上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
穏やかそうな黒人教師が携帯で話したあと、
顔馴染みの銃砲店に現れ、突然店の猟銃を手に発砲。店主を銃殺。
さらに自分も直後に猟銃自殺・・・っと言うビジョンをサムが見る。
エレンの店に寄りアッシュの協力でビジョンで見たバスのマークから
街は判明したがそこに悪魔の居る気配はないものの、
サムと同じような境遇の男、アンディの存在がわかる。
アンディの周辺を調査中、ビジョンの光景の黒人男性を発見、
サムは店に先回りし発砲事件を未然に防ぐ。
ディーンはアンディを尾行するが、降りてきた彼の言葉によりなぜか
愛車を彼に渡してしまう。
事件は防げたものの、直後にかかってきた電話により男はバスに飛び込み死亡。
アンディの言葉によるコントロールによるものと思われるが、
遭遇したアンディは、否定。同時にサムには彼のコントロールは通用しない。
そのとき別のビジョンが浮かんだサム、そのとおりに女性がガソリンスタンドで給油後自らガソリンをかぶり火を付け焼死。
死んだ女性は、養子だったアンディの実母だったと判明する。
先に死んだ男性はアンディの養子縁組に尽力した教師だった。
そしてアンディには生まれてすぐ生き別れになっている双子がいて・・。
スポンサーサイト
カリフォルニア州サンディエゴの住宅地、白昼、
自宅でエクササイズ中の主婦が侵入者によりレイプ殺害される。

その頃BAUでは、天才君ドクター・リードの24歳の誕生日が和やかに祝われている。
・・っと言ってもその頭にはケーキ型の帽子、そしてケーキには
マジックキャンドルが灯され、チョットからかわれ気味?(爆)
世界でJJだけが自分のことを”スペンス”って呼んでくれる~って
ほぉ~天才君は、JJに(*^_^*)なのね・・・。
でも、「スペンス、おいで~」ってほとんどペットか子供を呼んでる状態だったけど~(笑)

事件の一報が入り、チームは、サンディエゴ入り。
犯人は”トミーキラー”と呼ばれる連続レイプ殺人鬼。
被害者の目を接着剤で見開かせているかららしい。
連続して起きているが、途中から犯人は現場に17世紀のバラッドを
書き残している。さらに現場から物を盗んでいないが荒らしている。
ギデオンらが地元刑事の案内で昨日の現場の検証に向かったとき、
署近くで新たに未遂事件が起きる。
地元刑事はすぐに今日の現場へ急行するが、ギデオンとモーガンは
マイペースで昨日の現場の検証。(このあたりが違うのかしら~)

未遂事件は、ちょうど夫が帰宅して犯人が逃走したらしいが、
その目撃によると黒人男性と言うことで、ホッチナーは、異人種間の
連続レイプ事件は珍しいと言う感想。
(しかし冒頭の被害者にしても、今回の未遂事件にしても、狙われたのがそこそこ年配?あまり若くないよねぇ。他の犠牲者は若い人もいたようだけど・・・)
エルがその主婦に静かに事情聴取をすることで、犯人の人種は不明、
さらにスキーマスクを被っていたことがわかる。
自分の身の危険を感じたとき、人はシグナルを発する・・・っと言う冒頭の語り。
さらには、女子大学生が、州立公園内の立ち入り禁止地区のはずの岩肌に
スプレーペイントをし、足を滑らせて転落する~っと言う夢を見たアリソン。
翌朝、公園に問い合わせても相手にしてもらえず、
スキャンロンには報告をするものの、なんとか事態を知りたくて
ちょうど土曜日、家族のお出かけ先をショッピングモールからこの公園に変更。(アリエルは不機嫌、ブリジットはご機嫌(爆))
公園の夢で見た場所を発見して確認したが落書き以外周辺には何もなく、
そのあと、子供達がフリスビーで遊んでるときに、夢の女性の物と思われるバッグを発見。さらにジョーが死体を発見する事態となる。
サークルの入会儀式のため、早朝に出かけ岩肌に落書き、
足を滑らせて骨折し動けないところに変質者が~。彼女は遺体発見現場まで引き摺られ、レイプされ絞殺されていた。
何やら恋人とケンカをしたばかりの女性が、失意で運転中、激突死。

