上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェーンの事故後、マークは、ワシントンプレスのマシュー・ワイスを呼び出す。タンパの事故そのものもまだ知らなかったマシューは驚くが、マークからジェーンの同乗者のことを調べる依頼を受ける。
そして、マークはキャロラインのもとを訪ね、彼女の父アントニーはスイッチの密輸には関係してないこと、むしろ何者かに利用されたのだと知らせ、アントニーの無実を示す証拠を彼女にも探すよう伝える。
リンは軍幹部らとウズマンとの戦争に向けての準備を推し進める勢い。国家安全保障担当のカールは、そんなリンの鼻息の荒さをけん制するのだが・・・。
FBIのジョージから連絡が入り、マークが出向く。
タンパの交通事故で国防情報局の男が乗っていて、その男の銃はギャリー殺害の物と一致したこと、また現地に向おうとするとクリストファーがこれを拒み、直後にその男(ビニー)は、始末されたかのように心臓発作で死亡したらしいこと。また同乗者にはジェーンが居たことを告げ、大使館のスパイがジェーンであった可能性をマークに示唆するが、マークは自分とジェーンは命を狙われていたことを明かし、CMCの社員についての調査をジョージに頼む。
さっそくCMCに容赦無い強制捜索に踏み込んだジョージ、副長官に中止をかけあう電話をさせながらなんとか捜索を拒もうとするマッキンタイアの目の前で、金庫から血のついたナイフを発見する。シンクレアを脅すために娼婦殺しをし彼の指紋を付け証拠として保管していたナイフだった。
タンパからジェーンが投函した絵葉書(?)がマークに届く。そのメッセージからマークはジェーンと泊まったホテルを思い出し、ニコラスがホテルに向うと、ジェーンが用心のために送っていたルークのビデオ・書類のコピーが届いていた。ようやくビデオを目にするマーク。(サイーダがギャリーに銃殺されるシーンには直視できず涙ぐむ。)ビデオをリンに突きつけてみたところで、リンはその関与を否定しイギリスをあらゆる計画から締め出すだろうと告げるニコラス。黙認するとイギリスもアメリカ同様、ウズマンを制圧した後の時期政権を利用する側となる。しかしマークは、このやりかたが、直接的なリンの取る方法とは思えない。
タンパでは、マークの依頼を受けたマシューが、交通事故の目撃者をあたっていた。手に入れた事故当時の別の写真をマークに送るマシュー。
武力行使の是非を問う議会の召集の半日間の延期をなんとかカールに頼み込んだマークは、そこでマシューから送られてきた写真の男ビニーが、リンの戦死した息子と同じ部隊で写った写真を目にする。
スポンサーサイト
マークは密会したシンクレアに託された彼の一人息子アザムを大使公邸で面倒を見始めることに。
もちろんこのことにも公使フィルなどは不満で声をあらげるがマークは聞こうともしない。
唯一信用をおける相手として、米国家安全保障担当のカールをホワイトハウスに訪ね事情を話すマーク。全てはウズマン政権を武力で倒すためにリンが企てたこと・・・と言う可能性の有無をカールに意見として問うマーク。それだけの力はリンにはあると認めるカール。しかしリンがそうする理由は何にあるかと言うカールの問いに、国をあげて一旦はウズマンを支持したが、そのウズマンが厄介ものとなり、政権交代を裏で図ろうとした。その手段として、対抗馬イーシャン暗殺を実行し、あたかもウズマンの仕業と見せかけ国連を動かす格好の材料にした・・・っと言うマーク。しかし確たる証拠は無い。
リンが戦争を起こすのをなんとか阻止したいとカールに協力を求めるマーク。
そんなホワイトハウス内での密談を、終了直後にしっかり目撃していたリン。(二人が何をこそこそと・・・っと思ったに違いない。)
ジェーンが持参したルークの資料に目を通し始めたマーク、(あれは中に待ち合わせ場所などの手紙が?)、話に来たニコラスを早々に追い出し、急ぎジェーンとの待ち合わせのホテルへ向う。
そんなジェーンが身支度をしている部屋では、彼女を始末するためにビニーが遠くから銃口を定めようとしていたが間に合わず撃てずに尾行。マークとホテルで合流するのを目撃し、マッキンタイアに指示を仰ぐ。二人まとめて始末するよう指示するマッキンタイア。
一夜をともにした翌朝、ベッドでジェーンは、マークがなぜ独身なのかをたずねる。(ゲイだと聞いていたと・・・それは違う人達だって~~(爆))
マークは、かつて愛する人がいたがそれは親友の妻だったと語る。シンクレアがチラっと言ってたように、シンクレアの妻サイーダとマークは不倫関係にあったらしい。サイーダの話が出た途端、ジェーンは動揺する。なぜなら、ルークの道具によって、そのサイーダをギャリーが銃殺するシーンを見たからでもあった。そして、初めてマークは、ルークの道具の存在を知ることに。CMCによるブケックでの虐殺のビデオ、当時のアーミテージ社CEOリンがCMCと交わした契約書の件を話すジェーン。そしてその証拠全てをニコラスに渡したが、マークに話すことは彼の立場を危うくすると止められていたと。もう一本のビデオには飛行機自爆テロ犯のハッサンもまたCMCの社員だった様子が撮られていたと。
呆然とするとともに外に尾行のビニーの車を見たマークは、気づかれないようにジェーンと逃げようとするが、すかさずビニーらは追跡してくるが、なんとか逃れる。
ビニーからすぐに報告が行ったのか、マッキンタイアはクリストファーに連絡。二人揃っての始末を図り失敗したことをクリストファーは驚愕。始末するのはジェーンであって、英大使のマークの暗殺はマズイと。
空港でジェーンがロンドンにすぐ旅立てるように手配をするマーク。ひたすらジェーンの身の安全を念じてのことだったが、ジェーンは、ロンドンへ向わずに・・・。
