上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週のぶんのアップをサボってるけど、まぁ前後してでも、記憶が新しいうちにコッチさきに~ (((((^^;)(爆)

今回の冒頭のアリソンの夢、夜になって他人んちの様子を”のぞき魔”が・・・って言うのから始まり、なんとスキャンロンとリンの寝室~自分ちに今夜は帰ってくる~っと言うリンをスキャンロンったら、何気に甘えて引き止めてますが・・・このお二人さん、そこそこ順調な交際ぶりで何よりデス。リンがテニス仲間のキムからもらっていた電話に折り返してみても繋がらず・・・それもそのはずキムは頭から血を流して自宅(?)の床で亡くなっていた・・・っと言う夢を見たので、慌ててアリソンはスキャンロンに電話。リンの友人キムが~っと急を要する事態を告げる様子が、夢とまさに現在とシンクロしてて面白かった。(言ってみれば、スキャンロンたちの様子を”のぞき魔”してるみたいで、アリソン気まずかったが~。)
そして、救急車も手配し駆けつけてみるも、事態は、まさにアリソンの夢どおり最悪な状況。口論したあと別室で寝ていたと言うキムの夫ラッセルも突然の悲劇に泣き崩れるばかりなのだが・・・。
(でも何かこのラッセルの哀しむ様子、小芝居っぽくて嘘臭い風にしか見えなかったのですが~。)
そしてその後、スキャンロンから一旦は転倒による事故死と思われたキムの検死結果など報告の電話を受けているアリソン自身、頭痛がひどく薬を飲んだ直後で、キムの検死で毒物が発見され、それが頭痛薬アドヴィプリンに混入されていた疑いが・・・っと聞いた途端、まさに自分も今摂取した薬とわかり、そのまま昏倒してしまう。
ジョーは急ぎ救急車でアリソンを病院に運ぶが、検査を担当した医者は、アリソンは特に何の異常もみられずただ眠っているだけだと。そしてほどなくアリソンは何事もなく目覚めるわけだが、せっかく久々の収入、初小切手が、共同経営者メーガンから送られてきたばかりのところに、妻の原因不明の昏倒に死ぬほど心配させられるは、保険無し状態で大金を出費することになったジョーは、少々ご機嫌斜め。(まぁともかくも優しいジョーのこと、出費云々よりアリソンがぶっ倒れたことで何より驚いての反動の機嫌悪さに違いない。)
そして、アドヴィプリンのカプセルに注射痕があり毒物を混入したらしきこと、そしてラッセルの指紋も見つかり妻の殺人容疑で彼は逮捕されるのだが~。
スポンサーサイト
冒頭のアリソンの夢、いきなり登場なパトリシア実姉ロザンナ・アークエットが扮しての自信満々な女性による殺人事件。遺族の会で若い男性を誘って、車内での情事で思いを遂げたあと、男の背中をナイフで一突き・・・たしかに変な夢(爆)。そして翌朝、夢と酷似した殺人事件のニュースにスキャンロンに連絡するアリソン。女性の犯行にしては無理があるし、該当するような美女(?)の存在は見当たらなかったらしい。
また、アリソンは、デヴァロスに呼びつけられ、検事選の選挙参謀ベンを紹介される。ライバルであるヴァン・ダイクがその攻撃材料としてアリソンの存在を使ってくるのを逆手にとって、アリソンを隠すことなく堂々と前面に打ち出して選挙を戦う作戦であることを告げ、大事な資金集めのパーティーへも出席することを促される。アリソンは不安でもあり躊躇する。そんなに気が進まないなら子供が急病だと言うことにして欠席すりゃぁイイと言うジョーに、そんなこと言ってホントに病気になったらどうするの~っと文句を言うアリソンだったのだが・・・。
次の夢にも前回の美女が登場、閉店間際のバーで、やはりそこの若いバーテンダーを誘惑、店のキッチンでの情事後、おもむろに彼女が取り出したのはネイルガン・・・ゲゲ(゜_゜;)
