上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた間が空いて、最終話のアップが今頃になってしまいましたが・・^_^;
ま、イイかーー来月からは総合TVでの放送が始まるわけだしね。
少なくてもそれには間に合った(爆)
(オっと、間の抜けてる数話も間に合わせなくちゃ(笑))
もう既にNHKのサイトは、すっかり総合TV仕様の春のワルツのサイトになっちゃてるのね、今頃ビックリ^_^;

っと言うことで、いよいよ最終回。
チェハの記者会見場に特に呼ばれてもないのにやってきたスホ父、
チェハの第一声をさえぎるかのように始めました、
”この人は自分の息子ではない”・・って。
そして、自分は愚かな父だったから、息子を失ってしまった、
どこに居るんだぁ~~っと(芝居がかった)カメラへの呼びかけ。
さらに記者たちを納得させるためか、チェハ父、イナの共同作業にて
イナとチェハの結婚宣言となり・・・心ならずも、その選択をしてしまったチェハは、
これで良かったのだと慰めるウニョンの言葉に自分を責めるのみ。
そして、会見場をあとにしたスホ父は、また酒をあおりながら・・
ウニョン母にした行為の報いってこともあるんですかねー
同じように車にまるで飛び込むようにして轢かれて死亡。
あの父でも最後には自分のことを思ってのあのセリフ等もあり
カングやフィリップを伴っての海への散骨では、またさらにチェハは深い悲しみが。
そして、それらから立ち直るためかのように、CD製作やコンサート準備に忙しい日々のチェハ。
ウニョンもまた、手作りアクセサリーのネットショップ(?)を細々とスタートさせている。
大臣就任を辞退したチェハ父ではあっても、チェハはイナとの結婚を
今後のさらなるスキャンダル予防のために続行させる意向。
イナもここにきて、自分の押し付けに迷いが生じてきて
少しまともになってきたのか、良い傾向・・っと思いきや、
肝心のコンサートの日、チェハのピアノの中にしっかりと置かれた
ウニョンの作った虹の貝殻を見つけると放っておくこともできずに
ゴミ箱へ¢( ゜゜)ノ゜ポイ(爆)
これが、結果、慌ててゴミ箱を探したチェハの指を深く傷つけることになり・・。
スポンサーサイト
サボってるぶんを順を追ってアップしてると、
下手すりゃ今週の最終話までに全く追いつかない可能性もありなので(爆)
ちょっと反則ですが、とりあえず、間を飛ばしてまず19話を先に。
(あとで抜けた間の数話、加えますから~ (((((^^;))

フィリップから、スホが自分の手術費用のためにチェハとなり、
決して自分を捨てたわけではなかったことを聞かされたウニョン。
スホとわかった時点で、チェハに対して拒絶した自分の態度を思うと
呆然としてしまう。
あまりにもイナに追いつめられて耐えられなくもなり、
突然姿を消したチェハの行方、
昔、二人がボートで流れ着いたあの老人夫婦が居た島ではないかと思いついたウニョン、さっそく島へ向かう。
島で老人と再会するが、しかし、チェハは一人で来たらしいが
既に帰ったと言われ・・・あてもなく島を巡っていると~。
アップをサボってるうちに、もう最終話が迫ってるんだもの、
サッサとやらなきゃねーっと、チト焦る~ (((((^^;)(爆)

