上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終回、パティ宅前での冒頭はたしか初回のオープニングと同じようでしたね(?)。
13話見てきて、時間も行きつ戻りつ、やっと事件が起きるとこまで描いたってことですかね。
(13話にしては、えらく長い13話に思えた気がする~^_^;)
髭の男達がデービッドを殺害しつつエレンのアパートを探しても見つけられなかったグレッグのテープを今度はパティ宅を探そうとする直前に、パティ家へお泊りなエレンが早朝何者か侵入者に襲われ逆に刺殺して血まみれで出てきたとこ~。
パティの犬をベランダに追い出したまでは良かったけれど、気付いたエレンともみあってあっけなく逆に刺殺されてしまった男。この時点ではさっぱり誰だか(誰の指示でか)わかりませんでしたが、
あまりプロっぽい感じはしませんでしたねー。
エレンから保管しているグレッグのテープを渡す条件としてデービッド殺害事件の自分の容疑を晴らしてくれるよう頼まれたパティは、地区検事に食らいつき、現場の再調査を認めさせる。
エレンやパティらを伴っての警察の現場再検証しているところに、普通に登場の髭の男。
デービッド殺害時に置き忘れたライトをさっさとポケットに・・・って、おいおい、フロビシャーの指示で動いたこの実行犯(リックと言うらしい)刑事だったんかいっ!!(グレッグを轢き逃げしたのだってこの男でしょう?あら恐ろしい。)
自殺したフィスクの後を継いだマーシャルは、グレッグとフィスクの件をフロビシャーに聞き、テープの存在も知る。(フロビシャーらの悪事については、テープはでっち上げだと説明を受けているが。)
パティが実際にテープを持っているかを探るために、マーシャルは略式裁判の申請をする。これだとすぐに証拠を提出しなければならないらしい。(マーシャル、「4400」のマシュー・ロスですねー。何やら親から代々でのパティとの因縁もあるらしい。)
再度地区検事に迫り何やら交換条件でエレンの起訴を取り下げさせたパティ。エレンはテープの隠し場所を告げる。やっぱりアレでしたねーー。安全な場所っていうのは、警察の保管庫か・・・。
スポンサーサイト
事務所でのフィスクの突然の自殺にパティは思わずエレンを呼び出す。例のフィスクの写真や書類一式をエレンに渡し秘密として保管していてもらうことを頼むパティ。
その後、パティは事務所で夫も同席のもと、警察に事情聴取されていた。
フィスクが事務所を訪ねてきたのは、フロビシャー訴訟の和解の相談だったと言うことにし、断ったあと一旦帰ったフィスクが戻って突然自殺したと言う説明。
パティにはもちろん硝煙反応もないことから、警察はそのままフィスクの自殺として処理。
フロビシャーのところにもフィスクの後任マーシャルに伴われ警察がたずねてくる。
事情を聞かれ、その前日のフィスクの変わった様子などはあえて話さないフロビシャー。
(こうゆうところは、さすがに悪徳経営者?狸オヤジ化してる(爆)その後フィスクの妻が訪ねてきて事情を問われても何も知らない顔してたしねー、その前後もしっかりドラッグに浸ってたり女を呼んで騒いでたり、まったく何気にこの男は・・。)
別荘に一人たたずみいつになく震えるようにパティがしていたのは、フィスクの自殺後のショックだった・・・のね。
判事に呼び出されたパティ代理のトムとフィスク後任のマーシャル。
マーシャルは半年の延期を申し入れるが、多くの原告団の状況を考えると一ヶ月延期するのがせいぜいだということになる。
フィスクがフロビシャーにあてて遺したグレッグの手紙を読んで全てを告白したビデオテープの存在を知ったフロビシャーは大慌て。
エレンは、パティに呼び出され事務所に飛んで行ったこともデービッドには嘘を付いて隠していたため、それと知ったデービッドは激怒。エレンはフィスクの資料なども見せ理解を求めようとするが、デービッドは自分との結婚と仕事との究極の選択をエレンに迫り、婚約解消を言い放つ。たまらずエレンは指輪を置いて部屋を後にする。
そんなデービッドのところへ現れたのはケイティだった。グレッグが遺したビデオテープを重要な物だからエレンに渡して欲しいと持参しすぐに去って行った。
パティの事務所を辞めた(クビになった)エレンは、ホリスに会って事情を話す。あわよくばホリスの所で雇ってもらえれば~っと思ったようだが、結婚を目前にしてるエレンに、今は後悔しないようにその準備をすることを勧めるホリス。
