上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘ジュリーが出かけたパーティーの近くで十代少女が轢き逃げされたというTVニュースに、ヨガの自宅個人レッスン(?)も投げ出して血相変えて現場に駆けつけたスターク。(まるで事故起こしそうなくらいの駆けつけかたでしたが・・(爆))
まずは被害者がジュリーじゃないことを確認したあと、現場で事件の通報もしたと言うジュリーと対面し、やっと冷静に。
犠牲者エリカは、奨学金で通ってきている黒人少女。(低所得の子供たちを助成金で有名校に通わせるという、お坊ちゃまケイシー君のパパが掲げた制度なんだそうな、サラッと言ってましたが。)
そのパーティーでエリカが招いていたと言う地元メンバーがもめごとをおこしたという情報もあったり、白人の富裕層地区であり、人種問題に発展しないうちに解決をいそぐ必要となる。
エリカの地元での聞き込みにあたり、さっそくスタークは、第2話でLAPDを辞職した元刑事アイザックをスカウトに。(これからレギュラー入りか?何気に格好良いので、女性陣ソワソワしそうですよね(笑))
レイナとアイザックでエリカの地元に向かい、パーティーでもめごとを起こしたという黒人少年アンソニーに事情を聞く。エリカの交友関係が明らかになり、その親友キャットとキャットの彼氏ベンとの三角関係疑惑が浮上。パーティーでのエリカとベンの様子にキャットが逆上したと言う話や、さらに事件後キャットは朝から見当たらなかったり、キャットの車は盗難にあったと言うその母親。
キャットの車はバンパーに血痕が付着した状態で乗り捨てられて発見される。
さらに、携帯からキャットの居場所が判明、海辺の別荘へ急行するが、彼女はどうやら薬を過剰摂取して自殺を図った模様。発見でき手当てが間に合い助かる。
キャット側の弁護士ローダーに先手を打つかのように、さっそく病室でスタークは彼女を殺人容疑で逮捕し審理が始まる。嫉妬に狂ったキャットがエリカを轢き逃げし、車は乗り捨てて、母親の迎えの車で帰宅したと主張するスターク側。
弁護側は、キャットのアリバイや、車を盗んだ第三者による事故であった可能性などを主張する。
当のキャットは沈黙を守った状態なのだが・・・。
スポンサーサイト
誘拐され行方不明となっていた少女エミリーが遺体で発見されたとの知らせがスタークに入る。
駆けつけ遺体の様子を検分すると、過去の少女誘拐殺人事件の遺体の様子と酷似していた。
酷似しているのは、15年前、スタークが弁護士として扱ったターニャ・ブレイク誘拐殺人事件。
その容疑者チャーリーは、スタークの弁護も空しく、刑が確定していた。その時の担当検事はデヴリンだった。
今回の事件の容疑者を調べるとともに、レイナには15年前の事件の再検証を極秘に命じるスターク。
そして獄中のチャーリーに面会に行く。チャーリーは裁判で負けて以来、スタークと連絡が取れなかったことで、スタークに対して嫌悪感を抱いていたが、そんなチャーリーに、今回のエミリーの事件とターニャの事件、犯人は同一人物であるのではないかと思っていることを告げる。かつても、そして今もチャーリーを無実だと信じているのだった。そして今回の容疑者数名の顔写真を彼に見せると、そこにチャーリーがかつて現場の公園で見かけた男の顔があった。
その男は造園技師ビーミス。公園に行っていたことは認めるがソフトボールの試合をしていたと言う。
話を聞いて帰り際のビーミスに、何気にエミリーではなくターニャの写真を見せ様子を見るスターク。
そして、市警へ彼の監視を命じる。エミリーの遺体の口もとの発疹が殺虫剤によるただれと判明し、
殺虫剤を多く扱う造園技師ビーミスの疑惑も濃厚、自宅からは殺虫剤、バンからはエミリーと同じ金髪の毛髪も発見され逮捕する。
今回のエミリーの事件だけでは追いつめるにじゅうぶんではないが、ターニャの事件もあわせて彼の犯行と証明できればと、今度はチーム全員にターニャの事件のことも明かし総力をあげるスターク。
縫製工場の火災により、従業員4人が逃げ遅れて焼死する事故が起きる。
さっそく市長が起訴することを発表しスタークらに担当させるとしたものだから、この手の起訴は難しいとデブリンともども市長に食ってかかるスタークだったが・・・。
劣悪な労働環境の中でいずれもラテン系が犠牲者となったこともあり、選挙の人気取りを狙っての市長のもくろみではあったのだが、そもそも市長をその気にさせるにいたったのは、スタークの部下マーティンの情報提供絡みだったらしい。単なる事故としてではなく事件として扱わせるための手をうっていた。
勝算は薄いし、そのため言いだしっぺなマーティンにリーダーとして担当させようとするスターク。
(この発端がらみで、ちゃっかりとマーティン=ゲイ説で、ケイシーと賭けてるスタークだし・・・(爆))
