び出してクリーガンのモーテルに身を寄せてるらしい。
公園でクリーガンが静かに行ってるのは”太極拳”?
ストーカーと言う動物を使うパフォーマンスアーティストが容疑者として浮上し、家宅捜査にあたろうとするが爆弾が仕掛けられていて警官が犠牲に。
動物病院で清掃係をしていると言うストーカーの目的は、小動物用の麻薬の入手だったらしく、
若者達のリーダー格っぽい青年ジャックがごっそり持っていてラリってたのがソレね。
ストーカーが例の若者達を率いていたらしく、彼らは美術学校の学生だった。
そのうちの一人は、実家が養豚業を営む気弱そうなヴィンス。
(ヴィンス役、スパナチュでやはり能力を持つマックスを演ってたのが彼よね)
イカれた学生達の行動はエスカレートし、今度は3人のホームレスが惨殺される。
偶然近くでケンプが目撃してショックを受ける。
ジャックらの仲間から外れようとするヴィンスだったが、彼らに追われ逃げる。
母親に連絡をいれているところをクリーガンとブランカで保護。
彼の証言でジャック以下3人の学生が逮捕されるが、薬でラリってた最中では殺害した意識も無いらしい。
3人のホームレスもそれぞれ一人ずつが殺害したのか、ジャックは3人殺したが手を下したホームレスは一人だと言い、あとは爆発で犠牲にした警官、そしてもう一人、殺害し畑に案山子のように飾られたストーカーの死体へ案内する。ぞっとするわーーー。
たしかこのジャックと言う青年役の彼、Xファイルでは謎めいた美少年(?)ぽかったような気が・・変わり果てたもんだぁ。

第8話 永遠にさよなら

実家から独立し都会に向かおうとしていた19歳のエミリーが夜の駅で襲われ、海岸で首の骨を折られ死体となって発見される。
その前日に、12年前にも同様の手口で連続殺人をおかし逮捕されていたバスチャン、別名ミスター・クリーン(潔癖症らしい)という男が仮釈放になっていて、彼の容疑が浮上する。
このバスチャンが結局は犯人であり、エミリーは殺害されていたわけで、比較的スムーズに隠れ家も見つかり逮捕に至るわけなのだけれど、今回の展開はそれより何より、殺されたエミリー父親が問題。彼女が独立すると駅に向かう夜もきっとそのことがショックだったんだろうけど酒を煽っていて車で送ってやることもせず、結果エミリーは一人タクシーで駅に向かい襲われたようなもんだと思うのだけど・・・バスチャンの仮釈放のことを全く地域住民に知らせなかったことが、クリーガンの責任だと詰め寄り暴力まで振るう。マスコミに流そうとしなかったのは、むしろボスであるハンクの指示なのだったが・・・。
さらにクリーガンが彼の苦しみを紛らわすことができるなら何でもする・・・っと言った言葉を曲解してか、クリーガンを付けまわし娘達をエミリーの墓に連れて行ったり、あげくには家の玄関にガソリンを撒いて火を付けてしまう。この恐怖にはさすがにクリーガンの別れた妻もキレてしまい~。
クリーガンは、彼女達の身の安全を考え、ハンクに頼み込んで保護プログラム化においてもらい自分と関わらない自分も知らない所へ移住させる。
クリーガンがあえて望んだことだったが、娘達や妻との永遠の別れの決断だった。
そのあと、エミリーの墓に参るクリーガンにまだ銃を向けようとしてるし、エミリー父は完全にいっちゃってますよね。娘を失った哀しみを誰かにぶつけて攻撃する、その対象とされてしまったクリーガンが気の毒でならない。

