上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロシアンマフィアのドンの娘イラーナ。どうやら5年前に彼女は父親の暴露記事を出版したようで、さらにそれがベストセラーにもなったことも影響してか父親は逮捕され終身刑が言い渡されていた。しかし、イラーナ、それ以降、思うような執筆活動は出来ていなかったらしく、新作も書けず困っていたほど・・・。しかし、何かひらめきがあったのか、新作を書く意欲に満ち、いかにも高価そうなネックレスをその執筆をあてこんでさっそく買い物。その様子がかつての仲間?同類?なのかロシアンマフィアの耳に入り、これはまた書かれては困ると悪そうな連中がなんとか手を打つ相談中。
そして、そんな彼女の新作を待ちわびてもいた出版社に届いた箱、てっきり新作原稿かと思えば、箱の中身は、まるで”セブン”状態なイラーナの首だった模様。
さすがにそのものなアップ等は全く無かったけれど、箱の中のイラーナの”首”を念入りに検証するゴーレンさん。脇でエイムズも退いてましたけど~(爆)。
この流れで行くと、またあることないことイラーナに書かれては困るロシアンマフィアがとりあえず獄中の彼女の父親であるドンの了承を得て、始末に乗り出した・・・・ってのが、いかにも想像できる線なわけだけど。現にイラーナ、原稿の前金でネックレスを購入したらしく、自宅にはロシア語で書かれた執筆途中の原稿もあった模様。(ゴーレンさん、ロシア語までも少々嗜むらしい(爆)。)
そしてイラーナは自宅で殺害され首は切断、それ以外はバスルームで薬品処理され(液体化され)骨以外は流されたらしい・・・っと、これまたロシアンマフィアの恐ろしい殺害手口らしい。
ゴーレンらはロシアンマフィア監視中のFBIにも様子を確認したが、彼らは確かにイラーナを始末しその足で高飛びする計画をしていたが、何者かが先にイラーナ殺害を実行してしまったらしいことまでつかむ。そして、イラーナの骨らしきものを海に向って捨てているブロンド女性が・・・でも通りかかったジョギング男の驚き方によると、どうやら”女”ではないようで~。
FBIはロシアンマフィアによる殺害路線で捜査を進めているようだが、ゴーレンらは、イラーナの新作の執筆が事件に絡んでいると読み、それは前回のようなロシアンマフィアではなく彼女の学生時代に関係する暴露本ではないかと・・・。通っていた”チェイス・アカデミー”は、問題を抱えた生徒の為の共学全寮制の私立校で、生徒はセレブがほとんど、しかしその学園は生徒への虐待で訴えられてもいたらしい。学園の実態を暴かれては困る誰かがイラーナを殺害したのか・・・。
彼女と親しかったと思われる不動産王ストリック家の御曹司ケニーに事情を聞くゴーレンら。このケニーがイラーナが殺害される前に彼女の部屋に怪しげな傷の手当をしてもらいに立ち寄っていた男だったから、プンプン匂いますねー。(爆)


