上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アナが居なくなったから・・・ってわけではないでしょうが、まぁ冒頭からアダムとロスのこれですか・・・なシーンでの始まりから一転、核を保有してしまったイランへのアメリカの攻撃間近な報道もされるなか、メディア王グローガーが暗殺される。(殺ったのは、アレはCIAのホーガン?)
そんな緊迫感ななか、まーーだこの二人はのん気に・・・っと思っていたら、ロスにはヤルタなマグリットからお呼びだし。至急来るようにと脅しも入って、いつもより切羽詰った様子。
それもそのはず、アメリカがヤルタの存在に気付き、次々とヤルタの潜入者を始末してるのだとか。
36時間で6人も殺害されたと・・・先のグローガーもヤルタなメンバーだった。
イランとの闘いの前に邪魔なヤルタをまず始末しようと言うのがアメリカの考えらしい。
MI-5でもこの動きはもちろん察知済みで、ヤルタの指示系統と思われるマグリット(実はアン・ボーシェと言う名だって?)の存在に注目、その情報をもっとつかんでいると思われているジャーナリスト、ベン・キャプランにもまた接触しようとする。
一方、マグリットらヤルタ側は、そんなアメリカへの対抗策として”沈没”作戦を計画中であることをロスに話す。なんでも全ての軍用機械の停止を狙う作戦らしい。もうヤルタからは抜けたと拒否するロスにこの沈没作戦が終われば好きにするとイイとマグリットもあきらめない。
そして二人が密談を続けているうちに、目の前に現れたのは、CIAのホーガンと、ベン・キャプラン。
思わずホーガンには目くらましで攻め倒すが、キャプランには画像を撮られ逃げられてしまう。
絶体絶命の状況となったロスにマグリットは身を守るためにキャプランを始末するための注射ケースを渡すのだったが、キャプランはすぐにジョーに連絡を入れ合流したため、その場で手出しが出来なくなってしまうロス。
もちろんこれでジョーだけでなく、MI-5全体にロスがヤルタと通じていたことがバレることは明らか、行き場を失ったロスは国外逃亡をも考えるのだが・・・・。
ジョーからのロスの件で真っ先に連絡を受けたアダムは、個人的なロスとの関係も考え、ワナワナと顔面蒼白。そしてハリーに報告があがり、CIAの手前もありチームとしてどう処理すれば良いかを相談中、なんとロスが本部に現れる。言葉も出ないメンバーに対して平然と現れたロス。どうやら腹をくくったらしい。
スポンサーサイト
BBC放送では、アメリカとイランの和平協定締結について、その仲介役を果たしたイギリスもまじえ、各国の代表が出演し、観客との徹底討論がなされるという公開番組が放送されることになった。
隠れ家では、アナがジョーに付き添われ、そのTV討論の開始を不安げに眺めている。
イラン代表としては夫、バクシ領事が出演するため。そして、イギリス代表は外務大臣、アメリカ代表はホーガンが出演している。
観客のなかには、ロスにアダム、そして記者ベン・キャプランも混ざっている。
キャプランからアダムらに次々と観客の座席数字がメモで示され、該当の座席に座っている観客の確認が内密にMI-5によって即座になされる。(キャプランだけがその取材で確認済みな不審該当者の顔ってこと?MI-5より詳しいのねー)
そうして始まった討論会、すぐにキャプランが示した人物の一人、ジェイソン・トリンダーから、イランの核爆弾所持についての質問が出されたとたん、彼や同じくキャプランが示した不審人物らしき他2名で会場は武器によって占拠される。ジェイソン・トリンダーは照合すると別人だった。
彼らは観客の人質を取り銃を向け、騒然とした現場が中継されることになる。

・・・っと言う唐突なオープニングの後、戻ること15時間前、イランに起爆装置の回路基盤が渡ったことが確認され既に研究所で核ミサイルが完成している頃と思われる。
そしてそのことを隠蔽しようと、ハリーとホーガンで密談が。さらにバクシも交えての密談。
イランが核保有したことが公になるとイスラエルを含む各国が戦闘態勢に入る。避けるためには、アメリカもイギリスも軍をペルシャ湾から撤退、軍事作戦を停止し貿易も国交も回復させるから、国内の神の党(?)の糾弾と核保有を公にしないと言う条件をバクシに提示する。
