上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭、いつものようなデュボア家の食事風景なのかと思えば、
えっ、誰?この少年ブライアンって・・・ってとこで
そうだよな、冒頭の夢なのだよな~っと思いつつ眺めてると、
どうやらデュボア家の長男らしいブライアン君、ノドに何か詰まったように苦しみだして・・・アリソンの夢、どうやら春には恒例の悲しい夢らしい。

そしてそのまま朝早くに向かったコーヒーショップで
店長クリスティンの死体を発見することになるアリソン。
彼女の追悼式に出席すると、そこでブライアンの姿を一瞬見かけたような気がし・・。
容疑者として別居中の夫の聴取も行われるが、アリソンは彼から何も
感じることはできず。
一方、コーヒーショップの従業員ファイルにブライアンそっくりの少年ジェシーを発見。
彼の家までコッソリと確認するアリソン。
流産した子とその少年ジェシーをまるで重ねあわすかのような
アリソンの想いに戸惑うジョー。
そうか、そうゆうことだったのか・・・ここにきて一つ明らかになる
アリソンの秘密なのね。

そしてまた夢では、今度はブライアンが血まみれで家に戻り、
彼にシャワーを促し、血まみれな衣類を片付けるアリソン。
そして、現実では、デヴァロスからの連絡で、
近所の少年ジェシーが容疑者としてあがり、
母親同伴で事情聴取が行われる。
いつもの事情聴取風景より、アリソンが少年ジェシーに関して
自然と肩入れしてるというか、好意的に発言してるのが目立つ。
やはりアリソンにとって、ジェシー=夢に見る息子ブライアンなのよね。
そして、さらに、母親が捨てたと思われる血まみれの衣服が
アリソンの夢どおり発見され、ジェシーの容疑は否定できないものとなるのだったが・・・。
クリスティンの検死解剖所見から意外な事実を導き出すアリソン。
そこには、ジェシー母とクリスティンの過去の秘密があった。
産み落としたこともドラッグ中毒のためにさだかではなかった実母と
腕に抱きそのまま実子として15年を育ててきた医者である養母。
予期せぬ再会さえなければ、命を落とすことも、犯罪者となってしまうこともなかったのにねぇ、解決しても、なんとも深くツライ事件でした。

今回のデュボア家には、もう一つ変化が。
ブリジットがクローゼットで内緒で飼い始めた迷い犬(アンガス)。
いつものこんな状態のデュボア家なので、また一つジョーの仕事が
増えて・・・って感じだったけれど、
ビラなどを貼っても飼い主が見つからず、しょうがなく飼うにあたっては~っと獣医に診せたところ、アンガスは高齢だし病気も重く、
余命わずかだと判明。
すっかりアンガスにベッタリとなってしまったブリジットに
その事実を告げるのにジョーもアリソンも大変な覚悟を強いられる。
・・・が、そうだったのねー、ブリジット、最初からちゃんと彼女の能力でか全て承知済み。
じゃぁなぜ何も言わなかったかと言えば、ジョーが悲しむのを見たくなかったから~って。泣かせるぅ~。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/168-63816565

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。