何もジョーが言っちゃったせいじゃないだろうけれど、少し前から耳をしきりに気にしていたマリーが中耳炎になって病院へ駆け込むことに。その帰路に夢で見た店のマークを発見し、さっそくスキャンロンに店に向って異常が無いかどうか確認してもらうと・・・厨房の倉庫(?)奥には全身にネイルガンを打たれた男の死体が~。やはりこの店のバーテンダーだった。やはり目立つ女性の目撃情報はなく、犯行も女性には難しい様子だったが~。
不安ながらもデヴァロスのパーティーに出席したアリソン、そこで大口資金援助者であるマドセン夫妻を紹介される。少し遅れてパーティーに到着した夫リチャードからはヴァン・ダイクと結託しているような様子が伺えるビジョンを見てしまうアリソンだったが、とりあえずその場でデヴァロスには言えずに帰る。(リチャード、”24”での補佐官マイクな人ねぇ・・・まぁ怪しいっちゃ、じゅうぶん怪しいし(爆)。)
前回の続き・・・地下室を逃げ出したスージーが、先に絞殺されたはずのジョアンナに待ち構えられて殴りつけられると言うアリソンの夢。
一方、アリソンと資金の件で口論になり珍しく家をとび出てバーで飲んでウサを晴らしてる様子なジョー。アリソンからの電話にもシカトして、バーのオーナーに意見されたりもするが、そんなジョーの目の前のTVニュースの背後にしっかりアリソン映り込んだりするしねー(爆)。
今回のメラニーとジョアンナの誘拐監禁事件だけの解決~っとするところのシンシアのもとへ、実はスージーの時の事件も、今回のメラニーの事件も、両方とも共謀する相手が違うだけで、ジョアンナが自分も被害者に見せかけて実は同じ手口で犯行を繰り返していたのだと言うことを告げるアリソン。
スージーやメラニーなどの、本物の被害者が苦しみ悲しみ、そして監禁されている仲間だと信じ込んだ自分に裏切られ驚くさまを見て面白がると言う、ジョアンナは人格破綻者であると。
そしてあまりにも見事な演技のため、彼女達はもちろん、警察やマスコミも騙されているのだと。
そしてアリソンは次の夢で、今回共犯の男が銃殺されたのは、アリソンとシンシアがジョアンナの母の店に聞き込みに来たことを知らされ、9年前の件も含め真相がバレることを恐れ、抵抗して犯人を射殺したことにジョアンナが咄嗟に筋書きを変えたとわかる。

すねてソファーで寝込んでいるジョーに、ブリジットが夢の報告。白髪のお爺さんがお金をたくさんくれるから銀行へ行って~っと。藁をもすがる気持ちで、さっそく銀行へ融資を依頼に行き、それらしき白髪の行員さんを探すジョーだったが・・・。
バイト帰りの大雨の中、車のエンストで立ち往生する少女に親切そうに近付いて直してやる男。でもエンジンがかかった直後に男は豹変し少女はどうやら誘拐された模様?・・・・なアリソンの夢、同時にシンシアもこの夢を見たのかと思ったら、そんな悪夢をシンシアが見るのを夢で見たらしい。悪夢を見る夢だなんて、なんとも最悪。しかも、それを聞いたジョーったら、コワイものなしな魔女でも悪夢を見るんだ~~って、言いたい放題。(爆)
気になったアリソンは、ネットで検索すると、シンシアの娘スージーは十年前に夢で見た状況で誘拐されそのままだった。行方不明者の捜索などを扱っているが、自分の娘のことを何も語らないシンシアの様子が気になりながら、これからもどう接したものかと戸惑うアリソン。
そしてまたいつものように失踪者についてアリソンの協力を求めるシンシアだったが、もちろん娘の話題など持ち出さない。

ブリジットが学校の宿題で文句タラタラ・・・。太陽電池を使って電球に灯りをともす宿題だが、太陽が出てる時に灯りは要らない~っと。(たしかに!そんな文句を付けるなんて、ブリジットらしい!(爆))それなら、電球じゃなく、音楽が聴けるならOKとばかりにジョーが宿題に協力することに。

次にアリソンは、スージーが犯人に地下室に監禁され、さらにそこには既に誘拐され監禁されている別の少女ジョアンナがいる・・・っと言う夢を見る。犯人は、いつも二人を誘拐監禁し、そのうちの一人に乱暴しもう一人に見物させると言う凶悪なことを続けているらしい。