チェハが、実は”スホ”と言う全くの別人であることを知ってしまったイナ。
これまでの自分のなかの初恋の人チェハを
急に失ったわけだし、彼女としても、たしかに心のより所を
突然失ったことには違いない・・・が、別にその別人スホが
思い出のチェハを殺しちゃったわけではないのだから、
怒りのもっていきかたが、微妙にズレてるように思うんだけどねぇ。
ウニョンとチェハのところへも、チェハがウニョン母の墓前にいるときも
しっかり後つけてるし・・・コワイです、イナ嬢(>_<)
チェハはチェハで、島から戻ると途端にウニョンへの態度が
よそよそしく冷たくなり、状況を何も知らないウニョンなど
戸惑うばかり。
ウニョンに同行するつもりが、駅でミジョン母をみかけてしまったチェハは、その後を追い、その間にウニョンの列車は出発。
でもせっかくあとさき考えずに追いかけたのに
すぐにその姿見失ってるし・・チェハ。(意味無し~(爆))
さらに、もう一度、父から術後に亡くなったと聞かされたウニョンの
ことについて、病院を訪ね確認するが、
もちろん担当医はチェハ父と結託しているわけで・・。
病院に現れたチェハの姿をイナの友人記者が見かけ、イナに報告。
ついでに、調べていたチェハの少年時代の事故のことなども報告。
ラフティング(ゴムボートでの激流くだりのスポーツだとか)の
事故で大ケガを負い、一ヶ月後に回復したときには、
ピアノも弾けず、記憶も失っていたという事情があったらしいと。
(その時点でチェハ少年に、スホがすり替わったのねー)

チョンサン島に帰ったウニョン。
一足遅れで後を追ったチェハ。
チェハにとって久々の思い出の地、チョンサン島のはず・・。
(二人がたまたま宿にした民宿が一緒で、たまたま隣同士の部屋で
さらにそれぞれ知らずに携帯で話をするなんて・・
まぁ、これはチョットやりすぎ設定でしょう~(爆))

そして、翌日、思い出の菜の花畑に立つウニョンの姿を見た瞬間、
チェハは確信し(やっと・・って気もするが^_^;)それからはもう
涙が止まらず・・・
でもウニョンは、まだ全く気付いてないのだものねー。
母の墓へチェハを案内しては、術後すぐに聞かされた母の事故死のこと、スホ父子を恨む気持ちや、心に出来た涙の井戸のことなどを語る。

あとで、一人ウニョン母の墓に戻ったチェハ、
墓前に泣きながら謝罪。せつないよねー。
両親やイナの狙いに反発して、パーティーの壇上で
ウニョンを愛する人だと紹介したチェハ。
イナも激高、チェハ母はショックで倒れる。
イナなど、なぜかフィリップにその怒りをぶつける。
親友のくせに・・・って、オイオイっ(爆)
そして、私のモノだったのにあの子が取って行ったって・・物か。^_^;
フィリップもショックはショックだったろうに、
やっぱり彼は大人な態度。
倒れたチェハ母の病室に駆けつけたチェハ。
そして、チェハ父との会話。
父:他のことはともかく、結婚だけは勝手にさせないからな。
チェハ:他のことはともかく、結婚だけは自分の愛する人とします。
・・・て、マジメなはずの会話が笑えた(爆)
そして、フィリップに意見されたにも関わらず、
