上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリフォルニア州サンディエゴの住宅地、白昼、
自宅でエクササイズ中の主婦が侵入者によりレイプ殺害される。

その頃BAUでは、天才君ドクター・リードの24歳の誕生日が和やかに祝われている。
・・っと言ってもその頭にはケーキ型の帽子、そしてケーキには
マジックキャンドルが灯され、チョットからかわれ気味?(爆)
世界でJJだけが自分のことを”スペンス”って呼んでくれる~って
ほぉ~天才君は、JJに(*^_^*)なのね・・・。
でも、「スペンス、おいで~」ってほとんどペットか子供を呼んでる状態だったけど~(笑)

事件の一報が入り、チームは、サンディエゴ入り。
犯人は”トミーキラー”と呼ばれる連続レイプ殺人鬼。
被害者の目を接着剤で見開かせているかららしい。
連続して起きているが、途中から犯人は現場に17世紀のバラッドを
書き残している。さらに現場から物を盗んでいないが荒らしている。
ギデオンらが地元刑事の案内で昨日の現場の検証に向かったとき、
署近くで新たに未遂事件が起きる。
地元刑事はすぐに今日の現場へ急行するが、ギデオンとモーガンは
マイペースで昨日の現場の検証。(このあたりが違うのかしら~)

未遂事件は、ちょうど夫が帰宅して犯人が逃走したらしいが、
その目撃によると黒人男性と言うことで、ホッチナーは、異人種間の
連続レイプ事件は珍しいと言う感想。
(しかし冒頭の被害者にしても、今回の未遂事件にしても、狙われたのがそこそこ年配?あまり若くないよねぇ。他の犠牲者は若い人もいたようだけど・・・)
エルがその主婦に静かに事情聴取をすることで、犯人の人種は不明、
さらにスキーマスクを被っていたことがわかる。
チームのプロファイリングにより、未遂事件の犯人は今回の連続殺人鬼”トミーキラー”とは別人とわかる。
真のトミーキラーを刺激するため、JJが報道発表中に今回の未遂事件の犯人逮捕連行の絵を流す。
署に電話がかかってくることを見越して、BAUのペネロープが逆探知をする手はずになっていたが、かかってきた電話はなぜか彼女の探知からすり抜け・・・怒った犯人が犯行予告宣言をするも、場所が特定できないまま、警戒態勢に入る。
逆探知に失敗したのは、犯人の電話が25の変電所を経由していたから。さらに、ギデオンは、パトカーがうようよといる通りで犯行に及べる犯人に疑問を抱き、電線に止まる鳥からヒントを得て・・さらにペネロープに業者の調査をさせ電話修理業者を特定する。
現場に急行し犯人のトラックを発見するも襲われている家が特定できないままチームが捜索、ギリギリのところでギデオンが発見。
犯人の自己顕示欲を利用して投降逮捕に成功する。

帰りの専用機のなか、ギデオンからリードへの誕生日プレゼント。
JJがアメフトチームのファンだということで、そのペアチケットを天才君へ。いまだデートに誘った経験もないと言う天才君。
念願のJJとの初デートとなるとイイね~~(爆)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/182-c3494337

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。