上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イリノイ州シカゴ。
夜、帰宅途中、何やら怪しげな大きな黒い影のようなものに追われる女性、メレディス。
なんとか自室に帰り着き、玄関のセキュリティも作動させ、
ホッとするものの、影に襲われてしまう。
(やっぱりねぇ、人間じゃないみたいだからねぇ、悪霊とかじゃ
セキュリティは意味なし・・(爆))

一週間後。新聞記事を見た兄弟の登場。
その防犯会社の設備の調査と言うことで、しっかり制服(?)モード。
(どうやらディーンがカード詐欺にて資金調達して服を手に入れたらしい)
襲われたメレディスの自室は密室であり、
発見した大家さんの話によると彼女は切り裂かれていたらしい。
そして女性警官からディーンが仕入れた情報によると、
彼女の心臓が無かったとか・・・。
現場に残った血痕をテープで結ぶと、何か意味不明の記号のような物になる。
彼女の前にも同様の手口で、銀行員が殺害されていた。
メレディスが働いていたバーで情報を収集しているときに、
そこに以前(第11話)知り合った女性、メグの姿をサムは発見する。
カリフォルニアに行ったと思っていたメグに
偶然に再会するなんて、何か妙だと感じるサムは
ディーンにデータの照会を頼み、メグの監視をする。
ディーンが調べたところによると、現場に残された奇妙な印は
古代の暗黒の悪魔ダエバの印だった。
誰かがこの悪魔を呼び出したらしい。
サムがメグを尾行すると、彼女はとある廃墟のような倉庫に入っていく。
(気付かれないようにかもしれないけど、中のエレベーター、乗るのではなくてよじ登るって・・>サム^_^;)
彼女が祭壇で呪文を唱え自分たちのことを誰かと交信しているのを目撃してしまう。(でもなんでわざわざ、自室じゃなく、あの場所なの??)
そしてそこにはあのダエバの印が。彼女がダエバを呼び出していたのか~。そして交信相手は?
また、ディーンの情報によると、被害者二人はいずれも兄弟と同じ
カンザス州ローレンス出身とわかる。
父の留守電に連絡を入れ、悪魔祓いの荷物を抱え、メグのいる倉庫に乗り込む二人だったが、それは彼女の罠で、ダエバによってあっけなく兄弟は捕らえられてしまう。
犠牲者は兄弟を誘いこむための罠で、さらに兄弟の身を案じるはずのジョンを呼び出すことを目的としていた。
反撃し祭壇を壊し、ダエバによってメグは転落。
(でも、悪魔の娘なんだよねぇ・・転落したくらいじゃ死なないだろう・・)
傷だらけになって部屋に戻った兄弟を待っていたのは~。
久々の感動の再会に浸る間もなく、兄弟、そして父ジョンに襲いかかるダエバ。なんとかその場を切り抜けるが、自分たちが父の弱点と指摘されては行動を別にするしかないと判断するディーン。
また別れが~。
そして、もちろん、メグは生きていて、様子を確認してるし。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/158-c47a173c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。