上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイオワ大学の女子寮、彼とのデートにいつもよりセクシーな服を
ルームメイトから借りて出かけたローリ。
デート中、車の外で何やら怪しい引っかき音が・・・。
チラっと映ったのは、カギ爪のレインコートのような姿の男だし
なんだか”ラストサマー”風。
様子を見に車外に出た恋人は殺害され木の枝に逆さ吊り~(>_<)
それでも犯人の姿は見えなかったらしい。
唯一の目撃者であるローリに、編入生と偽って近付くサムとディーン。
目の前で恋人が殺されるということに関して、
自分も同じ目にあったと言うサム、たしかに~。
伝説の”フックマン”が犯人だとサムは主張。
フックマンの悪霊なら姿も消すことができる・・・っと。
続いてローリのルームメイトが、寮の自分のベッドで惨殺される。
伝説と、ローリの父である神父が何か関係があるのではないかと
サムとディーン。
ディーンは、伝説をたどり墓で骨を焼却。
サムはローリを見張っているが、その目前で、ローリの父が
フックマンに襲われる。
ローリの父親は信者と不倫をしていて・・。
フックマンは、不道徳と思われる行為をする人に罰を与えていた。
ローリにデートで迫る恋人が襲われたのも、
奔放なルームメイトが襲われたのもそのせいらしい。
墓は清めて焼却したが、伝説のフック(カギ爪の手)が
形を変えて教会に保存されていて、
その銀に霊が取り付いていた。
ローリの首に付けられている十字架もその一つだった。
次々と銀製品を焼却するなか、現れた霊との死闘。
間一髪で、最後の十字架を燃やして霊を退治。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/132-4b1401ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。