出火原因と逃げ遅れた理由について検証すると、大量の注文が入ったことによる過剰操業による出火と出口に鍵までかけられ荷物で塞がれた劣悪な環境によるためのものと判明し、当の工場主ホンを聴取するが、相手側弁護士は過失傷害5年で応じる姿勢を示す。スタークはじゅうぶん妥当でとりあえず誰かの罪を問えと言う市長の意向にも応じることができるので良しとし取引を命じようとするが、マーティンが断固引き下がらない。ほぼ独断でホン側には免責を認めるかわりに、無茶な大量注文を脅すように出してきた人気ブランド、プルイット社を相手取っての訴訟へと進んでしまう。
プルイットの社長Zは、学校制服において市長の支援者でもあり、余計に状況は不利と思われ全く乗り気じゃなかったスタークだったが、プルイット社側に前にも登場したスタークと遺恨のある弁護士ダッシャーが付いたことで、俄然やる気になるスターク。
膨大な資料のなかから、社長Z自らが無謀な注文による過剰操業を強要するメールが見つかり証拠として提出、メディアも居合わせるなか、社長Zを逮捕連行させるという演出をさせるのだったが・・・。
肝心の証拠メールは、弁護士にも送信されていたものと判明、証拠として排除されてしまう。
新たな証拠を提出しなければ起訴できないと言う窮地に立たされるスターク側。
盛り上がる大学学生寮のパーティーの最中、一人の女子学生シドニーがレイプされる。
彼女の証言では、犯人らは3人、そのうちの一人が大学フットボールのスター選手ジョシュだと言う。
(それはそうと、スタークは、ちゃっかりとアメフトの勝敗に賭けてる・・・いいんだ(爆)。)
面通しを行い、他の二人がセスとブレントだと判明。
ジョシュは事情聴取を受けるが・・・さっそく、弁護士が飛んできて釈放に。弁護士テッド、”24”のシャペルね。今回スタークに粉砕される相手は彼か?(爆)
そんなとき、愛娘ジュリーが珍しく泣きついてくる。前回苦しんでいた論文提出、その内容がサイトからの盗用という判断が下され停学になったと・・・。懲戒委員会で審議され場合によっては退学もありだと嘆くジュリー。
シドニーの事件現場の捜索をするケイシーとマデリンは、何かと衝突気味。
ケイシーは、大学時代の友人で別れた恋人から腹いせにレイプ騒動を起こされ退学寸前に追い込まれると言うことがあったことなどを述べるが、マデリンは無視。
事件当時の目撃者が現れないが、フットボール部員の一人ネルソンに注目するマデリン。
一方、ジョシュに関しては、自首?逮捕?をめぐって、スタークとテッドの勝負が始まる。
さっそく行われた予備審問で、ジョシュの証言により、被害者シドニーは、ジョシュと交際があり、証拠として出されたDNAの一致もレイプを証明するものとならないことが判明。
このことが初耳なスタークらは、一気に形勢不利となる。(どうもいつも、最初の調査に抜かりがあるような気がするんですが・・・(爆))
勉強の協力から発展した交際で、シドニーはすっかりその気だったが、当のジョシュは彼女のことを単なるセックスフレンドとしてしか見ていないことに、シドニーが憤慨し、なんとか彼の興味を惹くためにパーティーの夜を狙っていたわけだが、逆にセスとブレントに襲われたらしい。
ジョシュの件を偽っていたシドニーに対して、信頼性が崩れもはやお手上げ~っと嘆くスタークだが、マデリンがあきらめようとしない。ジョシュはそうであっても、残る二人セスとブレントのレイプを見逃せないと。
トレーシー・パワーズと名乗る女性の救急車、警察要請のSOSな電話から始まった今回・・・
(唐突なので、”ホラー映画”撮影シーンの冒頭なのかと思ってしまいましたよ (((((^^;))
結局、彼女は、迫って来た男(?)に撃たれてしまったようで、
その殺人現場はマリブの高級別荘、でも被害者トレーシーは、住所はわからないと通報の電話で言っていたみたいなので、ここの住民ではない?彼女は後頭部を、他に現場で胸を同様に撃たれて死んでいる彼女の夫も発見される。
家に取り付けられていた防犯カメラは映像が消去されているし、彼女が通報した携帯電話も見当たらない。現場付近での黒のドイツ車の目撃情報はあったが・・・。
トレーシーは、女優兼ホテルのウエートレス、その夫は建設作業員だったとわかる。
さらにこの別荘のオーナーが判明、シャークの弁護士時代、関係深かった私立探偵ハリー・ルソ。
二年前からデブリンが、その罪状を追い続けている人物だった。
ルソには、ウィリアム・フォーサイス。シャークなジェームズ・ウッズとツーショットで密談なんかしちゃうと、それでなくても、御二方ともじゅうぶんコワイので(爆)、まるでギャングと言うかマフィアのボス会談みたいに見えちゃう(笑)。ルソは被害者夫婦に面識は無いと言う。