ルークの処刑後、記者マシュー・ワイズがウズマンとCMCの関係など調べたことをジェーンに報告するが、例のルークの道具を既に確認済みの彼女は特に驚くわけでもなく、むしろもうルークは処刑されてしまったのだから止めてくれるように告げる。
マークとシンクレアが一緒のところを撮った写真が新聞の一面を飾り(あのシンクレアが泥酔時のやつね)ニコラスもマークも驚く。さらにそのスクープ記事は、イーシャンの極秘訪米、リンとの極秘会談の仲介をマークがしたことまで細かく載っていた。
当然ながらこの記事は大きな波紋を呼び、ウズマンは英米に対し反発を表明、チルギスタンからのアメリカ人の即刻国外退去と米軍基地閉鎖を要求してくる。
イギリス大使館でもウィルが、記事の写真を撮られたことを含めマークの軽率な行動を責め、おそらく英首相はマークに辞任を迫ってくるだろうと言う。
そこにジェーンが訪ねてくるが、マークに何か告げたげなその様子を察知し、ニコラスが邪魔に入る。
ウズマンの声明を見てリンの元へアーミテージ社の現CEOゴードンが、彼の決断を止めさせるように抗議にくる。そんなゴードンに、リンはイーシャンを招いたのはゴードン(&キャロライン)の考えでもあるだろうと冷たく接する。
ウズマンが国で暴挙を奮うのを恐れすぐに帰国しようとするイーシャンをマークは止める。いずれ英米が必要とするのは、ウズマンではなくイーシャンなのだと。アメリカ側は国際的に働きかけウズマンに制裁措置を加えるだろうと。そしてマークのところにはリンから直接連絡が入り、イーシャンの存在も確認し会う約束を。マークをシンクレアの件で責めるどころか、ゴシップ記事は信じないとむしろ笑みさえ浮かべるリンの様子。
イーシャンが突然警護も付けずに行き先も告げず外出したことに慌てるマーク。シンクレア及びその息子アザムと会うために出かけたのだと気付いたマークは検討を付けてロック・クリーク公園に急行する。そんなマークの動きをニコラスは追跡装置で確認。
イーシャン達が仲良くキャッチボールに興じているところを発見したマークが、イーシャンに声をかけ近付いたその時、潜んでいた何者かにイーシャンが狙撃され、マークの腕の中で絶命。シンクレアはアザムを連れ、走り去るようにその場を後にする。(予告の時に見たマークのシャツの襟元の血はイーシャンのだった・・・。)
FBIのジョージからあの公園にシンクレア達に会いにイーシャンが来ることを知っていたのは、狙撃犯とシンクレアだけだとマークに告げ、狙撃とシンクレアの関与の疑いを話すが、いくらいろいろと問題のあるシンクレアでも義弟をわざと危険にさらすことはしないと否定するが、疑問は残る。
大使館に戻ったマークは、イーシャンを勝手に招き、さらに彼が命を失った責任についての辞任の声明を出すことを強要するフィルと口論。むしろ全ての動きを知っているフィルがイーシャン殺害に何らかの関与をしたのではないかとマークは反論。辞任はしないし、あえて望むなら首相のほうから自分を解任しろと。
票が割れることもなく満場一致でルークの死刑執行が決まったことに、恩赦の手ごたえも感じていただけに、不審を覚えざるを得ないジェーンやマーク。刑の執行を延期する権限を持つ州知事と交渉しようとマークも予定をキャンセルし知事に会おうとする。
CMCの逮捕者としては別名で登録されているギャリーとルークの繋がりをマシューから聞くジェーン。
さらにかつてCMCはチルギスタンでウズマン大統領に雇われていたことも。
反ウズマンのイーシャン・ボリスビッチが自分の仲介によってリンと会うことになったことを、公使フィルに伝えるマーク。フィルはその危険な賭けとも言える手段に反対する。(まぁこの二人は、どうも考え方と言うか気が合わないみたい。)
ギャリーとの関わりに直接ルークに疑問を投げかけるジェーンだったが、彼は何も語らず、残される母親のことを頼むのみだった。
しかし、そんなルークが、一本の電話を望み、かけた相手はCMCのマッキンタイア。そして彼に向って早くココから自分を出すように迫る。”ブケック”を忘れちゃいないぞ~っと。(ブケックって・・・?)
これまでになく感情を露にするルークだった。
ルークを助けるためにもその死刑には何か裏があることを感じ、ニコラス参事官に伝えるジェーンだったが、証拠がはっきりとするまでは他言は無用だとジェーンを制する。
マークは、フロリダ州知事に面会し、ルークの死刑執行の延期を依頼しようとするが、州知事は聞こうともしない。そんな知事に、委員会の所長に圧力をかけたのが知事である疑いを抱くことを告げるが~。頑なな知事の態度に、マークは知事ですらも脅されたのではないかと思う。
そしてニコラスにその周辺調査を依頼するのだったが・・・。
母親と最後の面会をしたあと、ルークには処刑の時間がやってきてしまう。
マークに調査を頼まれたニコラスからも何の収穫も得られなかったという返事しか。(何だかニコラスは調べる気がない様子に見えたけれど・・・。)
講じる手段はなくなり、やがてルークは薬物処刑されてしまう。
深い哀しみにどちらからともなく求め合うジェーンとマークだった。(そうなるのか・・・って感じだったけど、これはチョット余分かも (((((^^;))
マッキンタイアには処刑が完了したことを誰かが報告。(所長?)
今回も冒頭からニコラスが怪しげに動く。ロンドンに父アントニーの遺品を片付けに行くと言うキャロラインに先んじて現地入り、アントニー宅に侵入し(まるでスパイのように)各種装置を駆使しながら書類を見つけ、空き巣を偽装するかのように荒して退散。(この動きは絶対にプロですよねー。普通に大使館の参事官がこうゆう動きしてたら怖すぎマス(爆))
アントニー宅に到着したキャロラインは呆然、既にもう警報によって警察が到着、捜査してるし。

