上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
難民村にタムドクを残し王を助けるため戻ろうとしていたキハは火天会の追手に連れ戻される。
キハが戻ってきたことで喜びを隠せないホゲに、自分の気持ちを素直に告げるキハ。
朱雀の心臓の守り主を別に見つけてくれだの、タムドクこそが愛する人で、
彼を守るためにホゲをチュシンの王と宣言もしたし、自分らを放っておいてくれ・・・っと。
あまりの告白に、ホゲ絶句~。
さらにキハは、サリャンに内密に頼み、チュムチら傭兵を雇って、
ヨン家の牢に捕らえられたままの絶奴部族らを脱獄させ、
難民村のタムドクを助けるように指示するのだが・・・。
チュムチらに依頼したまでは良かったが、その後、あっさりと大長老の知るところとなり、
痛めつけられたせいか、その後サリャンは、すっかり大長老の命じるがまま。
(キハは恩にきてたのにねぇ~)
とりあえず牢から絶奴部族やスジニは脱出できたけれど~。
(大長老と組んで自分でやっといて)相変わらず部族長達の息子誘拐を王の仕業と主張するヨン・ガリョは、
ヤン王にタムドクとともに退いて都落ちして暮らせば命だけは助ける・・・などと迫るが、
既に自分の命を厭わないヤン王は、もちろん取り合わず、
宮殿には、カクタンが率いるわずかな近衛隊のみを残し、ほとんどの近衛隊を宮殿から出し
外にいるタムドクを何としても守るように隊長に命令する。
スポンサーサイト
第21話 潜入捜査

”人間パチンコ”なんておバカなことに興じる少年達が偶然発見した海兵隊員の切り株串刺し死体(>_<)。
既に死体となってから串刺しとなったようで、体には武器(ミサイル)で空いた穴があった模様。
例の解剖室から逃走した犯人の難航する絞込み、ダッキーの意見により英国人と思われ
マクギーがさらに絞込みを始める。
発見された死体は、クワンティコの兵器担当のグリム軍曹と判明。
彼のパソコンは初期化されていたが、アビーがデータを復元、
自室で大量の武器を撮影していたことがわかる。
どうやら武器密売をしていたらしくディノッゾが潜入捜査することに。
取引を行っていたと思われる武器店の娘と言う女性ストーンと対峙するディノッゾだったが
彼女もATFの潜入捜査員で・・・。
今度は彼女と組んでギブスが武器ディーラーに扮することになったが~。
共犯者との繋がりを確認するための、一芝居。
まぁ、ギブスがいとも簡単に撃たれ倒れるわけにはいかないものね(爆)

第22話 転落の真相

崖からの降下訓練中、装置が壊れ特殊部隊大尉が転落死する。
アビーの分析により、壊れた部品カラビナは、大尉のが強度に欠けるアルミ製だとわかる。
部隊の任務がCIA絡みの極秘救出任務で、しかも実行まで時間の猶予がないとなり、
何者かが装備部品に手を加えての事故となると、任務中止も余儀なくされるため、
早急に解明が必要となる。
大尉が特に厳しく注意を続けていた部下に容疑がかかったり、
大尉の妻にも疑いがかかったりするが・・・(大尉の妻、ロズウェルのトポルスキーでしたねー)。
ケイトへやけに熱い(?)視線をおくる神父も何かありそうに見えたりもするしねー。
しかし、結局は、大尉が厳しい海兵隊の家系にも関わらず同性愛不倫に走っていて
さらに妻に目撃もされ責められた経緯もあり、将来を悲観して(?)の覚悟の自殺とわかる。
アルミ製の粗悪部品自体も大尉自身がそのために作っていた。
捜査に行き詰まった時、降下体験をすると状況の把握ができるかも~っと一言漏らしたケイトを降下体験させようとするディノッゾとギブス・・・まぁ結局、これが役に立ち、
大尉が部品の軽さを掌握してなかったのが不審だとわかったのも事件解決に役立ったわけだけど、あれはどう考えても少々ふざけてるよね(爆)
デート中にもめて喧嘩状態となってるアビーとマクギーが、渋々ハッキングで組んでいるうちに
仲直りできて良かったね。