スポンサーサイト
昨夜は、第4回FOXプレミア試写会に、また参加させてもらいました♪

デクスター3-1

今回の試写会は、通常"FOX CRIME"にてオンエアな、「デクスター」のシーズン3でした。
悲しいかな、うちの弱小ケーブル局では本家しか・・・なので、ご好意で観させて頂いてるデクスターシリーズなのですが、本家ではシーズン1の第1話のみ放映済みでしたっけ?そしてレンタル店でも並ぶようにはなりましたよね。(ただし、シーズン3となるとコレはいつ頃になることやら・・・)
そして、シーズン2もずいぶん前から手もとにあるんですが、この試写会までに攻略を済ませてから臨むつもりが・・・・チト間に合いませんデシタ (((((^^;)
なので、シーズン2の途中(ほとんど前半(爆))まで見て、あとチョット流れのほうはいろいろとアチコチで参考にさせていただき、シーズン3の第1&2話に試写に向かいましたので、微妙に、ん?誰コレいつから出てたの?それとも今回お初?・・・・っと、手探り状態だったのですが、でもやっぱり面白かったデス、2話まとめてアッと言う間でした。
シーズン2でも、いろいろと大きな変化はあったようですが、入退場ありましたもんね(爆)、
このシーズン3もまたなかなか、新キャラの登場もありで賑やかそうです。
新キャラでのメインは、きっとこのかたかな・・・・な、"NYPD Blue"やスター・ウォーズなどのジミー・スミッツ氏。デクスターと並ぶとこんな感じ・・・
デクスター3-2
役柄のせいでしょうか、少し老けません?メイクなんでしょうか、なんか目の下に常にクマがあって、顔色がそのあたり悪く、大丈夫かな?どっか身体悪くないかな?・・・・っと何気に心配になってしまいましたが、どうやらシーズン3は最後まで名前があるみたいです。
あと麻薬課からの異動組でのクイン刑事役には、”TAKEN”でけっこう格好良かった俳優さんで、デブラにちょっかい出してました(爆)。そんなクインの様子をスパイしろ~っとデブラに迫ってくるアジア系(・・・っと言うかユキっつうくらいだから日系?でもアマダって・・・^_^;)の内務調査官もいたり。この女優さんも絶対どっかで見てると思ったら、ケビンさん(ケビン・スペイシー)の映画”ラスベガスをぶっつぶせ”に学生役で出てたみたい、そこで観てたのか。
そして、デクスターとリタとの関係は、相変わらず続いていて・・・・っと言うより、大きな進展ですかね。デクスターに○○が出来ちゃう!?
私にとっては、リタは、”ロズウェル”のトポルスキー先生のイメージがずっと強いので(古い?(笑))その時に比べると、このある意味オシが強いっつうか、けっこうウザいキャラなリタに、よくデクスターが関係を続けてるなーーっと感心しちゃうことしきりなのですが~。

シーズン3も、相変わらず濃くて面白そうですねっ!!


---------------------------------------------------------------------------------
約10,000円分のドラマが525円で視聴できる(※)!!前代未聞 最新シーズンを1日で一挙大放送!


◆デクスター ~警察官は殺人鬼 シーズン3 全12話一挙放送
 5月2日(土)12:00 FOXCRIMEチャンネルでスタート!


★FOXCRIME新規加入キャンペーン実施中!⇒http://tv.foxjapan.com/special-content/dexter/
★FOXCRIMEの視聴方法や最新情報はこちら⇒http://tv.foxjapan.com/


(※)シーズン1コンプリートBOX:10,290円(税込)
  スカパー!にてFOXCRIMEを単チャンネル契約した場合:525円/月(税込)

---------------------------------------------------------------------------------

今回もまたしっかりとお土産いただきました♪
fox0421.jpg

BONESシーズン2のオフィシャルガイドブックまで~(^^)v(買ってなかったし、超嬉しい~♪)
1話目は、試写会での鑑賞で、特にエピガイにもならず、感想らしきこともたいして書いてないけど・・・
ま、引き続き今回はその2話ってことで・・・・^_^;