そしてその旨を早急に打ち出すために、TV放送の公開討論特番を使って和平協定の締結を宣言することを促す。(こうして聞くと平和維持のために、たとえ嘘の発表であっても良いような気がするのだが・・・)
アダムの最大のピンチを救ったロス姐さん、”全く懲りない子ねぇ・・・”的な視線をアダムに投げかけるし(爆)、アダムは明らかに凹んでるし~。
そして、イランが設計図を偽物と知っていて起爆装置の回路基盤を入手した模様のため、情報が漏れていた疑いが浮上、テヘラン行きの全便停止をCIAのホーガンが提案し、さらにCIAとMI-5の合同作戦による基盤奪回となる。(どうもCIAが絡んでくると、話がややこしくなるだけなんだけどなぁ・・・ホーガン、悪役面だし(爆))
イランが核を保有することは、すなわちアメリカが先制攻撃を仕掛けることに繋がると、断固阻止を目指すハリーなのだが、まずは合同調査委員会であげられたMI-5内のモグラ退治をしなくてはならず、すぐに調査チームが入る~っと言う報告も、例の装置でヤルタに筒抜け。(もちろんこの時、一番ドキっとしたのはロスでしょう。)
このハリーの報告が終わるや否や、回路基盤がテヘランへ向うことを阻止すると、ロンドンの給水施設に水銀を混入するぞ・・・っと言う匿名メールが届く。(このタイミングでいくと、ヤルタか?それとも領事?)
この脅迫がある以上、飛行機は離陸させねばならない、飛ばせた上で機内で基盤を奪う必要が~。
そして同時に給水施設の監視も・・・大忙しなMI-5。
さっそくモグラ探しチームが到着し、ロスは盗聴装置の1個は踏み潰して、ヤルタに抗議に出向く。
イランに核を保有させることでアメリカへの抑止力を与える、と言うのがヤルタの言い分?
グアンタナモや長崎の悲劇を起こさないためなんだとか・・・・なんだか、ずいぶん無理矢理な思想に思えるんだけども~。
また、イラン領事は領事で、回路基盤をイランへ運んでくれるのは皮肉にも英国、もしアメリカがイランに先制攻撃をしかけるようなら、ロシアが参戦するだろうと、大戦勃発になりかねない緊迫した事態を語るのを盗聴される。

前回で自身がアナを仕留めたことになっているロスが、ハリーに相談。強行化する領事を止めるためにアナの生存を伝えてはどうかと・・・(殺してなかったんだ~!同時にまたコレ、アダムには知られちゃマズイよね。)しかし、ハリーは基盤回収までは隠すべきとする。
コニーが入手した情報から、基盤を運ぶのは英国人ではなく英国旅客機と判明、ちょうど出発便があり、乗り込んで上空での基盤回収作戦開始となるが、該当機は火災防止機が破壊されていることをマルコムが発見、しかしその代替機での離陸となると出発に遅れが生じ、知られると水銀が・・・・。
危険だろうとそのまま離陸させる決断となる。(これまた列車の時同様、何も知らない乗客は無視か・・・スゴイ決断だねぇ~コワいもんです。)

アダムは、イラン領事夫人アナとの隠れ家での逢瀬のあと、路上でナイフを持った強盗と思われる男に襲われ、応戦して逆にその男を殴打し瀕死状態にしてしまう。その場で救急車を呼び立ち去るわけだが・・・。その直後、空港での任務に直行しロスに遅れた言い訳をしてた理由によると、やはりウェズは寄宿学校に入れたらしい。(そしてアナとの隠れ家密会も朝まで可能なわけね~)
ジョーも、誰かと朝までベッドをともにし・・・(サッカーのアンリをもっと精悍に若くした感じの人に見えた)それから本部へ出勤。
空港でロスとアダムで待ち受け追跡装置をしかけた男は、ロシアの運び屋セルゲイ・ヴァレンティノ。
起爆装置の設計図をイランに売却するために運んでいると見られ、設計図がイランの手に渡り起爆装置が完成するとアメリカやイスラエルを敵に回し、イランも新たな核保有国となり、第3次世界大戦の危機へと繋がると彼のマークをしたのだが、そんなヴァレンティノが見張りをまいてホテルから消えた。
彼はFSB(元KGB)にもマークされていた。
ジョーの相手、ベン・キャプランは、記者だった。出社した彼のデスクには、なぜかアダムが強盗らしき男ともみ合ってる画像が届いている。
そして、ロスは、極秘にまたヤルタと接触。ヴァレンティノの現在位置を教えてやる代わりに、本部への盗聴装置設置を要求してくるヤルタ。
ロスが引き受けると見失ったヴァレンティノは、言われたとおりの場所に居た。が、既に入国した時の鞄を持っていない、取引は終了したのか?それならすぐに出国しているだろうし・・・。FSBはわざと彼を泳がせてるのか?