第23話 目覚め

シーズン1最終話。
16話「それぞれの悪夢」以来、ずっと謎の男の身元究明にかかっているわけだが、
今回の冒頭のギブスの悪夢(?)、解剖室の死体袋を開けるとケイトの・・・・っと言うのがショック。
(・・・っと言うのも、シーズン2の最終話の最終シーンを目撃した後だと、なおさらに~(>_<))
ランニングトレーニング中のディノッゾ、追い抜いて疾走する金髪女性に、またデレデレと
ついてランニング~。
ギブスは、ケイトをコーヒーショップまで追いかけ、
取り逃がした謎の男の分析をさせる。
その謎の男、レース用(?)のバイクで疾走して登場したかと思えば、
何やら発射実験をさせている。
そして男達を集めて計画を説明しているのは、キャンプデービッドへ向かう大統領専用ヘリを威嚇発射で緊急着陸させ、着陸したところを襲うという計画らしい。
さらには、ディノッゾやダッキーとランチ後、ケイトが信号待ちしているところにバイクで現れ、
わざと顔を見せ挑発。ケイトは慌てて後続車を停めて乗り込み彼の追跡をしようとするが、その車自体が彼の配下の者の車で、ケイトはアジトに連れ去られてしまう・・。
謎の男究明のために、ギブスのイライラは限界に達しているようで、
今回は特に誰かれかまわず厳しいアタリ具合(>_<)。
そして、ダッキーが、彼は解剖に詳しかったことを思い出し、絞込み対象が医学部卒まで狭まりやっと身元名前がアリだと判明する。
そして、ケイトも彼に誘拐されたと察知するが、
アリ自身もケイトに真相を話していたわけだが、
FBIのファーネルがギブス宅に現れ、アリは諜報部員で組織への潜入中につき
これ以上関わらないように指示してくる。

アリの行き過ぎたやりかたに不満を抑えられないギブスは、
条件として一人アリと解剖室で対峙することを求める。
アリの肩に自分がされたと同様一発撃ち込む。これでアルカイダも疑わないだろうと・・・。
とりあえずこの場は、これで収拾ってことになるのだろうが、
ハァ、それにしてもシーズン2はねぇ。
朱雀の心臓の守り主であるキハが、貴族長らの前でそのパワーを示し、
チュシンの王はホゲであることを告げたという知らせは、
調べにヒョンゴが戻ったコムル村にも伝わり騒ぎを起こしていた。
彼らにとって、朱雀の心臓の守り主は、今はヨン家の牢に捕らわれているスジニであるはずで、
守り主として現れた神官は、悪の火天会の長老を伴っているとあっては、受け入れ難い話だった。
いまだ霊廟で謹慎中のタムドクにヤン王から、即位式の知らせが届く。
即位を渋るタムドクに、ヤン王は、タムドクこそチュシンの王として生まれ、
だがその命を危うくしないために、母親が自分の命を犠牲にして山中で身を隠して生んだことを話し予定通り神殿での即位式に来るように告げるが、
ホゲをチュシンの王と主張する貴族達と国を二分する争いになることをためらうタムドク。
ヨン家と火天会の企みにより、王に息子らを人質として誘拐されていると思いこんだ貴族の長らは神殿に出向かず、絶奴部族だけが出席しているが・・。
第18話 特殊部隊員の脱獄

元特殊部隊員のジャック・カーティンが脱獄し夜中に民家に侵入、
服を奪って逃走したと・・・。ジャックには、”S.O.F.”のティム・アベル。
(特殊部隊員にはピッタリですねーー。)
彼の罪状は、妻とケーブル工事業者の不倫を疑い二人を殺害した容疑。
彼を起訴したコールマン中佐にはディノッゾが聴取に行く。
殺害された妻の実家で暮らす一人息子ケヴィンのところには、
カーティンが現れた時の用心のためケイトが見張りにつくが、カーティンに逆に捕らわれてしまう。彼の言い分では、息子に別れを告げにきただけで、さらに自分は無実であるとし、逃走する。
事件のことと言い、今回の目前での父親の逃走劇と言い、
深く傷ついていると思われる少年ケヴィンを気づかうギブス。
逃走時、追うケイトが撃った散弾銃で負傷していると思われるカーティンは、
ワシントンD.C.の地図を手に入れ、誰かを追っているらしい。事件の真犯人か?
調査途中、別件でパッチがギブスに相談したがっているのだが、
取り込み中とし明日聴くことにするギブス。(これが次の事件で関わってくるとは・・)
カーティンの妻と業者の死因も違っていたのがダッキーの調べでわかる。
そしてカーティンが何としてでも狙おうとしていた相手と言うのは、
妻殺人の真犯人ではなくて、意外な真の不倫相手。
そして、肝心の殺人事件の犯人と言うのは、あの上官ってことよね?
女性の力じゃ、二人の首をへし折れるわけないものねぇ。
なんとも入り乱れた展開~(爆)(いずれにしても、一緒に殺害されちゃったケーブル業者は
ひたすら気の毒なだけってこと?)
せっかく、ティム・アベル登場だったのに、もうちょっと見せ場もあって欲しかったかなぁ。

