上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第13話 ホロコースト

ブルックリンでのある結婚式の直前、新郎も参列者の多くも突然呼吸困難に襲われバタバタと倒れる。フリンジチームが現場で死因を調べるとどうやら窒息死。その中には、ホロコーストの生き残りと見られる老女がいて、犠牲者は皆、彼女の血縁だった。体内で酸素を奪われ酸欠になったらしい。老女は倒れる寸前に見覚えのある一人の男の存在をうったえていたらしく~。
ウォルターは、ナチスの実験の例をあげ、特定の人にだけ作用する犯行ではないかと主張する。
そして次の事件がカフェで起きる。今度の犠牲者は血縁関係ではないが、瞳の色が茶色が共通。そして前回も今回も現場にはシナモンの香りが。毒物の分子構造を調べるとそこには特異なタツノオトシゴのような形状が。
それはウォルターの父の研究の化学式に関わりがあり、ウォルターは父の遺品の本を調べようとするが、ピーターによって既に売られていた。古本屋でその本を買い取った人物をピーターは突き止め、オリビアと向かうが、彼はナチスを描くことに執着する単なるアーティストにすぎず、薬品の購入者リストから一人の男が浮かび、彼の家に突入するが現場には毒物が仕掛けられてあり、危ういところだった。彼の次なる標的は世界寛容会議と思われ、現地に駆け付ける。会議のウエイターに成りすまし犯行を遂げようとした犯人をそのDNAだけに作用する毒を急遽製造し倒すことに成功したウォルター。その謎の犯人は、ウォルター父の研究仲間(?)、一緒に写真に写っていた。


第14話 ジャクソンビル

このところ珍しく微小地震が続くと言うマンハッタン、被害があるビルに集中して発生し、地震後にそのビルは外観にもズレが生じていた。そして犠牲者はなぜか複数の体が合体した形(?)で発見される。((+_+))
ウォルターは、もう一つの世界のビルと合体した結果である言う。その惨状はウォルターとともに検死にあたるアストリッドが”無理”っと言うほど。そこには、あのニュートンが絡んでいた。
また次の揺れでも、もう一つの世界に引っ張られる形で犠牲になる建物及びその中に居る犠牲者が出てしまうという。その建物は特別な光を放つためにそれを見極めれば前もって避難したりと防げるが、見えるのはコーテキシファンの実験により特別な力が強いことを認められたオリビアくらいだと。
かつてウィリアム・ベルとコーテキシファンの実験を行ったジャクソンビルにオリビアらを伴って向かうウォルター。幼かった自分がそこで実験を受けたと言うことをほとんど覚えていないオリビアだったが、現地で再度実験を受けることにより・・・。当時の記憶が覚醒したオリビア、実験を嫌がり森の中で逃げ惑う少女なオリビアの姿を見ることに。子供の頃に過酷な実験を受けさせたウォルターに怒りをぶつけるオリビアだったが、もう一つの世界を見極める光を見るまでには至らず、ウォルターは、成長とともにオリビアが恐怖を克服してしまったために以前のように光が見えなくなったと言う。
しかし、自分の無力さと次なる犠牲が近づくことに対する恐怖がオリビアの力を改めて強め、どのビルに影響が出るかをギリギリで見極めることができた。世間的には緊急なビル解体が行われたことに。
力の戻ったオリビアがピーターと飲みに出かけようとした時、彼女が見たものは・・・そしてそのことに気付いたウォルターの懇願に衝撃!
スポンサーサイト
第5話

