上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追手からクロエを逃がすために、マイルズの目もごまかしながら
力を合わせるブキャナンとカレン。
(急に息が合いだした・・・謎爆^_^;)
クロエをなんとかホテルのバーに身を隠させ、ジャックが乗り込んだ外交機の情報を探るカレン。
情報をクロエの端末に送り、ジャックに知らせる模様。
貨物室から乗り込んだジャック、まずは乗り合わせている航空保安官を一撃し化ける。
ヘンダーソンと接触したと思われる男を貨物室に連れ込んだジャックは、彼にデータの場所を迫るが・・。

ローガンの告白に動揺が隠せないマーサ。
まずは薬をマイクにせがむ。彼女のただならぬ様子にマイクは何かを察知。

ヘンダーソンと関与していると思われた男はシロで、
保安官が気が付いたため、貨物室に閉じ込められ、
ハイジャックを疑われ、その対策として減圧されてしまう。

ジャックとカレン相手に緊迫な瞬間なのに、バーの酔客に絡まれかかり
思わずスタンガンで退治するクロエ。(爆)

機長と交渉するが拒まれ、ジャックは実力行使に出て、
貨物室から客室に上がるが、ほとんどハイジャック犯状態~ (((((^^;)
ジャックが外交機を乗っ取ったことを知るローガンやグラハム。
早急に着陸させジャック拘束の指示を出そうとする。
もちろん、ヘンダーソンとの接触相手が誰だかわからない今、
着陸してしまっては、相手を逃がし、データも取り戻せないと、
ジャックは機長にまずは飛行を続けることを強要するが・・。

一方、CTUにブキャナンは連行されてくるが、上司カレンの行動に
疑問を抱くマイルズは、さっそくマイクに報告するが
思うように相手にされず~。

ローガンは、ジャックの手に証拠が渡ってはマズイと焦るばかり。
カレンには即刻、機を着陸させ、ジャックの生死はかまわないから
すぐに拘束するように命令を出す。
傍らで動揺この上ないローガンの様子を見るマイクは、
納得がいかず、やはり不信が募るばかり。

クロエの調べにより、ヘンダーソンと関わっているのは、
急遽変更で乗り込んだ副操縦士と判明。
操縦室に乗り込みなんとかデータ奪回に成功するジャック。
しかし、事態の動向を感知したグラハムがローガンに次に指示するのは
証拠を葬るために機ごと撃墜の案だったっ!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/196-f2030fff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。