上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2年間拘留された未決囚ナジム・マレクが釈放される。彼は空港爆破未遂容疑のテロリスト(連絡係?)として拘留されていたのだが、またロンドン再攻撃の準備が進んでいると言うフランスからの情報により、わざと釈放しその動きを監視し攻撃を阻止するのが目的だった。
前回アダムにスカウトされたジョーが訓練を終えて本部へ初出勤(?)、ジャーナリスト志望だった素人スパイ誕生ってことね。
マレク逮捕を行った公安のシーモアは、今回のマレクの釈放に不満なようでさっそくハリーに抗議に登場。彼はマレク逮捕の功績で昇進したらしい。
その行動の一部始終を監視されているマレクだったが、釈放に尽力したとされる担当人権弁護士レベッカが何か封筒を渡したあとも動きが見られない。このままでは再逮捕を・・・っと言う状況の時、マレクに動きが。広場で一人の男と接触するマレク。男は”自由イスラム”と言う過激派グループの者で、マレクは彼に所持していたリュックを渡す。そのアジトを調べるアダムとザファー。そこにはパスポートに使われたような証明写真の切れ端とレベッカがマレクに渡した封筒が。
テロ後の出国のための偽造パスポートの用意なのか・・・。
そして不当な逮捕で国を相手取って訴訟を起こすと言うレベッカにマレクは訴訟をしないよう申し入れどこかへ。
その頃、またフランスから、本物のマレクを発見、射殺したとの報告が入る。
公安が誤認逮捕をしていたことが判明、しかもその事実を隠蔽していた。
それでは何故マレク(とされる人物)は、過激派と接触し偽造パスポートの写真を渡したのか?
無実とは言え2年間も拘留されると人は変わると主張するジュリエット。
その復讐のために彼は過激派と接触した疑いが。
不法入国した家族全員での出国のため彼はパスポートを”自由イスラム”に依頼したのだったが、マレクの狙撃の腕を見込んでの彼らからは条件が出される。
接触後思わずビルから身を投げようとするマレクを制止するザファー。
スポンサーサイト
事務所でのフィスクの突然の自殺にパティは思わずエレンを呼び出す。例のフィスクの写真や書類一式をエレンに渡し秘密として保管していてもらうことを頼むパティ。
その後、パティは事務所で夫も同席のもと、警察に事情聴取されていた。
フィスクが事務所を訪ねてきたのは、フロビシャー訴訟の和解の相談だったと言うことにし、断ったあと一旦帰ったフィスクが戻って突然自殺したと言う説明。
パティにはもちろん硝煙反応もないことから、警察はそのままフィスクの自殺として処理。
フロビシャーのところにもフィスクの後任マーシャルに伴われ警察がたずねてくる。
事情を聞かれ、その前日のフィスクの変わった様子などはあえて話さないフロビシャー。
(こうゆうところは、さすがに悪徳経営者?狸オヤジ化してる(爆)その後フィスクの妻が訪ねてきて事情を問われても何も知らない顔してたしねー、その前後もしっかりドラッグに浸ってたり女を呼んで騒いでたり、まったく何気にこの男は・・。)
別荘に一人たたずみいつになく震えるようにパティがしていたのは、フィスクの自殺後のショックだった・・・のね。
判事に呼び出されたパティ代理のトムとフィスク後任のマーシャル。
マーシャルは半年の延期を申し入れるが、多くの原告団の状況を考えると一ヶ月延期するのがせいぜいだということになる。
フィスクがフロビシャーにあてて遺したグレッグの手紙を読んで全てを告白したビデオテープの存在を知ったフロビシャーは大慌て。
エレンは、パティに呼び出され事務所に飛んで行ったこともデービッドには嘘を付いて隠していたため、それと知ったデービッドは激怒。エレンはフィスクの資料なども見せ理解を求めようとするが、デービッドは自分との結婚と仕事との究極の選択をエレンに迫り、婚約解消を言い放つ。たまらずエレンは指輪を置いて部屋を後にする。
そんなデービッドのところへ現れたのはケイティだった。グレッグが遺したビデオテープを重要な物だからエレンに渡して欲しいと持参しすぐに去って行った。
一年少し前に引退したハリーの同僚(先輩?)クライブが郊外の自宅で何者かに自殺を強要され死亡。
偶然その現場を目撃したジャーナリストがいて・・・。
クライブの死を知ったハリーはショックを受ける。
ガンを患っていての苦しみからの自殺と報道されるが、そこには秘密があり、
目撃したジャーナリスト(タブロイド誌の記者らしい)、ヒックスは追手からなんとか逃げてルース(彼女とも知り合いらしい)の元へ身を寄せる。すぐにルースからの連絡を受け、ハリーもルース宅へ合流。
ヒックスによるとクライブは内部告発をする本を執筆中でそのために殺され、クライブが綴っていた黒い皮の手帳は消えていたと。
既にヒックスを尾行した者達がルース宅の彼に照準を合わせていたが、指示を出す男がハリーの存在に気付いてその場はとりあえず中止。男はハリーやジュリエットとも共通の昔の仲間らしい。
ヒックスへの着信履歴をあたるとジャーナリストの卵である若い女性、ジョーにたどり着いた。
彼女の部屋へガスの検針員を装って接触するアダム。そのジョーは何気にアダムに興味津々。
アダムとフィオナでクライブの自宅を捜索すると、光ファイバーによる装置で監視されていたことが判明する。
本部で保護されていたヒックスだが、なんとか早く記事にしたい一心で隠れ家への移送途中ザファーを振り切って逃走をはかるが、アダムに捕まる。アダムとヒックスが一緒のところを偶然見かけたジョーは、その後を尾行する。
どんどん終わったり始まったりと入れ替わったりもあったので、早く予定を見極めなくては~っと思いつつ、やっと。(今回も日本のドラマの視聴はたぶん少なめだと思う~。)