アートディーラーのジェームスは妻ジェシカと家を引き払い海外へ越そうとしていた。引越し業者の搬出と入れ違いに怪しいグループが現れ、彼が偽物の売買で儲けた金をダイヤモンドに替えて所持しているとし、ジェシカを人質に2時間以内にダイヤを持ってくるようにジェームスを脅す。本気なのを示すために、彼らは残酷にもジェシカの舌を切り、ジェームスへ。
ジェームスは、旧知のリードを頼り署に現れる。不在だったリードに代わって話を聴くルーサー。上司の猛反対を押し切り証拠保管庫から代わりとなるダイヤを調達する提案をするルーサー。リードは、裏で、泥棒から金品を強奪する一味と通じていた。彼の情報から、警察に通報できないターゲットを襲っていたのだろう。
すぐにその仲間のビルを訪ね、実行犯役の彼の甥トムが凶悪な男シュガーマンを仲間としてることをつきとめる。
ジェームスは、ルーサーが与えた偽のダイヤを持参して犯人グループとの取引場所に向うが・・・。
既に妻ジェシカのことを見捨てたジェームスは、偽ダイヤをも取引場所に置かず逃走。ルーサー達は、犯人グループの女一人を捕まえる。混乱する捜査で手一杯のルーサーのところへ、マークから選択を迫られたゾーイが現れ(いよいよ別れを告げようと?)るが、余裕のないルーサーは荒れるしかなかった。(今回は署内が破損被害。)
トムと連絡の取れたリードは、ジェシカ本人がダイヤの隠し場所であることを告げ、シュガーマンの目を盗んでジェシカを連れ出してくるように告げるが、時は既に遅く、監禁場所から連れ出そうとするトムとジェシカに容赦ない攻撃を与えるシュガーマン。トムも拷問の上、殺害され、ジェシカに至っては腹を切り裂かれ・・・ダイヤを奪ってシュガーマンは逃走する。
このままでは、自分の関与がバレるとおそれるリードは、すぐにビルの元へ戻り、口封じをする。リードもルーサーも、それぞれシュガーマンが偽造パスポートを依頼したと思われる男を見つけ、シュガーマンの滞在ホテルを知る。強盗事件へのリードの関与まではルーサーが疑ってなかったが、シュガーマンを捕えようとしたところで、シュガーマンが全てを見抜いたことを知ったリードは、ルーサーの前で彼を射殺。それでも、自分の銃をリードに渡し、ともに悪人を逮捕する為にしかたがなかったことにしようとするルーサーに従わずリードは逃走してしまう。いよいよ混乱し行き場を無くしたリードは、ゾーイの家へ押しかけルーサーを呼び出すよう強要しようとするが、ゾーイが抵抗した為、なんと彼女へも発砲。
電話口で発砲を聞き、すぐにゾーイの元へ向ったルーサーだったが、リードは、現場を荒し、まるでルーサーがゾーイともめて彼女を銃殺したかのように偽装し逃走した後だった。(そうか、銃もルーサーが渡したものだったしねー。)それにしてもリード・・・ルーサーの良き理解者だと思っていたら~の、まさかの豹変。
日本人俳優で言うところの(勝手に^_^;)田口トモロヲさんみたいな俳優さんだけど、その怪演っぷりが凄まじい。