そんなエレンのところに、彼女が置いていった資料に目を通したパティが直接会いにやってくる。
フロビシャーとジョージの繋がりを追及できるために、エレンに”戻ってきてもイイのよ”(きっとこれが精一杯のパティとしてのプライドを維持する言葉?)と伝えるが、エレンは拒否。だが、協力はすると告げる。これもエレンの意地よね・・・全くこの二人って。
グレッグとの出会い、思い出に浸るフィスク。もうほとんど涙目状態。
事件後、車を走らせるパティ、トムからの留守電でデービッド殺害容疑でエレンが逮捕されたことを知る。(驚きようからすると、これで初めて知ったようだ。)
ジョージに再度迫るエレン、フロビシャーは渡せないが、別の人物の情報を渡す用意があることを告げ約束をするジョージ。
エレンとジョージの密談の偵察、写真を撮っていた(撮らせていた)のはフィスクだった。
ジョージの裏切り行為をフィスクがフロビシャーに告げたあと、次の密談の場(車)に行ったエレンは、そこに銃で撃ちぬかれたジョージの姿を見る。
もちろん驚いただろうが、意外に肝っ玉が据わってるというか、すかさず彼の持つ資料を抜き取り、指紋もふき取りその場を立ち去るエレン。
(でも、もしフロビシャーの依頼でジョージ暗殺となったのなら、よくまぁ資料がそのままで・・・さすがにエレンに渡そうと所持しているとは思わなかったのかな?車の外から一撃で仕留められていたっぽいから、始末されただけだったのね。)
抜き取った資料をそのままパティに渡し、活用してくれるように言うエレン。
フィスクとグレッグのいきさつ、インサイダー取引の動かぬ証拠となるらしい。
そして、資料を手にフィスクに迫るパティ。和解ではなく法廷で争って原告側が勝つように協力を求める。事務所ではフロビシャー訴訟の展開が長引くことの責任を追及され能力を疑われるようにまでなったフィスク。
そこに死んだグレッグからの手紙が届く。自分の身に何かあった時のために送っていたのね。
さらにそれを見ながら彼との想い出に再び浸るフィスク。グレッグと出会い、職を斡旋し、繋がりを築いていたわけだけど、フロビシャー訴訟となり、彼と会えなくなることを前にして迫るフィスクと、思わず拒絶するグレッグの様子・・・。
冒頭のデービッドの夢は・・・・もうコレは、強烈な悪夢ですよねーー(爆)
コワイわ、いきなりパティが上にこられたひにゃ(>_<)
(デービッドのその後を考えると、凶兆としか~ (((((^^;))
そんなデービッドとエレンがパティの別荘に滞在している頃、パティとトムは~。
今後のエレンについての密談(?)
ケイティに繋がり、グレッグに繋がり、グレッグの利用価値があるうちは、エレンにも利用価値がある、とのパティの見解。
そして、そこにグレッグ轢き逃げされる~の知らせが届くわけね、で、一気にエレンの利用価値も消滅と。手のひらを返したように、フロビシャーの宣誓証言からエレンを外すパティ。
そして、フィスクからアーリントンの件は不利になるしパティが突いてくることは間違いないが自分にはどうすることもできないと言われたフロビシャーは、マスコミの前に自らその女性の父親と一緒に現れ当時の状況説明をすると言う先手を取る。
あのフロビシャーが自分の考えでそうゆう作戦を?っと不思議だったくらいだが、このことはフィスクもあのジョージも知らないうちにフロビシャーが独断でやったことらしい。
(そのことで、フィスクとジョージももめてる、この二人も状況険悪だねぇ、一触即発って感じ。)
そして、宣誓証言で突っつくポイントをかわされた形のパティ側、エレンはジョージが逆に漏らして利用したのではないかと会って確かめると言うが、エレンには手出しをさせないつもりのパティは即効却下。しかし、ハイそうですかと引き下がるエレンでももちろんないようで、ジョージに連絡を取って会ってみたり・・・。(写真を撮ってたのは誰?)
婚約解消を告げられて、指輪を置いてデービッドのところから去ったエレンは、パティのところに身を寄せ、パティとしみじみと(?)対話。”私達がやったこと後悔はしてませんか?”・・・・って、何を指してる?
(そして自宅にエレンを残し、自分は別荘に向かったパティ。そしてパティ宅でエレンが襲われ、次にアパートではデービッドが~っと言う展開になるのね。)
・・っと、最初からまた意味不明な点が増えたぞ~っと思っていると、6週間前となり~。(爆)

