上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイヤモンド店を出てきた男を黒塗りのバンが追跡、覆面の二人によって男は拉致される冒頭・・・って、覆面姿が映し出された時から、ジヴァ達だとわかりましたが~(爆)。
男は、どうやら武器商人のようで、彼から情報を得るためにさらに加わったギブスも含めて冷ややかに脅す脅す、NCISのジェットの機上なわけだけど、実はシュミレーションなのかとまで思っちゃいましたよ。まぁでも実際にはちゃんと飛んではいたようで(笑)、情報得るだけ得たら、でもしっかりもちろんザイールなどには行かずサッサと引き返してましたが。
海軍の衛星システムであるアレスがハーロウと言う男によって売りに出させていると言う情報。
そしてその買い手として入札してる者のなかにジェンの命によりディノッゾが極秘任務について調べてもいたラ・グルヌイユのメンバーであるコルトもいたことから、話がさらに複雑に・・・。
なんせ、この任務、ギブスが例の休暇中~っつうか離職中の時のことなので、ギブスは知らず、コソコソと密談するジェンとディノッゾに対しても不審な顔のギブス。
ジヴァとマクギーでハーロウ拘束寸前だったはずが、ラ・グルヌイユ絡みとなると、迂闊に取り押さえられない。急遽尾行のみとなったところで気付かれ(ジヴァ達の間に割って入った二人組みは、あとから判明した事実によるときっと・・・一人はスパナチュにこの前出てきたセイレーン男でしたし(爆))、逃走するハーロウは、急な走りが身体に障ったためか心筋梗塞にて急死。もうこれでまたジェンのヒステリー気味な雷が・・・・。
ハーロウとの取引でラ・グルヌイユがアレスを落札したわけだが、取引に向うはずの肝心のハーロウが急死してしまっていては、せっかく現れるはずのラ・グルヌイユなのに・・・・っと、背格好年恰好の似たダッキーに身代わりの白羽の矢が立つ。(そうゆう流れか~。)
スポンサーサイト
”ダメージ2”の集中放送の”ダメージ”で(爆)、いろんなドラマの攻略&アップにしわ寄せが来ちゃってるんですが・・・・・ま、もっともその前から溜まっていますが~ (((((^^;)

NCISは、何気にタイムリーなハロウィンエピ。
冒頭からクレオパトラさんがカボチャキャンドルと格闘、そこにカスター将軍が・・・でも彼の首から流れる血はハロウィンの仮装のぶんではなく本物で・・・。
マクギーなども業務後、しっかりフワフワ青い”雪の精(?)”に扮して仮装パーティーに行く予定みたいでしたが~。
首を撃たれて重傷を負ったナイルズ二等軍曹@カスター将軍がそのまま隣家に駆け込み隣家のレスリー@クレオパトラに救命処置をされ救急車で運ばれるが、ナイルズの家には別に骸骨男の死体が・・・、そして娘サラの行方は不明、姉と帰宅したナイルズの妻ローリーは惨劇とサラの安否に驚き嘆く。そこにサラを誘拐したと犯人から身代金要求の電話も~。妻ローリーには何やら隠してることもありそうで~。
今回は、ラボでアビーがマリリン・モンローよろしくな仮装をしつつお仕事。(とーーーっても素敵!!、マクギーもディノッゾもただただ言葉もなく見惚れてました。)

妻ローリーの秘密、8年前にした彼女の浮気がバレ、ナイルズは軍の宿舎へ別居状態だったらしい。ローリーは、先月その浮気相手な元恋人に子供のDNA鑑定を要求され脅されたらしい。
その相手ロバート・ミラーを探し出し向うチーム、彼の自宅も仮装パーティーの真っ最中で、クリンゴン人@スタートレックに扮したミラーを発見し連行するが、彼は容疑を否認する。そしてその頃、ジヴァの目を盗んでローリーと姉が姿を消していて・・・。
(ジヴァは、そのミスをかなりギブスに叩かれてましたねーー。ダッキーがフォローしてたけど。)