第6話

リードがゾーイを撃ったことをルーサーは(珍しく?)すぐに電話で報告したのに、上手くリードに丸め込まれて信じたのか上司ローズは、ルーサーの仕業として疑わない。リプリーだけが、直感でルーサーの無実を主張するのだったが・・・。リードは、何食わぬ顔でダイヤ等をロッカーに隠し、捜査上でもルーサーに罪を被せようと動こうとする。とりあえずルーサーに近い存在のリードではなく、付き合いの浅いリプリーが客観的判断を期待され捜査の指揮を任されそれもリードは気になって仕方がない。ゾーイ殺害現場が検証されるが、日頃のルーサーの暴れっぷりも含め、状況証拠は全てルーサーに不利。しかし、リプリーは、あまりにも統一されたようなその現場の証拠にかえって不審を抱く。ましてや、ルーサーの犯行なら、ゾーイの恋人マークの仕業に見せかけることだってできたはずだと思ったらしい。深いショックとともに行き場を無くしたルーサーが助けを求めるのは、やはりアリス。自分を頼ってくれたルーサーに、アリスってば、かなり嬉しそう(爆)。
ルーサーは、ルーサーで、リプリーの的確な読みを信じてか、現場の彼に電話をかけてくる。そして、詳細は話せないが自分の無実とリードを信じるなと告げる。ゾーイを撃ったあとリードが現場に隠した(ルーサーの)銃が早々に発見され、証拠として現場から署へ運ぶのはリプリーら。そのことを知ったルーサーは、リードが動かぬ証拠としてわざと、すぐ発見される場所に隠したことも確信し、アリスとルーサーで途中、銃強奪に向う。(もちろん、リプリーは彼の意図を汲んだ上で協力。)
まるで根っからのチーム(名コンビ?)のように殺人犯アリスと組んで行動してる自分に驚きも隠せないルーサーと、嬉々として動くアリスが面白いし、可愛くさえ見えてくる(爆)。運搬中の銃が奪われたことを知らされたリードは激しく動揺。それでもやはり次に打つ手を何か企てたのか、自らルーサーに連絡し会う約束をする。そして、ローズにはルーサーが会うよう連絡してきたと報告、ローズもすっかり正しい判断を下せない状態になってるようで、リプリーがまるで犯人ルーサーを庇うかのような言動としてキレるし、はっきり言ってダメ上司じゃん、この人、相変わらずまんまとリードに取り込まれてるしねー。そんなローズを上手く動かして、ルーサーと自分が会う場所に狙撃主を配備させることにも成功する。衆人の前でルーサーを撃たせる気だ・・・。
一方、ルーサーとしては、署内総動員態勢で自分が現れる場所に出てる最中に狙っていることがあった。
ゾーイの死を哀しむマークをアリスが捕獲(爆)、ルーサーのもとへ連れて来る。いきなりルーサーにとびかかってくるマークに、犯人は自分じゃないことを告げ、彼に協力要請。これまではあんなに一触即発状態だったのに、ゾーイを愛していた者同士、思いが通じるのに時間はかからなかったようで、さっそくマークはルーサーの指示によって警察へ。リードは、張り込んだ大勢の前でわざとルーサーとの対面を果たし、ルーサーの異常さなどあることないことを訴え、狙撃犯にルーサーを狙わせようとする。寸前のところだったが、リプリーの捨て身な警告によってルーサーはその場を無事逃げることガ出来る。もちろんルーサーらの狙いは別で、総動員で留守になった署に送り込まれたマークがリードがロッカーに隠したダイヤを見事にゲット、戻ってきたリードらと入れ違いで退散。
慌てて彼を追跡してきたリードは、これまた狙いどおりルーサーの元へ導かれ~。ルーサーはリードにゾーイ殺しの自白をさせ録音することに成功する。全て終わりだと思ったリードは、殺害したゾーイを侮辱することであえてルーサーを挑発し、ルーサーに自分を撃たせようとするが、そこはギリギリのところで思いとどまり彼を逮捕することを遂げようとするのだが、隙をついて隠し持ったナイフでルーサーの腹部を刺すリード(どこまで凶悪なヤツなんだか・・・)。しかし、そこに現れたアリスによって~。リプリーの報告からやっと状況がのみ込めた捜査陣が現場に駆けつけた時には、アリスによってリードは仕留められた後だった。結果的にルーサーとアリスとマークとが一丸となって、凶悪リードに制裁を与えたわけだけれど、これどう現場収拾つけたのかなー。もちろんアリスは狂気な殺人犯であるわけで、ルーサーが逃がしてやらなければねぇ・・・シーズン2もあるみたいだけど、どうなってるのかしら。でも、何気に好きですよ、このルーサーとアリスのコンビ(爆)。しっかり協力者になったリプリーやマークもこの際、チームになったら面白いのに。(笑)あ、あのダメ女性上司ローズは要らないわ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。