自分でコントロール不可能な突然のタイムトリップ状態に度々見舞われるようになったダン、とりあえず酷い頭痛にも襲われる~ってことで、妻ケイティに伴われて、まずはMRI検査でも受けることに。
検査後、その結果が出る前に、夫婦仲修復(?)&第2子子作り旅行と息子は預け二人だけで機上の人となるが・・・。(特に何も身に着けてなくても金属探知機に異常反応しちゃうダンの身体は、やはりタイムトリップで何か変になってるんですかね。これがエイリアンものだったら、首の後ろに何か金属チップが埋め込まれているから~~ってなるんでしょうが(爆)。)
こんな状況で子作り旅行と言われても・・・っと、見るからにケイティは何か不安気。
案の定、機内でトイレに入ったダンは、襲ってきた頭痛とともにアッと言う間に1975年のやはり機内に飛んじゃいました。その機内は、煙草の煙モクモク・・・(そういえば、昔は、喫煙OKだったんですよね?席選ぶときに窓側通路側を選ぶみたいに禁煙、喫煙~を選んでた時もあったっけ?・・・もう全然覚えてもないけど。)機内上映の映画は”猿の惑星”(笑)。
そして、そこで隣り合わせた妊婦ダイアナが急に破水し、機内で緊急出産!息子の出産に立ち会ったと言う経験だけをもとに、やはり乗り合わせていた肛門科の医師など(しかも呑んだくれてたし)全く役立たない状況でダンは孤軍奮闘!無事ダイアナの出産を助け、女児が誕生。
(このダイアナさんは、24の新シーズンのレギュラーのようです。)
で、現在の機内に一人残されたケイティは、やっぱまたか・・・っと、ダンが消えたことに気付くわけだけれど、機内ではトイレから客が出てこないだの、やがては搭乗したはずの男が消えただのと大騒ぎになり空港へ引き返すことに。もちろん、事情聴取されるケイティはシラを切ってもそんな話を認めてもらえず~。
でもすかさず、ダンの兄ジャックを呼びつけたり、ダンの携帯に、状況説明のメッセージを送っておくなんて、彼女なりにこの迷惑なタイムトリップになんとか上手く付き合おうと努力しているみたいですねー。いきなりなタイムトリップを、何らかの人助け(?)な自分の使命を帯びてのことだとすぐ受け止めたダンも見事なら、そんな夫の異常な状況をともに受け入れてるケイティもどうしてこんなに物分りが良いのでしょう~って感じ。(爆)。
で、ダイアナの出産補助の役目を終えたダンは、現在にまたすぐに戻ってきたので、離陸前に機を勝手に降りていたことにしてその場を取り繕うわけですが~。
ピッツバーグの3ヶ月前の青少年センターの火災で14人の子供達が死亡、その犠牲者家族の親達が相次いで自殺すると言う事件。冒頭のバスタブで感電(?)による自殺をしたのもその一人、被害者の父親だった。彼が地元警察ベイルマン刑事の弟だったこともあり、そのベイルマン刑事よりBAUに捜査協力依頼が入る。モーガンなどは、犠牲者遺族の自殺が続いただけ・・・っと事件性を疑うが、ちょうど離婚問題で一日の休みを取り息子ジャックに会いに行くことを決めたホッチに代わり、ロッシがベイルマン刑事の申し出を受け、チームはピッツバーグへと向う。
モーガンやプレンティス、そしてロッシが現場での検証や家族の聴取を行い、リードとJJは署に残り遺書や日記等の資料による心理学的解剖検査での分析を行い、その結果としては自殺を否定しているが、他殺の確証もない為、次なる犠牲者が出ない限りあえて公表もできないという苦しい状況。弟を失ったベイルマン刑事などは特に個人的に憤るのだったが・・・。(ベイルマン刑事、24のシャペル!)
しかし、また次にすぐ事件の被害者家族の母親の一人が幼い子供を残したまま首を吊って自殺すると言う事件が起きる。これまで同様、事件遺族ではあったが、哀しみを乗り越え立ち直ろうとしていた様子の伺える母親、しかも赤ちゃんを側に残したままの突然の自殺に、事件性を疑わざるを得なくなる。息子ジャックと会ってきたホッチも合流、犯人のプロファイルが始まる。
いずれも現場に争った痕跡が無いこと、犯人を拒まず迎え入れていることなどから、何らかの顔見知りであること。独自の道徳観を持ち、過去に哀しみから誰かを救うために殺人を犯し、”死の天使”よろしく使命感を持って殺人を続けているのではないかと・・・。
”死の天使”よくドラマの設定で登場するけれど(たしか、ミディアムCIにもあったな・・・)、
ここまで独自の道徳観と言うか、全くの思い込み(?)正当化(?)して、犠牲者の遺族を次々と殺害するなんて、かなり最低最悪な”死の天使”じゃないの・・・っと。
