上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回所在不明となった炭そ菌が、さっそく(?)絡んでくるとは・・・・そして、ゴーレンさんのあの天敵女性が再登場するとは!
元空軍勤務の訪問看護士コニー・マトソンが自宅で撲殺される。空軍基地勤務時代に彼女は炭そ菌ワクチン接種担当だったらしい。彼女が接触していた環境調査会社の研究員クロイドンという男が浮上。彼は元生物兵器研究所員で、自宅には炭そ菌を送りつける先を示すと思われる企業一覧や彼がマンションの炉で焼却した残骸には郵送に使うらしき道具の痕が発見されるが、ゴーレンらの取調べでは犯行等の関与を全否認。家宅捜索なども不当であるとマスコミの前でも演説をし、注目を集める。
そんなクロイドンへのゴーレンの聴取も次第にエスカレートしていき、傍らでエイムズが驚くほどゴーレンが激高する場面も。その後、ホテルのバスルームで彼の首吊り自殺体が発見され、ゴーレンへの抗議ともとれるような遺書のメモ書き(でも途中~)があった。
しかし、離婚した元妻も証言するように何でも途中で投げ出すような男のはずのクロイドンが自殺は完遂したのか・・・っと疑問を抱くゴーレンだった。そして直後に所在不明だった炭そ菌の残りとコニーが絡んでいたと思われるワクチンの両方が別場所で発見され、クロイドンに向けられた容疑は誤りであったとされ、捜査はFBIが引き継ぐことに。こぞってマスコミも誤認逮捕に伴う容疑者の自殺や、ゴーレンの責任を記事にするありさま。珍しく苛立つゴーレンだったが、クロイドンが容疑者としてハメられたと言うより、彼に疑いを向け、ゴーレンを捜査の失敗で追いつめるのが狙いだったのではと気付いた頃、ゴーレンの前に現れたのは、S2第3話で取り逃がしていたニコール(本人の主張は化けたエリザベスか・・・)。

スポンサーサイト
朝方の釣りを楽しむ自称ヒッピーな二人組みが、打ち上げられた白骨体を発見。
退屈そうにスイーツとの面談に臨んでいたブースとブレナンは、事件の知らせに救われたとばかり飛び出して行く(爆)。
現場には既に、カミールに伴われて、院生のナイジェルマリーが到着していて、常勤の新人学者が見つかるまで優秀な院生を使うとカミールが決めたらしい。(少々くどそうだけど、パッと見、今回のヤツは、まぁまぁ普通?(笑))
白骨体は死後2、3週間、上半身のみの為、性別は不明だが、女性の水着を着用、胸に豊胸手術の痕跡があったことから女性と見られる。そのナンバーから、近くのメイラー島在住だったパトリシアと判明、3週間前に消息不明となっていた。しかも5年以上前の記録がいっさいなく、整形手術や豊胸手術を施したわりにひっそりと小さな島にまるで隠れ住むようにしていたのは何故か・・・。彼女の家を調べたブースとブレナンは、島でパトリシアがコミュニティ教会の牧師をしていたことを知る。
そして、今度は下半身が発見され、同一人物のものと見られるが、元は男性だった”彼”が性転換手術により女性となり”パトリシア”となったのではないかと推測される。留守電に男性からのメッセージもあったことから、彼女の過去を含めて、何らかの問題が生じ殺害されたのではないかと。
アリス・グレイブスの殺害事件を模倣犯の予測をしながらも防げなかった、報告もなかったと責めるアンダーソン警視の保身に拘る一方的な態度に憤るジョー。
(アンダーソン警視、”ステート・ウイズイン”の時のやや弱っちい感じのシンクレアとは違ってズルくてやたらと偉そう~(爆))
アリスの死体を発見した娼婦サラの目撃証言により、衛兵のジョン・リアリーを容疑者として連行し取り調べるが、彼は肝心のことには黙秘、名前や識別番号を連呼するのみと、捜査陣の手を焼かせる。さらにはアリスの死体、眼球に付着したと思われる犯人のDNAとの鑑定を試みるも、汚染されていて失敗。保釈せざるを得なくなる。
アンダーソンからもマスコミへバレることのないようにと言い渡されてもいたし、仮にマスコミの知るところになると、何人ものジャック模倣犯が現れパニックになり収拾がつかなくなると予測し徹底して伏せようとするジョーだったが、あっさりと知られるところとなる。マスコミに知らせることを提案してたマイルズの仕業だとジョーは疑うが、広めたのはマイルズではなく、目障りなジョーを追い出すための作戦を勝手に実行したフィッツの仕業だとわかる。
(これ以降、フィッツの姿は消えたようだけど、責任を取って外されたのかな?)

