上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女の子たちが悪ふざけで鏡に向かって”ブラッディーメアリー”っと3回唱えると・・・直後になぜかその中の一人の父親が変死。
脳卒中のようではあったが眼球が溶け出してしまっていた。
新聞記事で異常さを感じたディーンとサムは、まず変死体を安置所で確認。
その家を訪ね、自分が名前を唱えたからだと言う少女の話も聞く。
さらには同席していたその家の姉ドナの友人たちの一人が同様にふざけて鏡の前で名前を唱え・・・また変死。
ディーンとサムから死の原因を調べていると聞かされていた友人のチャーリーは彼らに相談。
だがなぜ、名前を唱えた者だったり唱えていなかったのに変死したりなのか・・・。
まず、変死に至ったのは、何か殺人に関与をしている秘密を持っていた者だと判明。
最初の父親の死は、過去に妻を病死と偽って殺害していたらしい。
その次の友人は、やはり過去にひき逃げ事件を起こしていて~。
不安にかられるチャーリーが今度はドナに鏡の前で唱えられてしまう。
チャーリーにも過去に彼女が別れを告げたために恋人を死なせてしまったと言う秘密があった。
チャーリーを救うためにも、自らがメアリーの霊を呼び出し、
鏡に戻して壊す必要があると主張するサム。
彼もまた恋人ジェシカの死についての、秘密を持っていた。
ディーンは、ジェシカの死はサムのせいじゃないと意見するが・・。
ジェシカが変死する前に、何度も警告とも思える悪夢を見ていたのに
事件が起きる前にジェシカを救うために何もしなかったという秘密を
サムはディーンにも打ち明けていなかった。
現れたメアリーの霊に目から血を流しつつも闘う兄弟。
なんとか退治に成功する。
それにしても、今回の霊は、けっこう怖かったぁ~(>_<)
鏡から這い出てくるところなんか、まるで”リング”のようだったし・・。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/129-60f1fe34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。