犯行と犯行の間隔も縮まり、まだまだ続く犠牲者が出そうな為、事故の犠牲者遺族に次々と面談し心当たりとなる人物がいないかを当たるが、犯人の特定に至らない。
また自殺現場を偽装(?)するに当たって、被害者が抵抗できない状況におかれている為、薬物検査には現れない何らかの薬物を与えられているのではないかと。
そして、ガルシアが共通して遺体の頭部に小さな注射痕を発見、神経筋遮断薬の注射により身体の自由を奪い自殺を偽装したと推測される。
モーテルの部屋を男に取らせて続けて入ったプラチナブロンド(明らかにカツラ・・・)の女、箇条書きのメモを取り出し、その通りに言い聞かせるように行動をする。(既にこの時点で部屋には彼女一人?)
そしてバーに繰り出し、これもメモ通りの行動なのか、一人の女性をターゲットと定め・・・。
自分のモーテルに誘い込むつもりが、彼女が教師とわかり即中止、退散。(教師はターゲット外?)
そして場所を変え、また次の女性に狙いを定める。彼女には幼い息子がいるらしいことが持っていた写真でわかるが、今回はそのまま行動続行。モーテルの部屋にネイルを餌(?)に誘い込んだあと・・・。発見された女性の遺体が既に逮捕済の5件の連続殺人を犯した”モーテル殺人鬼”レディックの手口と同じ為、ゴーレンらの出番となったらしい。模倣犯によるものかとも思われるが、事件の手口が公表されていない為、それも難しいはず。
まず女は一旦ターゲットにしようとした女性教師をやめ、別の女性を選んだ。店に聴き込み女性教師が特定できたので聴取に向うゴーレンとエイムズ。教師であったことで自分は命拾いをしたことに驚く女性教師。
次にモーテルに部屋を取った男が監視ビデオ映像や支払いに使った紙幣の指紋から割り出され逮捕され、ゴーレンらが尋問。(マトリックスのタンク?)
男は薬中であり女の頼みでモーテルに部屋を取ったことを認めるがその後追い出されたと。どうも殺人ができる様子ではなく、現場の被害者の遺体の写真を見せても気持ち悪そうに目を背ける。モーテル殺人鬼の模倣犯ではないかと言う質問も否定。ゴーレンさん、彼のそんな様子に犯人ではないと確かめるために、やおらナイフを取り出し自分の手のひらをスパッと・・・・その血を見て、男は気絶。彼には殺人は不可能と断定。
(しかし・・・・なんと言う取調べ~ゴーレン流~(爆)、側に居たエイムズさんもさほど驚かず、慣れですか?(笑)すぐに駆けつけた上司ディーキンスやカーバー検事は呆然としてましたが。)
マリー・エレンと名乗ったブロンドの謎の女は何者?獄中のレディックの関係者なのか?彼の指示を受けて模倣殺人を行ったのか?ともかく早く犯人との関係を掴むようカーバーは指示。レディックの弁護人が今週にも彼の保釈申請をしようとしているかららしい。とりあえずは保釈申請は延期されたが、聴聞会に彼のファン(?)である女子大生カレンが来ていたのを見つけ、さっそく尋問。殺人とは関係なかったが、彼女の話で、レディックは脳の病気ゆえにその行動が危険だと担当精神科医が話していたことがわかる。
ロッシがずっと抱え込んでいる(復帰のきっかけとなったのもこの事件のせいか?)20年前の未解決事件がようやく明らかに・・・・。冒頭でもこの事件の被害者家族の子供達の様子でうなされ目覚めるロッシ。(こうして延々とときにうなされていたんだろうか・・・キツイねぇ。)
・・・が、予告段階から覚悟してそうシリアスに臨んでいたのに、第一段階には思いっきり予期せぬカウンターパンチを食らっちゃいました~感。(爆)
自宅(相変わらずポップだねー♪)でシャワー中?なガルシアのところに訪問客。ブツブツ文句言いながらあんただけは特別だからねーー(っと誰のつもり?モーガン?)っと応対に出ると、ドアのとこにはロッシが!かねてから内密にガルシアに調査を依頼していた20年前のゲーレン夫妻殺害事件のファイルが少ないことにかなり苛立ってる模様なロッシ。
なんで自宅までよ・・・っと驚くやら憤慨するやらのガルシアの後方から、今まで一緒にシャワー中でした~っと現れたのは、あの分析官のリンチ!しかも全裸!おぉ~~、ガルシア達、いきなりな一目惚れ状態から、こんなに進展してたとはっ!恐れ入りました。
ガルシア、出勤後、JJに泣きつきに行くが、局内恋愛ご法度のルールが出来た原因はロッシにあったらしいと言う噂を聞いたから大丈夫となぐさめるJJ。ところで、何の用でロッシが自宅に訪ねてきたのかの素朴な疑問に、内密依頼の件は話せずまた困るガルシア。
JJのとこには、ホッチの鬼嫁(爆)から連絡が入ってくるし、ホッチと連絡が取れないと激怒してるらしい・・・この説明だけで様子が目に浮かぶのはスゴイな~(爆)。