切り裂きジャック研究家のバッカンの助言により、次なる犯行現場はマイター広場の確率が高いことがわかり、監視体制を強化するが・・・。
冒頭および、ところどころに挿入される、爆発現場と、被害を受け負傷したらしき松沢やそこに聴取にくる倉田の意味は?

住本が協力を強要しようとしていた外交官ラモン、躊躇するが”FISH”と言う名前にも脅えたのか、身の安全を条件に住本に協力する旨、伝えてきた直後、雑踏に紛れる形で住本班らの目の前で注射を打たれ薬殺されてしまう。隙のないはずの住本班にしては、意外なほどの失態?

責任を問う形の天敵のような倉田にも直接責められるが、とぼけるとともに、むしろなぜか生き生きとしてる様子な住本。四課としてのようやくの活躍の場をテロ組織が近辺に存在してることで、俄然やる気が沸いてる模様。
ラモンの愛人宅などの調査により、やはり国際会議がテロのターゲットとなっているらしく、資金調達には、怪しげな輸入食材店の地下銀行の存在が浮かび上がる。
さらに地下銀行であることの確信を得るため、協力者ニケを使って探りを入れさせる住本。

また、松沢らがその様子を張り込む会員制の外国人バーの店主ジュリオには足繁く通う理髪店があり、その女店主は三年前交通課勤務だった松沢が担当した交通事故の当事者下村愛子だった。
突然のように所轄から外事四課へ松沢が引っ張られた理由は、どうやらこの下村愛子との繋がりがあったからだった模様。そしてそのことに気付いた松沢本人。任務のためなら、どんな手段をも使い利用すると言う住本ならではの計算が既に働いていた。そのことを既に四課から抜けた五十嵐に相談する松沢だったが、その五十嵐にアドバイスを求める松沢の動きすらも、じゅうぶん予測済みの住本であり、ほとんどそう仕向けられるように動き始める松沢。
駅で誰かと待ち合わせをしたと思われる男がホームへの回転ゲートで刺殺される。男は郡警察のバズ巡査。担当事件に関連の疑わしいものは無く、離婚経験のある巡査で妻子への慰謝料の支払いの為もあってか違法な副業もしていたとみられ、その絡みで恨みを買って殺されたか?
バズは医療記録を内密に探っていて、特に熱心に閲覧していたのが感染症絡み、さらに部屋にはデート広告の新聞チラシ。ゴーレンらは、バズが頻繁に呼び出していたデート嬢からの情報を探る。性感染症歴でバズは相手をゆすって現金を得ようとしていたのかと。バズが接触していたと思われる医師らが判明、そのうちの一人スターンと言う内科医は、小脳症を患っていて手が震える為バズを殺害することは実行不可能だが、彼の部屋を隈なく観察したゴーレンは、彼は部屋の全てを見渡せる環境を整えており、見ることが趣味な男とわかる。実行犯にバズを殺させ自分は見物していたのか。
(スターン役、「サラ・コナー クロニクルズで実はサーキシアンだった・・・の人ね。)
同様にバズが閲覧していたスターンの患者であり元恋人はスターンと別れた後、重い感染症を発病していた。他にも同様な患者もいて、”別れたら発病させられ、ゆすったら殺される”なんだかかなりコワいぞ~。さらなる調べで感染症はいずれも、動物から人へとうつるウイルス性の死亡率の高い比較的無名な病気とわかる。彼は動物園に多額の寄付をしていた会員になりセミナーにも参加していた。その動物園の獣医ターザン男・・・じゃなくって(爆)、ボーマン医師に聴取するゴーレンとエイムズ。先にも登場してたが、どうやらこのボーマン医師、女性にしか興味なさげ、話す方向は全てエイムズ、ゴーレンなど間に割って入ってたものね。そしてかなりな露出狂?覗き趣味と露出狂、うまい組み合わせな関係らしい。
なかなか個別には書き出せないので、少しまとめてサワリだけ・・・(爆)

