上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実父であるとして初めて見るネイサン・ウッズの訪問に動揺するウォレス。亡くなった父親への思いもあるし、思わず母アリシアに困惑する気持ちをぶつけてみてもなかなかおさまらない。アリシアは、かつてのネイサンとの関わりをウォレスに語るのだが・・・。麻薬担当の刑事だったネイサンが潜入捜査が高じて危険な存在となり逃げるようにして別れたこと、亡くなった父親を唯一の父親であると思って欲しいことを告げるアリシアだったが~。そんなアリシアは、自宅からウォレスの出生証明書をキースが持ち出したことに気付き取り返し&抗議に出向き、どんな事情であろうとウォレスには真実を話すべきだったと言うキースにアリシアは反発、二人は珍しく険悪に。
ネプチューン高校では学園祭の時期に突入、メインイベントなキングとクィーンの発表はダンスの時に行われることになり、その候補者も選出されたりと賑やかな様子に。
そんななか、買い物時にカードが使用不可となったジャッキーは、日頃からなんとなく気に入らないヴェロニカにちょっとした問題をふっかけることを思いついた様子で・・・。自分のカードを親友のコーラが不正使用をしたかも知れないのでヴェロニカに探って欲しいと依頼する。実際はコーラはセッセとアルバイトに励んで欲しい物をアウトレットで購入、全くの潔白だったわけだが・・・。(カードの使用不可に関しては、メジャーリーガーなジャッキーの父親の賭博絡みの八百長野球(?)が絡んでるのかな、ラム保安官にはその件で脅されてたし、これまた何かありそう。)
し烈を極める保安官選挙、やや優勢だったキースだったが、ラム保安官から反撃にあう。今回のバス転落事故に絡んで、その昔キースが、今回の運転手だったドイルの酒気帯び運転を見逃した経緯があり、それによって彼がスクールバス運転手に採用されたと言うものだった。これで少し形勢を持ち直した感のラム保安官。
スポンサーサイト
ヴェロニカは、婚約者候補の調査を依頼したいと探偵事務所にやってきた超リッチな女性ジュリーから、キースに内緒で仕事を引き受ける。
ジュリーは、自分の金目当てに寄ってくる男が多いため、資産は中流と言うことにして交際しているのだが、婚約者候補であるコリンの最近の様子が不審なため、詳細な調査を望んでいた。
金持ち女性ジュリー・・・は、なんか妙に可愛くないんですけど~(オバサン顔だし^_^;)、一方、コリンは、”BONES”や”バミューダ・トライアングル”にも出てたマイケル・ロジャース。(何気に格好良いよね~♪ただ最近は、もう俳優業してない?)

ウォレス母アリシアは、キースとシカゴでのデートの際に見かけた昔の男(?)が、今度は自宅付近をうろついてる様子に驚き、思わずキースに護身用にと銃を貸してくれるように頼む。もちろんキースは、そんな危ないことはさせず、自分が子供達には内緒でアリシア家に泊まり込んだりして不審な男から守るつもりだったのだが・・・。
そんなウォレスは、相変わらず転校生ジャッキーとラブラブ。でもやはりヴェロニカは彼女のことをイマイチ好きじゃなさそうだし、ジャッキーのほうも、ウォレスとあつい友情(?)を育んでいるヴェロニカに嫉妬(?)、なんかこの二人、一触即発っぽいなぁ~(爆)。

アリシアの留守宅を見張るキース、家の中の様子を伺って侵入しようとした男を発見、追い払おうとすると、彼はアリシアに奪われた大事な物を必ず取り返すと言って、ひとまず去った。

入院中のメグを見舞おうと意を決して病院にやってきたヴェロニカ、そこで連日やはり来ていると言うダンカンにバッタリ。しかし、ダンカンにも、もちろんヴェロニカにも、メグの両親は冷たく、なじられ追い返される始末。
ヴェロニカは、継母ケンドールのことでビーバーに相談される。彼女は浪費家でもあるし、さらに不倫疑惑があり追跡して相手を確認して欲しいのだと頼まれる。(まずい、そこには今だとローガンだって含まれちゃうじゃん・・・)
一方、海岸にあがった男の死体、その手の文字の件でヴェロニカを聴取する保安官。
しかもその男は撲殺されていた。自分のフルネームが手に描かれていたことに驚くヴェロニカ。男はバス転落現場の崖で事故後にたしかに一度見かけた覚えはあったが・・・。

ケンドールを尾行するヴェロニカ、カサブランカス家が経営するモーテルで男と密会している様子を写真におさめビーバーに見せるが、持っていたバッグが入れ替わってる以外、特に何も証拠にならないと、さらなる調査を依頼される。そこでヴェロニカはケンドールのミュージックプレーヤーを細工した物とすり替えて連続画像をひそかに手に入れようとする。