フロビシャーの追求に意欲的だったと言うジョージと会う、エレンとトム。
フロビシャーと通じているくせに見事な狸っぷりなこのオヤジ、エレン達に協力を申し出る一方でフロビシャーの株主だったリストにグレッグの名を示されると、今度は血相変えてフィスクに猛然と抗議。
パティらの動きに先んじるために、サッサとかたをつけなければならない、待ってられないから自分がやると・・・逃走中のグレッグが戻ってきていると言う情報も既に掴んでいる。
パティもその件は既に調査済みで、グレッグはケイティの元を訪ねると読んでいる。

デービッドに付きまとうライラ、改めてデービッドに拒絶されると、手に入れていた鍵をコピーし、二個分同じキーホルダーを付けてニンマリ。(やっぱイカれてるのか?この女。キレイなのにねぇ。)

フィスクは、フロビシャーの宣誓証言を前にして彼を鍛えようと、ナンシーと言う証人訓練のベテランを準備する。

ジョージは、自らエレンに接触し、自分としては追求できない部分でも名前を出さないでくれるなら協力するとパティに告げるよう伝える、そして”アーリントン”を調査しろと。

帰宅したエレンは、チェストにデービッドが失くしたと言っていた鍵を見つける。
(・・・ってことは、その間、留守中のこの家に鍵で入り込んで置いて行ったのね、ライラが。コワいぞ~そしてその後のエレン調査によれば、ライラ、ストーカー事件を何度も起こしているらしい。正真正銘のイカれた女っぽい。で、事件にはどう絡むの?ひょっとしてデービッドの事件は、ただイカれた女の犯行・・・ってこと?じゃないでしょうねぇ。)

ジョージが告げた”アーリントン”に関することでは、過去にフロビシャーの車が事故を起し、彼の証言では運転していたとする女性が死亡していた。
そして、その後、トレーラー暮らしだったはずの女性の遺族は、その地元で急に金持ちの地主になっている。フロビシャーから何らかの金が動いた疑いが~。

実家に転がり込んでいるケイティをグレッグが訪ねてくる、最初は拒絶し警察に通報しようとしたケイティだったが、グレッグの身の緊迫ぶりにとりあえず話を聞くことに。

ライラは、ついにエレンの職場に姿を現し、デービッドのことで話があると切り出し、自分と彼の関係を告げ、エレンに別れるように迫る。エレンは、話を聞き始めるや否や、警備を呼び、ライラを追い払い、帰宅後にはデービッドに彼女との関係を追及。まるで尋問されてるようなデービッドだった。(爆)
デービッドとエレンは、エレンが仕事を取るか結婚を取るか~っと言う究極の選択を下すまでに至っていての大喧嘩となっていた。
そして結局のところ、指輪を置いてエレンが出ていくわけで、仕事を選択したってことよね。
それから、喧嘩の最中にデービッドが”人が死んだのも計画のうち?”ってエレンに問いかけてたけれど・・・誰だ?死んだってのは、やっぱグレッグか?それとも~?
そして、エレンが覚悟を決めて出て行った後、何者かがやってきて・・・ってことなのね。

