上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生還者の一人、オリバー・ノックス。
彼の失踪する前に連続殺人事件が起きていて、
彼が生還してまた連続殺人事件が再開する。
警察にも再びの犯行声明が送りつけられてきたことから
トムとダイアナは、現地フライデーハーバーに向かう。
次第に生還者たちへの噂が立ち始め、マスコミも注目してるなか、
さらに連続殺人鬼となっては、生還者全員に対して影響が出ると
トムやダイアナも懸念するが・・・。

生還者たちは、戻ってからの生活に同様に戸惑っていた。
馴染めない彼らの唯一安息の場所は、一斉に生還した湖のほとり。
そこに、やはり生還者の一人、ホテル王のジョーダン・コリアーが現れ、
彼らに提案をする。

再発した連続殺人事件の現場で、ダイアナは指紋を発見。
指紋の主は前科のあるフィリップ・ロペスと身元が判明し
彼の家にチームが突入するも、既に首を吊って自殺しており、
これまでの殺人を自白する遺書も残されていた。

昏睡状態が続くカイルの病状が思わしくない。
頭蓋骨に水がたまり始め生命の危機にも・・。

また女性の殺人事件が発生し、その容疑者と思われる男が逮捕され
これまでの連続殺人事件の自白を始める。
ロペスも過去の連続殺人についての自白には利き腕の無理があり
さらに今回逮捕された男も、過去の事件のときには、まだ子供であり
どう考えても不可能。それなのになぜ、彼らは犯行の自供をするのか・・。
オリバー・ノックスの行動を不審に思いマークするトムたちは、
彼が女性の写真を男に渡し何か話しているのを目撃。
彼が殺人者となる男を次々と操作していて、生還後の犯罪は、
そのパワーを得た彼のなせる仕業だった。
このことには、どんな波及効果があるのか~?

ジョーダン・コリアーは、生還者たちの集いを開催。
ショーンと会話をしたり、リリーやリチャードとも出会う。
なかなか定職に就けないリチャードには、自らが設立する4400財団の警備の仕事を斡旋する。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/117-e8d3801a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。