日 ▲リンリー警部(ミスチャン)
   ★MI-5 S5(BS11)
         ☆篤姫(NHK総合)
         ☆Tomorrow(TBS)


月 ★Dirt(AXN)(日曜夜放送ぶんを月曜朝録画)
  ▲M わたしはあなたを知らない(ミスチャン)
   ★ヴェロニカ・マーズ(AXN)
   ★リ・ジェネシス3(WOWOW)7/28まで
   ★ミディアム3(WOWOW)
         ☆CHANGE(フジTV)7/14まで
         △太陽と海の教室(フジTV)7/21より


火 ★チャームド5(AXN)
   ★HEROES 2(スパドラ)7/29より
   ▲GSG-9 2(WOWOW)7/8より
         ☆シバトラ(フジTV)
         
水 ★Dr.HOUSE 3(FOX)
  ★ダメージ (NHKBS2)7/2まで
         △ケータイ捜査官(テレビ東京)
                     
木 ▲恋するハイエナ(BS11)7/10まで
   ★ラスベガス2(FOX)
   ★NCIS3(FOX)
  ▲ザ・ワイヤー(スパドラ)7/24まで
         ☆コード・ブルー(フジTV)
         
金 ★ボストン・リーガル2(FOX)7/18まで
         ☆魔王(TBS)
         △打撃天使ルリ(テレビ朝日) 
 

土  ▲JAG9(スパドラ)
   ★CSI7(WOWOW)
   ★コールドケース4(WOWOW)7/14より
   ★ 恋するブライアン(WOWOW)
           ☆監査法人(NHK総合)7/19まで
           △ヤスコとケンジ(日テレ)
          