まず”CHUCK”
スパドラさんで、12月10日よりスタート、その前にカミングスーン特番もあった。
この”CHUCK”、実は”サラ・コナー クロニクルズ”のS1のDVD最終巻に1話のみおまけ特典挿入されていたので、かなり前にその1話のみは攻略済みなのだけど、スパイアクションもの(?)ではあってもコメディな要素がかなり入っていて、うーーん、面白くなくはないけど・・・出演陣もそれほど有名じゃないしなぁ~って感じでそのままにしていたぶん。まぁDVDに特典映像で入ってるってことは、TV放映はなくてもそのうちDVDになるのかな・・・っと思っていたら、スパドラさんでの放映ですか。
もちろん、ジョシュ・シュワルツ&マックGのコンビでの製作なので、そこそこユニークにイイ感じなのかも。アチラでは今回放映のS1はもちろん、S2も既に放映済み、S3に突入だとか、へぇぇ~ちゃんと続いてるんだっ!(笑)ジョシュ・シュワルツ=「The OC」「ゴシップガール」、マックG=「スパナチュ」ときたら、そりゃスパドラさんこれも頑張るしかないでしょうしね~(爆)。
特番プラス、もう一度初回のみを再鑑賞して、フムフム、やっぱ軽くノリで楽しめそうな感じ。
主役のチャック役の子より、冒頭で彼に国家機密を勝手に送信して、と同時に抹殺されちゃった元同級生ルームメイトで実はCIAだった子のほうがかなーり格好良いのに・・・っと前にも思ったけど(笑)、今回その彼があの「トゥルー・コーリング」のトゥルーの恋人だったルークだったんだとわかり納得。(でもあの時とかなり雰囲気違うけどね。)
他にレギュラー陣には、チャックの姉にはあの「恋するブライアン」のマージョリーの女優さんがいたり、ド素人スパイ(?)なチャックをカバーするためにCIAなサラとともに張り付くNSAのエージェントにはアダム・ボールドウィン(インディペンデンスデイのミッチェル少佐、吹替えはまた山野井仁さん)がいたりする。
あと、「The OC」の縁でかレイチェル・ビルソンなどのゲスト出演もあるらしい。どうせならスパナチュ縁でディーンやサムを熱望(爆)。他にもサードウォッチなカルロスのゲスト出演もあるらしい。

そして、ヴェロニカ・マーズS2。
S1は、あれだけきっちりと攻略し、セッセとわりとマメにアップしていたのに、S2は放置気味で・・・ (((((^^;)
と言うのも、S2になってからの、ヴェロニカの、私は本命は前からずっとダンカンよ・・・的なノリにどうも不満で(笑)、それじゃローガンがカワイソウすぎるだろ~っと思うし、またそんなローガンはローガンでケンドールといつまでも~だったり、他の子に手を出したりと、なんともイライラするあまり、録りつつ、ところどころを観たり観なかったりしてるうちにS2が終わった(笑)。
でもさすがに最終回をチラっと覗きみると、あら、なんともスゴイ展開(ある意味かなり無茶?(爆))になって終了したみたいなので、じゃぁ、また再放送されてるうちにでもちゃんと消化しておくかな。
とりあえず、ダンカンはS2までの登場らしく、また今後S3が放映されるとしても、もうヴェロニカ&ダンカンのコンビは無いと言うのも安心だし。ヾ(・・;)ォィォィ(やっぱローガンよね。結局はソコ?(笑))