イラク帰還兵が被害者と思われる殺人事件が起きる。
3人の被害者が安物の白いシーツにくるまれ虫除けの匂いがし儀式地味た様子で発見される。
胸にはいずれもハートのタトゥー。頭部にドリルで開けたような穴が。
死体発見現場で夜、やはりシーツにくるまってクリーガンがたたずんでいると、一人の帰還兵が近付いてきた。慌てて逃げ出す彼を取り押さえ、事情を聴く。
郵便で地図が届き、その集合場所に来たのだと主張する。彼の胸にも同じタトゥーが。
仲間の犠牲者が出ていることを告げるが、自分の身は自分で守ると帰宅する。

被害者達は、帰還後、全員心的外傷でセラピーを受けていた。
マークとバーナルは、その絵柄のタトゥーを最近入れたと言う報告を受けさっそく店へ向かう。
(この女性、リ・ジェネシスのジルよねっ!)
ブランカとクリーガンは検死官からの報告を受ける。
頭部の傷はロボトミー手術のようなもので、犯人は医療従事経験者らしい。
その頃、クリーガンに捕まったあと釈放された男は、バーで酔って荒れていた。
昔の仲間のような男が現れ、彼をなだめ連れて行く。そして・・・。
既に去年の秋ですねーーローカルなtvkでの放映時に途中まで観ていたものの、
アップはもちろん、鑑賞も途中で放置したままになっていて・・・ (((((^^;)
今回ミステリーチャンネルでの放映もあることだし、放置した続きに着手するかな・・・っと始めました(爆)

第4話 裁きの日

娼婦連続殺人事件が起きる。いずれも80年代の格好をさせられて撲殺されていた。
その格好が売春斡旋業者連続殺人犯で投獄中の元娼婦ジャスティーンの当時の格好と同じだったことから、クリーガンとブランカは獄中のジャスティーンに面会する。
最初は協力を拒否するジャスティーンだったが、獄中に届く文通相手の大量の手紙の束をクリーガンに提供してくれる。
その中に、クリーガンは、容疑者と思われるJからの手紙を指摘。
ジャスティーンとの接触で誘い出し捕まえる作戦を取るが、連続して娼婦を殺害している奴をジャスティーンは攻撃してしまい、肝心の自白も取れず・・・。

クリーガンは、ヒンクスを殺害(第2話)する同僚クラカワーの映像を見る。
自分も彼の始末に向かっていて先を越された格好だったわけだ。
クラカワーも妻の出産があり、自分の子がヒンクスのような男の犠牲にならないためにと手を下したこと、しかし生まれたわが子は脳死状態であることに哀しみを背負っていて、クリーガンに打ち明ける。
その後クリーガンはボスに報告。クラカワーは捜査から外され連行されるが、その前にクリーガンに犯行に使った特殊使用の弾丸の残りを渡していたし、黙秘で証拠不十分となる。
もちろん職場を追われることになるクラカワーだったが、去り際に相棒の銃を奪い、
罪に問えないとわかった拘留中のJを皆の目の前で止めるのも聞かず・・・。
犯人逮捕のための協力を途中で投げ出したジャスティーンに、養子に出した娘を約束通り面会させるクリーガンだった。

第5話 ニュースの人

首を絞めたうえで橋から吊るすという手口の連続女性殺人事件が起きる。
クラカワーの後任としてCIRG(緊急事態対応グループ・・だそうな)からマークが着任。(エイリアスのウィルよねー♪エイリアスでの時より短髪だし少々ゴツイ感じ?)
犯人は自分のことをハングマンと名乗り、新聞社に手紙まで送り付けている。
その担当記者レイニーはブランカの古い知人らしい。
証拠から古い製糖所が関係すると踏み込むが、次の犠牲者がちょうど襲われているところで、
容疑者カーバーは逮捕できたものの、女性は救えなかった。
さらにクリーガンの調べで、記者レイニーがカーバーの標的となる女性達の情報を流していたことも発覚。
以前、婚約者に自殺されたブランカ、その取材をしたレイニーが記事にせず支えてくれた経緯が過去にあったらしいが、今回の事実にショックを受けるブランカ。
次にレイニーは、今度は自分の手で殺人を犯してしまい・・・。
ブランカの元へ現れたレイニー。クリーガンとマークが追いつめるなか、銃を手にしていたことからマークに狙撃され死亡。ブランカにとって、またツライ結末を目の前で見せられることになった。
小さい子供二人がいる若いシングルマザーのデビーが
夜中に車を走らせ友人リン宅へ。
そして別の友人の誘いだから~っと無責任にもリンに子供達を預け
出かけて行った先では・・・薬中でしっかりラリってるところを
何者かにガソリンを浴びせかけられた模様で焼死。
同様な焼死事件が連続していたらしく、
別の被害者中年女性ジェーンも廃墟のようなところで焼け死んでいた。