海岸の死体の男カーリーが働いていた車の整備工場を姪を装って訪ねるヴェロニカ。遺品として渡されたダンボールの中身にあのアーロンと記念撮影をしたパネルを発見し驚く。

崖から転落したスクールバス事故、乗客のうち、どうやらメグは命は取りとめた模様だが意識不明らしい。もし自分がいなければリムジンに乗って彼女は事故を免れたかもと思うヴェロニカは責任を感じる。保安官が事故の件で記者発表をし、バスの運転手に何らかの問題があったことや自殺の可能性も述べたことで、その娘であるジェシーは学校でも責められ、父の潔白を調べてもらうようヴェロニカに依頼してくる。運転手が最後に立ち寄ったらしいコンビニで電話をかけるための両替をしたことを調べたヴェロニカは、そこから彼が電話をかけた相手を探すため、バイト希望のふりをして保安官事務所で通話記録を探る。相手はジェシー一家が住むアパートの住人コッターとわかり、ヴェロニカは聞きこみにいくが、間違い電話ではなかったかと言われる。
ローガンは、相変わらずカサブランカス家の若い継母ケンドールと危険な関係継続中。
ヴェロニカとダンカンもまたラブラブだし、もうそうゆう位置関係でずっといくのかなぁ・・・。

運転手の遺書と思われる手紙が自宅から発見されるが、それを読んだヴェロニカは、再びコッター家を訪ねる。
コッター家の妻カーラとジェシーの父は不倫関係にあり、現在の状況を変えようと手紙は妻との別れのために書いていたものだとわかり、遺書ではない模様。
再捜査を保安官に詰め寄り拒否されるジェシーの様子を見て、一度は市長候補グッドマンの薦めも断ったキースは、保安官選挙に出ることを決意する。
ウォレスは転校生ジャッキーと知り合い、親しくなるが、ヴェロニカは彼女のことをあまりお気に召さない様子。
そして、浜辺に男の水死体が・・・なぜかその男の手のひらには、くっきりと”ヴェロニカ・マーズ”の文字が書かれていた。バス転落現場で皆が花束やキャンドルを手向けていた時にヴェロニカの側に居た大柄な男だよね。
ようやく始まりましたS2!間が半年ほど空いたので、なんだかかなり久々な気がしますが、話はけっこう続いてる・・・はず。
あの戦慄の事件も終結し、最上級生となったヴェロニカは、これまでとは違う”普通”を目指して、女子高生探偵業はやめ、ごく”普通”なアルバイトに専念・・・してるはずだった。
そんなヴェロニカのところへ薬物検査が陽性となり、心当たりのないケルヴィンが相談にくるが・・・。
最初は調査を断っていたヴェロニカだったが、あらぬ疑いをかけられた中に親友ウォレスもいたから、探偵業はやめた~っとも言っていられなくなる。

あの事件後、治療費等の要り様もあり(ヴェロニカ母が大金持ち逃げしちゃったしね)、ヴェロニカパパは、不本意ながらも事件の顛末などの告白本を出版したり、TVにも出演。
また、ウォレス母との交際は順調な模様。

そうそう、あのS1での最終シーン、事件解決直後のヴェロニカを訪ねてきたのは誰!?っと言うのがやっと明かされる。”あなたを待ってた”・・・っと嬉しそうにつぶやいた後のヴェロニカの表情が訪問者の顔を確認して驚いていたくらいだから、やっぱり彼女は別のヤツを待ってたのか・・・?

そして、実際現れたのは、あの時、橋の上でウィーヴィルの子分達なバイカー仲間にボコボコにされて傷だらけなローガンだったのだが~。言ってみれば単なる誤解で思いきりボコられてしまったローガンだったのだけど、ことはそれだけで終わらず、気絶したローガンが目覚めた時には、ウィーヴィルの子分(?)、フィリックスの刺殺体が傍らにあり、ローガンの手には、その凶器と思われるナイフが。もちろんローガンは刺した覚えはないのだが~。すぐにレオ副保安官も到着しローガンは逮捕されるものの、セレブな彼の鉄腕弁護士の手によって証拠不十分で釈放された経緯があり、そのこともあって、セレブとノンセレブの状況は一触即発な荒れ模様なのだとか。

一旦は交際も元に戻ったと思われたローガンとヴェロニカだったが、この状況においても、そんなセレブ仲間とやはりつるんでくだらない悪さをし続けてるようにしか思えないのが我慢できないと、ヴェロニカから別れ話を切り出したらしい。母も失い、父が殺人及び殺人未遂で逮捕され、それでなくても失意なはずのローガンにそんな別れ話すら面白がってる~っと言って非難するヴェロニカもずいぶんな気が・・・。ああいう状況に慣れてない、そして強がりでへそ曲がり(?)なお坊ちゃまローガンの部分をもう少し理解してくれても~っと思うのは無理かしら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。