上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぁこれだけ次々と身分詐称やカード詐欺も含め
アタリマエのようにやらかし(爆)あのセントルイスのシェイプシフターな事件では
容疑者ディーンとして死亡までしている兄弟のことだから
ちっとも驚かないけど~ (((((^^;)

ボルティモアで、殺人容疑でディーン逮捕、兄弟揃って取り調べられている。
(担当官ダイアナが、あの「エクソシスト」のリンダ・ブレア!)

父ジョンの旧友らしい弁護士トニー惨殺を新聞記事で知り、
兄弟は駆けつけたらしい。
そして保険屋を装いその妻キャロンに二人は会う。
その後、現場を調べたあと、ディーンが一人キャロンのところに
戻ったときに、既に彼女は夫と同じように惨殺されていて、
その場に踏み込んできた警察にディーンは殺人犯として逮捕されてしまったらしい。

トニー殺害現場にも、キャロンの自宅FAXにもズラっと並べて書かれていた”ダナシャルプス”と言う文字。
名前ではなくて、アナグラム(文字の入れ替え)だと気付いたディーンは、ちょうどやってきた公選弁護人に知ってる単語はないかたずねると
アッシュランドと言う通りがあるらしい。
その頃、調書を作成中のダイアナのパソコンにも、また同じ文字の連続羅列が現れる。
メモをサムに渡すのを弁護人に頼んだあと、
自供をすると皆をディーンが集めている隙にサムは姿を消す。
ダイアナは、トイレで急に蛇口から一斉に水が出たり、
さらに鏡にはまたあの文字、そして、霊の姿を目撃してしまい、
思い余ってディーンに相談。ディーンは、彼女の手首のあざが
トニーやキャロンにあったことから、すぐにサムに話すようにすすめる。
サムが調べたアシュランド通りでの行方不明者顔写真に
ダイアナがトイレで見た女の霊、クレアがいた。
ヘロイン取引の犯歴のあるクレア。ダイアナも相棒ピートも殺人課の前に麻薬課にいた。
導かれるように二人が行った建物で壁に封じ込められたクレアの死体発見。ダイアナの手首のアザのように縛られ、首にはネックレスが。
そのネックレスはダイアナがピートに貰ったオーダーメードの物と一緒。
クレアの霊は、実は(トニーやキャロンを)襲ってはなく、
自分を含めて殺害した真犯人を教えていたのだった。
一人夜中にディーンの護送をするピート。もちろん魂胆は・・・。
サムとダイアナが間に合い、さらにまたクレアの霊にも助けられて
兄弟もダイアナも無事、事件を自白したピートはダイアナに射殺された。
今回のゲスト出演が、リンダ・ブレアだってのが、なんかスゴイね(爆)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/202-f6656819

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。