上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミルウォーキーで宝石店や銀行など、ともに勤勉な社員、行員が
意外にも強盗犯となりその後自殺するという事件が続く。
なにかあると怪しむ兄弟は、銀行で犯人に倒された警備員に
当時の様子をFBIを装って聞き込みにいくと・・。
警備員ロナルドは、かなりのオタク系で(爆)
彼の知る銀行員が犯人ではなく、彼にソックリの彼ではない
誰にでも変身できる”マンドロイド”が犯行に及んだんだと主張する。

そうそう、匂ってきましたねーーー(爆)
シーズン1に登場した、やっぱりアレですか、シェイプシフター!
次に襲われそうな銀行を調べた兄弟は点検工事を装って入りこむが
既にシェイプシフターは入り込んでいて・・・。
さらに、ロナルドが自分の主張を確認するために銀行を占拠しにやってきたから事態はややこしくなる。
そして、シェイプシフターは、すでに脱皮していて別の姿になってる模様だし~。
(あのネバネバベトベトな脱皮・・・相変わらずグロイわ~(>_<))
はからずも兄弟と行動をともにすることになり、
オタクな血も騒いで嬉々としてシェイプシフターとの闘いに加わることになったロナルドが
銀行襲撃犯として狙撃されてしまったのがなんとも悲劇~(;_;)

前回もシェイプシフターのせいでディーンは、殺人の指名手配犯にされてるし
さらに今回は銀行襲撃犯とまでなって本物のFBI来ちゃうし(爆)
しかもそのFBIヘンリクセンは、兄弟のことジョンのことしっかり調査済みで追ってきているらしい。

なんとかシェイプシフターを倒し、現場突入のSWATに紛れ込んで
今回は脱出した兄弟だったが、
また目の仇にして追われる容疑がこれで増えちゃったかな、
たしかにヤバイです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/214-87596874

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。