上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンビニでイラン系男女二人の客が銃殺、現場に”国へ帰れ”との落書きが残されていたことから、人種差別的殺人と思われたが・・・。外は野次馬でごった返し、さらには銃声が・・・っと思われると爆竹のいたずらで、野次馬同士がこぜりあい、ボビーが取り押さえ収拾。
現場には自分の息子アミールの安否を気遣うやはりイラン系の母親と妹が到着。アミールは被害者ではなかったが、彼らの友人であったらしく、事件当時一緒に店に居たことは確認されるが、行方不明。被害者らは、専門学校生、二人には麻薬での逮捕歴があった。
店の防犯カメラには覆面姿の白人3人組の犯人グループが映っていて、現場からは車で逃走した模様。
クルーズは、コンビニのオーナーであるメリー・アンに話しを聴く。(24のニーナ!ブロンドでにこやかに登場(爆))。彼女はカメラに映った犯人グループの一人が自分の息子ジェフリーであること、他の二人も息子のサーフィン仲間であることを認める。
そして、犯人らから使い捨て携帯を使用しての連絡が入る。アミールの殴られたような顔が映しだされ、麻薬で稼いだ金を出さないと同様に撃ち殺すと・・・。人種差別的殺人から一転、麻薬と金絡みの殺人及び誘拐事件へと。
アミールの所持品やパソコン等の捜査が始まるが、ゲーム好きな優等生の彼のパソコンからも何もそれらしき情報が得られない。ただ不審なのは、参照ファイルが一つ見つからないこと。クルーズは、パソコン同様、ハードディスクを持つゲーム機にそのファイルが隠されていることに気付く。
スポンサーサイト
道路から運転を誤ったのか崖に車が転落、運転者の姿はなく、車中には女性の死体、しかも銃弾を腹部に浴びていた。いち早く車の検証、さらに崖下で運転していたと思われる男の身柄を発見したクルーズ。男は事故時の記憶を失って放心状態だった模様・・・。
男はスティルマン、病院で傷の手当を受けた後もしばらくは混乱状態でもあるが、やがて彼の話や調査によると夫婦で食事をした後、ガソリンスタンドに立ち寄った時、どうやらカージャックに遭遇、もみ合いになり後部席からカージャック犯の銃弾を妻が受け、犯人は逃走、病院へと急ぐ途中に運転を誤って崖から転落した・・・とのこと。仮釈放中の男ウマガがすぐに浮かび、彼の立ち寄り先を調査中、調査そっちのけでクルーズは、一台の車に一目惚れ。ウマガの居場所を知るその車の持ち主、全身タトゥーなドラマ常連ラテン(?)男の情報で、すぐにウマガの隠れ家に突入。巨漢なわりに逃げ足早いウマガ、それでもやっと追いついたクルーズにナイフを突きつけるも、クルーズも隠し持ったナイフを向け応戦、相棒リースが駆けつけてウマガを取り押さえる。

クルーズの管財人兼同居人なテッドが家のプールでのんびりしているところに、思わぬ珍客が・・・。
なんとそれはコヨーテで、接近されたテッドはしばらくプールから出ることもできずに立ち往生。以来、夜中のコヨーテらしき遠吠えにも神経質になり・・・。

また、冤罪だった自分の事件を独自に再検証するクルーズ、事件現場に当夜は外泊のため居なかったとする少女レイチェルが実際は居たことをつきとめる。彼女が唯一の生存者だったはず。
その確認のため当時の事件担当者エイムズの前にまで姿を見せたクルーズ、事件の賠償は既に済んでいてエイムズに会って事件を掘り返す調べをすることも違反となるため、すぐに顧問弁護士であるグリフィスが注意に飛んでくる。
しかし、クルーズはあまり応えて無い様子で(爆)、その後も、なぜかそのレイチェルの存在を知っていたと思われる自分の元妻を追い回しては、レイチェルの消息を問う。里子に出されたはずだと、またそっとして追わないようにとしか言わない元妻。(一目惚れした例の車は、さらに改造を特注したのかすっかり警察使用となってクルーズのお気に入りな模様。そりゃお金は持ってますからねーー(爆))
以前のままの”ミステリーチャンネル”だったら、この局での放映ではなかっただろうなぁ~って感じのドラマ。”AXNミステリー”になったからですよね。
無実の罪で終身刑を言い渡され、そのうちの12年を獄中で囚人として過ごした元LAPDの警官チャーリー・クルーズ。そしてついにDNA鑑定等で彼の無実が証明され12年ぶりに釈放され、担当弁護士の尽力もあり無実の罪で投獄されていたぶんの多額の慰謝料を市から得るのだが、彼は自らの意思で刑事として市警に職場復帰する。
警官だったことから、過ごした獄中で彼は想像を絶する虐待にも遭い、また職場復帰した現在も好奇の目にさらされてもいる。そんな彼があえて市警に復帰した目的は?自分を陥れたものへの復讐か、真相究明か?・・・・ってとこになるのでしょうかねぇ。
ただ、長かった獄中で”禅”の道を追及し、何やら悟った感もおおいにうかがえるクルーズ。その独特の捜査方法によって、毎回の事件を解決に導いていく~っと言うのが流れらしい。
クルーズ役には、ダミアン・ルイス。”バンド・オブ・ブラザース”出演の俳優さんらしいけれど、それは私は未見なので、でも何かこの独特な顔立ちには見覚えがあるぞ~っと思ったら、どうも映画”ドリームキャッチャー”で観たからみたい。飄々としつつ、変人ぽくもあり、その心の奥底には・・・って言うかなり特異なキャラをうまーく演じてるみたいですね。どことなく(変人っぽいとこが特にか?)ハウスのヒュー・ローリー系の面立ちかも~っと思ったら、やはり同じUKな俳優さんみたいでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。