上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭、ミズーリ州セントルイス。
何やら椅子に縛り上げられ傷めつけられた女性。
そして救出チームが突入し、追いつめられた犯人が・・・
なんとディーン!
・・・ってことで、時は一週間前にさかのぼり、
サムが大学の友人レベッカからメールをもらう。
兄ザックが殺人容疑で逮捕されてしまったと。
ザックとも親しかったサムは、ディーンとの父親を追う旅の予定を変更しセントルイスに向かおうとする。
そもそも事件には不可解な点があり、ザックは同時間に二箇所で目撃されていて・・・。
同様な手口の事件も続けて発生し、調べるうちに、ディーンとサムは、
”シェイプシフター”と言う相手の姿に変身できる伝説の妖怪の仕業と確信する。
相手の姿を目でシャッターを切るように写すと、次には変身できちゃってるみたいだしねー。
下水道に隠れ家を発見するも、ディーンは、シェイプシフターに一撃を食らい、シャッターを切られてしまう。
で、冒頭のシーンへと繋がったのね(爆)

それにしても、このサムの友人レベッカって、
なんか老けてて・・・可愛い感じしないし、微妙に年上の奥さん風(笑)
ディーンをサムがとっさに刑事だと偽ったことにも腹立てて
サムに怒ってみたりするし、ちっとも可愛くないんだけど~ (((((^^;)

相手の姿に変身ってことで、ディーンとサムの思わぬ対峙シーンがあったり(相手は偽者だしね(爆))
ディーンのサービスシーンもあったりするけど、
脱皮するシェイプシフターの様子は、けっこうグロイです(>_<)
対峙するには、銀の銃弾を心臓に一発。(狼男もこうゆう退治だっけ?)

結局ザックの容疑も無事晴れたわけだけど、
イイのか?変身された姿とは言っても、指名手配されたままでディーン?
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/131-3a07d063

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。