母の墓へ参ろうと言うサムに少々抵抗するディーン。
サムは、ジョンの認識票(?)を母の墓石そばに埋める。
その間墓参りじゃなく周辺を歩き回っていたディーンは、
周辺が妙に芝から木から枯れている墓を発見する。
少し前に事故死したアンジェラ(冒頭の女性ねー)の墓だった。
サムは霊に関係のある事件と思わない様子なので
ディーンが一人で彼女の住んでいた部屋に忍び込んだり
事情をルームメイトに聞いたり・・・その間、サムは部屋で一人で
あらっ、何やらアダルトな番組視聴~?へぇぇ(爆)
アンジェラの恋人だったマットも変死。(首を切って自殺とみられていたが・・)
死んだアンジェラの姿が見えると言っていたらしい~。
アンジェラの墓を二人はあばくが、中は空っぽ。
そこに残されていた文字からアンジェラの父親が関係すると思ったディーンは乗り込むが・・・。
アンジェラを蘇らせていたのは、親友のニールだった。
そして、アンジェラの次の標的は、マットと浮気したルームメイトで~。
モンタナ州、レッドロッジ。
森の中で逃げ惑う女性を何者かが惨殺。
しかも首をスパっと・・・って~(>_<)。
ディーンの愛車が、なぜかピッカピカで復活!
えぇぇぇーーあんなボコボコの廃車寸前だったのが
ここまでなるか~~?ディーンは、ご機嫌だけど(爆)

何頭も牛が血を抜かれての惨殺と
人間が頭部切断の事件が連続して起きていたらしい。
その関連付けを地元の保安官に新聞記者を装って聞き込むが
相手にされず追い返される兄弟。
次に死体の保管場所に侵入。切断された頭部には吸血鬼の牙があった。
酒場で聞きまわる兄弟を尾行する一人の男。
逆に兄弟は彼を捕らえるが・・・。
その男ゴードンは、ジョンのことも知る同業者悪霊ハンターだった。
頭部切断の事件は彼の狩りと判明。
彼は一人次の狩りに向かったが、あとを付けた兄弟は、彼を助けることになる。
そのときのこれまでにない非情っぷりなディーンに驚きを隠せないサム。
ディーンとゴードンは意気投合したようだったが、
その雰囲気に馴染めないサムは、エレンに連絡を取る。
有能なハンターに違いないが、危険すぎる男だとエレン、
すぐに彼の側から離れることを忠告する。
悪魔との取引にて、ディーンは生還するも、
父ジョンの死・・・しかし、兄弟、父の亡骸を自力で火葬?
これってアリなの?(爆)
そして一週間後、ディーンは、父のことを語るでもなく、
黙々と愛車の復旧に没頭している。
あのペシャンコになったのが再び使い物になるの?

父の携帯のメッセージから、知人と思われるエレンを訪ねる兄弟。
悪霊ハンターのたまり場となっている酒場の女主人だった。
エレン役、サマンサ・フェリス、”4400”の女上司ジャービスのときより少々カントリーな感じで、今回のほうが素敵に見えるような~^_^;
やはり亡夫もハンターで、今は一人娘ジョーと暮らしている。
酒場には天才と呼ばれるアッシュもいた。(後ろ髪、長ーーーい(爆))