そして、ホワイトチャペル。
全3話と短いシリーズだけれど、あの切り裂きジャックの模倣猟奇殺人犯を追う刑事達のUK発なサスペンスドラマ。
主役のキャリア組警察官僚ジョー・チャンドラーには、”MI-5”等のルパート・ペンリー=ジョーンズ。(最近WOWOWにも立て続け登場しますねー♪)
まさか19世紀末の殺人鬼絡みなわけないだろうとするベテラン刑事陣と、切り裂きジャック関連の観光案内や本の出版で生計を立ててそうな変人研究家がいたり、その彼に一目おいて捜査を始めるジョーとの絡み具合が面白い。


オープニング、三者三様の視点から描かれる少々変わった今回。
まず、サラの視点。
相変わらず普通の青少年恋愛風景を見せつけるジョンとライリーに、もちろん母親としての複雑な気持ちも混ざっているだろうし、未来の運命を担うジョンのどこにそんな余裕が・・・っと苛立つ上に、さらに意見をしてもかえって聞くはずもないところにフツフツと不安と不満が~。その様子をマシンであるキャメロンにすっかり読まれている上に、自分がジョンに意見してみる、言えばきっとわかる人だと冷静に言われたひにゃ・・・って感じだろうし。そして翌朝、そんなサラの前に突然クロマティ出現。ジョンは何処だと引き摺られるサラだったが、いるはずの部屋にジョンの姿は無く。
次にキャメロンの視点。
サラの苛立ちももっともだと、ジョンにライリーの件で意見をしに向う。(で、なんでまた、部屋の前でわざわざ上着を脱ぎ捨てて・・・ジョンを誘惑したいのかと思ったよ、マシンなのに(爆)。)
そんなこと言われなくてもわかってる~っとのジョンの言葉をそのまま信じたのか、サラに報告、任務は果たした~っと満足気?(笑)そして、向ったのはこのところ使いすぎた武器の補充。先客な(と言うよりもともと彼らの武器庫?)デレクに勝手に使ったと文句を言われていると、緊急連絡でジョンが危ないと~。
最後にジョンの視点。
ライリーが帰ったあとに、部屋に来て意見をするキャメロンをあっさりかわしたあと、冗談じゃないとばかりに、荷物を持って部屋から抜け出す。(なかなか懲りない反抗期な少年~って感じ。)

