上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭、アリソンがいつものように朝起きてくると、
キッチンで料理してるのは、ジョーではなく別の男。
次々と娘らもやってくるが、アリエルもブリジットも違う娘・・
(マリーは同じように見えたけど、やっぱ違う?)
驚きとともに倒れて床で目が覚めると、心配そうに覗きこむ
いつものジョーやアリエルら・・・。
アリソンはかなりひどく頭を打ったらしく後頭部には大きなコブが~
ジョーは処置をどうすべきか保険会社に電話している。
ブリジットは、アリソンの頭の具合で記憶をたしかめるために
質問攻め。
生まれ場所は~?に答えられないアリソン。
結局、ジョーの同僚の奥さんの紹介で、ジョーに連れられアリソンは
MRIの検査を受けに行く。
待っているときに定期的にMRIを受けにきている男サウンダースと出会う。
彼が検査を受けているときにモニター室から見学させてもらうことになるが、そのとき、アリソンに見えてきたものは・・・。

売春婦達が並ぶ街をゆっくり過ぎて行く車、運転手はその男サウンダース。ジェイドと言う名の一人の売春婦を車に乗せ~っと思ったら、
なにやら次々と女性は複数現れ~。
家に連れ帰りベッドで・・・そこでも女の顔は次々と変わり~。
そして”砂漠は好きか?”の問いとともに枕を女の顔に押し付ける。
そこで正気に戻ったアリソンだったが、その男が犯罪をおかしているのではと、さっそく問い合わせる。
検査結果は問題なかったが、小さなピーナツ型の静脈性血管腫があることが判明、先天的なもので特にこれも問題はないが、
そのせいで、けいれん発作や場合によっては幻覚のようなものを見る場合もまれにあると医師の話。

スキャンロンからアリソンが問い合わせていたジェイドと言う女性の行方不明情報が届く。
サウンダースが犯行に及んでいる可能性をアリソンは主張するが
彼に疑わしき背景がないことからスキャンロンに却下される。
ならば・・っと直接、偶然を装ってサウンダースのコピー店を訪ねたアリソン、彼にジェイドの行方不明のビラを見せ反応をうかがうつもりが、店の奥から彼の妻アンジェラが現れ驚く、彼女はジェイドそのものだった!

ジョーの科学者的興味もあり、アリソンと同様に霊能力を持つ娘達の脳のMRIも撮ってみたら~っと言う提案。
アリソンは反対するが、好奇心旺盛なブリジットは自ら志願。
やはり同じような血管腫が映る。
そのとき隣室でまたサウンダースが検査を受けてたようで、
再度アリソンは彼の犯行を示唆するようなビジョンを見る。
デヴァロスに訴えるも取り合ってはもらえないところに、
サウンダースの妻アンジェラが検事局にアリソンを訪ねてやってくる。
彼女の告白から、実は彼女こそ元売春婦のジェイドで、
客として現れたサウンダースに拾われ、その夜、ヒモが最中に彼の部屋に侵入してきたところでもみ合いになり、
サウンダースは頭に銃撃を受けていたのだった。
事件後、それまでの記憶をすっかり失くしたサウンダースと病室を見舞う形で知り合ったジェイドは、事件後更生し、そして二人は恋に落ち結婚していた。
ジェイドの他に被害者がいなければ、きっとそのまま事件にフタをしてしまえるのだろうけれど、彼が記憶を失っているが、被害者の売春婦はそのまま砂漠に埋められている可能性が。
デヴァロスの資料にサウンダースの車に同乗している他の被害者の当時の写真を見て、サウンダースを検事局に呼び出すことに。
やはり何も覚えていなかったのだが、アリソンの”砂漠は好き?”の問いかけにより、彼の記憶の隙間が埋められ・・。
砂漠からは次々と犠牲者の遺体が発見される。
犯人を捕まえ、事件を解決したものの、記憶を失ったままの現在の生活が平穏だったサウンダースとアンジェラ夫妻には、厳しい結果となったのねぇ。

そうそう、アリエルのMRIの診断結果では、アリソンやブリジットと同様の血管腫はなかった。
素直に結果を喜ぶアリソンと、霊能力と血管腫の因果関係に興味を持ち、デュボア腫とでも名づけて究明しようと興味津々だったジョーは
かなりガッカリ~でした(爆)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/167-bb470d49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。