クリーガンは毎晩悪夢を怖れてか不眠に悩み
眠れない夜をジョギングして気を紛らわす日々。

リンの証言でデビーの元恋人に聴取するが、
彼はデビーと会っていたことを否定、リンを嘘つき女呼ばわり。
そして彼にはアリバイが。
またサイモンと言う放火常習犯も容疑者としてあがるが
クリーガンの直感によれば、この怪しげな二人ともシロだと・・。
そしてまた新たな被害者が出て、サイモンなどまだ監視中で
当然ながら犯行には及べない。
そして、3人の被害者女性の腕には共通した刻み文字が。
行方不明の少年が生存している可能性があるため
急遽容疑者ヒンクス教授の身柄を拘束し
取り調べるが、もちろん証拠となるものは何も出てこない。
前回捕まった巨漢の男ケンプから連絡を受け出向くクリーガン。
ホームレス施設も追われた彼は、クリーガンを頼ってきた。
ヒンクスは限りなく怪しいが、逮捕に至るまでの証拠が見つからない。
少年達の安否を考えると、捜査陣は焦るばかり。
クリーガンは、ケンプを伴って服の買い物。
彼から、全て何かの指示によって動かされている
それは”3”と言う数字だと・・・ケンプもクリーガンも
ある意味、やっぱり何か繋がってる。

ヒンクスの少年時代の事件を調べるクリーガン。
ヒンクス少年の目の前で、友人の少年が池の氷が割れて落ち死亡していた。そして、ヒンクスは、一緒にいたのに大声で助けを呼ぶこともせず、見殺しにしたのだと、亡くなった少年の母親の話を聞く。

その頃、当のヒンクスはブランカのところに、さらに思い出した目撃情報を告げにきていた。
tvkで始まった。全13話らしい。
オリジナルは、英ドラマの「捜査官クリーガン」とのこと。
(未見なんですが・・^_^;)

冒頭、捜査官らしき主人公が山中(?)の白い豪邸に侵入するところから始まります。
そして、猫のいる一室に入ったところで、背後から現れた覆面の人物に
至近距離から被弾!(しかも頭にですよっ!)
同時に窓を突き破って地面へ転落。
・・っとまぁ、ほぼ即死状態だろうと見えるんだけど、
なぜか処置を受けている手術中で・・しかも、いったんは止まった脈も
また動き始め~。

サンフランシスコのOSC(組織犯罪・連続犯罪捜査局)
(・・・また新しい組織が出てきた~ (((((^^;)(爆))
見慣れぬ男が、部屋でいきなり散髪。
捜査官ブランカは絶句。
彼は、どうやらボスであるハンクの要請でやってきた捜査官らしい。
その一風変わった彼が冒頭ではキッチリとスーツ姿だった男、クリーガン。
連続少年行方不明事件にブランカとクリーガンは、さっそく組んで調査にあたる。
2件目の現場、遊園地で、その側に不審な男を発見するクリーガン。
その場で、巨漢なその男を逮捕するが・・・。

クリーガンには、ジェフリー・ドノバン。
・・・ザ・プリテンダーのジャロッド弟カイルです♪
相棒ブランカには、ヴェラ・ファミーガ。
・・・ドラマ、アンダーカバーや、映画・ディパーテッドの出演が記憶に新しい。
ボスのハンクは、ミディアムではカードウェル教授の人でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。