そして、ジョンとライリーは、長距離バスで秘密の旅行。ジョンは幼い時しばらく暮らしたことがあると言うメキシコの小さな町にライリーを連れて行く。そこはちょうど死者の日と言うお祭で賑わっていた。
ライリーと店で食事を楽しんでいると、強引に写真を撮っては金を要求する男が、ジョンが必死で断るとその男は、昔ジョンがサラとこの町に住んでいたことも名前も思い出し、警察に言うと所持金全部を要求してくる。カメラを奪おうとしてライリーやジョンとその男がもみ合いの騒ぎとなり、店に居た警官らに捕まってしまうジョンとライリー。そして親に連絡して迎えに来てもらえと言う警官に、しょうがなくジョンはデレクの携帯に連絡して合図。(これが先のジョンからの緊急連絡となったのね。)
サラにも連絡を入れるわけだが、この時点でジョンは、サラの身に何か起こったことを察知した模様。
そして留置される自分達の身にもすぐ危険が迫っていることも~。
コンビニでイラン系男女二人の客が銃殺、現場に”国へ帰れ”との落書きが残されていたことから、人種差別的殺人と思われたが・・・。外は野次馬でごった返し、さらには銃声が・・・っと思われると爆竹のいたずらで、野次馬同士がこぜりあい、ボビーが取り押さえ収拾。
現場には自分の息子アミールの安否を気遣うやはりイラン系の母親と妹が到着。アミールは被害者ではなかったが、彼らの友人であったらしく、事件当時一緒に店に居たことは確認されるが、行方不明。被害者らは、専門学校生、二人には麻薬での逮捕歴があった。
店の防犯カメラには覆面姿の白人3人組の犯人グループが映っていて、現場からは車で逃走した模様。
クルーズは、コンビニのオーナーであるメリー・アンに話しを聴く。(24のニーナ!ブロンドでにこやかに登場(爆))。彼女はカメラに映った犯人グループの一人が自分の息子ジェフリーであること、他の二人も息子のサーフィン仲間であることを認める。
そして、犯人らから使い捨て携帯を使用しての連絡が入る。アミールの殴られたような顔が映しだされ、麻薬で稼いだ金を出さないと同様に撃ち殺すと・・・。人種差別的殺人から一転、麻薬と金絡みの殺人及び誘拐事件へと。
アミールの所持品やパソコン等の捜査が始まるが、ゲーム好きな優等生の彼のパソコンからも何もそれらしき情報が得られない。ただ不審なのは、参照ファイルが一つ見つからないこと。クルーズは、パソコン同様、ハードディスクを持つゲーム機にそのファイルが隠されていることに気付く。
あれこれ観てはいても、特に日本のドラマに関してはアップをするほどでも・・・って感じですが(だいたい普通にシーズンごとの連続ドラマはチラっと観たら、もうそれでじゅうぶんってことが多いし、録っても観ないことも多々だし・・・^_^;)
ただ、今回、NHK総合及びBShiで始まったこのドラマは、ちょっと違うぞ~っと、別扱いで・・・カテゴリー分けまでしちゃったゾ(爆)。
全6話。主演は渡部篤郎、他に遠藤憲一、余貴美子、石橋凌・・・っと名前が連なると、そりゃきっと面白いに違いないだろう~っと、まず。
あ、他にも石田ゆり子あたりも出てますけどね。ま、そのへんは別に・・・ですが。(爆)
そして第1回のゲスト出演者名には、田口トモロヲっときた。
ちなみに、サイトも格好良いデス、少々コワいくらいな渡部さんがバーンと~”その男に、騙されるな”ですって(*^_^*)
NHK土曜ドラマ 外事警察

