上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監視人(でもこれまでいつも現れてる人とは違う)が若い女性を連れ去る。フリンジチームに捜査依頼がくるが、監視カメラの映像から監視人はいつもとは別人、つまりは監視人は複数いるのだと言うことがわかる。
被害者は女子大学院生クリスティン、いつもはただ見ているだけのはずの監視人が、なぜ普通の女子学生をさらったのか。現場に残された彼の手帳には判読不明な重複の全くない文字ばかり・・・そしてその文字を調べているのがチーム以外にもいて、それはマッシブ・ダイナミック。さっそくマッシブ・ダイナミック社のブランドンを訪ねると、監視人たちの存在に関する新事実が・・・はるか昔の絵画のアチコチに監視人の姿が~。歴史や技術や科学の重要な転換期にのみ姿を現していて、その頻度が最近は増えていると言うことだった。
クリスティンを誘拐した監視人(オーガストと言う名らしい)は、クリスティンが乗る予定の飛行機が墜落事故に遭うことを知っていて、彼女を救うためにその飛行機に乗せないよう、誘拐したらしいとわかる。
いつもの監視人も含め監視人の集会(?)がレストランで行われている。クリスティンの人生に介入したオーガストの行動を追及する他の監視人ら。その件に関しては修正を既に手配したとのこと。つまり運命を変化させて生き延びた彼女に暗殺者を送ったらしい。
そこでオーガストは、ウォルターへ助けを求めてくる。クリスティンを特別な存在と思う彼は、なんとしてでもその命を救いたいのだと。それはウォルターに理解してもらえることだと思ったらしい。(きっとピーター絡み・・・。)
そして、クリスティンが捕らえられているらしいモーテルに駆けつけたオリビアとピーターの前で暗殺者の銃に倒れるオーガスト。オーガストは自分の(未来の)銃をピーターに託し、その銃で暗殺者を倒すピーター。
いつもの監視人に連れ去られた瀕死なオーガストは、過去にクリスティンの両親が地震で亡くなる時にも立会い、まだ幼かった彼女を見ていた。そして今度は彼女を救いたかったらしい。暗殺者に自分を撃たせたことにより、その命が関わったことでクリスティンの重要性を生じさせ救った(?)。
事件後、やっと約束どおり姪のエラを連れて遊園地で遊ぶオリビアの姿を眺める監視人たち・・・。
スポンサーサイト
ニューヨークはクイーンズで、人質誘拐事件が起き、パトカーとチェイスした上、なんと追跡した警官らが突如飛び降りてみたり自分で頭を銃で撃ち抜いたり・・・と謎の死を遂げる。
現場に駆けつけたウォルターは、原因は催眠術ではないかと言う。誘拐されたと思われる被害者の少年はマッシブ・ダイナミック社のカーソン博士の息子タイラーで、現場から少年を連れ去った犯人らからの連絡があると思われる。
犯人の男は二人組でその後、タイラーとともにコンビニに現れては、また犠牲者が出る。誘拐犯の二人組の身元はすぐにわれ、二人とも優秀で善良な車のセールスマンだった。そんな彼らが突然何故?っと言う疑問がわいてくるのだったが・・・。
(ウーン、正直言って、この少年役の子が、いかにもヒトクセありそうな子だったので、すぐ展開が・・・「メンタリスト」でも怖いくらい悪い子チャンでしたね、まぁホントに上手いんだこれが。)
警官の検死により、ウォルターは、やはり彼らがマインド・コントロールされていたとわかる。
博士のもとへタイラーから連絡があり、犯人らは身代金を要求してくる。身代金の受け渡しに際して、マインド・コントロールをブロックするために、チームは胎内音ホワイトノイズをヘッドホンで流すと言う作戦を取るが、隙を見て、タイラー本人がマインド・コントロール能力を使ってなんとピーターを連れ去ってしまう。
タイラーは、博士が家に持ち帰った研究中のサンプル薬物(脳波増強剤)を服用して能力を得てしまったらしい。
タイラーのコントロールに抵抗しながら苦しめられるピーター。能力を得たタイラーの行動には、ある目的があり・・・。事故死したと聞かされていた母親が生きていることを知ったタイラーは、父の嘘を憎み、スプリングフィールドで今は新しい家庭を築いている母親に会いに行くが、母親には新しい夫がいてタイラーは激高。現場に駆けつけたブロイルズをピーターに撃たせさらに逃走しようとするが、ピーターの機転により事件は収拾。ピーターも無事に戻る。
しかし、怖いのはココから、タイラーのマッシブ・ダイナミックが絡む真の正体とは!ニーナのウィリアム・ベルへの報告に衝撃!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。