ともかくもヴァレンティノを捕らえ本部に連行、身の安全を提供することを方法として提案するアダム。
ジョーは、ベン・キャプランと接触、彼はジョーがスパイであることを感付いていた。
ジョーに、届いたアダムの暴行現場の写真を提示するベン。
そのことを直接アダムに問いただすジョーだったが、アダムの返答はうやむや。
ロスは、無許可で隠れ家に勝手にアナを連れ込んでいることアダムに隠れ家で問いただす。あまりにも危険なことだと言うロスに(そりゃもちろんロス姐さんが正しい!)自分への情報源として居場所の無くなったアナに場所を提供してるだけだと弁解するアダム、ハリーにこの件は内密にしてくれるようにロスに。
本部へ連行されたヴァレンティノだが、尋問されるが途中で隙をみて逃走。既に彼を連行した時に手に入れた電子カードから設計図は手に入れており、わざと解き放って泳がせたのだった。大慌てで貸しローッカーに向かい、入れ替え済みの偽の鞄を取りに行くヴァレンティノ。

S5の第3話に登場し、アルカイダの中に二重スパイとして構築された”滝”作戦のマイケル(ムスタファ)が再登場する。
彼は自分の担当はザファーだと言い、ザファーでないと何も話さないとジョーに主張。ザファーは辞めた・・・っとマイケルに伝えるジョーに、モスクワでのある計画に作戦実行の運転手として誘われたと話す。雇い主はアブドゥル・カラミの従兄弟ハッサンだと言う。
そのアブドゥル・カラミはチームが監視していたはずだったが、途中別人と入れ替わっており、監視映像でいち早くアダムが気付くが間に合わず、カラミは野放し状態へ。
CIAのボブ・ホーガンがMI-5に乗り込んでくる。協力体制での捜査となるわけだが、結果的に生物兵器をイランで発動させたり、スパイ機での捜査妨害をしたりのCIAの傍若無人ぶりにロスなどあからさまに不満気・・・ヤルタに加わったことだしね。
マイケルが仕事の了解の返事をしていないことに出向き、引き受けるよう告げるアダム。
ザファーが殺されたことも、マイケルに告げる。彼が連絡を取り、動き出したのは、カラミとイラン領事館。天敵であるはずの両者が、ともにアメリカに対しての敵の敵は友らしい・・・。
さらに、ザファーの調査を続けていたロスにアダムは極秘にCIAの様子を探ることを認め並行してゼブラ作戦を指示する。ロスと組んで行動をすることになったウォレン捜査官(微妙にオーランド・ブルーム似?)のIDを隙を見てさっそくコピーしロスの作戦が始動する。
また、アダムは領事夫人アナと隠れ家での逢瀬。領事が反米テロに加わっている可能性を示唆し彼の様子を探るよう頼み込む。反発をしながらも領事の潔白を証明すると引き受けるアナ。
まぁ、ほぼアダムの言いなり状態なのだが・・・。領事たちの会議の盗聴を仕掛けている時、その不審な様子を職員に咎められ、咄嗟にナイフで彼を刺殺してしまう。そのことも、急遽アダムの指示で職員に襲われ身を守るために刺殺したと偽装を強要される。領事も信じ事件を隠蔽するのだが~。
冒頭では何やらアメリカとイランの密談・・・そして悪者はイギリスだと~?
