上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初は、FOX CRIMEでの放送だったので、あきらめていたら
本家FOXでの一挙帯放送が始まり、
さらにはそのままもうすぐシーズン2の放映もスタートするので、
録画ぶんを少しずつ攻略中♪

第1話 狙われたエア・フォース・ワン

エア・フォース・ワンにて任務中の海軍中佐が
突然死する。
もちろん大統領はすぐに機を降りるが、
現場では同行のシークレットサービスと駆けつけたFBIで捜査権限の争いに。
さらに検死にやってきたのは死亡したのが海軍中佐とあってNCIS。
FBIを締め出し、同行していたシークレットサービスのケイトを乗せたまま機は離陸。
死体の検死を行うために、まんまとFBIやシークレットサービスを出し抜いたNCISだった。
検死結果では死因は脳卒中だったが、中佐はもともと代替任務で、
当初の予定ではケイトの元恋人のケリー少佐が任務に就くはずだったが風邪で交替。
そのケリー少佐もその後中佐と同じ症状で急死。
全ての原因は・・・アビーの調べにより毒蛇の猛毒をクリーニング店を経由して
軍服に仕掛けられ、アルカイダの仕業と判明する。
事件により大統領の乗る機を変更させることにあった。
同乗していたため直前でメディアに紛れて搭乗していたテロリストから
大統領の身を守ることに成功したNCISのギブス。
シークレットサービスに辞表を提出したケイトには
即座にギブスじきじきのスカウト(爆)

第2話 パラシュートの罠

車中のカップルに頭上からいきなり降ってきたものは・・・。
海兵隊の訓練でパラシュートが開かず落下したらしい。
死亡したのはサンパー隊員。
鎮痛剤も服用していて反応も鈍っていたおそれも。
パラシュートの整備担当ラムジーが疑われるが、
彼は否認する。
予備傘も含めて細工をしていた犯人。
自白させるために降下訓練を再開させ、ギブスもディノッゾも参加する。
真犯人は入隊後も麻薬の売買を続けていたことをサンパー隊員にバレて犯行に及んだらしい。
どさくさに紛れて降下することになる(突き飛ばされた~って感じね(爆))ディノッゾ、
無事で何よりデシタ(笑)
ケイトは早くももうすっかりNCISに馴染んだ感じ。

第3話 船乗りの真実

夜の砂浜、楽しむ学生達のグループに数発の銃声とともに乗り上げ突っ込んでくる無人のボート。
これといった事件がないとセクハラ講習会への出席が予定されそうになっているNCISのメンバー。
そこへ飛び込んできた事件がコレ。
海軍中佐の死体が発見されたとの連絡。
近くの海岸でも麻薬売人の死体があがっているとのことで、
海軍中佐の麻薬の密輸への関係も疑われる。
中佐は麻薬撲滅プログラムの主催者でもあったのだが~。
売人の死体からは偽札も発見される。
結局、中佐からだけは硝煙反応もなく、巻き添えで銃撃を受けたと判明。
売人らのボスから事情聴取し、彼らが使った船を発見、検証。
偽札の件をシークレットサービスの同僚にケイトが問い合わせると
FBI捜査官がくっついてきた。(爆)
同様の偽札は9・11のテロリストも使ったものと判明、
単なる麻薬売買ではなく電力供給の爆破を狙ったテロ絡みだった。
ギブスらが駆けつけ、送電線の爆破を未然に防ぐ。


第4話 不死身の戦士

サメが出ると言う海域に飛び込んだ無謀な若者。
・・が発見したのは、重りを付けて沈められた駆逐艦水兵の死体だった。
行方不明とされていた彼は剣を付け式典用の正装で沈んでいた。
遺族に話を聞きにいくディノッゾとケイト。
元殺人課なくせに遺族に聴取した経験がないと言うディノッゾ。
艦での調査にあたると、水兵マクドナルドは能力は高かったが内向的な性格で
最近は少し妙だったと言う証言も。同時に剣術の指南書も発見される。
遺体の衣服からはオンラインゲームのキャラクターシートが発見される。
自殺とも他殺ともまだ判明はしないが、彼がカトリックであったことから
大罪であるはずの自殺はあり得ないとするケイト。
剣の購入に関して、念願のプエルトリコでの調べにあたるディノッゾ。
同じゲームに興じる乗組員たちのなかに容疑者が浮かんだり
マクドナルドがゲーム上で綴った日記が明らかになる。
ゲームでの戦いから高じて現実世界での戦いとなった若者達。
挑発を受けて現実との区別も付かずにのってしまった悲劇。
乗組員全員への恨みも抱いていたマクドナルド、
その究極の艦長への爆弾の仕掛けもあったが、ギリギリで判明して防ぐことができた。


第5話 ミイラの呪い

メリーランド州の公園でハンターが埋まった海軍のタンクを発見。
中にはミイラ化した死体が。
認識票から身元も判明。120万ドルとともに姿を消していた大尉だった。
空母のタンクではあったが、もちろんそのなかには現金はなく。
大尉の死因は刺殺。
殺害されたと思われる日に出産していた未亡人は当時の同じ空母の乗員と再婚していた。
当時担当した捜査官(現在はハワイ在住のためディノッゾはハワイに向かいたがったが)に
TV電話で聴取するが、当時の捜査はかなりいいかげんで、
寄港する空母に合わせてハワイから捜査官も呼びつけるギブス。
未亡人と再婚していた元乗員は、彼女に夫の同僚だと打ち明けていなかった。
その理由の説明にケイトが受けた印象で映画「偶然の恋人」(ベン・アフレック主演)の話が登場する。
元乗員には疑わしい者が他にも、除隊になったあと豪華な暮らしをしている女性乗員もいて
彼女の話では宝くじに当たったからだということだったが・・。
共犯の元乗員も浮かぶが既にメキシコで殺害されていた。
ペンシルベニアから事情聴取に任意出頭させた彼女に偽指紋鑑定結果をもとに
自白を導き出すNCIS。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/170-459ed321

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。