ギブスが復帰し、ディノッゾはジェンからスペインのロタ支部へ異動、彼のチームがもてるまたとない昇進のチャンスと言う話を聞かされるが、何やらギブスが心配・・・っと即答しないディノッゾ。
海軍のプログラマーであるアン大尉が車に血痕を残し姿を消すと言う事件が起こる。
直前に車の後部座席で血まみれで助けを求めるような姿を目撃されていたことから、誘拐事件としての捜査が。車を運転していたのを目撃された男ファリスは判明し、出頭もしてくるが、彼は車を盗んだだけで、後部に女性が居たことで驚き、その場を離れたと、誘拐も殺害も否認する。
どうやら彼女は後をつけていた別の車にさらに拉致されたらしい。
(ファリス役、役はショボイのですが、なかなかイケメン、スパナチュのシーズン4からレギュラー入りするらしき俳優さん、楽しみ♪)
ギブスの留守中リーダーとしてチームを指揮していた形のディノッゾと、復帰したギブスの命令指揮系統がときどきダブってしまう不自然さと、ディノッゾが思わずマクギーをいまだ新人呼ばわりしてマクギー少々不服・・・な様子。(そうそう、あのリー捜査官は、異動したって・・・えっ、もう?早っ!・・・っとまたでもシーズン途中途中で登場するっぽい。)
久々な前回は、ジヴァのSOS要請にメキシコから戻ってきたギブスでしたが、どうやら今回はFBIの親友(爆)フォーネルの要請に力を貸す模様・・・な冒頭。
あれは、美容院ですかね?お絵描きしながら順番待ちをしている少女に付き添っているフォーネル。(てっきりお爺ちゃんが孫娘の付き添い風なのかと思ったら(シツレイ^_^;)、娘なんだ・・・ (((((^^;)。)
接触してきた男の顔を見て形相を変える。なぜなら殺人犯として獄中にいるはずの元下士官のポールソンだったから。
家を売りに出し荷物整理真っ最中のギブスの所に現れるフォーネル、ポールソンの脱獄のことを伝え、娘と居る時に彼が姿を見せた恐怖を伝えるフォーネルに、力を貸す即答はしなくても、心に決めたには違いないギブスだと思う、やはり娘を持つ(持った)父親の身としてもねぇ。
この捜査のために一時的復職をジェンに申し出るギブスに、彼の退職願を自分のところに預かったままにしていた彼女の小芝居(?)は、この際どうでも良いとして(爆)、ギブスの(一時的?)復職があっさりと決まる。
ポールソンの面会に唯一現れていたと言う元海軍のミッキー老人の家を訪ねるギブスらだったが、既に到着していた彼は、やはり無実を主張し事件の再捜査を要求し、ギブスらが乗りつけた車(ディノッゾのらしい)を奪って逃走すると言う大胆さ、車はすぐに乗り捨てられ発見されるが、情報収集のためかノートパソコンやミッキー老人のコルト拳銃も盗んでいた。彼の向う先は、共犯者ナッシュと思われたが・・・。ポールソン本人から連絡が入り、なかなか再捜査を始めないことに対しての抗議か、事件当時、共犯者を殺害した現場にまるで詳細なCSIの捜査痕のような検証印を多数残しておく。
・・・ってことで約一年ぶり(?)に始まりました、シーズン4。
NCISを辞め、メキシコへ行っちゃったギブスのその後は~?っともちろん気になりつつの冒頭、でも何やらギブスと関係なく、初回タイトルは、”チアリーダーを救え”・・・じゃなく(爆)、ジヴァを救え。
街なかを運転中、音楽にノリノリなジヴァがふと気付くと、何か見覚えのある様子な二人乗りバイクが脇へ。そのバイクの暴走具合に思わず追跡するジヴァ、しかしその途端に通りすがりの建物で爆発、犠牲者も出た模様、車を止め、思わず銃を構えるジヴァの前に現れたのは、モサドらしき男エヘル。
一方、NCISでも、ギブスに代わってディノッゾがそのリーダーとしての役目を果たしてる風。ディノッゾが出張から戻るのをアビーなど今か今かと興奮気味に待ちわびてる様子。アジア系な新人も加入してる。(デクスターにも登場した女優さんですかね。)
コーヒー片手に帰ってきたお待ちかねな人物が、最初は首から下しか映らないのはわざとらしいし、誰もいきなりギブスが戻ってきたとは思ってないしねぇ~(爆)。
で、ここでは、ジヴァの出勤がだいぶ遅れてるので、やっと何かあったか・・・っと。
その頃、ジヴァは現場に車を乗り捨て、モサドのオフィスに乗り込んでいた。こんな作戦聞いてないと抗議に。しかし、さきほど見かけたエヘルは、半年前に死んでいて葬儀もしたと・・・さらに混乱。
そしてNCISには、街なかでの爆発事件にジヴァが絡んでいるとFBIのサックス捜査官らが乗り込んでくる。
モサドでの調べで、爆発事故の犠牲者は情報提供でアメリカが保護していた元シリア軍の男とその警護のFBI捜査官であることがわかる。そして、FBIは、ジヴァに対し、スパイ活動と殺人容疑で逮捕状を出したと~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。