上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) Vol.1 SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) Vol.1
ジャレッド・パダレッキ、ジェンセン・アクルス 他 (2007/08/10)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


あの衝撃のシーズン1のラストから続く、シーズン2第1話デス。
ほとんど瀕死状態のディーンと、悪魔は身体から抜けていったけどボロボロの父ジョンを連れ、
やっぱりボコボコにされた顔も痛々しいサムが
運転してともかくも病院へ・・っと向かう横っ腹に
これまた悪魔にのり移られた男が運転するトラックが・・。
運転手は彼らにトドメを刺しに近付いてくるけれど、
コルトを向けながらも(貴重な銃弾はあと一発!)銃ではなく、
どうやらサムが自分の力を使った(?)ようで悪魔を撃退、
また黒い煙のようになって男から抜け出て逃げて行き・・。

病院のベッドで目覚めたディーン、父や弟も心配だしフラフラと院内を
歩き回るも、誰も自分の存在に気付いてくれず~。
そう、彼自身は、重体でもちろんベッドに数々のチューブや器具とともに意識不明で横たわっていて、
動いているのは幽体離脱状態のディーン。
病室に訪ねてくるサムや別室でやはり入院中の父の側で喋っても
誰も気付かず~。
ジョンから、ペシャンコになった車からあのコルトを持ってくるように指示を受けるサム。さらに、ジョンの旧友ボビーあてには集めて欲しいもののメモが。
ジョンは護身用と言っていたけれど、ボビーはメモの中身を見て一発で
ジョンの意図がわかったようで・・・。

コルトやジョンに指示された物を持ち帰ったサムだったが、
ボビーを問い詰めて全て教えてもらったのか、ディーンが瀕死状態のときに悪魔を呼び出そうとしているジョンとまた大喧嘩!
幽体離脱状態のディーンは間に挟まれるも仲裁もできず・・。
これまで霊を感知するのは怪しい機械(爆)かサムの能力に頼るのみなディーンだったが、自分の身が離脱しちゃってる状態だから
いままで見えてなかった何やら霊らしきものが見える。
透明で素早く、死にかけた患者のところで襲うように死へ導いている死神のような霊に遭遇。
さらには、自分と同じように他のものに気付いてもらえない状態のテッサと言う女性患者と出会うが・・・。
一瞬心停止状態になりかけたディーン、離脱したディーンが死神を追い払いとりあえずもちこたえる。
サムはそのときディーンを感じたような気がして、
霊のように彷徨っているディーンと会話するためにと、用意してきたものは・・・(爆)ウィジャ・ボード(ミステリーボード)って言うんでしたっけね^_^;
そして、テッサは、同じような瀕死の患者ではなく、まさに死期を向かえているディーンを連れにきた死神だった。
あきらめず抵抗するというディーンに、このままでは、彷徨う悪霊になってしまうだけだと彼女は告げる。

その間、ジョンは病室を抜け出し、用意させた物を並べて
例の悪魔を呼び出していた。
そして一発銃弾が残ったコルトと引き換えにディーンの命を救うことを
悪魔と取引しようとするが・・。
悪魔が要求するものは、さらにもう一つ。
そしてディーンがテッサの言葉により覚悟を決めようとしていた時、
あの黒い煙のような物体がテッサの身体に入り~。
その力により、ほぼ危篤状態だったディーンが奇跡の生還。
それを確認して、最後の会話をサム、ディーンと交わしたジョンは・・・。
悪魔との取引、もう一つの要求は、脅威な存在のジョンの命だった。
去る寸前に、サムには内緒でディーンの耳元でささやいたジョンの言葉が気になる~。ディーンは全てを理解してたような感じも受けたけど・・。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/174-4e9725a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。