上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜の森を逃げ回る男、そして公園のようなところまでたどり着いたが、追ってきた何物かに胸のあたりを引っ掻かれ(?)襲われる。
翌朝、マーフィーに事件現場へ呼ばれたハリー。そこには、全裸の女性の死体が。彼女は頭皮の一部と犬歯を抜かれていた。現場では黒髪の男が走り逃げ去るのも目撃されていて、事件との関係を調べている。先週にも川で同様の身元不明の死体が発見されてもいたらしい。
公園の少し離れたところには、血痕も残されていて、それは後からの調べで男性の物とわかる。
また、被害者の女性ミナのルームメイトであるへザーが現場に来ていて、ミナの死を悲しんでいた。
マーフィーは事件を調べ始めたばかりだったが、そこにFBIのラスキンと言う女性捜査官が現れ、連続殺人事件であり事件を全てFBIが引き継ぐと申し渡す。
ハリーは、事件現場に亡霊ボブを連れ出し、血痕から彼がわかることを聞く。(手をかざして状況を読むことができるボブってスゴイのね、もっと事件現場で活躍させれば何でもわかっちゃうんじゃ?(爆))
追われていたのは黒髪の男で、追っていたのが全裸で殺されていたミナだとわかる。そしてミナの様子は、まるで人狼だと・・・。
現場でハリーと会ったへザーは、警察やFBIへは言えない不思議な様子をハリーの店を訪ねてきて告げる。事件より前にへザーはミナと一緒にサウスベントのバーに行っていて、そこで何やら襲われるような胸騒ぎを感じさせる女と出会っていたと。そして恐怖でへザーはミナを置いて先に帰ったが、ミナはその女とケンカになり胸のあたりに傷を作って帰って来たということも。
その時の様子を力を使ってへザーから読むハリー。怪しげなその女というのは、なんとFBIのラスキンで、それがわかった直後、彼女の捜査の手が回り、ハリーは捕まってしまい、さらにへザーはラスキンに噛まれたあと、連れ去られてしまう。署に連行されたハリーの前には、ラスキンの相棒のFBIブッシュネルが現れ、ハリーに殺人容疑をかける。そのブッシュネルこそが、追われていた黒髪の男だった。収監されたハリーは、面会に現れたマーフィーにラスキンとブッシュネルの共犯の件を告げる。このままではミナ同様にへザーの身も危ないと・・・。
スポンサーサイト
”魔法使い”の看板を見て、ハリーに骨董品店を営むハーディングが依頼してくる。強盗による発砲で娘リサを殺されたが、彼女の霊の気配を感じるから確認して欲しいと言うのだった。
とりあえず当時の事件の様子を聞くハリー。ブーンと言う出所間も無い男がエジプトの石板を盗み、その際、リサに発砲し逃走、盗んだ石板は落として割ってしまったらしいが、車を奪おうとして持ち主ともみ合いになり逆に撃たれて死亡したとのこと。
説明を聞いたあと、まだ信じないハリーに、現れたリサの霊は事件の追体験をさせる。
リサの霊を確信するとともに、隣にあった宝石店と間違えて強盗が侵入したのではなく、もともと奪った石板目当ての強盗だったこともハリーは推測する。
(なんだか、メリンダやアリソンが担当しそうな事件の匂いがするぞ~~(爆))
ハリーに付き添う精霊ボブは、特に何もないだろうと放っておけば良いと言うが、ハリーは納得できない。きっとリサの霊が事件が偶然の強盗殺人事件じゃないことを知らせたかったのだと。
シカゴ警察でマーフィー警部補に事件のことをたずねるも、やはり解決済みの事件だからと相手にされない。やっと記録保管庫の記録を見せてもらえ、ブーンが車を奪おうとした相手、株のブローカーでリッチなミラーと言うこともわかる。そして逃走途中に落としてバラバラになった石板も保管されていて、エジプトのアヌビスの錠と言う石板だった。
ミラーの屋敷を訪ねるハリー、車を奪おうとしてブーンが銃を手に襲ってきたので、鞄で咄嗟にブーンを殴り銃を掴んで彼の頭のほうへ向けたところ、ブーンが引き金をひき、自らの頭部に命中したのだとミラーは証言する。帰ろうとしたハリーは、ミラーの首の後ろのタトゥーと、彼のコレクションにやはりエジプトのアヌビスのものがあったことに偶然ではなく、事件との繋がり具合を察知する。
ハリーが聞き込みに行ったことで、ミラーから警察に抗議の電話が入ったりもしたらしいが・・・。

ドレスデン・ファイル DVD BOXIドレスデン・ファイル DVD BOXI
(2008/09/26)
ポール・ブラックソーンヴァレリー・クルス

商品詳細を見る


TVオンエアものだけを攻略していくのだって困難で溜まるものはどんどん溜まっているって言うのに、
レンタル店があまりにも近所にあると、やはりたまには覗かずにはいられないし借りずにはいられません~(爆)。こうやって自分で自分の首絞めてるんだよねぇ~ (((((^^;)

BS11でS4以降が次々オンエアとなってるMI-5が、その原点のS1よりレンタル開始と言う変則的なことをやってくれてるおかげで、これを借りずにはいられず、
で、そのついでに近くの海外ドラマ棚にあったために、この「ドレスデン・ファイル」にまで、手を出してしまったじゃないの・・・・・(笑)
たぶんFOXムービーあたりで放映されてるはずだけど、なんせFOXは本家しか観れないために、この存在は軽く知っていたけど、とりあえずどんなもんかと1巻だけ借りてみました。


そして、第1話。
このサイトの番組紹介のところに、大人向けハリー・ポッターな世界云々って書かれてたけど、
とりあえず初回を見ただけでは、そりゃちょっと違うだろ・・・っと突っ込みたくなりました。
主役の探偵の名が”ハリー”・ドレスデンで、彼が”魔法使い”であるらしいので、そうゆう紹介となっているのだろうけれどねーー。おそらくハリー・ポッターファンにはウケないと思いますよ~(笑)
製作総指揮にニコラス・ケイジが名を連ねているそうで、たしかに、ニコちゃん、こうゆうの好きかも~って言う感じも少し。
で、ハリー・ドレスデンは、私立探偵として生活しているけれど、実は傍らに一般人には見えない精霊(だっけ?)ボブがいたりする、特殊能力を持つ”魔法使い”なのだそうな。
ハリー役、見た顔だな・・・ってすぐ思いましたが、あの24(シーズン3くらいか?)でテロリスト、スティーブン・サンダースを演ってた人ですね。
初回は、ときどき、少年ハリーが不思議な体験をして、その能力を持っていることを知ったり示したりする過去も挿入されます。

ハリーのところに、スコットと言う少年が訪ねてきて、魔物に襲われて自分や母親の身が危ないから助けてくれるように頼むが、ハリーは相手にしない。家に帰って精霊(?)相棒(?)ボブに、ハリーの少年時代のように怯えているのだから力になってやれ・・・っと言われるのだが。
その頃、ハリーが捜査協力をたまにしているようなシカゴ警察のマーフィー警部補のもとには、自宅で身体の皮を剥ぎ取られ洋服を着せられて殺害されている女性の事件があった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。