エレンの持つ情報から、殺人ピエロが出現し、
子供は無事だったが両親を惨殺~っと言う事件を知る。
クーパー・カーニバルと言うサーカスに潜入する兄弟。
そこで怪しいピエロを追い、少女の家に。
予想通り、夜になり現れた殺人ピエロを撃退するが、
逃げられてしまう。
パームビーチの住宅街、家から出たばかりの男が手に持っていた小包に仕掛けられた鉄パイプ爆弾で重傷を負う。
しかもその事件を現場からTV報道中にも爆発が・・・。
連続爆弾事件とあって、ギデオンの半年前の事件が影響するのではないかとモーガンなどかなり神経質になってる様子。
3連続で起きた爆弾事件、結局生存する被害者は重傷のクラーマンだけ。クラーマンが携わっていたマンション開発に関する投資も事件の接点と言うことも浮かぶが~。
居残り組のモーガンが爆弾の原形復旧をしているうちに、
例のボストンの爆弾事件と同じ型であることに気付く。
ギデオンが直接、事件の犯人ベイルに面会する。
自分が作った爆弾を模倣して誰かが爆弾を作り
事件を起こしているとなると必ず彼は興味を示すとギデオンは予測。
獄中のベイルがネットにアクセスし書き込むサイトから容疑者を絞る。
銀行で窓口の順番の列に並ぶアリソン、
赤毛の後姿の女性の飲む缶がゴミ箱に捨てられた途端、銀行強盗が!
彼女を人質にして銃をあてながら、金の要求。
(でも、もうこのスタート時点で、しっかり仲間の合図っぽかったよね)
他の客とともにひたすら床に伏せさせられるアリソンだったが
強盗の中に、覆面姿ではあるものの、なんと弟マイケルを発見!
シーズン1の第8話にも登場)
そんな緊迫した場面なのに、普通に会話も始めてしまうアリソンとマイケルだったが、マイケルが発砲したりもして・・・
夢から飛び起きるアリソン。

翌朝、検事局に出勤すると、夢で見た銀行に、やはり強盗が入ったとの知らせでデヴァロスと向かうことに。
もちろん夢のようにマイケルによる発砲はなかったようだが、
金も奪われ、赤毛の女性が人質になり連れ去られたと~。

その頃、なぜかマイケルは酒場で(なんの用事でフェニックスに?)
赤毛の女性と知り合う。
そして、翌朝、アリソンとマイケルの久々のご対面~。
その後、人質女性と思われる頭部と両手が切断されて無い死体が発見されたりして、マイケルが事件と関係してないか気になってしかたがないアリソン。
でも、当のマイケルは、銀行強盗の時間に州境で違反切符を切られていたことがわかりアリソン、やっと安心。
SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) Vol.1 SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) Vol.1
ジャレッド・パダレッキ、ジェンセン・アクルス 他 (2007/08/10)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


あの衝撃のシーズン1のラストから続く、シーズン2第1話デス。
ほとんど瀕死状態のディーンと、悪魔は身体から抜けていったけどボロボロの父ジョンを連れ、
やっぱりボコボコにされた顔も痛々しいサムが
運転してともかくも病院へ・・っと向かう横っ腹に
これまた悪魔にのり移られた男が運転するトラックが・・。
運転手は彼らにトドメを刺しに近付いてくるけれど、
コルトを向けながらも(貴重な銃弾はあと一発!)銃ではなく、
どうやらサムが自分の力を使った(?)ようで悪魔を撃退、
また黒い煙のようになって男から抜け出て逃げて行き・・。

病院のベッドで目覚めたディーン、父や弟も心配だしフラフラと院内を
歩き回るも、誰も自分の存在に気付いてくれず~。
そう、彼自身は、重体でもちろんベッドに数々のチューブや器具とともに意識不明で横たわっていて、
動いているのは幽体離脱状態のディーン。
病室に訪ねてくるサムや別室でやはり入院中の父の側で喋っても
誰も気付かず~。
ジョンから、ペシャンコになった車からあのコルトを持ってくるように指示を受けるサム。さらに、ジョンの旧友ボビーあてには集めて欲しいもののメモが。
ジョンは護身用と言っていたけれど、ボビーはメモの中身を見て一発で
ジョンの意図がわかったようで・・・。

