上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
穏やかそうな黒人教師が携帯で話したあと、
顔馴染みの銃砲店に現れ、突然店の猟銃を手に発砲。店主を銃殺。
さらに自分も直後に猟銃自殺・・・っと言うビジョンをサムが見る。
エレンの店に寄りアッシュの協力でビジョンで見たバスのマークから
街は判明したがそこに悪魔の居る気配はないものの、
サムと同じような境遇の男、アンディの存在がわかる。
アンディの周辺を調査中、ビジョンの光景の黒人男性を発見、
サムは店に先回りし発砲事件を未然に防ぐ。
ディーンはアンディを尾行するが、降りてきた彼の言葉によりなぜか
愛車を彼に渡してしまう。
事件は防げたものの、直後にかかってきた電話により男はバスに飛び込み死亡。
アンディの言葉によるコントロールによるものと思われるが、
遭遇したアンディは、否定。同時にサムには彼のコントロールは通用しない。
そのとき別のビジョンが浮かんだサム、そのとおりに女性がガソリンスタンドで給油後自らガソリンをかぶり火を付け焼死。
死んだ女性は、養子だったアンディの実母だったと判明する。
先に死んだ男性はアンディの養子縁組に尽力した教師だった。
そしてアンディには生まれてすぐ生き別れになっている双子がいて・・。
アンディの元恋人の店に8ヶ月前にやってきて従業員となっているウェーバーこそが、アンディの双子の片割れだった。
彼にも同じようにコントロールする能力があり、実母や教師の殺害をしていた。
自分達双子を離れ離れにしたと恨んでの凶行だったが、
彼の前にあの黄色い目の悪魔が現れ、アンディの存在を教えたり
能力のことを告げたり、殺害を導くことをしていたらしい。
次にアンディの元恋人トレーシーをダムから飛び降り自殺をさせようとウエーバーが企むところを兄弟とアンディで救おうとする。
離れたところから銃でウェーバーを狙うディーンだったが、
ウェーバーには言葉無しでもコントロールする力が備わっており
むしろ銃を自分に向けてしまうディーン。
とっさにアンディがウェーバーを射殺して皆無事。
検証にやってきた捜査員たちもアンディの力により、ウェーバー自殺で落着。
今回の事件で、サムと同様に能力を持つ者たちに、霊の悪魔が接触してきていることが判明、悪魔の言う計画とは、いったい何なのだろうか・・。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/180-41c5ff58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。