第19話 ダイイング・メッセージ

警報が鳴り響くなか、エレベーター内でNCISの捜査官パッチの惨殺された死体が発見される。それにしても、なんともムゴイ・・・かなりです。(>_<)
頚動脈をまず銃で一発、そしてそれが致命傷となっているのだが、
その後、エレベーター内で腹を切り裂かれていたのだった。
前日にパッチが何か相談したい様子を見せていたのに、後回しにさせたギブスは、
自分を責める。
パッチは誰かの尾行をしていた。どんな事件を追っていたのかを調べ始めるギブスら。
パッチ宅を調べにかかったディノッゾとケイト、ちょうどかかってきた電話の相手はマクギーだった。パッチから3年前の未解決事件のファイルの調査を頼まれていた。
そして解剖で、パッチが絶命する寸前にデジカメのメモリーカードを飲み込んでいたことがわかる。
そのカードに保存されていたのはこの二日間で隠し撮られたと思える女性の様子。
そして、彼が追っていた事件は、ヴォス少佐がカード詐欺にて海軍の金1000万ドルを盗んだ事件、そして起訴される前に彼は自動車事故で死亡していて~。
ギブスらが出港前のヴォス少佐の元上官に聞き込みにいくが、
あれはスパナチュの黄色い目の悪魔よねっ?でも今回は悪さはしてなかった(爆)
まずは、パッチがしていたように、そのカメラ映像の女性の張り込みが始まる。
その女性アマンダと、ヴォス少佐との繋がり、そして実はヴォス少佐の事故死は偽装で
彼は生きていて・・・・彼女の前に彼が現れるのではないかと予想されたが、
なんと、さらに事態は急展開!その女性アマンダこそが、ヴォス少佐だった!
張り込みにかこつけてアマンダに接近しなんとキスまでしちゃったディノッゾが
そうとわかったときの顔って・・・・お気の毒。
最後、パッチの仇をとったのは、やはりギブスでした。
実は男だったアマンダ・・・・プロファイラーの後半のシリーズでのサムの後任者レイチェルよねぇ。やっぱメインなイイもんキャラよりは、こっちのほうが適役ではないかしら~?(爆)

