上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たぶん、ダニー率いるチームで、オズボーン家への盗聴器設置作戦。
ところが、レーザー感知やら電磁波探知機やら、普通の一軒家なのにスパイもあきれ返るほどの警備体制に盗聴器設置断念、しかもギリギリの撤収時に何やら小さな部品を1個落としてしまっている・・・。
・・・っと言う暗闇の中の作戦から始まった今回。
ターゲット、オズボーンは、表向きは廃棄物処理会社経営だが、人種差別主義者で全国で暴動を煽動している。
経営の収益も白人至上主義者団体に流れていて、その繋がりがビル・ワトソン下院議員にもあると言う。ワトソン下院議員もそもそも移民の流入が諸悪の根源とし、各地での移民などの虐待暴力事件も
移民を受け入れ続けてきたツケだとするコメントを平気で発表するくらい。
オズボーンには妻クレアと一人息子がいるが、独裁的な彼は、妻にも日常的に暴力をふるっているらしい。まずは、妻クレアからの情報を入手すべくチームが接触する。
この件とは別に関税局からの協力依頼。チェチェンからの密航者を多数乗せた船が、巡視船に見つかるや否や、乗せていた密航者をそのまま海に突き落とし次からはルートを変えると言う異常な事態となっているとのこと。その協力要請には、ゾーイが借り出されることに。
クレアが離婚も既に考えているらしいことから、早急に接触して情報入手する必要があるが、肝心の潜入捜査担当が飲酒事故で入院してしまい、ゾーイも別任務で不在なために、トムと本来は事務方スタッフなヘレンで夫婦役をしクレアが通うパソコン教室の担当教師となる。
(このヘレンとダニーが今はルームシェアをしているらしく、そしてなぜかダニーは金銭面でトラぶっていてカードの決済も下りない状態。
途中、トムらが潜入するにあたってのカード偽造をコリン(新シーズンバージョンでは、今は亡きだ~懐かしい~)が行うところを利用し、自分の情報をコッソリとブラックリストから削除してたねーーイイのか~(ーー;))

より深く接近するために、車のパンクをさせてみたり、ショッピングモールで引ったくり事件を起こさせてみたり・・・・っと、このあたりは比較的スパイの常套手段って感じ。さらに親しさを増して、自宅への食事の招待が来ることになるが~。(どうもこのあたりから、用心深いオズボーンには不審感が明らかに生じていたらしい。)

さらには接触を増したクレアに対しては、常日頃の夫による虐待暴力からの脱出を示し、知る情報を提出をもちかけ、その見返りに息子との安全な別の暮らしを提案するトムら。
そして、クレアもその決断を下そうとするのだったが・・・。
スポンサーサイト
BS11でS4からの放映スタートとなってしまったため、その前は想像するしかなかったわけですが、今回、S1からのレンタルがめでたく始まったため、さかのぼってですが、観ることができるようになりました。(最近、S5後半、S6になって、なんかその過激っつうか、非情っつうか、キャラのせいか、それまでより少々ついていけない部分が多くなったので、原点に戻った感のS1が観れる気がして楽しみデス。)
で、もちろんDVDレンタルなので、通常の字幕版はもちろん、吹替えもあるしね、第1話は、両方試しに観てみました♪
(メインに活躍するスパイ、トムは、どうも平田さんみたい・・・。だったら吹替え版でも良いかな~。
・・・・・っと思いましたが、実際は、トムの声担当、宮内敦士さんみたいでした・・・似てるのかな、平田声と~。トム声は合ってたけど、ハリーはなんか違う~って感じ。)
もちろんMI-5の本部の様子、表からの風景も変わらず、あのテーマソングも一緒。
ハリーは居るし、地味にマルコムも居ます(爆)。
ただ、スタートメンバーは、アダム(アダムはMI-6からの異動だったものね)じゃなく、その位置関係と思われる人物が、トムなのかな。その他、男性陣、女性陣、いろいろ出てるけど、もちろん皆違う人でばかりです。
これからS3までの間でいろいろと変遷があるのかな。
あ、そうそう、S4の冒頭でいきなりその葬儀となっていたダニーがいます。こうやってさかのぼって観ることになると、生前の活躍の姿~ってことなのね(爆)。

アイルランドからリバプールに大量の爆弾が持ち込まれた~っと言う情報を得られた途端、ある産婦人科医の自宅前、出かける際の車が爆発炎上し、女医リノットとその娘が犠牲になる。リノットは死亡し、その娘も危篤。
表向きは大戦の不発弾の爆発による事故とし、調査が始まる。
産婦人科医であり、中絶手術も行うため、以前から脅迫が耐えなかったと言う。
中絶反対を掲げるテログループのようで、リーダー格には入国監視リストにも入っていたメアリーと言うアメリカ女性もいるらしい。彼らのアジトで次の計画が練られている。
リノット医師の自宅前で爆弾の起爆操作をしたのも彼女。幼い娘まで犠牲にしたことにも、なんら後悔することもない非情っぷり。仲間のレイチェルがその過激な活動に不安を感じると、さも正当であるかのように説得してるけれど、言ってること、やっぱり狂気としか思えない。
なんでも夫も同様の活動家であり、アメリカはフロリダで捕らえられ死刑執行目前となっている。
メアリーは、FBIに追われ出国、イギリス入りした。イギリスのテロ活動家に呼ばれたらしいが、夫の死刑執行に合わせてイギリスでテロを起こすつもりらしい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。