            
今回のアリソンの夢、主要登場人物二人。ヴィンセントとモーガン。
まずは夜の街を下着姿で裸足で駆けて来たヴィンセント、路地でモーガンと出会い、
妻に殺されそうになり逃げてきたとモーガンにうったえるが、彼は強盗に襲われ自分は死んだのだと言う。その自分の姿が見えるヴィンセントも死んだから見えるのだと・・・そして、不審がるヴィンセントに路地で撃たれて横たわる自分の死体を見せる。
霊同士の鉢合わせ(?)風で始まった今回の話。おそらく殺人事件なのだろうけど、どこかコミカル。
ともかくも妙な夢を見たアリソンは、日曜返上で、そしてブリジットとの約束のジオラマ作りも忘れてまずは強盗に襲われ死体となって運ばれているモーガンの検分。
次にモーガンによってヴィンセントが自分が死体となっている状況を見せられる夢を見て、アリソンはヴィンセントの身元確認にスキャンロンのところへ。そこにはモーガンの多額の保険金を相続したという女性ケイデンスが訪ねてきていた。身寄りのないモーガンは、生前唯一繋がりのあった捨て猫のシェルターを運営するケイデンスを相続人としていたらしい。
モーガンの追悼式に出ることにしたアリソン。教会でモーガン自身に声をかける。ヴィンセントのように同じ死者でもないのに、自分の姿を見ることができるアリソンに驚くモーガン。
殺害犯を捕まえるために~っと言うアリソンにモーガンはその必要は無いとして、姿を消す。
休暇中だった海軍少佐ウィルカーソンが、自ら誘拐されたと携帯で通報してきて連絡が途絶える。
こちらも休日中だったNCISのメンバーも、それぞれ呼び出され休日出勤となり・・・ギブスは格好イイ~スーツ姿(ディノッゾに結婚式?って言われてたけど、結婚式ではないだろう~(爆))だし、
ディノッゾもジヴァもアビーも皆、出先から私服で召集。アビーは、ボランティア活動からの直行だったらしいが、いったい何の~?(でも可愛い(^^))
ウィルカーソン少佐が核燃料輸送のルートを知るメンバーの一人だったため、緊急事態となる。
さらに通報の音声をアビーが分析し、少佐は車のトランクに幽閉されたままであることが予想され、生存可能な時間にも限りがあることがわかる。
輸送ルートの作成担当が少佐だったわけだが、彼女は直接その輸送時には関わらず休暇を取っていた。念のため輸送は中断され万全の警備態勢が取られる。
呼び出しからだいぶ遅れてマクギーが到着。さっそくディノッゾがファッションチェック(爆)。
ツイードのスーツのポケットには見せかけのパイプ?(作家の集いですか?^_^;)
しかも、アビーが誰よりマクギーに対して機嫌が悪かったのは、彼女と一緒にボランティア活動に参加する約束をすっかりマクギーが忘れていたことにあったらしい。あらあら~。
マクギーが少佐のパソコンより誘拐直前のスケジュールを発見。誰かと会う約束になっていたことがわかる。さらにやはりゴルフ中の呼び出しを受けたダッキーの調べで、少佐が誘拐数日前に気管支炎を患っていたことがわかり、生存可能時間がさらに短くなる。
パティの事務所を辞めた(クビになった)エレンは、ホリスに会って事情を話す。あわよくばホリスの所で雇ってもらえれば~っと思ったようだが、結婚を目前にしてるエレンに、今は後悔しないようにその準備をすることを勧めるホリス。
そんなエレンのところに、彼女が置いていった資料に目を通したパティが直接会いにやってくる。
フロビシャーとジョージの繋がりを追及できるために、エレンに”戻ってきてもイイのよ”(きっとこれが精一杯のパティとしてのプライドを維持する言葉?)と伝えるが、エレンは拒否。だが、協力はすると告げる。これもエレンの意地よね・・・全くこの二人って。
グレッグとの出会い、思い出に浸るフィスク。もうほとんど涙目状態。
事件後、車を走らせるパティ、トムからの留守電でデービッド殺害容疑でエレンが逮捕されたことを知る。(驚きようからすると、これで初めて知ったようだ。)
ジョージに再度迫るエレン、フロビシャーは渡せないが、別の人物の情報を渡す用意があることを告げ約束をするジョージ。
エレンとジョージの密談の偵察、写真を撮っていた(撮らせていた)のはフィスクだった。
ジョージの裏切り行為をフィスクがフロビシャーに告げたあと、次の密談の場(車)に行ったエレンは、そこに銃で撃ちぬかれたジョージの姿を見る。
もちろん驚いただろうが、意外に肝っ玉が据わってるというか、すかさず彼の持つ資料を抜き取り、指紋もふき取りその場を立ち去るエレン。
(でも、もしフロビシャーの依頼でジョージ暗殺となったのなら、よくまぁ資料がそのままで・・・さすがにエレンに渡そうと所持しているとは思わなかったのかな?車の外から一撃で仕留められていたっぽいから、始末されただけだったのね。)
抜き取った資料をそのままパティに渡し、活用してくれるように言うエレン。
フィスクとグレッグのいきさつ、インサイダー取引の動かぬ証拠となるらしい。
そして、資料を手にフィスクに迫るパティ。和解ではなく法廷で争って原告側が勝つように協力を求める。事務所ではフロビシャー訴訟の展開が長引くことの責任を追及され能力を疑われるようにまでなったフィスク。
そこに死んだグレッグからの手紙が届く。自分の身に何かあった時のために送っていたのね。
さらにそれを見ながら彼との想い出に再び浸るフィスク。グレッグと出会い、職を斡旋し、繋がりを築いていたわけだけど、フロビシャー訴訟となり、彼と会えなくなることを前にして迫るフィスクと、思わず拒絶するグレッグの様子・・・。
第13話”至上最強の敵”(オッと、このあたりアップをサボってた回だった・・^_^;)にて登場した殺人マシーン、フランクがシーズン最終話に再登場。
大学の友人サラとの約束(ギデオン宅でのディナー?)に遅れたギデオンがお詫びの花選びを花屋でさんざん時間をかけてした直後、通りの向こうにフランクとともに姿を消したジェーンの姿を一瞬見たような気がしたギデオン。そして電話が~。電話の相手は表示されたサラではなくて、彼女の携帯からかけてきたフランクだった。すぐに自分の自宅からかけていることがわかったギデオンはサラの身を案じてフランクに呼びかけるが・・・。
ギデオンの不安的中、サラは惨殺されていた。ギデオンの自宅でしかも銃を持ってギデオン自身が銃を持って飛び出した目撃情報もあり、BAUチームは現場に到着するも捜査から外され手が出せない。
サラの死体の状況から、すぐにフランクの犯行とわかる。
どうやら同行していたジェーンがフランクの元を去り、彼女を追ってなぜかギデオンのところへ直行したフランクがいきなりの凶行に及んでいたらしい。
さらに殺人を続けると思われるフランクは、ギデオンの手帳から彼がこれまで救った事件の被害者のリストを破って持ち去っていた。次に狙われるのはそのリストに記された事件の被害者達。
ホッチに連絡をしてきたギデオンは、まずは身を隠し、フランクの捜査資料を携えて合流したガルシアとスミソニアン研究所にいた。
そして、フランクは既に第1シーズン最終話&第2シーズン第1話に登場し救出されていたレベッカの所を訪ねていた。(どうやらギデオンと名乗って訪問したらしい。)
チームから危険を知らせる電話を受けるレベッカだったが時既に遅し、フランクに惨殺されてしまう。
そして彼女の死体には、メモが握らせられていて~。
冒頭のアリソンの夢は細切れ・・・パジャマ姿らしい男(?)がバスルームで襲われ、側にはパソコンでポルノサイトが映るなか、ズボンはおろされて吊るされて、さらに引き摺られて・・・。
かなりヒドイ風邪気味なジョーは具合が悪くて眠れない。そのせいで嫌な夢を見ただの、嫌らしい夢を見たか?とアリソンには疑われてみたりと、相変わらず気の毒なジョー。(爆)
翌朝、シャワーを浴びてる最中には、助けを呼ぶ少年っぽい声を聞くアリソン。
検事局に出勤すると、デヴァロスにライコフ州議会議員宅への同行を求められる。昨夜就寝中に死亡したらしい。要請で救急隊が向かったが何か不審死らしく現場にまだ残っているとの連絡が入ったらしい。遺体の首には就寝中の自然死にはあり得ない外傷があった。
まさにアリソンが夢で見たパジャマ姿の人物がライコフ議員だった。
夫人を追及すると、ライコフは梁にガウンの紐を通して首を吊っていたところを発見したため、その尊厳のためにベッドに戻して通報に至ったのだと釈明する。
夫人に頼まれて遺体をおろしベッドへ移動させたと言う第一秘書のケイシーはポルノサイトが映っていたことやパジャマのズボンがおりていたことから、自殺ではないと主張する。