その頃、ホッチは、とりあえずJJが鬼嫁に言い訳してた通り、コネティカットの刑務所にリードといた。死刑執行が近い死刑囚ハードウィックの面接に来ていた。ホッチ、かなりイライラと追いつめられてそうで、まず現れた副所長メリマン(ジャック!@プロファイラー)が彼らと(特にリード君のファンらしい)いろいろと話したさそうにしてるのにも乗らず思いっきり素っ気無い。
こんなところにジャック、イヤ、デニス・クリストファーさんが何気に登場するもんだから、何かこの副所長にも裏があったり・・・っとつい勘ぐってしまいましたが、それは意外にも(笑)何もなかったぁ。
面接部屋でハードウィック到着前にも、事件関連の写真など手に取りリード君に相手して欲しい副所長だったのに、苛立つホッチにピシャリと迷惑そうにされて、ちょっと気の毒ですらありましたし(爆)。
(もし彼があのジャックなままだったら、一番にやっつけられてますよ~>ホッチ(笑))

そして、ロッシが職場自室のファイルを床に散乱させたまま出かけているのをプレンティスが気付き(プレンティス、前髪作った?このほうがまだ顔が怖くないね(笑))モーガンやJJと一緒に彼の異変についてガルシアを問い詰め、20年前の事件を追ってインディアナポリスに向ったことを聞き出し、彼らはさっそく後を追う。
しばらくDrama TimeTableを作ることすらサボっていて、まぁそれでもプログラム誌等のチェックを駆使してなんとか凌いできたんですが、この4月ぶんからは、なかなかどうしてそうもいかなさそうなんですが、それはスケジュールで別に作ったので、ココではとりあえず、各CHごとに継続&新規も含め、
さらには、視聴&録画(だけになるものも相変わらず多し^_^;)のタイトルのみのメモ書き。

まず・・・・WOWOW
CSI:8、CSI:NY4、プライベート・プラクティス、プロジェクト・ランウェイ4、クリミナル・マインド3、リ・ジェネシス4、ミディアム4
プロジェクト~はもうすぐ終わり、13日からリ・ジェネシスとミディアムが再開。待ってましたっ♪ミディアム!(リ・ジェネシスは、録画溜めっぱなしなんだけどなぁ・・・)
ついでに5月からはチェ・ジウのスターの恋人が始まるらしい・・・見るかも?さてどうかな?

珍しく・・・BS 朝日
特殊能力捜査官 ペインキラー・ジェーン
なかなか民放BS局での放送まではチェックが回らず、いつもスルーしちゃうのが多いのだけど、たまたま発見して昨夜の初回を観てみた。(CMが間に多いのはムカつくけど、とりあえず観てみるか・・・)。悪名高き(?)結果に終わった映画”T3”で女ターミネーターをやったクリスタナ・ローケン嬢が体を張ったアクション物。”T3”をやった彼女だからこそ~って気がしました(爆)。

NHK BS2
モンク6 (時間帯の重なり具合で、どっかのあたりのシーズンからあきらめてほぼ放置したんですが、今回は時間がズレたから、また観るかも。)
スポットライト 久々の韓流、まだどうするかは微妙に不明^_^;初回だけは昨夜観ましたが。主人公があまりにもウザすぎたら無理かも。でもまぁこれも全16話と短いらしいからね、なんとかなるかなぁ。
デスパ妻も始まるのだけど、これはもう途中で溜まりに溜まった状態から抜け出せなくなってるので、もし追いついて万が一観たくなったら、イイやレンタルするから・・・ってな感じでスルー。

FOX
CI、SVU2、ゴースト2、ボストンリーガル3、NUMBERS3
これに、先日試写会鑑賞済みのジャーニーマン、STYLISTA が加わります。

AXN
サマンサwho?、ヤングスーパーマン5

スパドラ
WAT4、バトルスターギャラクティカ3、ザ・ホワイトハウス6、JAG10
加えて、ゴシップガールが始まるけど・・・これはどうだかぁ~(?_?)微妙なような。セレブな高校生なんて興味沸くかしら・・・。