原告団の中にあってフロビシャーと通じているラリーは、洗車の仕事をクビになり、いよいよ困って、フロビシャーが約束していた報酬を裁判が終わるまでなんて待てない、早くくれるように言いにくる。

エレンは、事務所でアシスタントまで付くようになっていたが、急な両親の訪問に驚かされる。
父親が車で事故を起こしていて、すぐに弁護士としての知識をもってして父親が不利な状況に陥らないようにアドバイスするつもりだったのだが、当の両親、特に父親は事故を起こし相手に怪我を負わせてしまったことにより大きな責任を感じ、同時にパニックにもなっていてエレンのアドバイスなどほとんど聞く耳をもたない状態。すぐにやってきた宣誓証言の場でも付き添うエレンと口論になるほど。
冒頭のホリスに説明する拘留中のエレンの話で、デービッド殺害事件とエレンの関わりが多少はっきりした。前日にデービッドと喧嘩をし指輪を置いてエレンはアパートを出る。(指輪を置いて出るってことは、あのライラあたりが何か絡んでるのかな?)
週末留守にすると言うパティ宅に泊めてもらうエレン。男が侵入してきてエレンを殺そうとするが反撃しもみあいになりナイフで逆に男を刺してしまい、無我夢中でデービッドのもとへ向かうと、部屋は争った様子がありバスルームでデービッドの死体を発見するエレン。そしてドアを叩く音に驚き、窓から外へ(ココって何階だったっけ?)・・・そして警官に捕まる。
・・・ってとこですか?エレンを襲って逆に刺された男は、エレンの話じゃ全く知らない男のよう。
しかしパティの家には男の死体はおろか争った痕跡もなく、パティも行方不明~らしい。
また、パティ宅に泊まっていたことを知っていたのはパティだけ・・・っと言うことで、エレンは襲ってきた男はパティの指示だと思っているらしい。さらに凶器からエレンの指紋が出て、エレンは逮捕されてしまう。

そしてグレッグ。フィスクに安ホテルにかくまわれているようだが、チョット外出した隙に召喚状を受け取ってしまう。フィスクは召喚状無効の申し立てをすると言うことだったが・・・。
さらにフィスクにジョージが接触してきて、グレッグは足手まといだと告げる。グレッグを庇うためにもジョージに無謀な動きをされると迷惑だとけん制するフィスクだが、無効申し立てが却下されればグレッグはパティに厳しい追求を受けるぞとジョージは脅す。

更生施設に入れた息子マイケルをそろそろ出すかどうかの判断をパティ自身が求められていた。マイケル本人に打診するパティだったが、彼は家には戻らないまだ施設に残ると主張する。
そんなマイケルの返事に苛立ったのか、トムとエレンが親しそうにしているのが気に障ったパティ。
トムが独立を考えた時に引き抜きをもちかけられなかったか?っとエレンにたずねてみたり、トムの動きを監視して何かあったら報告するようにエレンに言い渡す。

鉄腕パティも録画機器にはお手上げな様子で、フィスクと一緒に出演したトーク番組(?)の録画をするだけで悪戦苦闘イライラ。あげくには夫が録画した番組(野生の王国、”ヒヒの回”だって^_^;)まで誤って消去する始末で、意地になって自分でやろうとするが、結局、録画操作も夫頼み。
事件より3ヶ月半前、エレンはグレッグに接触し証言を促そうとしている。(パティの指示なのだが・・)
このままだと召喚され罪も問われる・・・っと告げるも彼は人目を気にしてる様子を見せていたことをパティに報告するエレン。召喚され口を閉ざされるより自ら全てを喋らせようとするパティの狙いがあった。
不眠症に悩むフィスクと自分の極悪人イメージ払拭のために自叙伝出版を考えるフロビシャー。
この時期に自叙伝出版はどうかと思い反対するフィスクだが、フロビシャーは聞く耳もたず~。
元気なく顔色悪く目もくぼんだ感じの(そうゆう顔つきではあるもんね (((((^^;))お疲れフィスクとやたら喋り捲るフロビシャー、対照的。(爆)
フィスク・・・歯が抜ける夢を見たり、血の塊(?)を吐き出す夢を見たりと、かなり重症のご様子。

