上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このスタートに先駆けて、先日WOWOW無料放送の日に放映のあったのは
なぜか第5話だもんねぇ~普通、初回の放映が多いと思うけど
なんでだったんだろう~?この初回って地味?それとも内容的に?

・・・なぁんてことも思いながら観始めた第1話。
シアトルで若い女性の誘拐殺人事件が多発している。
いまも、車の売買のサイトで、好みの車を試乗させてもらっていたはずの女性が突然誘拐される。
FBIの行動分析課(BAU)は、半年前に凶悪犯の事件に関わって以来
(犯人は逮捕したものの、6人の殉職者を出してしまったらしい)
現場を離れ、教官として若手の育成に携わっていたベテラン捜査官ギデオンに
現場への復帰要請が~。(ただし、任務可能かどうかの査定も同時なわけね・・)
ギデオンを演じるのはシカゴ・ホープでガイガー医師としてお馴染みだったマンディ・パティンキン。
久々にじっくり見ることになったけど、だいぶ顔なども細く(?)なった様子だし、雰囲気微妙に変わったよね。
年齢のせいか、だいぶコテっとした感じは弱くなったかも~(爆)
(でも、実は、チョット苦手なんだなぁ・・・ (((((^^;))

同じシカゴ・ホープで共演してたトーマス・ギブソンも
ホッチナーとして再共演。
そのほかに数名がこの行動分析課のチームなのだけれど、
そのなかでもドクター・スペンサー・リード!
なんか彼が異彩を放ってて期待大!

事件のほうは、誘拐進行中の女性被害者をなんとか救出しようと
時間とのたたかい。
まず一人の容疑者が浮かび、さらには真の実行犯が判明し・・・っと、
ギリギリのところで救出も成功して事件解決。

ただし、冒頭のギデオンがプロファイルし講義してる連続殺人鬼と
偶然の接触(?)のラスト・・・犯人、ショットガンを背後でかまえてましたけど~~なんなの~?
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/169-69b7ee76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。