そしてまたアリソンは、助けを呼ぶ少年の声と、今度はどこかの深い穴に落ち、よじ登ろうとしながら助けを求める少年のビジョンを見る。
教会の懺悔室で自ら連続殺人鬼”ブレードランナー”を名乗る男。それを聞く神父は思わず携帯でその場から通報するが犯人にも襲われ負傷する。
事件はボストンで起きていて、ボストンはクリーガンの故郷だった。久々に訪れる故郷にクリーガンの思いもまた特別のよう。
さらに今回通報したのが襲われた神父だったわけだが、元々は敬虔なカトリックだったらしいが過去の経験から教会や神父に不信感を抱くブランカは神父の供述をイマイチ信用しないで、自作自演とまで疑う。
まずは暴力行為で逮捕歴のある救命士が容疑者として捕まり取調べを受けるが、
連続殺人事件の各犯行時間にアリバイがあり空振りに終わる。
他の犠牲者と違いからくも命拾いをし退院した神父に、さらに犯人の言葉を細かく思い出させるクリーガン。
犯人は被害者達と隣人ではあっても知り合いではない、しかし彼らのことをよく知っている地域の住民だと、神父の言葉で改めて気付くクリーガン。
何やらホラー映画を怖がりながらも真剣に観ているメリンダ。これだけ霊とか頻繁に見ちゃうのにホラー映画好きとは・・・(爆)。
そしてジムがシャワーを浴びていると、出てくる水が真っ赤になり、エ~~っまさにホラーって思うと配管をイジったための赤サビだったようだが~。そのジムの後を付いて歩くような霊。
火事現場の救出作業中のジムの背後にも現れ、さらにジムの身体にスッと入り込んでみたりもして、
ジムの体調にも影響が出たり、やがてメリンダもジムに取り付いたスキンヘッドで全身タトゥーの霊を見る。まさにそれは前回の救急車で搬送中、車の横転もあり救えず亡くなった重体患者で。
メリンダの前に姿を現したその霊、ジュリアンは、実はジムではなく霊である自分が見えるメリンダに頼みがあったのだと告げる。
強盗をして逃げる際、通行人を巻き添えにして殺してしまった。逃走中、妻と息子のところに身を寄せたが警察に通報され刑務所へ。そこで反省し出所後はまともに生き直そうと決意し、獄中でもちかけられた悪事の誘いも断り出所する。だが、その悪事の誘いをした仲間の報復かバイクで走行中をぶつけられあの事故となり亡くなっていた。
彼が向かおうとしていた先は、強盗をした時に殺してしまった通行人の家族の家。許しを得たかったのだと語るジュリアン。
トルコはイスタンブールでイギリスへの不法移民の情報を入手したMI-6から協力者がヤズディと言うアルカハフのテロリストに殺害されたとの報告が入る。しかも不法移民を手引きするルートに王子が関わっていて、その王子はロンドン滞在中とのこと。王子には罠を仕掛け情報協力をさせるが、移民輸送のトラックの所有は認めるものの直接の関わりは否定。まさにそのルートを使ってヤズディがイギリスへ入国、大規模テロを企てている疑いがあるため、アダムがシリア人を装いトラックに同乗しイギリスに入国する不法移民として潜入する。ヤズディに接触し彼を二重スパイとして寝返らせるのが狙い。
途中、国境を越えたところでトラックをザファーらが偽装強盗し、中から逃げ出したヤズディにアダムが二重スパイの話をもちかけ、ヤズディはこれを承知する。
ヤズディの情報によると、既に下部組織がロンドン入りしていて、彼の到着を待っているのだと。
指摘する人物を拘留し尋問するが全く吐かないため、急を要するためヤズディ自身に尋問させることに。尋問の禁じ手だとハリーは大反対するのだが、強いるジュリエット。
不審な武器輸送情報で埠頭のコンテナの調査にあたっていたディノッゾとジヴァ。いきなりの銃撃戦となりコンテナ内に逃げ込んだところ外側から閉じ込められてしまう事態に。
さらに情報には間違いがあり武器ではなくアルカイダの強力な爆発物だとの報告が入り、急に連絡の途絶えたディノッゾ達を心配し苛立つギブス。
いきなりディノッゾと二人っきりで閉じ込められたのが気に入らないのか(爆)少々閉所恐怖症気味なのか、ジヴァはいつもより動揺気味。ディノッゾは、たとえ携帯の電波が届かなくても、必ずギブスが発見して救出してくれると信じて落ち着いているのと対照的。
コンテナ内の二重構造に気付いたのもディノッゾ。
隠されたベニヤ板の壁を壊し奥を覗くと内部には・・・。情報が間違っていて爆発物~って言ってたし、アラビア文字をジヴァが読解しても危険そうなので、こりゃマズイっと思わせられましたが、
結局中に隠されていたのは大量の紙幣、しかも偽札。
とりあえず危険物ではないことだけはわかったものの、閉じ込められていることには変わりなく、偽紙幣を燃やしてみたりとなんとか外部に知らせようとするが上手くいかず・・・。
埠頭に到着したギブスとマクギーもディノッゾとジヴァの足取りを辿り、車と彼らと銃撃戦になった相手の死体は発見するも、ちょうどその頃には、二人が閉じ込められてコンテナはフォークリフトで場所を移動させられていて~。
冒頭のデービッドの夢は・・・・もうコレは、強烈な悪夢ですよねーー(爆)
コワイわ、いきなりパティが上にこられたひにゃ(>_<)
(デービッドのその後を考えると、凶兆としか~ (((((^^;))
そんなデービッドとエレンがパティの別荘に滞在している頃、パティとトムは~。
今後のエレンについての密談(?)
ケイティに繋がり、グレッグに繋がり、グレッグの利用価値があるうちは、エレンにも利用価値がある、とのパティの見解。
そして、そこにグレッグ轢き逃げされる~の知らせが届くわけね、で、一気にエレンの利用価値も消滅と。手のひらを返したように、フロビシャーの宣誓証言からエレンを外すパティ。
そして、フィスクからアーリントンの件は不利になるしパティが突いてくることは間違いないが自分にはどうすることもできないと言われたフロビシャーは、マスコミの前に自らその女性の父親と一緒に現れ当時の状況説明をすると言う先手を取る。
あのフロビシャーが自分の考えでそうゆう作戦を?っと不思議だったくらいだが、このことはフィスクもあのジョージも知らないうちにフロビシャーが独断でやったことらしい。
(そのことで、フィスクとジョージももめてる、この二人も状況険悪だねぇ、一触即発って感じ。)
そして、宣誓証言で突っつくポイントをかわされた形のパティ側、エレンはジョージが逆に漏らして利用したのではないかと会って確かめると言うが、エレンには手出しをさせないつもりのパティは即効却下。しかし、ハイそうですかと引き下がるエレンでももちろんないようで、ジョージに連絡を取って会ってみたり・・・。(写真を撮ってたのは誰?)
交通事故現場から負傷者を搬送中のジムの救急車が横転、連絡を受けたメリンダは病院に駆けつけ女性の霊と遭遇する。
彼女はホープ、この病院で死亡していた。そしてたまたま近くに居合わせ、ジムの事故をいち早く通報してくれたのが彼女の夫ブラッドだった。
妻の死後、自分を責め深い悲しみから立ち直れずにいるブラッドの様子を心配するあまり、彼女は旅立てずにいて、メリンダにうったえてくる。
(このブラッド、あのデクスターの兄ルディの人だから、ついそうゆうイメージで見ちゃうわけなんですが・・・(爆)。)
子宮外妊娠で担ぎ込まれたホープ、手術後に急変し、自分が一旦家に帰っていた時に亡くなったため、側についてやれなかったことも悔いてブラッドは今も悲しみの中から抜け出せずにいた。
ホープの容態の急変を調べるとブラッドが自分を責めることをやめ立ち直れるのではないかと、まずは手術に立ち会った看護士リーにその時の状況を聞こうとするメリンダ。
しかし彼の口は重かったのだが・・・。
テロの影響で、公営住宅が襲われる暴動が多発したり、白人優先を宣言する英国道党なる極右政党への議員の移籍が目立つ事態となる。
英国道党に移籍し補欠選挙に出ようとするサンプソン議員が熱弁をふるう。
サンプソン議員の件についてハリーに諜報のミスを問うジュリエットは、なんだかかなり偉そう。上司ってこと?脅しが効いてのポストなのかな。
まずは不穏分子として英国道党を破滅させるために内部抗争をしかける作戦。
党の2大勢力であるサンプソンとモランを仲違いさせようとする。
フィオナ(復帰したらしい)は、議員側に接触。アダムはモランに接近する。
党の”兵隊”としてアダムを歓迎した風なモランだったが、キレててもなかなか用心深い男と見えて記者の潜入を疑い用心する。
またハリーとフィオナはハウエル下院議員に接触し、彼のプライベート(どうやらバイ?)をネタに脅して味方に付けようとする。
モランはアダムを野鳥観察に郊外に誘い出し、その間に部下達がアダムの部屋を捜索。
もちろんその裏をかいてしっかりと偽身分の情報を仕組んでいるわけだが。