イナは、ウニョンが渡した退職願を手に、今後の策略を思いめぐらしていた。
まずは、ウニョンの職場復帰。狙いは、彼女を自分の目の届くところにおいて、ウニョンとチェハの行動を自分が把握するため。
さっそく会社に呼び出したウニョンにコーヒー(かな?)を持ってきたけど、あの睨みっぷりから、まるで毒でも盛ったみたいに怖かったよ{{ (>_<) }}
仲良くピアノでじゃれ合うウニョンとチェハのビデオを
偶然とは言っても揃って見てしまったイナとフィリップは呆然。
フィリップは、後を追ってきたチェハを思わず殴ってしまう。
ただ・・・この風貌で”僕は君の影”っと言われても~ (((((^^;)
別にゴーストライターでも、身代わりでもないわけだし、
勝手にそのピアノの実力の差を感じてマネージャーに転じたわけだからぁ~(爆)
チェハたちの様子を知っても僕はあきらめない~っと言うフィリップではあったけれど、きっと彼の雰囲気から言うと、
二人のためにそのうち理解を示すようになるのでは・・・っと思う。
そして、ウニョンは、またチェハ母のお呼び出し!(爆)
チェハ母、一見清楚でおとなしそうな奥様風だけど、
ホント言うことは冷淡この上なし、ココぞとばかりにウニョンを責める責める!
さらに、ウニョンは、今度はイナ嬢のお呼び出し!
あのビデオを嫌味ったらしく流しながら、これまたチェハ母と負けず劣らず厳しい叱責。
どうすべきか自分で考えて・・・って、もうそりゃウニョンとしては
仕事を辞めて去るしか選択肢無しに持っていってしまう。
ウニョンの身にどうゆうことが起きているか、想像もつきそうなもんだけど、チェハはのんきに(でもないかも知れないけどねぇ)またあの少年の所へ。
その子に靴買ってあげたりしてる場合じゃないはずなのに~。(爆)
決心して、ウニョンがイナに辞表を提出したあと、やっとのんびりと
チェハは接近。ドライブに誘って楽しいひとときを過ごして
彼女を慰めたようだけど・・(きっと部分的にこのあたりカットされてそう~)
別れ際、ウニョンの別れの言葉の真意までチェハ気付かず、けっこうやはり鈍し (((((^^;)
チェハとウニョンのキスシーンを目撃してしまい動揺を隠せないフィリップ。
CDの選曲のことなどいつになくチェハに文句をつけたり、尋常じゃない。
さらにイナも誘ってのダブルデート状態でのディナーをセッティングしては、あの怪我の手にも関わらず、ウニョンへの愛の告白を含めてピアノを弾くし・・・彼の気持ちとチェハへの思いで困り果てるウニョン。
チェハも親友とウニョンへの気持ちに葛藤。
彼らのそれぞれの思いをうすうす感じ取ってるはずのイナは、
コレ幸いとばかりに、ウニョンとフィリップの関係に応援宣言するし
チェハからの前回の友達宣言も全く無視で、チェハ母に取り入ろうと
見え見え攻撃。
チェハ両親は、いたくイナをお気に入りの様子で、勝手に嫁にすすめる始末だし・・・。
でも別に、もうここまで成人しちゃってるわけだし(その当時じゃないし)、実子じゃなくても、チェハの結婚相手がウニョンだろうが
イナだろうが、どうでも良いのじゃないの?
要するに、自分達が嘘をついていた過去が露呈するのがコワイのよね?