第20話 消えた海兵隊員

バーで不倫相手の女性記者と飲み店を出たアトラス一等軍曹が何者かに拉致され姿を消す。
調査に乗り出したギブスらは、まず最後に入ったと思われるバーで聞き込む。
バーテンの女性と必要以上に親しげにするディノッゾの様子にイライラ度を募らせるギブスだったが、ディノッゾのお手柄で、アトラスの同伴者と思われる女性記者が判明する。
彼女に事情聴取すると、バーで知り合ったアトラスに、同僚が次々と失踪していて、
過去の勤務に何か関係があるかもしれない、自分の身も危ないかも~っと
打ち明けられていたことを語る。
アトラスの上官サッコに事情聴取する。彼はアトラスに良い感情を持っておらず怪しげ。
アビーの調べで、フィリピンに派遣されていた爆発物処理班の仲間が他にも3人失踪してることがわかる。そしてそのチームの指揮官もサッコ。
サッコを尾行し、また同じバーにたどり着いたディノッゾ。
店を出る彼のあとを追おうとした時、急に何かの薬物がまわり意識を失い、
アトラスが監禁されている場所に入れられてしまう。
彼の告白によりフィリピンでできた現地の恋人をコンテナ船に入れて連れ帰るつもりが
アトラスを含む失踪した者全員、出港間際にサッコに船をおろされたため、
荷物として積まれた恋人たちは出してくれる人もなくコンテナのなかで餓死したということがわかる。アトラスの恋人は、サッコから奪ったサッコの元彼女だったらしい。
監禁場所にサッコが銃を持って現れた時は、てっきりアトラスらの始末に来たのかと思いきや・・・
実は、アトラスや他の者に復讐をしていたのは、例のバーのバーテンの女性。
彼女は、コンテナからの唯一の生き残りだった。
ギリギリのところでサッコに救出されていた。
死んでいった他の女たちのぶんまで、8年かけて復讐をしていたらしい。
聞き込むディノッゾとイイ感じになって情報提供してたのにね、なんてこった。
ギブスがなぜか冷たくあしらった女性記者(赤毛だったせいか?(爆))は、
全くなんの関係もなかったってことかー。
霊廟での謹慎中なタムドク、近衛隊のカクタンとの勝負に勝ち、
抜け出し・・向かった先は、ヨン家。
一方、頻繁に神殿を抜け出すキハは大神官に咎められていた。
そこにヨン家からの使者がヨン・ガリョが直々にキハを指名し
占いを求めているとの用件を伝える。
ヨン家の牢に捕らえられている黒軍の兵達の釈放を求め、
ヨン・ガリョに面会を申し込んだタムドクは、
自らが王と即位した日には、その王位をホゲに譲る意思を語る。
その会話を立ち聞きした火天会の大長老は、そこでタムドクからホゲに
円満に王位が譲られてしまうまで待っていては、
自分ら火天会がヨン家を、さらに王家を牛耳る機会を失ってしまうと
キハにホゲの気を引くことを命じる。
ホゲが見つめるなか、次々とその力を発揮し灯りを灯していくキハの姿に
もともとキハにご執心なホゲは、さらに魅せられる。
その頃、大長老とヨン・ガリョの前で朱雀の心臓は激しく輝き出し、
同時に牢のスジニは、一瞬ではあるが黒朱雀の炎に包まれる悪夢を見る。
第16話 それぞれの悪夢

ダッキーと助手のジェラルドが深夜、急遽依頼された検死解剖を行おうと
死体袋を開けたが、中からは・・・・。
死体じゃなくて、いきなり銃を構えて出てこられては、そりゃたまったもんじゃない。
この男、24のシーズン1で顔整形をするテロリストを演ってたルドルフ・マーティン。
どちらかと言うと濃い~けども美形にはいるほうだろうが、やはり悪役顔ってことなんでしょうねぇ~(爆)
彼がダッキーらに指示するのは、解剖予定だったテロリスト、カサムの死体。
まず、アビーにまだ分析前のカサムの血液や服などの所持品を持って来るように
ダッキーに指示させる。
悪夢(検死台の上での開きだもんねぇ~(>_<))を見て以来、検死室恐怖症なアビーは、
地下へのエレベーターで降りることもできず・・・代役をケイトがつとめ検死室に降りるのだが~。
ダッキーの言葉を知らされたギブスは、非常事態発生を察知する。
しかし既にケイトも捕らえられてしまい、さらにはジェラルドは肩を撃たれ負傷する。
カサムの所持品に固執する謎の男。押収品として保管庫行きとなったカサムの所持品も要求する。
カサムの血液から、天然痘菌が発見される。
死亡率は低い菌のようではあるが、所持品のスプレーに隠されていたことが判明。
所持品の偽物を持ちギブスが検死室へ。
目的の物を手に入れられないとわかった後は、ギブスと応戦のどさくさに紛れて
撃たれたように見せかけ、HRT(人質救出チーム)を装い現場から難なく脱出されてしまう。
ケイトは、ホントに謎の男に魅せられてしまったのかしら~。

第17話 真実はそこに

タイトル、”The Truth is Out There”、まるでXファイルじゃんっ!
深夜のクラブ、トイレの天井から死体が降ってくる・・・。
死体はクリス・ゴードン一等兵曹で、駐車場で轢かれた後、天井に隠されたらしい。
クラブの経営者がもうすぐ17歳になる少年ってのが驚きだったが、
ゴードンの部屋のスピーカーには4万ドルが隠されていて~。
ギブスらは、ゴードンの上官に会いに行く。
上官ナッターは、ブライアン・トンプソン!Xファイルでお馴染みっ!
(でも、あのお腹の出具合、やっぱチョット老けた?もう変幻自在じゃないか・・(爆))
ゴードンは、4人の仲間とつるんで遊んでいて、自分らを5銃士と称していたらしい。
彼ら4人を聴取すると、何やら口裏を合わせている様子も伺え、
さらにクラブの用心棒の証言と矛盾する。
ゴードンのテレフォンカードの通話記録から、上官ナッターを海軍と企業との取引絡みで
ゆすっていたのではないかと推測、ゴードンを轢いた車はナッターの車種とも一致するが・・・。
上官ナッターは、シロ。
仲間4人の証言に疑惑が戻る。
いつも一緒の仲間同士でのささいなイタズラが招いた事故。
(それにしても、あのイデタチ、やはりエイリアン登場なのね!)
しかも、その事故はあくまでも偶然を偽装、過去のいきさつへの恨みが発覚する、怖いわぁ。

