上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
廃業の決まった古いホテルで奇妙な事故死が続く。
何かあると調べに立ち寄る兄弟。
ホテルを受け継いで経営しているスーザンとその娘タイラーがいたが、
少女タイラーの側には、なぜかもうひとり女の子が・・・
(これが4400のマイアだから、何か絶対あると思ったら~(爆))
犠牲者は、ホテル売却担当の不動産会社や荷物の搬送係。
そして、さらに売却先会社の担当者までが、兄弟のホテル到着後にも謎の死を遂げる。
タイラーが遊ぶアンティークドールの様子に、その不審な死が示されており、
さらに、屋根裏(?)に住むスーザンの母である老婆ローズが
幼少期にブードゥー教を崇拝する乳母に育てられていたことを知った兄弟はローズと接触しようとするが、スーザンに見つかり咎められ
ホテルを追い出されるハメに~。
タイラーの側に寄り添う少女マギーは、タイラーの空想上の友達で
その姿は、タイラーにしか見えない。
そして、ホテルを売却し越そうとしているスーザンに不服なマギーは・・・。
何者かの力で無人の自分の車で轢かれそうになるスーザンだったが、
戻ってきた兄弟に間一髪救われる。
不審死を引き起こしているのは悪霊の仕業で、
ローズが発作によって自由を奪われるまでは、彼女がブードゥーの呪術によって悪霊の力を抑えていたのだった。
マギーは、ローズの姉マーガレットの霊で、
マーガレットは、子供の時にプールで溺死していた。
ホテルを売却しこの地から去ろうとしているスーザン一家と
離れがたいマギーの霊の仕業だった。
さらに、自分と同じようにタイラーをプールでの溺死にマギーは導こうとするが、これもサムらによって救われる。
老婆ローズが、悪霊マギーと交わした約束により、その霊は静まる。
ローズがマギーと同じ世界に行く(死ぬ)ことで、スーザンやタイラーは解放され、ホテルを後にする。
人形達に囲まれながら、仲良く縄跳びをして遊ぶ霊となったローズとマギーだった。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/213-2013682d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。