死刑執行日まで決まったルークの件、恩赦委員会に最後の望みをかけるジェーンに担当刑務官バーノンも証言したいと言いにくる。ルークは問題を抱えているが、終始見ていれば彼が無実であるとわかる、うなされ苦しんでいるのは少女殺害ではなく、何か過去の忌まわしい記憶のように思えるとジェーンに告げる。

マッキンタイアの指示のもと、倉庫から移動し物資輸送準備の指揮をとる謎の男ギャリー。
まさにその現場にFBIのブレイク捜査官らが踏み込み銃撃戦も伴って一斉検挙となる。
直前にブレイクのもとにFAXが届いたからのこの検挙となったわけだが、もちろん送り主はニコラスでしょ?
そしてその当のニコラスは、クリストファーのもとへ、またまた濃密な(?)ひととき~(爆)。
未明には、クリストファーのもとへも、もちろんマークのもとへもこの検挙の知らせが入り騒然。
民間軍事会社が大量の武器を密輸しているとの垂れ込みが入っての検挙ということになっているらしい、逮捕者の多くはイギリス人だし、しかも行き先がチルギスタンであると。さらには貨物の中に神経ガスの原料も含まれていたと。
マッキンタイアは、不当逮捕だとFBIのブレイクのところへさっそく抗議に現れる。全て許可を取った上での合法的な業務をしていると訴え、早期全員釈放を求める。
結局、2話目を見ても、いろんな人や事件の絡み具合が複雑・・・っと言う印象が強く、(?_?)っと思ってるうちに次第に意識が遠のき(爆)見直すはめに~ (((((^^;)

