上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高名な数学者であるコリアー博士宅にて、女性の変死体発見。
まぁいきなり初っ端の死体から、かなり強烈ですよーーー(>_<)
頭を何度も殴打されさらに顔面を撃たれ、
髪も切られ、服も脱がされ・・・って。
現場で捜査にあたる強盗殺人課の刑事たちのところへ
突然現れたのが、ブレンダ・ジョンソン。
新設された特捜班のチーフだった。
アトランタからやってきたばかりの女性キャリア組の彼女に
当然ながら現場の風当たりは強く、唐突にその特捜班に異動をさせられたメンバーたちも、元の部署へ再異動願いをこぞって出すなど
ブレンダは、新しい職場で、ほぼ四面楚歌状態なのだが・・・。
でも、きっと彼女の性質なんだね、そんなんでもメゲてないし
負けてないし、自信のもとに、堂々とやりあっちゃう。
ブレンダは、CIAで訓練を受け、アトランタで活躍した、
尋問し自白を引き出し事件を終結にもっていくプロ、”クローザー”
としての手腕を買われていた。
コリアー邸での女性の変死体、そして休暇中と思われていたコリアー博士の失踪の謎、秘書との関係・・・。
現場到着時に、第一印象(?)で、”愛情のもつれ”による犯行と
ブレンダが分析したとおり、なかなか意外とも思える事件の顛末。
ブレンダの尋問を別室から注目している刑事たちの、
呆然とほとんど口が開きっぱなしになっていく様も面白かったねぇ(爆)
そして、そんなすご腕なブレンダのひそかな楽しみ(?)は、
スイーツ依存症。
次々と甘いモノに手を出してみたり、それでもやっぱり自制してるのか
職場のドーナッツに指を加えて少々我慢してみたり・・・(笑)
事件解決後に一人でスイーツをほおばるのが至福のひとときのような。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/106-ad6680d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。