上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディーンの携帯にかかってきた電話により、
彼らは行き先をペンシルベニアから急遽変更してミズーリ州へ。
いきなりでサムはかなり不満そうだったが、ディーンの元恋人からの
”父親が変死したから力を貸して~”の電話が入ったんですねぇ。
で、なんだか怪しいことへのhelpな要請だもんだから、
当然サムは、何?じゃぁその元カノに自分達の稼業のこと喋っちゃってるわけ?ってディーンに迫ります。(ごもっとも~(爆))
で、現地に到着。その元カノ、キャシーってのが、”4400”の
急成長後のイザベルで・・・^_^;
キャシーの父の前にも、そしてまたすぐ次の変死事件が起き、
いずれも同じ場所で、車が横転したり大破して死亡。
他の車の痕跡がないため、普通に事故死として処理されるが・・。
キャシーは、父に黒い幽霊トラックに追われているという話を聞いていた。
事件には、60年代からの深い因縁があった~。
当時黒人だけが狙われると言う連続殺人事件があったらしい。
キャシーのところへ、詳しい話を聞きに行ったディーン。
彼女との過去の別離のいきさつ、双方に気持ちの解釈のズレが微妙にあったのねーーその勘違いな部分が埋められたら、互いに我慢ができなるわけで・・・キャシーとディーンのお熱いシーン、たっぷり(*^_^*)
んんん・・・でも”4400”で、ショーンに迫るイザベルのシーンなど最近見せ付けられてるもんだから、今度はディーン相手か・・イザベル(-_-メ)なんて思っちゃいました(爆)
でも、正直なところ、こうゆうシーンだったら、どうせならお相手はジェシカ・アルバ嬢なら良かったな~~って、オイオイ、そうしたら”ダークエンジェル”になってしまう(笑)
黒い幽霊トラックに襲われての変死、次は白人の市長までも犠牲に。
市長が買った古い家の元所有者が、過去に行方不明となっていた新聞社の元オーナーのサイラスで、その古い屋敷を工事のため解体するようになってちょうど今回の連続殺人事件が発生していた。
幽霊トラック、キャシーが自宅に居るとき、まるで威嚇するように迫ってもきて・・。
(この幽霊トラック、昔の映画”ザ・カー”みたいだね、コワイわ(>_<))
キャシーは、家ごとなぎ倒されるようなこともなく、無事だったが~。
(でも、4400のイザベルなら無敵なパワーを持ってるんだから悪霊くらい自分で簡単に倒せよ~~って、違う違う~(笑))
今度の件で、それまで口を閉ざしていたキャシー母が、
ようやく昔の事件の真相を語り始める。
つまりは、キャシー母をめぐっての恋の争い。
敗れたサイラスは、大荒れ状態となり、黒人を狙った事件を次々と起こし、さらには教会に放火したり、キャシー父へも襲いかかり、
逆にキャシー父により撲殺されていた。
サイラスの死体を今回犠牲になった父の旧友たちが協力して沼に沈めていて~。
沼に沈められたサイラスの霊の仕業とわかり、さっそく沼からひきあげ
燃やして除霊作業をするわけだけれど、
当の車や死体はソコにあっても、襲ってくる幽霊トラック!
ディーンがまずはターゲットになり引き寄せておいて、
その間にサムが幽霊トラック退治の方法を。
イチかバチかで元の教会の場所にトラックを呼び込んで終了。
キャシーからは、自分は現実的なので、やはりディーンとこの先も
付き合うのは無理~っときっぱり宣言されていたけどね。
(なんだかなぁ、事件究明、解決してもらっといて、その言い草って・・(-"-)ま、イイケド、けっこうさ(爆))
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/152-7998a010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。