職安に言っても嫌味を言われるだけで、相変わらず思うような仕事探しは出来ず、暇なこともあり、ブリジットの宿題に一生懸命協力するジョーだが、限られた条件では思うようにならなかったのだが・・・
なんと、今度はジョーにも夢のお告げが?(笑)
水着グラビア雑誌(?)の美女を見たせいか、そのまま美女が夢に現れ、家の中庭で月明かりを増殖させて日焼けをすると言うジョー自作のマシンを使っていた。これにヒントを得たジョーは、ミラー付き太陽電池で見事実験を成功させる。
前回の歯科医が麻酔の切れかけたその女性を今度は殴る夢を見るアリソン。
薬で眠らせといてさんざん口内をいじったあげく殴り付けるなんて~恐ろしすぎる(>_<)。
また、ジョーにはジョーママと何を話したかを聞かれるが、もちろん彼女の手術のことは内緒に。
冒頭の歯科医のことも名前や場所など詳細はさっぱり夢に登場しないし、ジョーママもアリソンの夢を気にしてるのに、もちろんその関連の夢も見ないため、なんともはがゆいアリソン。

ヴァン・ダイクからの召喚があり、依頼人であるグラハムはもちろん、デヴァロス、アリソンも呼びつけられる。取調べ室には、ケイティ、イヤ、メアリーのデッカイ写真まで掲げられていて(普通、こんなの飾る?)、誰よりグラハムは訝る。そして、ヴァン・ダイクの指示によりスキャンロンが入室してきて、メアリーにグラハムが一年ほど前に700万ドルの生命保険をかけていたことがわかり、殺人の動機になると提示し、彼を逮捕することに。グラハムは、メアリーから頼まれて入ることにした保険で既に覚えてもいなかった。もし保険金が入るとしても欲しくないし、そうなら全額を彼女が生前、活動をしていた財団に寄付するつもりだと殺人を否定するグラハムだが、ヴァン・ダイクは容赦しない。デヴァロスに対しても自信満々で、もちろんデヴァロスはかなりピリピリ、険悪ムード。

学校では、メアリーの息子オーウェンがアリエルのところへやってくる。母からの絵葉書に触れてアリエルが何かビジョンを見なかったか~?っとたずねるオーウェン。彼の話では、真面目すぎる父親とは対象的に、母メアリーは自由奔放な女性で、それが離婚の原因であり、また魅力でもあったらしい。将来バルセロナで一緒に暮らすことを熱望していたと。

グラハムが証言したとおりのガレージでの口論の夜の夢を見たアリソン。メアリーに油をぶちまけられグラハムは帰ったのだが、その直後メアリーは隠れていた男と密談。油をグラハムの服にかけたのも予定通りの行動だったらしく、しかもその男は、女性に麻酔をかけて口内をいじっていたあの歯科医だった。このことをデヴァロスにアリソンが話すと、彼がピンときたのは、メアリーが活動していたと言う財団のこと。その財団の会長が歯科医レオ・クレーンで、まさにアリソンの夢に登場する歯科医だった!
さっそく、デヴァロス、アリソン、そしてスキャンロンも同行してレオ・クレーンに会いに行く。メアリーの焼死で、もし彼女の夫が殺人犯ともなれば保険金が財団に入ることを聞くが、クレーンは、全く知らなかったと言う。当日の夜のアリバイをたずねると少し言いよどんだあと、診療後、娼婦を買って診察室に連れ込んだことを話すクレーン。もちろん、この点もアリソンの夢と重なるのだが・・・。
今回の冒頭は、アリエルの強烈な夢。校内から同級生の男子オーウェンが、外に居る母親とにこやかに手を振り合う・・・っと思ったら、母親、いきなり自らガソリンを被って火を付け燃え上がる!
アリエルもビックリして飛び起きたけど、その母親が「ジャーニーマン」のダンの妻ケイティだから、こっちもビックリ!!(ダンのいきなりなタイムトリップに煩わされてついに壊れたかケイティ・・・って、違う違う(爆))起き上がったアリエルのベッドサイドに”ジャンヌ・ダルクの犠牲”なる本があったから、そのせいでこんな夢を見たのか?
