上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
診察嫌いなハウスが徹底してサボっていると、
当然ながら彼のチームの優秀な医師達3人も暇になってしまうわけで・・
そんな彼らにメールやクロスワードで時間を潰させるとは~
カッディが知ったらさらに激怒だろうに(爆)
予約をしたと両親が連れてきた患者(実際はキャメロンの仕業だったが)は、16歳の少年。原因不明の複視と夜驚症を訴えている。
彼の足の痙攣を見逃さなかったハウスは入院を指示する。
だが、病名は~?
髄液検査結果から治療法が確定されていない多発性硬化症が疑われるが、
その後患者が無意識で屋上から飛び降りようとしたことから
やはり夜驚症であり、硬化症ではない。
しかし症状は悪化していて、病名の特定ができない。
ハウスが(勝手にやった)DNA検査から少年が夫婦の実子ではないことが判明。
そして、発症せず突然変異した麻疹ウィルスが原因とわかり、
やっと治療法が確定。順調に回復する。

少年本人が養子であることを以前からわかっていた理由に
アゴの割れ。
遺伝によるもので、優性遺伝なんだとか・・・へぇ~知らなかったぁ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/17-e98c73ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。