上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の冒頭は何やらセピアな感じ・・

実はコレ、もうかなり前に見終わってるんだけど、
アップするのに時間かかったかかった~。
なんとなくだけど、セピアものって苦手~(爆)
で、それが多少影響して、
このエピで次々と滞ってしまったの (((((^^;)

1938年らしい、ミシシッピ州グリーンウッドの酒場で
男がギターを奏でている。
その後、追われるようにして小屋に入り固く戸締りするが
恋人(?)が駆けつけて来たときには、黒い犬が・・っと言う言葉を残し絶命。

そして、兄弟。
ディーンは、”正式に”FBIの指名手配になってるらしい。(やれやれ^_^;)
建築家が野犬の害を訴えながら、数日後のマンションから転落死。
彼の仕事仲間に聞き込む兄弟。
死んだ建築家は、元バーテンダーで、急にデザイナーとしての仕事で
成功したらしい。
他にも野犬の害を訴えていた医師が行方不明。
彼女も急に医師として成功を収めている。
その女医の潜伏先(?)には、急にゾンビのように変身する男がおしかけていた。

二人に共通する”ロイズ・バー”がある場所にやってくる兄弟。
その店の前の十字路には、儀式に使う”ノコギリソウ”が咲いている。
十字路の中心を掘ると・・悪魔を呼び出すまじないの箱が。
成功を手に入れるために、悪魔との取引をしたのだった。
その箱の中の写真の人物を訪ねる兄弟。
絵を描く彼は、悪魔に名声や成功ではなく、才能を望んだらしい。
だから、売れない絵がどんどん増えていくだけだと・・。
そして悪魔がバーに居座ったために、取引をする者が次々と出て、
先に犠牲になった建築家や女医や~。
たしかもう一人いる~っと言う彼自身は、ただ絵を完成させるだけが
望みで、自分がまいた種、悪魔との取引を終わらせようとしていた。
10年前に悪魔と取引をしたもう一人の男エバンの所を訪ねる兄弟。
彼はガンを宣告された妻の命を悪魔と取引していた。
サムをエバンのところで守るために残らせ、
ディーンは悪魔祓いをしに向かうと言う。
悪魔との取引と言うことで、ずっとディーンが何か思いつめている風なのを指摘するサム。
しかしディーンの決意は固く、十字路で自分の写真を箱の中に入れ、
悪魔を待つディーン。
出てきた悪魔(なかなかに美女!(爆))に
父をこの世に戻す代わりに自分の命を差し出すと言う取引を
もちかける。ディーンの命としては10年の猶予をあげると言う悪魔。
そして油断した彼女を封印の描かれた塔(?)の下におびき出す。
出して欲しければ、エバン夫婦の命を助けるという条件を出すディーン。
条件が聞き入れられ、悪魔も無事に(爆)また黒い煙になって退散。
ただ、ディーンのために自分の命と引き換えの取引をした父が
限りなく苦しい状況に置かれていると言うまた凹ませるようなことを
告げられてしまったけどねー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/203-519397d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。