親友フィリップの態度に思いあまったチェハは、彼と話す機会も設けるが、フィリップからは冷たい非難の言葉を浴びる。
”君は全てを持っている。”
”それが全て他人のものだとしたら?”っと、真実に触れるようなことを言うももちろん何も知らないフィリップがわかるわけもなく、
”そのなかの一つ僕にくれ”
もちろん、その一つと言うのはウニョン限定なのだろうけども、
分けてもらえるのが、あの鬱陶しいチェハ母でも良いのか~?フィリップっと心配したりして(爆)
ウニョンに対する怒り爆発のイナ。
まぁもともと思いっきり自分が勝手に恋人気分なのがそうさせているわけで・・・。
フィリップが間に入り、事情説明等々で、なんとかイナの機嫌も収まるけれども、
そもそも、フィリップもこの時点でのチェハのウニョンに対する気持ちの傾き具合も察していないわけだしねー、
チェハとフィリップの会話も、妙にズレてるし(爆)

ウニョンと手を繋いで歩くように急に促してみたり
チェハ、いきなりの熱烈モード突入(笑)
ウニョンもウニョンで、気に入らないなどと友人にチェハの話題を口にするも、話題がチェハのことばかりと言うのも、当然わかりやすい(爆)
夜にウニョンの携帯にかけて、出来立ての曲を弾いてみたりねー。
レコーディング場所となる教会に向かう日も、わざわざ自分の車でと迎えに来たイナを即決で断り、ウニョンの車で向かうチェハ。
おまけにドライバーウニョンの席の真後ろに陣取り、あやしすぎるよ、その場所(笑)
どんどん近くなっていく二人の様子とは逆に、
ついにイナに自分達の関係は、友達でいよう~っと告げるチェハ。
もちろんあえて聞く耳を持とうとしないイナ。
コンパクトの件もあり、初出勤のウニョンに対するイナの態度は、
ミーティングでのあからさまな完全無視で始まる(爆)
さらにはチェハの前でウニョンに直接コンパクトの入手についてたずねるイナ・・・直接的な人だわねぇ。^_^;
ウニョンの仕事がスタートし、作曲に行き詰まるチェハに外出をすすめるウニョン。
そういえば、いまさらなんですが、チェハってピアニストって言うだけではなく作曲も自分でするのね?
そして、たしか食事に~っと誘ったはずなのに、出かけた二人、ショッピングしてるし(爆)
出先で、ガムを売る少年を見つけたチェハ。
その少年にかつての自分の面影を重ね合わせる。
ウニョンがチェハのロードマネージャーとなり、その名前ウニョンと言うことからもどうも気に入らないチェハ母。
手術後の少女ウニョンが死んだということにしているのは、
このチェハ両親の共同謀議なのね(爆)
そしてもちろんそのことを知らないチェハが、事実を知ると自分達から離れて行くのではないかと恐れている。
少年チェハ(スホ)がウニョンの手術代で思わず盗みを働いたところを
救ってもらい、交換条件で暫しのカナダ行きを誘ったことが明らかになる。
ウニョンに迫るフィリップの様子を陰から覗き見たチェハは
気になってしょうがない。
やんわりウニョンが拒絶したとこまでは確認してないしねー。
コンパクトを渡そうと持っていても、レストランでうっかりポケットから落としてしまっているしでスレ違っても渡せない。
ウニョンの養父が戻って来るが、どうやら怪しげな商売に加担してるようで、その借金の取立てが海苔巻き店にも押しかけてきて・・。
ちょうどウニョンにコンパクトを渡そうと店を訪ねたチェハが
取立て屋に応戦しようとしたところ、その手をとっさにかばうウニョン。(なんと言ってもピアニストの大事な手だからねー)
ウニョンの力になりたいと思い始めるチェハと、断るウニョン。
そして、もうひとり、養父の借金のために奔走するウニョンの事情を知り、その力になれないものかと考えるフィリップ。

血相変えて、ウニョンの手から秘密の小箱をもぎ取り激怒したチェハに
イナ、フィリップも含めての一同呆然(*_*)
フィリップもチェハの態度を責め、その場を去ったウニョンのあとを追うが・・。
イナも驚くものの、チェハの物を勝手に触るからだとウニョンやフィリップに冷ややか~(キッツイねぇ(爆))
さすがに少し後悔したのかフィリップの携帯に謝るつもりで何度もかけるチェハだったが、肝心のその携帯はウニョンの車にフィリップが忘れていて、度々のコールについに出てしまうと、さらに追い打ちをかけるように、”彼女を見ると不思議とイライラする・・”とのチェハの言葉。アラアラ~。
とりあえず携帯をフィリップに届けようと翌日ホテルに訪ねるウニョン。
そこであらぬ泥棒騒ぎに巻き込まれてしまい、その窮地を救ったのは、
偶然側を通りかかったチェハ。

チェハ激怒の件、泥棒呼ばわりの件など、続くショックに、実母の墓のある故郷の島へとウニョンは向かう。
チェハから聞いてウニョンのことを心配するフィリップは、ピンクトラックを訪ね、ウニョン友人から彼女の行き先を聞き、飛行機で先回り。
船で到着したウニョンは、ビックリ♪
フィリップ同伴での墓参りとなる。
それからも島で少々ゆっくりとしてしまった二人は、船の時間に間に合わなくなり、結局、島の民宿に泊まることに。
(・・って、あの近所のオバサン(?)ちに泊めてもらうってわけにはいかなかったのね?まぁそうともすりゃフィリップの身が逆に危ういか~?(爆))
韓国語の練習とばかりに、ウニョンに”好き”だの”愛してる”だの連発するフィリップにも、ウニョンさほど反応せず・・・(笑)

予告で登場してたスホ父のさらなる悪事は、
術後のウニョンをスホに会えるよーっと上手く誘い出しソウルに連れて行って、あれはほとんど売り飛ばし状態で彼女を置き去りにしたってこと?ホントに最低なオヤジだなぁ、こりゃもう天罰与えなきゃっ!
救いよう無し!( ̄^ ̄)キッパリ!
前回の海苔巻きの店尾行と、病院での生存確認の結果で
チェハは、ウニョンの死を確信してしまったようで
ウニョンが別人となれば(本当は本人だけど(爆))もう韓国には居たくないオーストリアに帰りたいっ!っとイナにゴネる (((((^^;)
チェハの態度に、”私の知ってるチェハじゃない”っと言うイナに
こうなると、チェハが思わず言ったように、その通り、大正解!って
言ってあげたくなるような~(笑)