スターク刑務所では、ルークが、自爆テロの犯人を報道するTVニュースを目にし激しく動揺。
直後、自分の腕にあるタトゥーを焼く目的(?)で火を付け火傷を負う。

バージニア州で始まったイギリス系イスラム教徒の身柄拘束、逃れようとする人々の車の列が州境への検問に繋がっていて、拘束をおそれた若いカップルが逃げようとしたことで州兵の銃撃にあい、さらに車ごと転落し死亡すると言う悲劇が起きる。マークは心を傷める。
そんなマークに父親を失った哀しみの癒えないキャロラインから連絡が、二人がホテルのバーで暫し飲んだあとの別れ際、謎の男(ビニーというらしい)がまた盗撮している。
イギリス大使館にはアジア系イギリス人が保護やイギリスへの帰還を求め押しかけ騒然となる。
彼らに冷静になることを訴えかけるマークに、英国公使フィルは自宅やホテルに戻ることを伝えて欲しかったため、渋い顔。

ルークの母親ジャッキーが訪米した。救う会のメンバーらとルークの最高裁の判決を待つが、再審却下、死刑執行が4日後と決定する。軍で勇敢に闘い、戦友を助け勲章までもらった息子がアメリカの地で殺されることになるとはと嘆く母親。

議会ではさらなる強攻策、愛国者法制定がなされようとする動きがあり、阻止するべくマークはその委員長マデリーンに働きかけようとする。

国防長官リンは、チルギスタンの米軍基地の引渡しの遅れに、アーミテージ社のCEOゴードンを責める。リンが自分の立場だった頃のチルギスタンの情勢とは違っていることを訴えるゴードンとは激しい口論に。

予定通りキャロライン宅での夕食会に出席したマークは、その場にアーミテージ社のゴードン、さらには元駐チルギスタン、英大使のジェームズが同席していることに驚く。
彼らの目的は、マークにチルギスタンの民主化の為のリーダーが、アメリカ側と極秘会談をもてるようとりはからって欲しいと言うことだったが、チルギスタンの現ウズマン政権支持の英米政府として、英大使の自分が仲介は立場上無理とその場を去る。ジェームズは、また見て見ぬふりして逃げ出すのかとマークを叱責。さらに自分にある借りを返してくれとの言葉を浴びせかける。
そんな様子をCMC警備会社社長マッキンタイヤは報告を受けていた。
マークに拒否されたあとのジェームズを車で送る役目にはあの謎の男ビニーが。
全7話と短編だけど、なんだかまた込み入った(?)BBCのドラマが始まった。
初回から怪しげだったりクセモノっぽい人達が次々と出てくるから、こりゃ一回サラっと見ただけでは
何がなんだか(?_?)だぞ・・・って感じだけど(爆)面白そうではある。
主役のジェイソン・アイザックスも渋くて格好良いしね~♪
(ただし、毎回書けはしないかな~観るだけでいっぱいいっぱいかも~ (((((^^;))

駐米イギリス大使のマーク・ブライドンがイギリスからワシントンのダレス空港に戻った直後、入れ違いのようにロンドンへ向う航空機が離陸直後に爆破墜落する。
その機に搭乗し犠牲となった乗客の一人に、マークの友人キャロラインの父ハンリーもいたが、搭乗前にちょうどマークらとすれ違い挨拶を交わしているが、その前に彼が何やらスーツケースを渡していた相手、マークの参事官ニコラスとは互いに初対面を装っていて~。
マークらが空港を車で出て間もなく、離陸した航空機が道路に降ってくるように墜落、乗客乗員は全員死亡、墜落で地上にも犠牲者が出る。乗っていた車も墜落機の残骸が降り注いで危機一髪だったが、思わず車から飛び出し、事故車などから自ら救助をしようとするマーク。
ちょうどその頃、アーミテージ社のパーティーでは、かつてそのCEOを勤め、今は女性国防長官となっているリンがスピーチを始めていた。航空機墜落の知らせが入り、リンはその場から早々にペンタゴンへと向う。また、マークらが帰還した英国大使館でも騒然となっていて~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。