上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭のアリソンの夢。
何かの講演会(?)。男が一組の夫婦に注目。
妻のほうに大金をちらつかせ服を脱げるかどうかまでを問う。
妻は拒むが同伴の夫まで金のために妻に強要、
周囲の人々までも襲いかかる・・・なんか嫌~な感じの夢(爆)
ジョーが陪審員候補となる。
選ばれてしまうと仕事の時間にも支障が出るし~ってことで
できれば選ばれないようにと当日の服装にまで気を使うジョーだったが・・(しかし、あのパイナップル柄のシャツって・・ (((((^^;))
ジョーの予想では、アリソンが検事局で働いてる関係で、
きっとあえて選ばれないだろう~っと思っていたわけだが~。
なんのことはない、サッサと選ばれてしまう(爆)
そのせいでアリソンは事件に関係する資料に目が通せなくなってしまう。
へぇぇぇ~陪審員制度について詳しく知らないけど、
検事局関係者の家族を選ぶってのもねぇ、ましてや、家族が選ばれたために働く側が影響してしまうってのは、どうよ・・・なんか逆なような。
まぁ、アリソンの場合は、霊能力を駆使して仕事していると言うことを
表に出してるわけじゃないから、異議を唱えるわけにもいかないのかねぇ。デヴァロスの意見として最初に反対しときゃ良かったんじゃ?

事件は、夫による妻の殺害の疑惑。
ある夫婦が湖で過ごしているとき、酔いつぶれ、
夫が寝ている間に妻は酔って湖に転落。
検事側は、夫による信託財産目当ての妻殺しを主張。
しかし、時間をかけて湖を探しても遺体は発見されておらず~。
この夫スティーブ・ガーナーが、冒頭のアリソンの夢に出てきた
観客を挑発していた男だった。
次に見た夢では、男は森の中で鹿を追い駆け撃ち殺していて、
さらに撃った鹿の腹を切り裂き、中から出てきたものは、
人の手・・(>_<)

ジョーを法廷に迎えに行ったアリソン家族。
そこでアリソンは、鹿を背後に伴う女性の姿を見る。
内緒でスキャンロンに調べてもらうと、彼女はスティーブの元恋人だった。
彼女の口からは、スティーブの正体が・・・。
殺されたとされる妻ジェシカの実父ハモンド氏は、婿であるスティーブを高く評価していて、法廷でも彼に有利と思われる証言をしていたが
その本当の顔をわかっていなかった。
あとは陪審の評決が出るだけとなり、ようやくアリソンは資料を見ることができるようになる。
山岳地帯の地図に血の染みが作られ、ジェシカの遺体は湖ではなく、
その山なのだと。そこはハモンド家の趣味の狩猟の場所であった。
審議は無罪で終了したが、その後山では、ジェシカのバラバラ死体が
発見される。ハモンド氏もその発見現場に居たため、事実を知りショックを受ける。
そして、再度のアリソンの夢が示すように、さらなる悲劇が・・。

うーーーむ、そもそもジョーが陪審員に選ばれなければ、
なんのことはなくいつものアリソンの夢で解決が簡単に導かれた事件だったかなーって言うのもそうだし、
だいいちあれだけの大金の信託財産の相続がかかっているわけだし
検察側だって、アリソン不在においても、もっと疑わしき男スティーブの周辺、過去の人間関係についても調べ上げなかったのかな?
そうすれば、あの元恋人の証言だって簡単に浮上してきてただろうしねぇ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/143-cd256d83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。