上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tvkで始まった。全13話らしい。
オリジナルは、英ドラマの「捜査官クリーガン」とのこと。
(未見なんですが・・^_^;)

冒頭、捜査官らしき主人公が山中(?)の白い豪邸に侵入するところから始まります。
そして、猫のいる一室に入ったところで、背後から現れた覆面の人物に
至近距離から被弾!(しかも頭にですよっ!)
同時に窓を突き破って地面へ転落。
・・っとまぁ、ほぼ即死状態だろうと見えるんだけど、
なぜか処置を受けている手術中で・・しかも、いったんは止まった脈も
また動き始め~。

サンフランシスコのOSC(組織犯罪・連続犯罪捜査局)
(・・・また新しい組織が出てきた~ (((((^^;)(爆))
見慣れぬ男が、部屋でいきなり散髪。
捜査官ブランカは絶句。
彼は、どうやらボスであるハンクの要請でやってきた捜査官らしい。
その一風変わった彼が冒頭ではキッチリとスーツ姿だった男、クリーガン。
連続少年行方不明事件にブランカとクリーガンは、さっそく組んで調査にあたる。
2件目の現場、遊園地で、その側に不審な男を発見するクリーガン。
その場で、巨漢なその男を逮捕するが・・・。

クリーガンには、ジェフリー・ドノバン。
・・・ザ・プリテンダーのジャロッド弟カイルです♪
相棒ブランカには、ヴェラ・ファミーガ。
・・・ドラマ、アンダーカバーや、映画・ディパーテッドの出演が記憶に新しい。
ボスのハンクは、ミディアムではカードウェル教授の人でした。
逮捕された男は犯人ではないと思うクリーガンは、
3件目の現場でたびたび目撃されている車の持ち主ヒンクス教授を注目する。
(ヒンクス教授・・24のシーズン1、ドレーゼン兄でした。)
現場での目撃証言もしてる男だが、映るとわかる防犯カメラも避けていない。
泳がせて探ろうとするが、行方不明の少年達の安否も気になるところ。
まずは、クリーガンとブランカで直接、彼に聞き込みに。
その言葉の真偽をはかるためと、彼の家に少年の姿がないかを確認する意味もあり、わざと彼の車のライトを壊すクリーガン。

2件目の現場で逮捕された巨漢な男ケンプが、警察の取調べで自白したらしいが、クリーガンは、彼は無関係と主張。
ケンプは元数学教師で、今は失業中。
その精神状態もかなり怪しく、少年達のことを目撃したのも夢のなかでの話しだと言うが、やはりその夢のなかでヒンクスをも見ているらしい。
ヒンクスが外出した隙を狙って捜査陣が家宅捜査をするが
何も発見できないうちに彼が戻ってきて撤収~。
クリーガンの調べで彼は過去のコロラドでの事件でも目撃者として出頭していることがわかる。
コロラドに向かい、彼の元の住まいを調べたりするクリーガンら。
そしてその当時、行方不明になった少年は少なくても失踪後数日間は
生かされていたことを検死報告書で確認。
今、行方不明の事件の少年達がまだ生存している可能性が強くなる。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/207-b8e28961

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。