コルトやジョンに指示された物を持ち帰ったサムだったが、
ボビーを問い詰めて全て教えてもらったのか、ディーンが瀕死状態のときに悪魔を呼び出そうとしているジョンとまた大喧嘩!
幽体離脱状態のディーンは間に挟まれるも仲裁もできず・・。
これまで霊を感知するのは怪しい機械(爆)かサムの能力に頼るのみなディーンだったが、自分の身が離脱しちゃってる状態だから
いままで見えてなかった何やら霊らしきものが見える。
透明で素早く、死にかけた患者のところで襲うように死へ導いている死神のような霊に遭遇。
さらには、自分と同じように他のものに気付いてもらえない状態のテッサと言う女性患者と出会うが・・・。
第6話 公海の英雄

空母エンタープライズから乗員の異常行動について
ギブスに調査の応援要請電話が入る。
電話の主、バーリーは、ディノッゾの前任者らしい。
(「4400」のトムね~♪)
着艦係だったウィルクスは、バーの冷凍庫で全裸で発見、
異常行動から麻薬の摂取がまず疑われ、3週間前の検査では陰性だったのが
今回は陽性。しかし本人は否定している。
さらには同じ着艦係シュルーがまた甲板で異常行動をして倒れ込む。
彼らはともにレイエス兵曹長の部下で、レイエスは部下に厳しいことで有名だった。
(ERやチャームドなどにも登場したカルロス・ゴメスね~)
さらに医療室のベッドで、ウィルクスの容態が急変、突然死亡する。
尿の再検査を送ってアビーにさせることに。
激務のなかでチームの好成績を維持するため、
上官であるレイエスが検査官とグルになってハイになる麻薬を部下に
カフェインの錠剤と偽って常飲させていたことが判明する。
しかし彼を逮捕するには現行犯でないと難しい。
そこで一芝居をうち、レイエスの行動を監視し、
やはり着艦係にカプセルを手渡ししたところで逮捕。
チームのより高い成績のためには、部下たちの身体への影響もやむなしと言うレイエスだった。
今回自分の前任者バーリーと一緒に仕事をし、何かとライバル心を駆り立てられるディノッゾ。
ギブスとの息の合った様子などにも驚きを隠せないようだったが、
解決後艦をあとにするとき、自分はだいぶ長く名前も呼んでもらなかった。
目も合わせてくれなかった・・っとバーリー。
ギブスに認められてるとバーリーが受けた自分の印象を聞き、チョット安心のディノッゾだった。


第7話 潜入者

海軍基地で廃棄物のドラム缶内から腐乱死体が発見される。
(かなり強烈にグロイ・・・(>_<))
かすかに読み取れたタトゥーから原潜フィラデルフィアのの乗員と思われるが
既に欠員なく出港していることから、偽者が乗艦した疑惑がもたれる。
ギブスとケイトがフィラデルフィアの後を追って乗船、疑わしい新人乗員の調査にあたる。
ケイトを乗船させるにあたって基地の司令官と衝突するギブスだったが、
彼女を強行に推薦するにあたって自分の筋を曲げない、
が、司令官に説明するときにはケイトをその場から退出させるなど、誤解も招きそうなやりかた。
いかにも”偏屈”を自負するギブスらしい(爆)
今回地上での調査にディノッゾと行動をともにする基地担当の新人捜査官マクギーが登場。
対潜水艦演習を行っているため単なる疑惑での捜査に時間を取られては~っと艦長以下乗員は非協力的。
(原潜の艦長には24のピアース護衛官の顔が♪艦務責任者の人もよく見る顔だねー。)
結局、環境テロリストが乗員に化けてフィラデルフィアに潜入していた。
その彼の目的と言うのが・・・。
正体がばれて捕まる寸前、最終手段で自らの体内に飲み込み自殺、
死体として冷凍保存されるのを見越してサリンの艦内放出を狙ったと言うのが
かなり恐ろしい。ギブスの機転により間一髪で防げたけどねー。

