上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FRINGE / フリンジ 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス1 [DVD]FRINGE / フリンジ 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス1 [DVD]
(2010/03/10)
アナ・トーヴジョシュア・ジャクソン

商品詳細を見る


またまた長々と放置してまして・・・
やっとこのフリンジもS1のTV放映(スパドラ)が近付いてきたし、レンタル攻略のS2も着々と進んでき始めたので、久々のアップです (((((^^;)

第6話 不治の病
バンから下ろされた女性が具合悪そうに近くの食堂に立ち寄る。彼女の不審な様子にほどなく連絡を受けた警官も駆けつけ保護しようとするが、直後、店に居合わせた人たちも女性も全て原因不明の状態で死亡する。現場からは高濃度の放射線が検出され、特にその女性の数値が異常なほど高かった。女性の身元も判明するが家族に失踪届けを出されていて、彼女は不治の病におかされていたが、ウォルターの検死によるとなぜか症状は回復に向っていたらしい。同じ病に侵された別の失踪者がいることが判明、そこにはある製薬会社による謎の実験、人間兵器化する人体実験が絡んでいた。

第7話 寄生虫
港で不審コンテナの捜査にあたった直後のFBI捜査官ローブが同僚ブロイルズに報告途中、突然胸をおさえ倒れる。すぐに緊急オペとなるが、彼の心臓には得体の知れない寄生虫のような物体(これがまたかなりリアルにグロいっす、甲殻類のようなエイリアンのような・・・)がくっついていて原因すらわからない。その様子からウォルターがラボで容態を診ることになる。この寄生虫のDNA配列には何やら暗号が隠されているらしいことがわかり、それは、オリビアらが捜査にあたっているパターンと呼ばれる不可解な事件を引き起こしていると見られるバイオテロ集団”ZFT”を示していた。倒れる前の事件でローブ捜査官がフランクフルトでZFTの関係者と見られる謎の人物ジョーンズを追っていたこともわかったため、オリビアはフランクフルトの拘置所へジョーンズとの面会に向う。間一髪で命が助かったかに思えたローブ捜査官(夫婦)が実は・・・に、驚愕。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。