そして次は、ゴルフの打ちっぱなしで、ジョーとお馴染みジョーパパの霊が打ちながら談笑(?)。
何処にでもイイから家族で旅行にすぐに出かけろ~っと、この経済ピンチな時に、無責任にしかし強力に勧める(?)ジョーパパ。ディズニーランドでもどこでもイイからともかくも今週は町を出ろと・・・。
そしてなぜか電話の音、あげくにはこの電話には出るなっ!・・・っと。
ついにジョーまで夢を見るようになったのかと思ったら、これはアリソンの夢で、電話は離れて住むジョーママからで、アリソンが目覚めた時は、既にジョーが電話に出ていて~。
ピンチなデュボア家のために用立ててくれるお金(一万ドルの小切手だって!)を持ってジョーママ、今週やってくるらしい。何かわからないけど、ジョーパパが旅行を勧めたのは、このせいか・・・っとアリソン一人納得。(爆)小切手を持ってわざわざ来てくれるのはもちろんありがたくはあるのだろうが、アリソン自身、霊能力のことをジョーママに話してなかった上で、この渦中の人となってしまったことが気まずいわけだし、どう接すれば良いかで余計に気が重いのかな~。ブリジットとマリーなど、久々の祖母と同じ部屋で寝たい~っと駄々こねるほどの大歓迎モードだけどね。
で、朝方の電話を再三ベッドで無視してるのがスキャンロン。なんでも警官らのストに参加中のスキャンロン、かかってきたのは消防からの電話だけれど、その手前すぐに応じられないらしい。
だけど、なんと言っても副市長リンと同棲(?)、双方微妙な立場。なんとか消防からの依頼の火災現場へとりあえず一人駆けつけたスキャンロン。消防士達にその到着を驚かれるくらいだから、どんだけスト突入中なんだ・・・警察。
そしてアリソンは、自宅でシンシアの訪問を受ける。彼女から未解決事件のファイルをたんまりと渡され、この中で何かひらめく物を探してくれと~。彼女は彼女で、もっと事件解決の実績をあげないと、別の土地に飛ばされるかも・・・っと、そうなると、アリソンとの関係もそれまで~っと、何気にプレッシャーをかけるシンシア。
アリエルは学校へ行って、夢に登場したオーウェンが学校で校長に呼ばれ、その母親の焼死を知らされたのを知る。夢はこのことだったのかとショックを隠せないアリエル。
スキャンロンの元へは朝方の全焼の家の焼死体の身元判明の報告が。その家に住むメアリー・ステイシーだったとわかる。そして彼女こそが、アリエルの夢に登場したオーウェンの母親で・・・。
今回のアリソンの冒頭の夢は、かなり強烈デス(>_<)
浮浪者のような若者に食事を振舞う紳士、しかしその肉は何かと言うと・・・イヤァ、アリソンの夢だとわかっていても、かなり退いてしまう気色悪さデス。
また、そして登場した紳士(?)のほうが、あの「24」の狸オヤジ(爆)、イヤ、ローガン!
もう、こいつがイイもんなわけがない・・・・って思いつつ見始めることに。
さっそく、夢を頼りに事件性をスキャンロンに調べてもらうアリソンでしたが、夢で見たタトゥーと同じバラバラ死体がすぐ発見され、犯人を捜すことに。しかし、思いのほか早く、その紳士のほうに会うことに。彼、ギャリソン議員は、デヴァロスの旧友でもあり、これからデヴァロスが再度検事に返り咲くために力を尽くそうとしている人物だったから大変。
そして彼から受けたビジョンで、アリソンは、ギャリソンがベトナムでの捕虜時代に体験したと思われる想像を絶する様子を見てしまう。食料を与えられず飢餓状態だった彼らは、ほとんど死にかけている仲間の一人ローズを殺害し、そして・・・。(赤痢で瀕死状態のその仲間を皆で食料に・・・って、病気は大丈夫なのか?っと素朴な疑問。イヤ、それ以前に、考えたくもないけど~(>_<))
そして、実際に発見されたバラバラ死体の身元はラローシュ。彼もギャリソン同様、ベトナムで捕虜として収容所に入れられていたことがわかる。そしてラローシュには、賭博で作った多額の借金があり、ときどきギャリソンから送金を受けていた。しかも、ギャリソンは、ラローシュとは近年全く会っていなかったと嘘を付く。(そりゃ狸オヤジだもの (((((^^;))