第8話 死のエメラルド

グアンタナモ基地の通訳サイードが運転中に死亡。
死因は飲み込んだエメラルドの石が腸を破ったため。
密輸容疑でギブスやディノッゾ、ケイトらが基地へ調査に向かう。
担当の女性捜査官カシディにも疑いがあるため、サイードの死を伏せたまま、
極秘任務として基地に入る。
サイードの所持品を調べるなかで、香水を特定するため、
アビーがギブスの了解のもと、ズラッと香水購入しているのが笑えた。
宝石鑑定に来てくれた彼女の母の友人の甥(だったっけ?)の鑑定士もお土産に香水だったしね(爆)
笑えたと言えば、宿泊地での部屋争奪。
ディノッゾとケイトでバスタブのある部屋をめぐって争ってたのに、
サッサとギブスが独占。強引な上司だからしょうがないか~(笑)
目覚めにはイグアナの歓迎(爆)に飛び起きるディノッゾ。
サイードの通訳のもとカシディが尋問をしていた囚人ナセールを尋問するギブス。
どうやらサイードは、情報提供によりエメラルドと言う謝礼をナセールに貰った様子。
尋問の報告書をカシディがあげる前にエメラルドとともに逃亡する予定だった?
ナセールの役目は、開放房へ移されたあとビンラディンの義理の息子暗殺と判明。
義理の息子の存在を否定するビンラディン自身が暗殺指令を出していた。
まずは暗殺実行を防ぎかつ義理の息子を囚人のなかから探し出すこと。
ナセールを開放房に放ち実行直前に捕らえることに成功。


第9話 死者からの電話

死因も明かされないまま二人の少佐が任務先で死亡。
その葬儀の最中に故人本人と名乗る電話が遺族宅に。
ギブスらが調査にあたるが、遺族宅には盗聴器が、しかもギブスに彼らの上官を名乗る偽中佐が
接触してくる。少佐たちはCIAの特殊任務に就いていたらしい。
偽中佐のモンタージュをアビーも交えて作成するが・・・。
ダッキーの顔登場にもビックリ、しかも若い感じでイリア・クリアキン風(爆)
ケイトの似顔絵上手も披露される。ディノッゾやアビーを描いたのは漫画風だったけど。
そういえば、前にもギブスをそっくり描いてたのがあったよねぇ。
棺をネジ留めされて埋葬されたキッドウェル少佐の遺体を確認すると
彼は生きたまま防腐処理を受けていた。しかも埋葬数日後に棺に入れられていた。
さらにピアリー少佐の未亡人にも偽中佐が接触してきて~。
ピアリー少佐の墓もレーダーで確認するが、中は空。
二人の少佐はCIAの任務でコロンビアで麻薬組織の捜査を行っていて
その途中に誘拐され身代金要求されたのち、金は奪われ殺害されていた。
偽中佐であるCIA職員キャントンが身代金受け渡しにあたっていた。
次にピアリー少佐も同様にまさに処置をしようとしているところでギブスらが踏み込み
少佐の救出に成功。