2008年新春ドラマもスタートしてきました!
予定表作ってみたけど、はたしてこのうちのどれだけ観ることができるのか・・
録画がまたどんどんたまっていくだけなのか・・・(爆)
今回も民放のドラマも加えてみましたが、こりゃ絶対無理だな~(笑)

日 ★クローザー2(LaLaTV) 1/13まで
   ▲ブラザーズ&シスターズ(AXN)
  ★バトルスター・ギャラクティカ(スパドラ)(水曜夜放送ぶんを日曜夜録画)
         ★篤姫(NHK総合)
         △佐々木夫妻の仁義なき戦い(TBS)


月 ★ファストレーン(スパドラ)
  ★太王四神記(NHKBShi)
         △薔薇のない花屋(フジTV)

火 ★HEROES(吹)(スパドラ)
  ★クリミナル・マインド2(吹)(WOWOW)
         ★ハチミツとクローバー(フジTV)
         ★貧乏男子(日テレ)
         △あしたの、喜多善男(フジTV)


水 ★ラスベガス(FOX)
  ★デスパレートな妻たち3 (NHKBS2)
         △斉藤さん(日テレ)
             
木 ★ヤングスーパーマン4(AXN)(水曜夜放送ぶんを木曜朝録画)
  ▲レスキュー・ミー3(FOX)(水曜夜放送ぶんを木曜昼録画)
   ★ザ・ホスピタル(NHKBS2)
         ★鹿男あをによし(フジTV)
         △だいすき!!(TBS)


金 ★デッド・ゾーン4(AXN)(木曜夜放送ぶんを金曜朝録画)
  ★NCIS2 (FOX)1/18まで(木曜夜放送ぶんを金曜昼録画)
  ★ボストン・リーガル1/25まで(FOX)
  ★BONES2 (FOX)
         △未来講師めぐる(テレビ朝日)  

土 ★4400-4(WOWOW)(木曜夜放送ぶんを土曜朝録画)
   ★クリミナル・マインド2(字)
   ▲ザ・ユニット2(WOWOW)(月曜夜放送ぶんを土曜朝録画)
  ★HEROES (字)(スパドラ) (金曜夜放送ぶんを土曜昼録画)
   ★CSIマイアミ5 (WOWOW)
  ★CSIニューヨーク3(WOWOW)
  ★グレイズ・アナトミー3 (WOWOW)
          ★エスピー(フジTV) 1/26まで
撃毬(キョック)大会で王や貴族はもちろん衆人の前で輝かしい勝利をおさめることが
自分が王となるべく者と認められるための条件と思うホゲは必死で
黄軍を率い闘い、圧倒的な強さを示し青軍に勝利する。
スジニとその試合を王子の身を隠し観戦するタムドクは、
そんな黄軍の打球棒を不審に思う、竹の空洞であるはずの棒に何か仕込んだ不正を察知する。
試合を観戦する火天会の長老は、袂に入れた朱雀の心臓が、ホゲの勝利の雄叫びとともに
光るのを見て、彼こそがチュシンの王と、さらに確信するのだが・・。
タムドクと観戦するスジニなども、馬上のホゲの闘いっぷりに惚れ惚れとしていて
国の女たち皆、ホゲに夢中・・・なんてことを言っていたけれど、
そこまで言うほどにはホゲって・・・特別美形でも男臭さムンムン~ってほどでもないし(爆)
あのくらいで良いのなら、大長老なチェ・ミンスや、そそ、たしかタムドクの側近の隊長など
もっと格好良いじゃん~~っと思ってみたり (((((^^;)