ミスチャン
ウェイキング・ザ・デッド(たぶんそろそろ録ることすらやめそうな・・・^_^;)
ゴースト (FOXのゴーストじゃなくて、韓流のヤツ・・・しかも新しくはないんだよね?どうするかなぁ。)

・・・・っとこんな感じで、大半、録画がどんどん足されて行ってるのが多いのですが~ (((((^^;)
あと、これに日本のドラマが、大河の天地人やWOWOWのドラマWの空飛ぶタイヤも含めて、
ぜーーーんぶで、何本あるだろう~(爆)
とりあえず今クールで、まず観るだろうな、って言うのが5、6本かなぁ。
で、やっぱり録画するだけはするけど~って言うのがそれ以上にあって・・・。
毎度のことですが、レコーダーさんにバテないように頑張ってもらわないと~(笑)。

さらに、これにそのうち、レンタル攻略が加わるのが、ターミネーター サラ・コナー クロニクルズのS2(6/10レンタル開始)、さらにもうちょっと先だけど、24のS7(7/3レンタル開始)が加わってくるので、
かなりメチャメチャな状態に陥ると思われます~ (((((^^;)
競売にかけられた貸し倉庫の中身から拷問や殺人に関するあまりにも具体的詳細な記述物が出たとフィラデルフィア支局から送り付けられたFAXに現地に向うことになったロッシ、ホッチの指示でそのお供に付けられ大喜びなリード君(まるで遠足にはしゃぐ子供のよう(爆))と、断るタイミングを逸しやれやれ~ ┐(´-`)┌ なロッシの表情、対照的(笑)。
フィラデルフィア支局でロッシ達を出迎えたのは、ロッシの熱烈大ファン尊敬してやまないと言うモリス捜査官。さっそくリードと手分けして山のような記述物に目を通したロッシだったが、結論は”事件性無し”記述者が精神を病んでることは間違いないが、なんと言っても死体が出たわけではないので・・・っとロッシが引き上げようとすると、これに不満なモリスは見せていなかったと証拠とする毛髪の一部を出してくる。(なら普通最初に出さないか?・・・っと思ったけど、これには意味がありましたねー。)そこで、やっとBAUのチームが呼ばれることに。
記述に特に興奮が顕著だった電気熱傷を手がかりに未解決事件を調べ直すと、まずは5年前の不動産業者女性の殺害事件が浮かびあがる。さらに続くように同様な手口の遺体が他に3体、近隣の州で見つかっていたこともわかる。30代白人美人で野心家なキャリアウーマンと言う、失踪後に拷問の末殺害された被害者像にも犯人の拘りがあることがわかってくる。犯人は被害者の着衣を自ら着てはまたさらなる快感にも浸っていたらしい。
犯人は30代から40代の白人男性で電気関係の仕事に従事しつつターゲットを物色し犯行を続けてきたと言うプロファイルを捜査チームにBAUが説明している頃、モリスによる勝手な記者会見が開かれていた。捜査官の売名行為や手柄を優先させようとする行為は、妨げ以外の何ものにもならないと彼にしては珍しいほど血相を変えてモリスに抗議するホッチと、謝罪に現れたモリスに、提出した毛髪が犠牲者のモノではなくモリス自身のものであったことも知り(鑑定結果が届いて一番でわかったんだろうね)、彼女の野心を優先させるがあまり周囲が見えていない状況を諭すロッシ。「君のエゴは災いのもとだ」そこには若かりし頃の自分の姿を重ねて見てとれたからこその忠告だったのだが・・・。
今回のプレミア試写会も豪華2本立て”STYLISTA(スタイリスタ)”と”ジャーニーマン ~時空を越えた赤い糸”(・・・・おぉ~こういうのがセンスある邦題って言うんだなーーっと納得(爆))でした。
さらにメイベリンさんやH&Mさんなどのビューティーブロガーさんも合同での拡大試写会特別会場であったため、軽食&スポンサー各位からのお土産つきと言う極めて嬉しい試写会でした♪

