上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぁしばらく、このドラマのほうも映画のほうもサボってましたので・・・そろそろ~ (((((^^;)
(放置してたら、広告まで出てくるのね~(^_^;))

とりあえず、間がズーーンととんでますが、クローザー2。(爆)
クローザーの場合、オープニングがちょっとコメディタッチ入ってる回と
今回のように全く悲惨な死体発見現場で重~く始まる回とのどっちか・・って感じよね。

港で発見された、母娘とみられる死体。
その入水(?)殺害(?)の様子を現場で一人再現してるブレンダ。
フリンが声かけなければ、フワっと落ちちゃう勢いデシタ。

中国系であり妻は日本人だというタオの解説や解明がかなり役に立って、
母娘の身元も判明。
発見時から”親子心中”(日本では珍しくない”オヤコシンジュー”だとのこと)路線が濃いなか、ブレンダは、偽装(?)をサッサと見破ります。
で、何回も言葉として登場するこの”オヤコシンジュー”だけど、
まぁそうなんだけど、比較的普通に使われるのは”無理心中”よね?
その親子版なわけなんだけど・・”ムリシンジュー”って言って欲しかったかなぁ~(爆)

今回は、ブレンダと容疑者アンドリュースの一騎打ちって感じですかね。(とりあえず連行されてから、彼、ずーーっと取調べ室の中だけだし(笑))
このブレンダに言わせれば、”病的なウソツキ”なアンドリュース。
24のオードリーの別居中の夫ポールだったしね。
まぁ24では、とことんな悪人じゃなかったわけだけど、
他のドラマ等では、まず善人な役は無いような顔立ちだもんねぇ~。
ブレンダさんとの一騎打ちも大丈夫な面構えデス(爆)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。