タムドクに黄軍の打球棒のことを聞いたスジニは、直接確かめに行き、
異様に重くて怪しい打球棒の秘密をばらされたくなければ~っと金を要求するあたり、
まったくスジニって。
しかし、逆に捕まってしまうのだが、そこに当のホゲとタムドクも顔を合わせ~。
不正行為は部下たちが勝手にやったことだが、責任を取って事態を公にすると言うホゲに
自分がお忍びで観戦していることもバレては困ると、穏便な処理をすすめるタムドク。
スジニにも、ついにタムドクの正体がバレてしまう。
ジェイクに背後から刺されたサムはディーンの腕の中で絶命。
サムの亡骸から離れようとしない、またサムの死を受け入れられないディーンは
サムを埋葬しようと言うボビーの言葉も拒否し、彼を追い払う。
サムの亡骸の前で嘆き悲しむディーンは、我慢できず、
悪魔との取引場所へ車を走らせる。
サムを生き返らせるために、自分の魂を犠牲にすると。
なかなか認めようとしない悪魔(取引場所は一緒でもまた違う女の悪魔が登場するのね)に
ようやく認めさせた取引。
ただし、ディーンに残された命は一年となる。
取引成立と同時に目覚めるサム。
アッシュが何を見つけて悪魔に襲われたのかを探っているボビーに合流するディーンとサム。
悪魔は最後に残ったジェイクに何をさせようとしているのか~。
死んだはずのサムの姿を見て、ディーンの取引をボビーは察知する。
そこへ難を逃れたエレンが合流。
アッシュが発見したという地図らしきものを彼が隠した金庫から出して持ってくる。
ダイナーに買出しに入ったサムが、こつ然と姿を消す。
気付いたディーンがすぐに中に入るが、ダイナーの中では、客も従業員も殺されていて・・。
サムが目が覚めると、そこは携帯の電波も届かないようなゴーストタウン。
建物をたしかめていると、前に登場した同じように能力を持つアンディやエバや
他にもジェイクやリリー、いずれも超能力を持つ者が突然そこに集められていた。
ディーンは、ボビーにサムが行方不明になったことを告げ協力を求めていた。
そこにロードハウスのアッシュから何かを発見したと連絡が入り、
すぐ来るように言われるのだったが・・・。
ディーンとボビーが駆けつけたときには、ロードハウスは襲撃を受け全焼。
エレンの生死は不明だったが、焼け跡の死体の腕時計からアッシュの死が確認される。
サム達は、団結して食料や悪魔と戦う武器を手に入れようとゴーストタウンの中を探しているが、
自分が触れると相手の心臓を止めてしまう力を持つリリーは別行動で山へ、
すぐに悪魔に襲われて命を落とす。
この場所をなんとかディーンに知らせたいサム。アンディの力を借りてディーンへ念力を送る。
頭痛とともに鐘のビジョンを見たディーン。そのことからボビーが場所の検討をつける。
行方不明事件を追うディーンとサム。
犯人は精霊ジンではないかと、そのアジトと思われる廃墟に
サムの心配をよそに一人乗り込むディーン。
案の定、ジンに捕まってしまい・・・。
目が覚めると、なぜか故郷、そして横には女性が寝ていて
どうもいつもといきなり違う様子に、サムに連絡するが。
女性はカーメン、どうやらディーンの恋人の様子。
そして、実家に飛んでいくと、子供の頃悪魔によって天井張り付けにされ
亡くなったはずの母は元気で・・・。
実家にも全く違う様子の穏やかな家族写真の数々。
父ジョンは亡くなってはいたが、死因は眠っている間の脳卒中とのこと。
ソフトボールに興じている姿のジョンの写真まで飾られている。
車にももちろんいつもの装備などなく、母の作ったサンドウィッチをほお張り
芝刈りに励むなど、いつになく平穏な時間に、満足気なディーン。
ただひとつ、彼を凝視する謎の女性の存在を除けば~。
そして、母の誕生日と言うことで、サムも久々に訪れるが、
これまた、悪魔に殺されたはずのサムの恋人ジェシカを同伴!
そして、どうやらディーンとサムの兄弟の関係は、疎遠であり、不仲らしい。
第14話 完全なアリバイ