警視庁公安部外事4課というのが主な舞台。
街に深く潜行し、決して姿を見せない通称”ウラ”と呼ばれる特殊班だそうで~。
そのリーダー格、住本が渡部さん、任務の為に手段を選ばない彼には敵も多そうで、組織の中にも目を光らせてる者も・・・。
ダイヤモンド店を出てきた男を黒塗りのバンが追跡、覆面の二人によって男は拉致される冒頭・・・って、覆面姿が映し出された時から、ジヴァ達だとわかりましたが~(爆)。
男は、どうやら武器商人のようで、彼から情報を得るためにさらに加わったギブスも含めて冷ややかに脅す脅す、NCISのジェットの機上なわけだけど、実はシュミレーションなのかとまで思っちゃいましたよ。まぁでも実際にはちゃんと飛んではいたようで(笑)、情報得るだけ得たら、でもしっかりもちろんザイールなどには行かずサッサと引き返してましたが。
海軍の衛星システムであるアレスがハーロウと言う男によって売りに出させていると言う情報。
そしてその買い手として入札してる者のなかにジェンの命によりディノッゾが極秘任務について調べてもいたラ・グルヌイユのメンバーであるコルトもいたことから、話がさらに複雑に・・・。
なんせ、この任務、ギブスが例の休暇中~っつうか離職中の時のことなので、ギブスは知らず、コソコソと密談するジェンとディノッゾに対しても不審な顔のギブス。
ジヴァとマクギーでハーロウ拘束寸前だったはずが、ラ・グルヌイユ絡みとなると、迂闊に取り押さえられない。急遽尾行のみとなったところで気付かれ(ジヴァ達の間に割って入った二人組みは、あとから判明した事実によるときっと・・・一人はスパナチュにこの前出てきたセイレーン男でしたし(爆))、逃走するハーロウは、急な走りが身体に障ったためか心筋梗塞にて急死。もうこれでまたジェンのヒステリー気味な雷が・・・・。
ハーロウとの取引でラ・グルヌイユがアレスを落札したわけだが、取引に向うはずの肝心のハーロウが急死してしまっていては、せっかく現れるはずのラ・グルヌイユなのに・・・・っと、背格好年恰好の似たダッキーに身代わりの白羽の矢が立つ。(そうゆう流れか~。)
アイオワの町で夫が妻を惨殺すると言う事件が連続して起きる。いずれも夫婦仲は良く、特に大きな問題を抱えていたわけでもなく、突然の凶行。兄弟がFBIに扮して加害者である夫達の聴取をしても、皆それぞれ罪を認め、特に何かにのり移られたと言う意識もない。
しかし、担当医師キャラの調べによると、共通してまるで”初恋ホルモン”のような夢中になるホルモン値が異常に高くなっていたらしいことと、いずれも凶行の少し前には同じストリップクラブに通いつめていてそれぞれお気に入りのダンサー(?)がいたらしいとわかる。そのダンサーのために、妻への殺意が急にこみ上げてしまったのか・・・?
調べる先がストリップクラブとなったことで、ディーンのやけに嬉しそうなこと~(爆)。
クラブに行っても女に関するはっきりとした情報は得られないのだが、ボビーに協力を求めると、”セイレーン”と言う美しい妖怪の仕業ではないかとわかる。
相手の好みに合わせて変幻自在な妖怪で、それぞれの夫は姿の違うセイレーンが化けた女に操られるようにして妻を殺害した模様。さらに今度は寝たきりの母を介護していた男がやはり同様にセイレーンに操られ母を殺害するという事件も起きる。加害者の血液をさらに調べるべく医師キャラの元へ再び兄弟が行くと、FBIのニックと言う捜査官が来ていて鉢合わせ。さっそく怪しむニックはFBIに兄弟のことを問い合わせようとするが、そこは既に根回しはOK,彼が電話をした先は、ボビーで~。(爆)
どうやら何らかの憑依によって起きた殺人について、その事件が起きた高校を調べることにする兄弟。そのトルーマン高校は、かつて兄弟がほんの少しの間ではあったが通ったことのある学校で・・・。サムは用務員として、ディーンは臨時コーチとして学校に潜入する。
サイトの壁紙にあった、なんなのこの↓格好(特にディーン(爆))・・・wp03_1280_convert_20091101230120.jpg
・・・っと思ってたのは、このエピのぶんだったのね。
その当時(1997年?)の兄弟の様子も挿入されるようにして描かれる。(ディーンとサムの年齢差っていくつだっけ?って思うほど、サムはやけに幼い感じだし、ディーンはかなり大人びてるし・・・(爆))
事件の様子を調べるも、特に硫黄や電磁場の反応もなく、何でもなかったかと思いきや、やはりまた同様に憑依した生徒による次の事件が起こり~強い怨念を持つ霊が取り付いていたのではないかとわかる。過去に学校で悲惨な死を遂げた者がいないかを調べるとサムの同級生だったバリーが校内で自殺していたと言うことがわかる。それは既に兄弟がまた別の学校へ転校した後のことだった。
地味な子に憑依しイジメっ子を報復に殺害する・・・っと言う霊の仕業なのかと思うのだが~。
イジメを受けていた少年バリー役は、”サンクチュアリ”に登場する男の子。兄弟は、バリーの墓に向かい骨を燃やし彼の霊を清め、次なる被害が起きないようするのだが。
また、サムの当時の担任ワイアットは、サムの作文を高く評価してくれ、さらに、人生のいくつかの岐路には自分自身で決断することが大事だと語り、サムにとっては大きな影響を与えた先生だった。(”ジャック&ジル”のジョナサン!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。