第10話 埋められた女

地中に埋められていた女性が自力で脱出、軍艦に爆薬が仕掛けられていると言うことを
思い出し証言する。
彼女はそれ以外のことは記憶を失っていて身元すら不明。
(シェリリン・フェンでしたよねー「4400」にも出てきたし~ココにも。)
記憶が戻らない彼女は不安がり、自分がテロリストで爆弾を仕掛けたのではないかとも思う。
彼女の衣類からも爆弾製造の薬の成分が検出される。
まだ思い出せない名前を偽らせてまでも彼女を自宅に連れ帰るケイト。
埋められていた場所から発見されたカギをもとに該当するホテルの部屋を探しあてると、
女性が断片的に思い出した風貌の男が大金とともに殺害されていた。
そしてその部屋には女性の指紋も発見される。
殺された男リクターは、米海軍向けに爆弾検知機を作るドイツ企業の社員だった。
検知のための爆弾製作の技術者がスザンヌと言う女性で、まさに彼女だった。
社長の説明に彼女との不倫関係と、スザンヌを埋めたのは社長だと察知するギブスら。
そしてスザンヌもまたリクターの死体を見て記憶が一挙に蘇ったようだが
それを気付かれないようにして、会社の様子を見て思い出したいとケイトに申し出る。
社長に裏切られたスザンヌは、隙を見て自分のデスクから新作の爆弾を隠し持った様子で
そのまま社長を道連れに自爆。
彼女に終始寄り添い親身になって世話をしていたケイトには、目前の自爆がショック。
それにしてもあれだけの距離だったのに、彼らも軽傷のようだし、他には被害なかったのねー。
前回ラストの、ギデオンが立ち寄り先のガソリンスタンドで
遊歩道殺人鬼と遭遇しショットガンを背後で向けられているところで
スタートする。そして犯人によってギデオンは店内に引きずり込まれ
銃を突きつけられたまま脅されつつ、会話をしている・・・。

・・っとそこで今現在となり当時の様子を聞かれているところを見ても
無事その場を切り抜けて現在に至ってるわけなのだけれど~。

アリゾナの大学で多発する火事。
火災当時の映像をBAUで分析。現地大学へと向かう。
放火に使う促進剤ディーゼル燃料が紛失し、そして放火までには一日。
また次の放火が目前に迫っている模様。
放火された部屋は中からカギがかけられていて
廊下から促進剤がまかれ火がつけられたものの、
犯人はドアノブを回しただけで入っては来れなかったが
そのまま放火に至っていた。
犯人がかけてくると見越して、ギデオンはホットライン開設をする。
放火直前に水道が止められていたという事実を聞かされ
瞬間で放火の危機を察知し、急遽避難を促すが、時既に遅く、
部屋に仕掛けられた発火装置と促進剤でまた一人の教授が犠牲になる。
工作員47号と呼ばれ無理やり酒を飲まされ
ビルの屋上から逆さに落とされる男・・・がアリソンの冒頭の夢。
その男がデヴィッド・キャラダインだったのがさらに奇妙だと
ジョーに話すアリソンに、無人島でアンジェリーナ・ジョリーと
二人きりでいる奇妙な夢を見た(見たい~ってことかな(爆))と話すジョー。これにはアリソン、怒ってました(笑)

検事局へ出勤するエレベーターで”暗号を守らねばならなかった・・”とアリソンにむかって告げるある男のビジョンを見るアリソン。
検事局ではデヴァロスから、一人の男の失踪の調査をスキャンロンとともに依頼される。
そしてその場でもまた謎の男が”暗号云々~”っと語るビジョンを。
失踪した男の部屋をスキャンロンと調査中、
そこにまたデヴィッド・キャラダインの姿を見るアリソン。
彼の電話から行き先はロサンゼルスのホテルではないかと・・。
アリソンの言うとおり、彼の宿泊先と判明する。
さらに謎の男に暗号やら解読やらパラノイアだと
追われるビジョンを見て、思わず逃げて入った部屋には、またデヴィッド・キャラダインが。
アリソンに巻き込んでしまってすまないと謝罪する。
最初は、FOX CRIMEでの放送だったので、あきらめていたら
本家FOXでの一挙帯放送が始まり、
さらにはそのままもうすぐシーズン2の放映もスタートするので、
録画ぶんを少しずつ攻略中♪