海軍少佐が処刑スタイルで殺害される。
冒頭で故障車に近付いたのが彼よね。ってことは犯人は女性?
銃で殺害された後、後ろ手に拘束されていた。
現場の地元女性保安官が、えらくギブスにご執心♪
ケイトとディノッゾは驚きながらも呆れ気味。
少佐の自宅を調べるとランチボックス収集マニアではあったが~。
さらに同様の手口で、基地職員が殺害される。
そしてまた、次の殺人も。
いずれも同じ弾での殺害だった。
3人目の被害者の離婚調停中の妻ローラに容疑がかかるが、
彼女には犯行時刻のアリバイが銀行の監視カメラにあり・・。 
現場に残された尿のDNAなどの証拠もあがるが、否定。
逆に利用できる主治医に疑いがかかったりもするが・・・。
結局は、彼女には双子(一卵性のそっくりのねー)が居て~っと言う
なんかほぼ反則気味な結末~ (((((^^;)

第15話 不可解なものたち

ミレニアムのワッツ、いや、最近ではLOSTのロックですねーのテリー・オクィン登場。
ライアン大佐だって。彼ってたしかJAGにもチョイチョイ出てたけど、それとは別の役柄?
イラクで任務中のライアン大佐がフセインの隠し金を持ち逃げし極秘帰国した容疑が
FBIからかかっていると情報が入る。
ライアン大佐は、ギブスの旧知らしく、彼からギブスあてとみられる小包も届き
ギブスの心当たりの隠れ家をあたるが、大佐の姿はなく、別の死体が。
さらに爆弾がしかけられていて、避難より少し間があったが爆発。
ギブスに直接大佐から連絡が入る。FBIとみられる尾行をまいて大佐と接触するギブス。
保護をうながすギブスに政府組織に黒幕がいるため、まずは証拠を掴むことが優先と
ギブスに小屋での撮影テープを渡し再び身を隠す大佐。
NCISには、ギブスの行動に怒ったFBIのファーネルも登場。
小屋の爆発で死亡していたのは、彼の部下と判明。
さらに大佐に追随する中尉の存在が確認されるが、
彼はギブスの記憶では既に戦死していて・・・。
フセインの隠し金の一部や大量の武器を用意している大佐。
全ては軍の黒幕への闘いのためらしい。
大佐の逃亡ほう助容疑でギブスにもFBIの逮捕状が出されるなか、
テープの修復で小屋の襲撃犯が元陸軍大佐と判明する。
ライアンは、その大佐が経営する会社へと襲撃をかけ、
追うギブスとさらにそれを追うファーネル。
どうやら2年ほど前より、ライアン大佐は妄想症となっていたらしく、
既に中尉の戦死を目の前で確認しているギブスは、
この点については、早くから確信があったのかな~?
大佐の目を通してのみ姿が現れていた中尉の存在が驚きデシタ。
でも、小屋襲撃犯なあの元陸軍大佐の件は、事実なんだよね?
第11話 スパイ衛星

衛星での監視業務を少々逸脱して海辺の裸のお姉さんを覗いていた監視員、
その付近での殺人事件らしき様子を目撃。
匿名での通報によりギブスのチームが出動。
犠牲者は民間企業と技術開発の機密任務にあたっていたイーガン少佐だった。
発見現場の満ち潮のために、作業を急ぐ彼ら。
状態保存のために、思わず自らが潮のバリケードになってズブ濡れなディノッゾ~^_^;
調査に使っていたと思われる機材も消えていて~。
匿名の通報がCIA絡みとあって、さっそくCIAに情報提供をギブスが求めるも
冷たく拒否される。(24のブキャナンね~♪)
アビーのチャット友達のNASAのアシュトンの活躍で通報者であるCIAの監視員が割れ、
CIAに再度ゆさぶりをかけ、監視衛星の映像ゲット。
居合わせていた裸で焼いていたジーナの情報も役に立ち、
女性海兵隊員が現場から去ったこともわかる。
機密任務と企業に絡む事件と思われたが、結局はイーガン少佐の浮気を
妻が知るところとなり犯行に及んでいた。

第12話 歩かない脚

廃品回収業者が切断された片足を発見。
海兵隊員の足とわかり、ギブスらが出動。
地元警察でギブスを案内したのは、LOSTのソーヤよね~。
足首の人工関節のシリアルナンバーよりその足の持ち主(?)が判明、
ドーン一等兵。しかし彼は、2年前に死亡していた。発見された足は、死後24時間以内。
ドーンの死因は心筋梗塞。遺体を異母姉が確認したものの検死されずに火葬されていた。
彼女に聴取に行くギブスとケイト。
なぜか彼女はギブスに興味津々、ギブスもいつもより上機嫌、愛想が良い。
彼女がギブス好みの赤毛なせい?(ケイト考(爆))
ドーンの保険金が絡んでいて、2年前に死亡したのは、ドーンの同僚で別人。
偽装し保険金を搾取した上、当のドーンを殺害し遺体をバラバラにし捨てていた。
しかも義母姉の単独犯行ではなく、最初にドーンの死因を聴取に行った元検死医の老女が
彼女の母親であり、犯行の黒幕。なんとも恐ろしいねぇ~顔色ひとつ変えないし(>_<)

