上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴァージニア州の山中でトレーニング中の若いカップル。
女の子のほうがチョット休憩中に周囲の異常な雰囲気を感じ進むと、
先に行っていたはずの男の子が頭から血を流し倒れていて・・・
・・・っとまぁ、これがCSIあたりだと、そこでオープニングになり
事件発見~なんだろうけども、
しっかり女の子のほうも何者かに襲われ悲鳴が響く。
山中で男の子アダムの遺体を保安官らが発見するも、
その場に女の子の姿はなく、頭が割れていると思われる古い人骨が。
さらに現場に悪魔崇拝らしき印が描かれていたことから、
BAUの出番となる。

リード君は、このところ悪夢が続きお疲れな様子。
そして悪夢を見たくなくて、コーヒーで抵抗?
それにしても、あんだけ砂糖を入れて・・・(>_<)

保安官らと現場をチームが調べているところに、女の子の母が血相を変えて現れる。
アダムと一緒にトレーニングに出かけているはずなのに
娘チェリッシュが戻らないと~。
そこで一気に、被害者、または行方不明者がもう一人いることがわかり
さらに大騒ぎに。
(その時点で、現場の足跡や様子から、同行者がいたと判明しなかったのかな?
CSIあたりだと、すぐわかっていそうな・・)
複雑な山の地形に熟知し、しかも屈強なアメフトのスター選手を石で一撃、
さらにもう一人を拉致して姿を消しているところから、
地元の者の犯行が疑われる。
少女の発見も急ぐし、州警察到着を待たずに、地元の人達に捜索ボランティアを募り、
そのなかから怪しい人物を探そうというチームの狙い。
JJが送ったボランティアのリストから、ガルシアが人物一人一人の
データを洗い素行調査。
怪しい人物は、チョロチョロといそうだが・・・。
捜索中、あらたに次の犯行予告とも思われる紙片も発見される。
カリスマリーダーの居るカルト教団の捜査を絞り込もうとするなか、
保安官息子コーリー情報により、条件的に符合する人物と集団が浮上。
彼を連行し取り調べることになるが・・。
捜索現場でも何か訴えたげな少女を発見するギデオン。
一人残り、彼女の話にじっくりと耳を傾ける。
発見された古い人骨の件についての真相を告白し始める。

連行されても悪態をつくような教団のリーダーな若者だったが、
現場の写真などに対して全く見たこともないと否定。
どうやら彼らの犯行に何者かが偽装したらしい。

教団の場所に残っているモーガンとリードのところに
保安官息子コーリーが戻ってくる、彼の話で離れと呼ばれる奥の建物に
踏み込むモーガンだったが・・・そこには、チェリッシュの遺体が。
リードに用事を言い付けて現場からわざと離した時点で、
モーガンのコーリーに対するプロファイルが~。
その頃、少女の告白に基づいて、やはりコーリーの犯行をプロファイルし
保安官にギデオンが告げていた。

そして現場では、せっかく用心してモーガンが遠ざけたのに
ノコノコとリード君戻ってきて、モーガンに犯行の全てを突きつけられていたコーリーが
リードを楯にして危機一髪!
思いの通じないチェリッシュの相手アダムに敵意を抱いたコーリーの犯行だったらしい。
それにしても、いくらプロファイルに憧れている少年と言っても、
あまりも犯行が残酷だし、カルト教団の仕業に偽装するなんて、
悪賢いにもほどがある・・・(>_<)
地元の者を信じてやまない保安官にとって、まさかの息子の犯行。
ショックだろうねぇ。

帰路、リード君の悪夢を気づかうギデオン。
リードにモーガンが説明し途中になっていた話のよう。
救えなかった犠牲者の悪夢は皆が見ている、それだけ残酷な事件を
たくさん扱っているからしょうがない。
無事に救出できた人からの感謝をこめて届く家族写真を見せ、
それを見て、そして誇りを取り戻し安心して眠りに付くとアドバイス。
これで、リード君の寝不足も少しは和らぐかな。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/193-fb1ae810

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。