ザファーの捜索を続けようとするロスは、自宅で何者かに拉致され監禁、拷問(?)を受けている模様。連絡の取れないロスにハリーは苛立ち、アダムはロスがザファー探しをしていることを告げる。
ロスはまだ後発部隊(爆)なので、それほどザファーとの繋がりは濃くなかったと思うけども、比較的あっさりとザファーと現場で別れたアダムこそ、もっとザファーの安否に執着したって良いくらいだと思うんだけど・・・・アダムはもうザファーの生存は無いと確信しているのか、ちょっと冷たささえ感じる。
ハリーがもうこれ以上部下を失うのは困ると言う思いはわかるけどねー。
また、米軍基地近くで管制塔に機体の異常を告げたあと輸送機が墜落炎上する。
ミサイル攻撃による墜落の疑惑も・・・。
前話で登場したコニーがチームに加わっている。(ハリーの誘いを承諾したのね。)
(ところで、このコニー、全く気付かなかったのだけど、あの「ブリジット・ジョーンズ」のブリジットママだったんだ・・・ビックリ。ブリジット~では、もっといかにもマダム~って雰囲気だったものねぇ、まさかベテランスパイを演るとは思わないわ(爆)。)
イランの攻撃だと大変だと、情報提供者と接触するアダム、あのイラン領事夫人アナと関係修復しっかりとできてる模様。
イランが米軍基地をターゲットにし英国輸送機を狙って撃墜させたのではないかと疑うMI-5。
現場付近は未確認飛行物体観測の地として有名らしく、イギリス版エリア51とされていて、UFOマニアが多く野営している場所でもあるらしい。
そのUFOマニアの中に地対空ミサイルを操るテロリストが潜入している可能性も・・・。
マルコムが現場に潜入し墜落機付近の撮影をしたり様子を探ることに。事故現場は重装備の防護服で捜索されていたり不審な点が。
ジョーが国防省の元彼に探りをいれると、墜落機には有毒化学物質が搭載されていた疑惑が~。
そうなると、現場で撮影したり長時間潜入してるマルコムの安全は?
えーーーーっ、またザファーに続いて今度はマルコムまで退場となったら、こりゃあんまりでしょう~っと心配だし、情報を聞かされて絶望と覚悟をしさらに潜入を続けるマルコムがイジらしくも見え~。
現場に到着したアダムが、輸送機で病院へ行くことを提案するが、拒否するマルコム。
既に発症しているアスニックが街に放たれたことによってロンドンにウイルスが蔓延することになる。
善意で運ばれた病院で次々と感染者が増えることに。すぐアダムが追跡して病院は閉鎖となるが既にウイルスは広がっている。ウイルスの殺傷力は94パーセント、さらに感染によって次々と変異し強力になっていくことも考えられる。アダムも既に感染していて、発症までの予想時間は約12時間ほど。このままでいくと今週中に死者は50万人にも及ぶと言う。
そして、ザファーが連れ去られていたと見られるトラックが発見され、その近くには数体の焼死体が・・・。
アダムは既に感染が始まっているイランはテヘランでの対応の様子、ワクチンの有無を、領事夫人のアナに聞こうとするが、スパイであった彼に裏切られたアナの怒りは激しいものがあるのだが~。
ウイルス感染は止められず、今はワクチンを探すしか手がないとなり、ウイルスを改良しイラクに売る能力があると思われるフランス、インド、ロシアの各国、そしてアメリカのトップスパイを誘拐、彼らがウイルスの在りかを知っているか聞き出す作戦が強行される。スパイ仲間としてかなり反則的行為なわけだが、次々と他国スパイを拉致してくるMI-5メンバー。その彼らを監禁し調べるために引退した元MI-5なコニーの郊外の家が使われ・・・なんとその地下はかつての生物兵器の実験施設だった。
ウイルス感染をさせワクチンの在りかをはかせる手段がとられるところ、フランスのスパイの口からは自国の監視チームがザファーが連行される姿を目撃したと言う情報がもたらされる。ハリーは信憑性がないと主張するが、ロスは信じ、フランススパイとの接触をこころみようとする。
またロシアスパイは、英政府が既にロシアとワクチンの金額交渉に入っていて、ワクチンもロンドンに到着していると~告げ、何も聞かされていないハリーらに衝撃が走る。
今回からS6。で、なんですか・・・アダムとロスが、なぜに一緒に~~!