では、まずさっそく”STYLISTA”。
styl.jpg

単純にイメージすると、WOWOWでオンエア中のプロジェクト・ランウェイっぽいリアリティーショーなのかな・・・って感じですが、”映画「プラダを着た悪魔」のリアリティー版”なのだそうです。^_^;
まぁたしかに、壮絶バトルが繰り広げられるわけですが、プロジェクト・ランウェイのようにデザイナーの卵達でもなければ、私など単純にスタイリスタっつうから、スタイリストの卵?かと思って観始めましたがどうもそうではなく、ELLEの編集アシスタントの座を賭けてのファッションジャーナリストのバトルなのですね。
なにぶんにも、軽食をいただきながら(笑)サラサラっと観てしまっていましたので、バトルする11人の挑戦者達の細かいとこまで全然追えませんでしたが、朝食メニューをコーディネートしたり、H&Mで買い出して個性を効かせたコーディネートをしたりその記事を作ったり~っと、やはり限られた時間や予算との闘い、またグループでの力の発揮しかた、逆に足の引っ張り合い?ってなところは、ランウェイを彷彿とするものがありますね。
で、さっそくこの初回を見せてもらっただけで、1名早々に脱落お引取り~~っとなっていました。

おそらくビューティーブロガー様たちは、この一作目の上映がお目当てだったのでは・・・っと思えましたが、どちらかと言うと、私達などは、次なる作品”ジャーニーマン”に注目。(爆)
journey.jpg
ただですね・・・・”STYLISTA”はまだなんとか、軽食をいただきながらでも少々観辛くてもなんとかなったんですが、ことドラマとなると、やっぱ集中して観たいかな・・・字幕もなかなか追いづらい状況だったので、こちらもなーーんとなく、全般の雰囲気と流れを観させていただきました。
(どっちみちオンエア時にちゃんと観ます~(^^)v)
簡単に言うとタイムトラベル?タイムスリップ?タイムトリップ?、要するに時空越えちゃうお話デス。
主人公ダン役の俳優さん、”ローマ”のメインキャストなかたらしいですが、あれは私、残念ながら録画在庫の山の奥深くに眠っておりまして・・・・ (((((^^;)ま、パっと見、FOXのかたもそう話されてましたが、最近の007、ダニエル・クレイグにチョット面影の似た感じの人です。
彼が時空を越えちゃうわけですが、これがまた唐突に越えちゃう、また戻っちゃう~っと言うのを何度もその年代等も変えて本人の意志に無関係に起こってしまうので、全く、なんて大変な人生よねぇ・・・・っと思いましたよ。
で、結局、彼が時空を越えるには、越えることによっての使命があるわけで・・・・。
あのアリソンやメリンダが、持って生まれた霊能力をやがて使命として自ら理解し上手に自分のモノにしていくまでにはきっと時間かかっただろうなーーと思うわりに、このダンは、意外なほどアッサリと突然ふって沸いたような自分の時空越え&使命を受け入れましたね。(爆)
しかしもちろん家庭人でもあることだし、周囲も大変、彼の奇異な様子にそりゃ誰もがこりゃ薬中だ、リハビリ施設に入れなきゃ・・・っとなるのも無理もありません。
さらに、奥さん、実兄(ザ・シールドで早々にヴィックに撃ち殺された人ですよね)、元恋人と複雑な絡みも必須な様子で、1シーズン13話で終わっちゃってるドラマなのですが、きっちり納得行くような終わり具合となっているのでしょうか・・・・・っとそれも気になるところ。

----------------------------------------------------------------

◆STYLISTA supported by MAYBELLINE NEW YORK 
FOXチャンネルでスタート!4月6日(月)22:00 プレミア放送、
4月20日(月)20:00レギュラー放送スタート毎週月曜日 20:00~21:00ほか
http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/621

◆ジャーニーマン~時空を超えた赤い糸 
4月8日(水)23:00 FOXチャンネルでスタート!毎週水曜日 23:00~23:55 ほか
http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/665

FOXチャンネルの視聴方法や最新情報はこちら→http://tv.foxjapan.com/

----------------------------------------------------------------




omiyage1.jpg

今回ご馳走になりましたお食事の一部と、豪華お土産の数々デス♪
どうもありがとうございました(^-^)(^-^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。