今回のアリソンの冒頭の夢は、白黒無声映画仕立て、貧困にあえぎ食べる物にも困りながら(でもアリソンとブリジットのプクプク具合は服でカバー?(爆))3人の娘達を抱えているところに、借金取立てに来るのは、なぜかヴァン・ダイク!そして札束を手にその窮地を救いに登場したのがあの弁護士ワット!アリソンに感謝されヒーロー扱い。ブリジットが憎きヴァン・ダイクのお尻に蹴りを入れて、メデタシメデタシ。目覚めたアリソンも笑わずにはいられない夢だったが・・・。

目が覚めると、早朝からジョーが銀行へのローン申請に頭を抱えていた。そんな時、デヴァロスからアリソンへメールが到着。法律事務所を開きアリソンを雇える・・・かも~っと、少し光明が。
さっそくデヴァロスのところを訪ねるアリソン。建物の一室に小さな事務所を構えたようだが、まだ実際に仕事はないとのことで、デヴァロスは”同僚”からぜひアリソンに頼みたいと言う件を紹介する。
妻殺しの容疑者の弁護側の立場の仕事らしい。
依頼してきたのが、あのワット弁護士。アリソンにとってはおよそ天敵なようなものだったけど、彼女の力を身を持って感じた彼だったからこその話か?アリソンの経済的危機を知ってるから、そこを突いて協力するよう頼んできた。
そして、事件の容疑者、妻殺しの夫と会うアリソン。すかさずワットや容疑者本人からも事件の真相が見えたりしないか尋ねられたけれど、そう上手い具合に浮かんでくるわけではないものねぇ。
その男ジョンは、再婚した妻ステイシーの殺害容疑だった。(ジョンは、ロズウェルの保安官!)
しかし、その晩、ジョンが妻を車に乗せ、車ごと崖から墜落させる夢を見たアリソン。
弁護を引き受けた以上、相手がシロだろうがクロだろうが関係なく無罪を勝ち取るのが役目~っとするワットの仕事に協力するために葛藤を余儀なくされるが・・・。
ワットとの打ち合わせで、娘達を愛するジョンは、大学生の長女マイラの素行を問題視する妻ステイシーにマイラを寮に入れることや、知的障害を持つ次女クロエを施設に預けることを提案されたことで、口論になったことは認め、自らその証言をすると主張。その話を側で聞きながら、アリソンは持つペンが勝手に”妖精”の絵を描き、自分でも驚く。
冒頭、猫と一緒に怪獣映画(コレってゴジラ?)をTVで観ていた少女、ガラスの割れる音のあと、彼女の前に覆面の怪しい男の姿が・・・の夢で目が覚めるアリソンだったが、いつもと違うのは、耳が突然聞こえない!アリソンの耳の異常に、すぐに病院に電話をし指示をあおぐジョー、翌朝アリソンは検査を受けることに。ココで登場したのが、あの”LOST”であやしーーーいダーマ・イニシアチブの医師だったりするもんだから、そのまま病院で何か起きるのかと思いましたよ。(結局医師は何でもなかったけど・・・(爆))
突発性難聴と診断されたアリソン、どのくらいの期間がかかるか不明だが、たいていは自然に治るだろう~との話しで様子をみるしかないと言うことだったが。突然の音の無い世界、異常事態に泣き叫び嘆くアリソン。でも、ジョーがしっかりサポートすることですぐに落ち着く。そしてまた同じ少女が誘拐される夢を見る。
そこにシンシア・キーナーから捜査協力の依頼が。聴覚障害のある少女ニコルの誘拐事件が発生し身代金要求があったかららしい。どうやらアリソンの症状は、この事件が影響していると思われ・・・。
耳が聞こえないアリソンのために、シンシアとの事件の状況説明にもジョーが同席し、内容をその場でパソコンで文字で打ってアリソンに伝えるなどの大活躍。(こうゆう時は、ジョーが失業中で協力をすぐに得られて助かったね・・・って感じ(爆)。)
警察に話すなとの犯人の指示により、シンシアの会社が全面的に捜査を請け負ったらしい。
完全に身代金目的の誘拐と思われ、まずは犯人の要求に従えるだけの可能な限りの現金を用意し、ニコルを無事に戻すことだけを優先させようとそれからもたびたび見るアリソンの夢の状況もヒントになっていくが・・・。
遠く外のエッフェル塔(?)の灯りを見つめながらやや涙顔の若い女性。