第1話 狙われたエア・フォース・ワン

エア・フォース・ワンにて任務中の海軍中佐が
突然死する。
もちろん大統領はすぐに機を降りるが、
現場では同行のシークレットサービスと駆けつけたFBIで捜査権限の争いに。
さらに検死にやってきたのは死亡したのが海軍中佐とあってNCIS。
FBIを締め出し、同行していたシークレットサービスのケイトを乗せたまま機は離陸。
死体の検死を行うために、まんまとFBIやシークレットサービスを出し抜いたNCISだった。
検死結果では死因は脳卒中だったが、中佐はもともと代替任務で、
当初の予定ではケイトの元恋人のケリー少佐が任務に就くはずだったが風邪で交替。
そのケリー少佐もその後中佐と同じ症状で急死。
全ての原因は・・・アビーの調べにより毒蛇の猛毒をクリーニング店を経由して
軍服に仕掛けられ、アルカイダの仕業と判明する。
事件により大統領の乗る機を変更させることにあった。
同乗していたため直前でメディアに紛れて搭乗していたテロリストから
大統領の身を守ることに成功したNCISのギブス。
シークレットサービスに辞表を提出したケイトには
即座にギブスじきじきのスカウト(爆)

第2話 パラシュートの罠

車中のカップルに頭上からいきなり降ってきたものは・・・。
海兵隊の訓練でパラシュートが開かず落下したらしい。
死亡したのはサンパー隊員。
鎮痛剤も服用していて反応も鈍っていたおそれも。
パラシュートの整備担当ラムジーが疑われるが、
彼は否認する。
予備傘も含めて細工をしていた犯人。
自白させるために降下訓練を再開させ、ギブスもディノッゾも参加する。
真犯人は入隊後も麻薬の売買を続けていたことをサンパー隊員にバレて犯行に及んだらしい。
どさくさに紛れて降下することになる(突き飛ばされた~って感じね(爆))ディノッゾ、
無事で何よりデシタ(笑)
ケイトは早くももうすっかりNCISに馴染んだ感じ。

第3話 船乗りの真実

夜の砂浜、楽しむ学生達のグループに数発の銃声とともに乗り上げ突っ込んでくる無人のボート。
これといった事件がないとセクハラ講習会への出席が予定されそうになっているNCISのメンバー。
そこへ飛び込んできた事件がコレ。
海軍中佐の死体が発見されたとの連絡。
近くの海岸でも麻薬売人の死体があがっているとのことで、
海軍中佐の麻薬の密輸への関係も疑われる。
中佐は麻薬撲滅プログラムの主催者でもあったのだが~。
売人の死体からは偽札も発見される。
結局、中佐からだけは硝煙反応もなく、巻き添えで銃撃を受けたと判明。
売人らのボスから事情聴取し、彼らが使った船を発見、検証。
偽札の件をシークレットサービスの同僚にケイトが問い合わせると
FBI捜査官がくっついてきた。(爆)
同様の偽札は9・11のテロリストも使ったものと判明、
単なる麻薬売買ではなく電力供給の爆破を狙ったテロ絡みだった。
ギブスらが駆けつけ、送電線の爆破を未然に防ぐ。


第4話 不死身の戦士

サメが出ると言う海域に飛び込んだ無謀な若者。
・・が発見したのは、重りを付けて沈められた駆逐艦水兵の死体だった。
行方不明とされていた彼は剣を付け式典用の正装で沈んでいた。
遺族に話を聞きにいくディノッゾとケイト。
元殺人課なくせに遺族に聴取した経験がないと言うディノッゾ。
艦での調査にあたると、水兵マクドナルドは能力は高かったが内向的な性格で
最近は少し妙だったと言う証言も。同時に剣術の指南書も発見される。
遺体の衣服からはオンラインゲームのキャラクターシートが発見される。
自殺とも他殺ともまだ判明はしないが、彼がカトリックであったことから
大罪であるはずの自殺はあり得ないとするケイト。
剣の購入に関して、念願のプエルトリコでの調べにあたるディノッゾ。
同じゲームに興じる乗組員たちのなかに容疑者が浮かんだり
マクドナルドがゲーム上で綴った日記が明らかになる。
ゲームでの戦いから高じて現実世界での戦いとなった若者達。
挑発を受けて現実との区別も付かずにのってしまった悲劇。
乗組員全員への恨みも抱いていたマクドナルド、
その究極の艦長への爆弾の仕掛けもあったが、ギリギリで判明して防ぐことができた。