チェハのCDの打ち合わせをイナの会社でやっているところに、
ちょうど出前を頼まれて持参することになったウニョン。
またしても、チェハに、今度は靴に出前の汁をかけちゃうことに~。
子供の頃育った場所を確認し、ウニョンがソウルと答えてしまったことでさらに別人と決め付けちゃったでしょうねぇ。

まぁそれでもそのまま、そこで帰国しては大人げないと思ったのか
イナと少年チェハが通った小学校へ行っては、思わず校庭を全力疾走!
そのあと、これから初めて出会ったようにスタートしたいと、
イナにとっては、だいぶ勘違い、思い込み(交際宣言?)させかねないようなひとことを提案するチェハ。
そんな思わせぶりなこと言っちゃ、ゆくゆくマズイんじゃないの~?って予感(爆)
韓国に到着するチェハとフィリップ。
空港にはもちろん待ち構えるイナ・・・が、イナの前に現れたのはフィリップだけで~。
急用が出来たらしい~っとのフィリップの言葉など耳に入らないくらいご立腹な様子のイナ。(しかし、いったいどこから?どの段階で別行動に?あれは到着ロビーじゃないの?(・_・?))
チェハが一目散で向かったのは、病気のウニョンを担ぎ込んで入院させた病院で・・。その後の様子の確認をしたかったチェハだったが、家族以外には教えてもらえず~でも、立ち去りがたくその場でひたすら過去のウニョンとの思い出がグルグル。
ソウルの街を記憶をもとに散策するチェハ、思い出の場所近くでふと目に留まったピンク色のトラックには、ウニョンの姿が~の接近遭遇。
もちろん、追っても簡単に追いつくこともできず、またすれ違いなのだけれどね。
時間はまた進んで(爆)初回のチェハのコンサート終了後。
帰ろうとするウニョンを呼び止め、強引にパーティーに誘うフィリップ!
(ちょうどドレスを用意していたの?ウニョン用に?用意周到だね~(爆))
パーティー会場では、イナが今の自分の仕事(レコード会社?)の名詞をチェハに渡しCDの件をもちかけようとするが、
僕は君の知ってるチェハじゃない、韓国にも戻るつもりは無いと
キッパリと否定。イナはあまりにも冷たいチェハの言葉にショックを受けるが・・・その直後に、今度はパーティー客の前で、大事な幼なじみとの紹介をされ、戸惑うものの喜ぶ。(なんなんだか・・ねぇ、チェハもイナも^_^;)
そして、チェハは、フィリップが列車で一緒になった彼女を同行しているし、(フィリップの冗談だったのだが)いきなり迫られたと言うフィリップの言葉を真に受け、軽い女だとほとんど敵視状態。
あのクマのセーターも投げてよこすし、ウニョンは、ウニョンで、チェハを最低なヤツだと思い、さらに仲は険悪。
島に戻ってきた父チョンテとまた暮らし始めるスホは、
前回の置き去りもそうだけれど、常々ホントに父に捨てられる・・っと言う不安にかられているんですねぇ、カワイソウなほど。
こんなダメダメ親父なのに。目覚めて傍らに居ないと姿を血相変えて探すほど・・。
そんな息子の気持ちなどおかまいなしに、やはりチョンテは極悪人デシタ(爆)
島に何やら怪しげな知り合いが押しかけてきたかと思ったら、
速攻でヘスンが貯めたウニョンの手術費用を狙いマス、そして一目散に
島から逃亡!また息子置いて行ったよ!このダメ親父!
この期間どのくらいなんでしょうかね?ほんの数日?
ウニョンの手術代の貯金をさりげなくスホにたずね、その隠し場所まで
検討をつけておいて狙うという用意周到さ。
ほとんどこのために島に戻ってきたんでしょう。
周囲に何と言われてもチョンテを信じていたヘスンなども呆然。
ともかく取り返さねばと、ソウルに向かうわけですが・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。