頭痛薬を彼女の為に買って帰ってきた夫への態度は冷たく、彼がワインを勧めると、隙をみて、そのワインオープナーを夫の手の甲にグサリ・・・痛そう~(>_<)
・・・っと言うのがアリソンの冒頭の夢。
ジョーは、今日は仕事の面接。彼の専門をいかせる企業としては、クビになった元職場のエアロダイテック社と他には2社しかなく、そのうち一社は人員削減中で、今日の面接の会社に賭けるジョーだった。社長のピーターは、ジョーに対し好感触だが、同時に噂で知るジョーの妻アリソンのことを自分の妻が興味を持っていると話し、今夜自宅でのチャリティパーティーに夫婦揃って出席して欲しいと依頼してくる。気が進まないアリソンをなんとか説得しパーティーに同伴したジョー。
ピーターの妻ボニーもアリソンに対してなかなか好意的で、ひとまずホッとする。
(夫ピーターは、ERカーター父(先日はCIで若い女性に入れあげてたけどね(爆))だし、妻ボニーはグレアナのグレイ母だし・・・・なんとも強力な夫婦ねぇ~(笑))
そして、来月結婚すると言う娘メリッサに紹介されようとするアリソン、なんと彼女は夢で夫にワインオープナーを刺していた女性だった。正直に夢の話をしようと思うアリソンに、夢の未来のことを勝手に話しても始まらないと反対するジョー。そしてメリッサの婚約者スティーブンを確認でき、それは夢に登場したケントではなかったためにホッとする。メリッサは過去に結婚に失敗していたらしいので、ツライ過去の話を夢に見たのだと安心して引き上げる。
しかし、また例のパリの修羅場なメリッサとケントの夢の続きを見るアリソン。
翌朝、ピーターとボニーに家に呼びつけられるアリソンとジョー。
結婚を控えたメリッサがパーティーのあと急に姿を消したと言うのだった。考えたいことがあるから探さないで・・・っと言う携帯へのメールを残して。
アリソンの能力に懐疑的なピーターは信じないが、ボニーはアリソンの力を信じて娘の行方について何か感じたら教えて欲しいと言うのだった。
本編は4月13日(月)からの放送スタートらしいですが、無料放送日に第1話のみ先行放映でした。
(4月からかぁ・・・まだまだ少し先だなぁ~。)

オモチャ屋に父親と買い物に来ていた幼いベンが、父親がほんの少し目を離した隙に、マリオネットの人形につられるかのようについて行き、父親が気付いた時には既にベンの姿は無く・・・。
・・・っと言うのがアリソンの夢。もちろん何かの事件と気になるものの、前シーズンラストでの”すげ替え事件”の影響で、デヴァロスは更迭され、検事局は後任ヴァン・ダイクの天下となっていて、アリソンは失業しているし、誰に知らせようともできず歯がゆいばかり。おまけに、ジョーも復職を認めらなかったために、デュボア家は経済的にも困難を強いられてる。経済的ピンチがそうさせるのか、ちょうど買い忘れか、朝食のピーナッツバターが少ないと、珍しくマリーちゃんが文句!(・・・ん?でもタップリと塗ってほとんど無くしちゃった犯人はブリジットらしい(笑))
そんなデュボア家の中においてテンション高く朝から歌っているのは、アリエル。なんでも学校のミュージカルの主役の座を狙っているらしいが・・・それも厳しいかも~っと。
夢に登場したベンの連れ去り事件が朝のTVのニュースで流れ、やはり・・・っとアリソンは検事局あてに電話をするが相手にされない。スキャンロンに電話して、グリーンのデニムジャケットを着た犯人の後姿を見たと伝えてみても、殺人課から広報担当に追いやられた(?)彼もアリソンの力にはなれない。
ジョーは、仕方なくわずかばかりの失業手当てを貰うために職安へ。そこの職員まで事件が公になったせいでデュボアと言う姓でアリソンのことを知っている始末。
アリソンは買い物に出たときに見かけたチラシに導かれるように捜索会社(?)”アメリティップス”の存在を知り、旧姓を名乗って電話をし、少年ベンのことで連絡を待つことにする。
しかし、その次にアリソンが見た夢は、ベンに関して絶望的な夢だった・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。