デービッドはエレンに無理矢理、パティ夫妻との食事会に連れてこられるが、終始会話にも乗れずに機嫌悪く、早々に引き上げようともし、エレンは大不満、帰宅後の二人は口論。
そんなエレンにグレッグから連絡が・・・。
しっかりと監視が付いていそうなので、思うように話せないようだったが、フロビシャーと車にいたのはブローカーだったかと言うことではなく、問題は別にある~っと告げ逃げるようにその場を立ち去るグレッグ。グレッグの様子をフロビシャーに報告をし、彼への対策をこうじることを命じられるジョージ。
事件より4ヶ月前。
カトラーより誘いを受けているトムは、その条件の良さもあり心動いている。
相談した友人からもパティに揺さぶりをかけてみれば、引きとめるために条件が良くなるイイ機会だと賛成される。
全てを放り出し実家に戻っているらしいケイティの様子を見にデービッドは旅の支度。
エレンにも同行して欲しい様子だが、仕事を離れられないエレンは行かない。二人の雰囲気も気まずそう。
ケイティが去ったことで一気に強気になったフロビシャーは、少ない和解金も惜しくなりフィスクの意見も聞かず和解を取り下げ法廷での勝負に持ち込もうとする。パティの狙いどおりだった。
そんなパティに、グレッグがフロビシャーと同じ日に株を売却したという情報を知らせに来たトムは、
同時に、辞めてカトラーのところへ移ることを告げるが、予想に反しパティは引きとめず・・・。
フロビシャーは原告団のラリーに報酬を餌に指示をし、パティの解雇を煽らせる。
原告団はパティを解雇し、新たな弁護士としてトムに依頼することを決定する。
トムはこのオファーでカトラーの事務所へ移るか、または独立してこの事件を扱うかさらに迷う。
トムが担当するとなると、パティの時と違い、低い金額でも和解金を持ち出せば上手く話しが進むのではないかとフィスクはフロビシャーに提案する。
そして実際にトムと面会するが、トムからもあっさりと和解に応じる気はなく法廷で争うことを告げられてしまう。
独立を祝って妻や友人らと盛り上がるトムだったが、実際のところ彼の気持ちは浮かれてない様子。
具合悪くなって駆け込んだトイレでもパティの幻覚を見るくらいだし・・・。
やはり一番は、パティにその力をしっかりと認められ引きとめて欲しかった、ってところなのだろうなぁ。
例のケイティがフロビシャーの証人となる2002年フロリダはパームビーチの夜。
ケイティ、かなりハメを外しているようで、酒に薬に知り合ったばかりのグレッグと大盛り上がり。
もちろんハイテンションだし、今のケイティとはまた、だいぶ別人のよう。
大事な仕事を翌日に控えているわりには、かなり度を越してますねー。
そしてクラブでどうやら発砲事件があったようで、そのまま外に飛び出て駐車場で、
フロビシャーの目撃者となるに至るわけだ・・。
が、実際、ケイティは、フロビシャーと車に乗り込んだ人物の顔など見ていないわけなのだが、
自分は証言をすることは難しいとするグレッグが、目撃した男の顔をTVで確認したとケイティに言ってくる。男と言うのはフロビシャーのブローカーのアシスタントとのこと。
グレッグの情報を自分が目撃したこととしてパティに提供するケイティ。