第5話 ミイラの呪い

メリーランド州の公園でハンターが埋まった海軍のタンクを発見。
中にはミイラ化した死体が。
認識票から身元も判明。120万ドルとともに姿を消していた大尉だった。
空母のタンクではあったが、もちろんそのなかには現金はなく。
大尉の死因は刺殺。
殺害されたと思われる日に出産していた未亡人は当時の同じ空母の乗員と再婚していた。
当時担当した捜査官(現在はハワイ在住のためディノッゾはハワイに向かいたがったが)に
TV電話で聴取するが、当時の捜査はかなりいいかげんで、
寄港する空母に合わせてハワイから捜査官も呼びつけるギブス。
未亡人と再婚していた元乗員は、彼女に夫の同僚だと打ち明けていなかった。
その理由の説明にケイトが受けた印象で映画「偶然の恋人」(ベン・アフレック主演)の話が登場する。
元乗員には疑わしい者が他にも、除隊になったあと豪華な暮らしをしている女性乗員もいて
彼女の話では宝くじに当たったからだということだったが・・。
共犯の元乗員も浮かぶが既にメキシコで殺害されていた。
ペンシルベニアから事情聴取に任意出頭させた彼女に偽指紋鑑定結果をもとに
自白を導き出すNCIS。
このスタートに先駆けて、先日WOWOW無料放送の日に放映のあったのは
なぜか第5話だもんねぇ~普通、初回の放映が多いと思うけど
なんでだったんだろう~?この初回って地味?それとも内容的に?

・・・なぁんてことも思いながら観始めた第1話。
シアトルで若い女性の誘拐殺人事件が多発している。
いまも、車の売買のサイトで、好みの車を試乗させてもらっていたはずの女性が突然誘拐される。
FBIの行動分析課(BAU)は、半年前に凶悪犯の事件に関わって以来
(犯人は逮捕したものの、6人の殉職者を出してしまったらしい)
現場を離れ、教官として若手の育成に携わっていたベテラン捜査官ギデオンに
現場への復帰要請が~。(ただし、任務可能かどうかの査定も同時なわけね・・)
冒頭、いつものようなデュボア家の食事風景なのかと思えば、
えっ、誰?この少年ブライアンって・・・ってとこで
そうだよな、冒頭の夢なのだよな~っと思いつつ眺めてると、
どうやらデュボア家の長男らしいブライアン君、ノドに何か詰まったように苦しみだして・・・アリソンの夢、どうやら春には恒例の悲しい夢らしい。

そしてそのまま朝早くに向かったコーヒーショップで
店長クリスティンの死体を発見することになるアリソン。
彼女の追悼式に出席すると、そこでブライアンの姿を一瞬見かけたような気がし・・。
容疑者として別居中の夫の聴取も行われるが、アリソンは彼から何も
感じることはできず。
一方、コーヒーショップの従業員ファイルにブライアンそっくりの少年ジェシーを発見。
彼の家までコッソリと確認するアリソン。
流産した子とその少年ジェシーをまるで重ねあわすかのような
アリソンの想いに戸惑うジョー。
そうか、そうゆうことだったのか・・・ここにきて一つ明らかになる
アリソンの秘密なのね。

そしてまた夢では、今度はブライアンが血まみれで家に戻り、
彼にシャワーを促し、血まみれな衣類を片付けるアリソン。
そして、現実では、デヴァロスからの連絡で、
近所の少年ジェシーが容疑者としてあがり、
母親同伴で事情聴取が行われる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。