第13話 一発心中

ゲームセンターで遊ぶ若者を釣っての海兵隊への入隊勧誘を事務所で行っていた軍曹が
彼らの目の前で狙撃され死亡する。
撃たれた弾丸は貫通し、隣の店の人形倉庫に入ったようだが、
その時倉庫に置かれていた荷物は既に運び出されたあととのことで・・。
(倉庫の若い男カール、BONESのホッジンズね)
届いたその時の荷物、何体もある人形を並べてアビーが検死解剖(?)するのが
気味悪かった~(>_<)(爆)
弾道からかなりの遠距離でライフルによる狙撃と判明。
誇張した勧誘を行っていた軍曹だったらしく彼への書簡を調べ容疑者を探す。
ほとんどが感謝の書簡だったが、唯一疑わしい脅迫文を送ったバーンズが浮かぶ。
軍曹の勧誘が虚偽だったため恨んでいたが、犯行は否定。
そしてまた次の勧誘員への狙撃が起こり、現場にはFBIも出動してくる。
バーンズのアリバイには嘘があったが、それは不倫を隠すための嘘。
犯行とは無関係だった。

志願するも勧誘で断られた人物が恨んでの凶行と予測。
ギブスが偽勧誘員となる囮作戦を実施。
ギブスとケイトは海兵隊の制服、ディノッゾは電柱での工事員の格好、
3人ともにコスプレ風~(爆)

次々と事務所に訪れる入隊希望者をチェックしていくが・・・。
実際に犯行に及んでいたのは、その下見で現場に現れていたミネラルウォーターの配達員。
狙撃手を希望していたが、反社会性人物とみなされ却下されて恨んでいた経緯があった。
ギブスへの狙撃は強固な防弾ガラスで遮ることができ、
狙撃現場から逃走中の犯人をディノッゾが銃撃、FBIが確保する。
スパナチュ風プリズンブレイクなお話。
グリーン・リバー郡拘置所。昔閉鎖した独房を開ける工事中。
中から怪しい冷気とともに何かが飛び出した模様。
囚人ランドールは、何かを察知し知らせるが信じない看守は、何者かに襲われ犠牲に。
アーカンソーの人類学博物館に侵入したディーンとサム。
あっけなく警備に見つかり逮捕されてしまう。
そして彼らを執拗に追っていたFBIのヘンリクセン捜査官とご対面~。
ヘンリクセン捜査官自身も意外だったように、
今回あっさりと防犯装置にひっかかって捕まえられた兄弟。
どうやら、グリーン・リバーの拘置所に入ることが目的だったようで・・・。
獄中での霊退治。これまでの仕事より、何より過酷な環境に
特にサムなど不安気で顔ひきつってるし~。
父ジョンの恩人だという”ディーコン”なる人物からの依頼だった模様。
ハリウッドのスタジオでホラー映画の撮影中~。
ヒロインのタラ、叫び声がイマイチ決まらず、撮り直し。
監督が彼女に絵コンテ見せたりするけど、何やらニコちゃんの”ゴーストライダー”似(爆)
そして、悲鳴の練習中の彼女の頭上には、スタッフの惨殺死体が。
スタジオ見学中のディーンとサム、案内のアナウンスに、
”ギルモア・ガールズ”や”ヤングスーパーマン”紹介ありで、
それぞれに出演の二人のため笑えます^_^;
スタジオでスタッフが変死と言うことでやってきた二人だったが、
タラが目撃した死体と言うのは、実は映画の話題性作りにプロデューサーが
脇役名優な男にやらせていた”死体”だったことが判明する。
しかし、次に今度はその鬱陶しいプロデューサーが変死。
死ぬ直前彼の前に現れたモノクロな女性は霊?
撮影フィルムに映りこんでいた霊から、昔スタジオで自殺した女優とわかり
墓の死体で除霊するが、その後もスタッフの変死は続き・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。