上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テネシー州の小さな町で64年ぶりに殺人事件。
しかも連続で猟奇殺人事件。
そして微妙に手口が違う、別の犯人なのか、精神異常者なのか・・。
ギデオンが松葉杖姿で登場。
死ぬまでにやりたいことリストを片付けるために、スカイダイビングをして
着地を侮ったらしい~。
(そういえば、親戚にもそうゆうオバサンがいたっけな・・(爆))
現地に向かい、さっそく犯人の行動の分析をするチームに
現地保安官らは、感心しながらもちょっと鬱陶しそう~^_^;
2件目の被害者宅、犯人の行動に矛盾が見られ、2種類のタイプ、
殺害した人物と、泥棒に及んだ人物とが浮かぶ。
歌のレッスンに少年が来て、その直後に殺害されているし
不審者を見ていると思われ、少年に聴取。
彼の証言から近所に住むジャンキーが浮かび、
事件直後に、泥棒に及んだジャンキーっと言う部分では
アッサリと解決。でも、彼は殺してはいなかった。

お留守番部隊なギデオン、今回ガルシアがお守り役(笑)
自分のオフィスで仕事をしてくれれば良いのに・・っと
彼女がどれだけ思ったことかねーー。ギデオン、全くお構いなし(爆)
愛すべき自分のオフィスで、ギデオンが飲み食い好き勝手にしてるのに
(カップめんまで?(爆))もう、ガルシア、キレる一歩手前状態。
しかし、それが少し役に立ったのか、2つの現場で発見された丸い跡の
意味がわかる。
犯人は、被害者の内臓などを底の丸い入れ物に入れて持ち帰っている・・(>_<)
食人症、カニバリズムだって・・・・(絶句)
食人症を患う犯人のプロファイルもでき、
一件目の被害者の葬儀でさらに聞き込みをするチーム。
容疑者として浮上している3人のうち、
施設を退院後兄と一緒にいるのを見かけたというオリーのところを訪れるが、彼は無実だった。
直後に、今度は前回の目撃少年宅が襲われ、祖母が惨殺され、
少年は連れ去られた模様。
さらに二件目の被害者宅には、奪い去った胃が入れ物ごと戻されていた。
精神を病んだ殺人鬼、ふと正気に戻ったときに、懺悔に教会を訪れるのではと、
この町には多数あるという教会もマークされる。
そしてさっそく容疑者エディが車で現れ、やはり手には・・。
彼は精神を病んでいて錯乱状態。とても聴取もできない。
その母親は、一件目の被害者の葬儀で既に目撃談をしていた女性メアリーだった。
薬剤を使い落ち着かせたエディに聴取をするが、
肝心の連れ去られた少年のことまでは、妄想が生じてしまい聴き出せない。
そのうち、エディは自殺未遂をし病院へ。
母メアリーの異常なまでの過保護と過干渉が、彼の精神障害の引き金になっていた模様。
そして、事件との関わりを否定するメアリーが何度も車で向かっている場所がGPSによって判明し、
彼女を伴って向かうチーム。
現場付近の納屋で少年を無事発見保護。
エディが連続殺人後、連れてきた”天使”が少年だったらしい。
それにしても、事件を隠蔽し少年の存在も明かさなかった母親って・・・。
ひょっとしたらそのまま隠蔽のために少年も消してたんじゃ?
血のあとを漂白して片付けるように・・・。
怖すぎる事件デシタ。

皆が戻り、事件も解決し、ガルシアもギデオンからやっと解放されたみたいだけど、
一番散々な目にあったみたい(爆)
その仕事ぶりはしっかり認めたみたいだけど、名前も覚えてないし~ギデオン。
今度留守番、お守りの時は、ガルシア絶対逃げ出すね(笑)
25番目のリストをホッチナーのすすめにより実行に移すギデオン。
きっと離婚(?)後の息子のところに、食事でも~っと誘いたかったのね。
良かったねイイ感触で♪
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/206-f7284aae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。