カンザスシティー警察のマクギー刑事がJJを訪ねてくる。彼の担当地区であるドヤ街で自分がわかるだけで63人もの行方不明者が出ているとのこと。ただ、それらが全て浮浪者や娼婦や売人や薬中などで、事件性があるとはみなされず、むしろ彼らを取り締まって犯罪撲滅に功績をあげたと市長から表彰されたが、自分は何もしていないといぶかるマクギー。さらに彼あてに自分の手柄を横取りしたと言う文面の手紙が届いたことから、BAUへの捜査協力を訴えに来たのだった。
だが、管轄署からの公式な要請がないと勝手に捜査介入が出来ないため、とりあえずJJとホッチでマクギーに同行し、上司に会い事件の重要性の話をしようとするが・・・。
マクギー自身が強迫神経症気味と思われ精神的に不安定要素があることを知る上司ライト警部(オ~!ミスターX!(@Xファイル)お久しぶりっ(爆))は、BAUの介入など全く必要ないと迷惑げ。
短期間にこれだけの人数が行方不明となっていることの異常さをホッチも訴え、もしこれが浮浪者や売人達じゃなく、チアリーダーや自分の親戚だったら?っとライト警部に問う。
そして、送られてきた手紙の消印が州を越えたところからだったことをJJが発見し、一気に連邦事件として捜査介入ができることが判明。他のメンバー達も合流する。
その頃、次の標的、娼婦マギーが何者かにバンで拉致され、監禁されていた。
倉庫で犯人らに捕らえられていたザファーも、駆けつけたアダムがウェイトレス、ナターシャの協力もあり無事救出。犯人二人を取り押さえる。ナターシャ、ウェイトレスにしておくにはもったいないほど肝据わってるし、チームに加えられるくらいの存在感じゃ?(爆)
さらに犯人を脅して、次のターゲットが、ウィンチェスター団地であることを吐かせるアダム。
(一瞬、24のジャック・バウアーに見えました・・・ (((((^^;)(爆))

