上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜかガブリエルが見守るなか、フリッツがブレンダ宅にお引越し~♪
で、ブレンダとフリッツ間の空気がアヤシイ・・引越し当日からもうケンカっすか?(爆)
「僕の引越しとわかっていて仕事ってさ・・」
「しょうがないじゃん、突発事件が起きたんだからっ!」
・・・って感じでもめてるんですね(笑)
フフフ、でも、ガブちゃんとフリッツで、もうすっかり気も合ってるようで、”例のあの目つきだ、ヤバイ”・・・って。
冒頭から笑わせてもらいました(^-^)

事件は、放火殺人事件の公判中、陪審員の一人が心臓麻痺で死亡。
被告アソーリアンは組織犯罪のボスで市警が長年苦労してやっと罪に問おうとしているらしい。
テイラーなどは、陪審員の自然死としてサッサと予備陪審員で始めたいのだが、その前にも目撃者が射殺されたり脅迫電話があったりとじゅうぶん不審だと熱く主張するフリン!

その調べの真っ只中だというのに、親戚の葬式があってもうすぐやってくると言う母親からの電話に、ブレンダ、大慌て!
やっと荷物をトラックから降ろしたばかりのフリッツに、
もう一回積み込み直してくれーーっと泣き言。
ハァァ~??ふざけるなよーーーっと、普通は言うだろうに
まぁ、フリッツってば、あり得ないくらい優しいと言うか・・・。
とりあえず、夕飯を3人一緒にして母親に紹介するんだぞ~って言う条件付きで協力するなんて~(爆)

検死の結果、心不全の予防薬を大量摂取していて逆に死に至っていた。
誰かが故意に致死量の薬を飲ませたのか、本人の自殺なのかはまだ不明。
陪審員の自宅を訪ね、医師である夫やその母親に事情聴取するブレンダ。
妻が心臓発作で死んだことを知らされ、裁判で陪審員が脅迫されていたことも知る夫は、激高。
(NCISでのFBIのファーネルよねっ、ギブスと仲良しの(爆))
フリッツが約束どおり荷物を元に戻してくれてることを信じ
ブレンダは、ブレンダママを迎えに行って家に連れてくる。
ブレンダママ、”ERのカーター祖母”だったのねっ!(爆)
何やら記念の野球ボールの山を残していったのは、
せめてもの抵抗でしょうか・・フリッツ(笑)。
ブレンダママ、これがまた妙な人で、次々とデジカメで写真撮ってるし。
まさにこの母にしてこの娘あり・・(爆)
翌日は、職場見学ですって、ブレンダ、ママ連れてご出勤。
(そんなのありか・・・ (((((^^;))
おいおい、その職場でも撮影しまくり~~ホントにイイんか?(笑)
そんな鬱陶しい(笑)ブレンダママを温かく迎えるチームの面々。
プロベンザなど、トイレにエスコートしたり、結局ブレンダに代わって
葬儀にまでお伴。

すっかりブレンダママの登場で、肝心の重大事件がどっかいっちゃいましたが・・・。
どうやら息子の犯行を自分が背負っての容疑者らしい。
肝心の息子は逃亡中で姿を見せないが、弁護士にときどき電話が入るらしい。
陪審コンサルタント(ジャロッド母っ!)や弁護士の証言を上手く使いながら、
息子の居場所を調べ、接触しようとするブレンダチーム。
張り込みがバレ逃走、フリンに撃たれ病院に運ばれた息子。
まるで死が迫ってるかのように告げるブレンダの口調にまんまと騙され犯行自白。
ついでに目撃者を射殺したことも認めるが、陪審員殺害はしていない~。
とりあえず放火事件の真犯人をあげることには成功。
では、陪審員殺害は・・・っと言うと、それまで自分をこき使い
今度は老人ホームへ追いやろうとする嫁への姑の殺意だった。
この取調べの様子もプロベンザらと一緒に見学するブレンダママの目にも涙。
事件に関係するどの人物達も親子絡みだったことから、
意味ある登場だったんだ・・・。
そして、事件解決後、約束どおりフリッツはブレンダママに無事紹介される~~良かったねぇ。
(しかし、ブレンダママ、林家パー子か・・・(笑))
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/209-e297d1cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。