そしてトレーシーは、ヒモのような夫以外に、40代のパトロンがいたらしく、それが映画プロデューサーであるギャレット。彼がルソに別荘を借りていた。トレーシーの不倫相手だったらしい。
そのギャレット、トレーシーとの関係を否定するも、所有するボートで、トレーシーが通報に使った携帯を所持しているのが見つかり連行される。また、ギャレットはルソへ連絡していたこともわかる。
しかし、トレーシーの携帯を含む証拠が、ギャレットを緊急逮捕した場所が彼のボートであっても、今や自宅がわりとなっていたため、令状無しの緊急逮捕で、証拠が全て認められなくなる。
地域で名外科医として認められているスターリングの妻が失踪。
スターリングがマスコミにも訴え、ひたすら妻の安否を気づかう様子を見せているなか、
これまた直感的に、スターリングが妻を殺害しその事実を隠蔽していると思ったシャークは、令状無しでスターリング家を捜査。彼の読みどおりなのか、床からふき取られた血痕が出てきたりするが・・・。
なんせ勝手な捜査、しかも肝心の遺体がまだ発見されておらず、それでは殺人事件の証拠にならないと、今度は部下ともども、やはり直感で、スターリングの幼い息子イーサンが何か知っていて隠していると読み、そのガードの固いなか、彼の証言を得る。
スターリングが証言するところの妻の最後の目撃と、イーサンがその夜、両親が争っている声、その後、車がガレージから出て行った音を聞いたとする証言とズレがあった。
さっそくスターリングは妻殺害容疑で連行されるが、家で発見された血痕は過去に怪我をした時の出血と判明、その後遺体も発見されその古傷も確認される。
また、肝心のイーサンの証言も父を思うあまりか一転してしまい・・・またしても、シャーク側の証拠、証人は揺らいでしまう。
LAPDのロドリゲス刑事が麻薬捜査中に銃殺される。
現場に市長と駆けつけたシャークだったが、既に検察側だと主張しても
これまでのいきさつから当然ながら刑事らのシャークに対する視線は冷たい。
被疑者は売人で2度も逮捕歴のあるランサム。しかしいずれも不起訴になっていて、彼には弁護士ダッシャーが付いていて、ダッシャーは、シャークの弁護士時代の部下だった。そして何でも失敗により解雇されたいきさつがあるらしい。
シャーク仕込みの弁護士ダッシャーとして、”ダメージ”のフィスクが蘇って登場(爆)。
なかなか濃い~対決具合を見せてくれそうな組み合わせ。
今回の事件、ロドリゲス刑事の相棒ライス刑事が、現場でランサムを目撃はしているものの、発砲時は見ていないし、ランサムはアリバイを主張していた。
シャークは部下達の弾丸の証拠認定のミスや、簡単に崩せるはずのランサムのアリバイが、
ライス刑事の偽証工作が影響したりで、開示できない中途半端な証拠しかなく窮地に陥る。
さらにライス刑事に疑惑を確認するために怒鳴り込んだことから、市警は余計にまたシャークを非難。
先日のBONESに続いて、FOX特派員としての任務デス ♪
今回は、11月本放送スタートの”SHARK ~カリスマ敏椀検察官”のプレミア先行放送の第1話。

主人公、セバスチャン・スターク、通称”シャーク”を演じるのは、名優ジェームズ・ウッズ!
少々クセのある悪役(?)、嫌味な役を演らせると天下一品な俳優さんですよね。
そんな彼が、カリスマ弁護士から転身して鉄腕検察官として活躍するドラマらしいです。

まず、パイロット版とも言える、この初回は、検察ひいては警察側を敵に回し、依頼人である被告の弁護を引き受け無罪を勝ち取る、法廷での弁護士ぶりからのスタート。
グレーであろうと黒であろうと陪審員に白と言い含めてしまうシャークの弁舌を持ってすれば、どんな虐待夫も無罪となってしまう・・・・そんな裁判を展開したあと、なんと、彼が熱弁をふるって弁護した男が、一週間もしないうちに今度は妻を殺害してしまう。
さすがのシャークもこたえたらしく、それ以降一ヶ月も職場放棄の落ち込みよう。
そんな彼に市長(ERなどのカルロス・ゴメスねっ)が、これまでの立場上真逆の検察官としての職務を要請する。
これまで敵側だった女性検察官デブリン(スタートレック:ヴォジャーの女優さんねっ)が上司となり、シャークに与えられた最初の仕事は、二十歳の歌手ジェニー・デニソンがカメラマンを刺殺、第二級殺人罪で起訴されている事件、彼女は正当防衛を主張している。
そして、シャークには、数名の若手検察官があてがわれ、どうやら彼らのリーダーとして叱咤激励し育てあげる任務も要求されている模様。(なんだか検察版”HOUSE”みたいですねーーその中には、”ポイントプレザントの悪夢”のジェシーも。)
それぞれ個性的ではあるものの、イマイチ頼りなさげな若手検察官達にテキパキと指示を出し、被告の罪を立証していくシャーク。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。