ハリーとジュリエットの因縁は、冷戦時代のオメガ作戦と言うのが絡んでいるらしく、
その作戦でのハリーのミスをジュリエットがネタに脅しをかけてポジションを危うくしているらしい。
ハリーは全てを告白し辞職すら覚悟してる様子だったが・・・。

棟に分かれていた団地の爆弾もなんとか処理に間にあう。
様子を伺っていた犯人グループは、さっそく次のターゲットへ。
市街地、駅、団地・・・そして今度は病院らしい。

モンタージュ作成のために連れて来られていたナターシャ。協力後、技術担当者達と談笑したり開発アイテムのコートを試着させてもらったりと、スゴイ余裕。(爆)

倉庫の情報を流したのがジュリエットだとわかり、まずは内通者容疑で彼女を追求するハリーとアダム。だが、ジュリエットは全面否認。むしろ、ナターシャ協力の似顔絵から該当人物、フォースターを見つけて、スパイ容疑を心外とし激怒。フォースターはアメリカでマンローとの接触もあったことがわかる。
既に4月からBS11で放送されてるBBC製作のドラマですが、タイトルのMI-5、そのまんま英国諜報機関を舞台にしたドラマですね。
韓国ドラマの「恋するハイエナ」と連続での再放送枠でずっと録画をし続けるだけはしていて、
なんとか早く観始めて、継続視聴するかどうかを決めよう~っと思っていたのですが、
シーズン最終話放映を前にして、やっと観ることができました。
・・・っと言っても、この日本初放映がいきなりシーズン4かららしいので、それまでの展開や繋がり具合がさっぱりわかんないのではありますが・・・
でも、面白そう♪そして、一シーズンが比較的短いっぽいのが嬉しい(爆)。
さらにそのまますぐにシーズン5にも突入するらしいので、これまた至れり尽くせり(笑)。