事務所を表向き解雇されたことになりながらも、パティに情報を提供するため地味に東奔西走中のトム。
娘の進学のための口添えをパティに依頼するが、このタイミングでは不可とパティの返事は冷たい。
そんなトムに接触してくる人物が。パティのライバルともされる弁護士カトラーで、娘のことも含めて、
トムには美味しい条件が提示され・・。
事件より5ヶ月前、パティとフロビシャーの弁護士フィスクは、担当判事トゥーミーの前に揃って居た。
必要以上に多くの書類を出してくるフィスクだが、肝心の情報開示書類を提出しないことをパティは訴え、トゥーミーは、フィスクの提出する書類の多さに辟易しながら、フィスクの棄却申請があるため、
パティには期日までに準備書面の提出を求める。
事務所の総力をあげて準備書面の作成に向かうことになったパティも必死。
そんな最中、パティ宛の小包が届き、中には手榴弾が!
事務所から避難することになったパティらは、パティの自宅を仮事務所として引き続き準備書面作成にかかる。
(総出の事務所メンバーはもちろん、聴取にあたる捜査陣が来ていても、広々としてるパティの自宅って事務所と大差ないみたいでスゴイ。)
十年前にも訴訟相手の恨みにより刺され瀕死の重傷を負った経験のあるパティに、夫は元シークレットサービスの警護ペトロニを付ける。
さらに間が悪いというか、息子マイケルの問題行動で、呼び出しを受けるパティ夫妻。
学校のシステムに侵入しデーターを盗み出した上に、奇妙な夢の話をするマイケルに
学校側は大いに心配していたが・・・。
パティへの手榴弾は、対するフロビシャーの攻撃、作戦ではないかとFBIはまずフロビシャーとフィスクに事情聴取。彼らは否定。
なんとか事務所に戻ることができたようだが、手榴弾事件の翌日に怖れたのか休みを取った部下達を即刻全員解雇したというパティ。決して攻撃に屈することなく書面の作成により一層集中するように皆を鼓舞するほど。
エレンの部屋に踏み込んだ警察がバスルームで発見したのは恋人デービッドの死体。
凶器である自由の女神の形をしたブックエンドも発見されるが、
それは半年前、デービッドの姉ケイティがエレンのバースデーパーティーで贈った物だった。
パティからのトムへの次の指示は、事務所に荷物の片付けに現れ偶然を装ってエレンと会うこと。
トムが彼女の信頼を得ることを目的としていた。
フロビシャー訴訟の原告団とのミーティングにエレンも加わる。
パティのところへ面会に来たケイティだったが、同席するはずのエレンは直前に業務で外に出され、
日程をチェックしたパティから、ケイティは隠しごとをしているうちは相手にしない~
証人として保護しないと一方的に言い渡され追い返される。
そんなケイティをフロビシャーの指示で監視している男、フロビシャーに彼女の口を封じるためには
最後の手段があることを匂わせる。
最初は躊躇しているフロビシャーだったが(けっこう小心者?(爆))キッツイ奥さんに家族の生活のことなどで突き上げられていることもあり、決断するまで時間はかからなかった。
トムと密談するパティ。ケイティのフロリダでの行動に嘘があることを見抜き、真相を調べさせたり、
エレンの資料を渡したり・・・。
まずは血まみれで下着姿にコートを羽織った若い女性が、早朝の街を彷徨う衝撃的なシーンからスタート。
警察に保護されたその女性は、一枚の名刺以外所持品はなく・・・。
そして、時が遡ること半年前。冒頭の女性・エレン・パーソンズは、弁護士事務所で、
高待遇での採用~っとの提示のなか、実はもう一つの候補パティ・ヒューズ事務所の面接が決まっていたため・・・。
巨額賠償金絡みの大きな訴訟専門の鉄腕弁護士として誰より有名なパティ・ヒューズ。
今も大会社フロビシャーを相手取り、巨額賠償金請求の訴訟の渦中にいた。

パティ・ヒューズには、超ベテラン女優、グレン・クローズ。
映画女優な彼女も近年「ザ・シールド」のレギュラー出演などもあったが、
今回の主役、そして、そのプロモーションのための17年ぶりの来日と言うのも、
なかなか異例な感がある。
1シーズンは全13話と比較的短めだが、初回を見た限りでも、じゅうぶん重厚そうで、
かつこの初回のタイトルにもあるような”謎”めいたサスペンスドラマみたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。