前回の水没からの緊急脱出で急接近ですか?
この場所は隠れ家なんだよね、じゃぁウェズはどこに?また実家か?
っと言うより、前回のアダムのあのまだ危うい症状具合からいくと、ロス姐さんが密着監視役に付けられてるのか・・・って気すらしますが~(爆)。

っとまぁ、それより、今回の事件のほう。
イラン陸軍の研究所で事故(事故か故意か?)が起き、研究中のウイルス(?)によって汚染され研究者が感染により死亡する事故が起きた模様。さらに施設からは菌がもちさられ~ケースに入れて運ばれようとしていた。
アダムはイラン領事の妻アナ(どことなくフィオナ似じゃない?)に接近、公務を断ってまで夫婦でロンドンを離れる予定を確認。
ロスは情報屋からロンドンでの無差別テロを起こそうとしている人物アスニックの写真(施設からウイルスを持ち出した男)を見せられる。イランとイギリスとの和平協定に反対を唱えるグループがテロを起こそうとしているのか?
テヘランの石油会社にザファーが潜入中。
まずは要注意人物アスニックにロンドンの地を踏まれる前に消す指令が下され、彼の乗る列車を国内の勢力争いを装って爆破する計画がなされる。アスニック監視中のザファーが列車に爆弾を仕掛ける。列車のアスニック以外の乗客は少なく、市街地を出てから爆破させる予定だったが・・・。
(しかし、対象人物一人を始末するのに、なんかもっとうまい具合に急死させる(薬物とか)スパイな道具がありそうな気がするけど~列車爆破なんてじゃなくても。)
列車は市内で速度を落とし始め停車、ラッシュ時の対向車両まで側にいると言う予定外の状況のなか、携帯の爆破スイッチを押す命令がザファーに下される。ザファー潜入中もそのリモコン作動の為に爆破車両に近い線路沿いの建物に位置している模様。予定ではもっと離れた位置に列車が行っての爆破だったろうけれど、思いっきり建物も爆風で崩れる勢いのなか、作動と同時に同僚たちへの避難の声を発したザファーだった。爆破後大使館でおち合ったザファーに避難の呼びかけはまずかったと言うアダム。あの場所で彼自身の命だってやばい状況っぽかったのに、よく言うよなぁ~っと、ちょっとムッとした(爆)。
列車は市街地でしかも対向車両もろともの爆発となったのに、肝心のアスニックは直前に列車を降りていて(しかもウイルスを入れていたケースは列車に残したまま・・・もう既にウイルスはバラまかれている?)無事、なんとアダムやザファーのいる大使館にイギリスへの亡命を申し出て現れる。
アスニックの主張によると、ロンドンのテロに関わっていると言うのは誤解で自分は二重スパイ、和平交渉をつぶそうとなどしないと言う。”コペンハーゲン”と名乗る人物に列車に乗れと指示されたと言う。列車爆破の狙いはきっと他にあり、自分をロンドンへ連れて行ってくれるよう主張するアスニックだが、ウイルスの鞄のことなどひとことも話してないし、二重スパイで目的は平和と”金”って・・・なんだかわけのわからない人物であることは間違いない。
アスニックをイラン国内で消すためにMI-5は利用されたとアダムは報告し、ザファーとともにアスニックの護送に携わる。
また今回の爆破は列車での犠牲を出しただけでなく、アスニックが持ち込んだブツ。
それはもともと80年代アメリカが対イラン用にとイラクに売った生物兵器だった。回収されたはずだったが、ひそかにイラク側が培養し改良さらに強力な生物兵器として研究を続けていたらしい。そしてそれが今回の爆発で周辺に漏れ、感染による犠牲は想像も付かないと~事情の説明をアメリカ側より説明を受けるハリー。(なんで今さら明らかになるの?)
ロンドンでのテロ情報を流した黒幕、和平協定を望まぬ者が生物兵器を発動させるためにMI-5による列車爆破を起こさせたと言うことらしい。
そしてその生物兵器がアスニックがロンドン入りすることでバラまかれる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。