どうやら任務中に犠牲となったメンバー、ダニーの葬儀がしめやかに教会で・・・。
次々と集まってくる同僚達のなか、フィオナは、自分のせいで彼が犠牲になったと悔いていて参列できずに・・・。
っといきなりこのフィオナ、つい先日「クリミナル・マインド」でのロシアン・マフィアの話での少々意味不明行動をしてた、結局は始末されたナターリヤ嬢デシタ。
で、メンバーのメインとなるアダム(このかたもたぶん映画「マッチポイント」で見たような・・・ちょっとだけショーン・パトリック・フラナリー系じゃありません?)とフィオナは夫婦らしい。(・・・ってことは、諜報員同士の夫婦でしかも国際結婚?)
・・・っと、それまでのシリーズでの話に勝手に思いを馳せていたら、近くの市街地で爆破テロが。
教会にも轟音が伝わり、葬儀も途中に現場に駆けつけることになったアダムやザファー。
そのうち、”輝く夜明け”を名乗る国際的テロ組織の声明が出る。
婚約解消を告げられて、指輪を置いてデービッドのところから去ったエレンは、パティのところに身を寄せ、パティとしみじみと(?)対話。”私達がやったこと後悔はしてませんか?”・・・・って、何を指してる?
(そして自宅にエレンを残し、自分は別荘に向かったパティ。そしてパティ宅でエレンが襲われ、次にアパートではデービッドが~っと言う展開になるのね。)
・・っと、最初からまた意味不明な点が増えたぞ~っと思っていると、6週間前となり~。(爆)

フロビシャーの追求に意欲的だったと言うジョージと会う、エレンとトム。
フロビシャーと通じているくせに見事な狸っぷりなこのオヤジ、エレン達に協力を申し出る一方でフロビシャーの株主だったリストにグレッグの名を示されると、今度は血相変えてフィスクに猛然と抗議。
パティらの動きに先んじるために、サッサとかたをつけなければならない、待ってられないから自分がやると・・・逃走中のグレッグが戻ってきていると言う情報も既に掴んでいる。
パティもその件は既に調査済みで、グレッグはケイティの元を訪ねると読んでいる。

デービッドに付きまとうライラ、改めてデービッドに拒絶されると、手に入れていた鍵をコピーし、二個分同じキーホルダーを付けてニンマリ。(やっぱイカれてるのか?この女。キレイなのにねぇ。)

フィスクは、フロビシャーの宣誓証言を前にして彼を鍛えようと、ナンシーと言う証人訓練のベテランを準備する。

ジョージは、自らエレンに接触し、自分としては追求できない部分でも名前を出さないでくれるなら協力するとパティに告げるよう伝える、そして”アーリントン”を調査しろと。

帰宅したエレンは、チェストにデービッドが失くしたと言っていた鍵を見つける。
(・・・ってことは、その間、留守中のこの家に鍵で入り込んで置いて行ったのね、ライラが。コワいぞ~そしてその後のエレン調査によれば、ライラ、ストーカー事件を何度も起こしているらしい。正真正銘のイカれた女っぽい。で、事件にはどう絡むの?ひょっとしてデービッドの事件は、ただイカれた女の犯行・・・ってこと?じゃないでしょうねぇ。)

ジョージが告げた”アーリントン”に関することでは、過去にフロビシャーの車が事故を起し、彼の証言では運転していたとする女性が死亡していた。
そして、その後、トレーラー暮らしだったはずの女性の遺族は、その地元で急に金持ちの地主になっている。フロビシャーから何らかの金が動いた疑いが~。

実家に転がり込んでいるケイティをグレッグが訪ねてくる、最初は拒絶し警察に通報しようとしたケイティだったが、グレッグの身の緊迫ぶりにとりあえず話を聞くことに。

ライラは、ついにエレンの職場に姿を現し、デービッドのことで話があると切り出し、自分と彼の関係を告げ、エレンに別れるように迫る。エレンは、話を聞き始めるや否や、警備を呼び、ライラを追い払い、帰宅後にはデービッドに彼女との関係を追及。まるで尋問されてるようなデービッドだった。(爆)
リアリティ番組でクアンティコの基地に入隊中の三人のスーパーモデルのうち、テイラーが鉄条網に吊り下がる形で死体で発見される。
その頃、NCISの本部では、表彰式が行われているが、表彰者なギブスの姿はなく、メダルを片手に全身に怒りが現れてますよ・・・局長ジェン。(爆)
せっかく代理で受け取りに出てきたディノッゾなど無視されてるし。
髪型、イメチェンですねーー妖精カット?とか言われてましたが、うーーーん、老けて見えない?
(ま、どうでもイイんですけど~ (((((^^;))
表彰式をすっぽかしたギブスは、直前に入ってきたクアンティコのモデル変死の連絡を言い訳にしてたけど、彼の前で髪をわざとらしく触るジェンの仕草には無頓着。(爆)
事件が事件だけに、報道陣が殺到することが予測され、出掛けにギブスにもめ事を起こさないように釘をさすジェンでしたが・・・・。
残る二人に事情聴取するのに、スーパーモデルと聞いて大乗り気なディノッゾは、ギブスが全く接触を認めてくれませんでした(笑)。(それでもしっかりマクギーに自分あてのサインを依頼してるところが抜け目ない^_^;)
残るハンナとナタリーのうちの、ハンナって、実際にスーパーモデルみたいですね。
(お顔のほうは、CSIのサラをうーーーんと美しくした感じ、睨み具合と額のシワ寄り具合も似てた(笑))
ダッキーによる検死結果で大量の麻薬摂取で錯乱状態となり発作が起きての死亡が判明・・・”小型の水牛を殺せるほど”・・・って。
しかも注射痕も無く、肺への残留物も無し、錠剤で摂取したなら残るはずの薬品も無し・・・ってことで
胃の残留物から摂取方法をケーキに混入ではないかとアビーは予測し、ラボに色鮮やかなケーキの山が~。
冒頭のアリソンの夢、アリエルの学校のダンスパーティー。
素敵なドレスに着飾ったアリエルがイケメンなワイアットと揃ってベストカップルに選ばれ壇上へ。
ティアラも付けられ祝福され喜びもつかのま、アリエルの頭上からは・・・って、まるで「キャリー」みたいデシタねー。それにしても夜中に”やめて!”って横で飛び起きるのにつき合わされるジョー、心臓麻痺起こしそうじゃないのか~ま、もう慣れてるからイイのか(笑)。ちょうどダンスパーティーが近付いていて家族で話題になった後らしい。
ライバルとの都合もありパーティーには出ない~っとアリエルが話していたことをジョーに確認して安心して再び眠りについたアリソンだったけれど・・・。
朝になると状況は一転。アリエルは、すっかりパーティーに行く気になってドレスの広告を眺めてる。なんでもアリエルも”夢”を見たらしい。内容はこのときのは悪夢じゃなく、素敵な結末の夢。とりあえずアリソンとアリエル、二人でドレスの広告の店へ。
試着してはしゃぐアリエルだったが、アリソンがその店の奥で発見したものは・・・。
その店のオーナー、パティとその娘クレアの死体。二人とも銃殺されていた。
さらに、アリソンはパティが撃たれるシーン、アリエルはクレアが撃たれるシーンを夢で見る。
さらに学校でアリエルは撃たれて血まみれなクレアのヴィジョンを見たり、
店番をする彼女がウエディングドレスのお直しを頼んでいた客に、結婚はとりやめにしたからドレスは返品する~っと取り乱されていたり、戻ってきたパティが恋人との別れで殴られた痕があったりと・・・ずっとクレアの霊に取りつかれてると嘆くアリエル。
自分の夢には登場しない部分があり、情報としてスキャンロンに付け加えようとするアリソンに対して、母親譲りの霊能力を嘆き、そうしてそんな能力を持つなら子供を作るべきではないと涙ながらに訴えるアリエル。これはかなりキツかったのでは・・・。
(でも、あとで、ちゃーーーんと、ジョーが穏やかにアリエルに接して、フォローしてましたねー。)
クリーガン、いつもと違ってスーツ姿、髪もピチっと・・・そうフラッシュバックする昔の感じなので
こりゃまた夢か?前回、家族の安全優先で永遠の別れを告げた家にたたずんで・・・だったし~っと思って見ていたんだが、しっかり現実で(爆)、そりゃOSCにもスーツ姿でクリーガン登場すりゃ、同僚達も皆驚くだろう~。

モーニングパーソンと呼ばれる暗殺者が、一家の両親を射殺。残された少年が行方不明となる事件。
ほどなく近くのモーテルから連絡が入り、その少年を連れていたウクライナ出身の若い女性が捕らえられる。少年エディは無事で、女性アビーの言い分によると、自分の息子らしい。
さっそく行われたDNA検査でも二人が親子であることが判明。
射殺された夫妻の家宅捜査により、彼らがウクライナを訪ねたことがあったことが判明。
さらにアビーの死亡診断書が発見され~。

出産間もなくウクライナで誘拐されたエディが養子斡旋業者の手によって夫妻の手に渡っていた。
その母親アビーは死亡していると夫妻は聞かされていた。
同様な手口で何件もの斡旋が行われており、ほぼ人身売買状態。
アビーは何年もかかってようやく自分の息子の所在にたどり着き、夫妻の元を訪ねていた。
夫妻が施設の違法行為に気付き問い合わせたことから、口封じに暗殺者が送られたらしい。
たまたまアビーの手によりエディ少年だけは助かった。
人権団体からの殺人予告がなされていたため海軍作戦部長の警護をチームで一丸となって行っている最中、裏口の安全確認に当たったマクギーが不審者と不審車両を離れた地点ではあったが発見、名乗った後の発砲に応戦する形で発砲するが、現場から車両は逃走、残されたのは被弾した男の死体。彼が所持していたと思われる銃はなく、丸腰な相手を殺してしまったかも~ってことで凹むマクギーにさらに追い打ち、死んだ男は覆面捜査中の巡査ベネディクトだと判明し~。
さっそく所属する市警の警部と相棒だったアーチャーが乗り込んでくる。
アーチャーの話によると、ベネディクトは当夜非番のため銃も所持していなかったらしい。
何度となく表彰もされてるというベテラン巡査だったということもあり、マクギーの証言に疑いを抱く市警側は、マクギーの誤射を主張。局長室でにらみ合うギブスと市警陣。
現場ではまだ微妙に新人扱いなマクギー、次第に自分の証言にも自信を無くして凹むばかりなのだが・・。
マクギーの優秀さをなんら疑うこともなく信じるギブスと、凹むマクギーを励まそうとする、アビーやディノッゾ。(やはりここらでは、新規加入でまだ親しさの伝わらないジェンやジヴァは、何気に薄情~な感じが否めない。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。