上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンフランシスコ、満月の夜、バーからオフィスに仕事で戻った男が、
動物の噛み傷のような手口で惨殺される。
刑事を装ってその解剖医に聴取するサム、惨殺体からは心臓も無くなっていた。
発見者は、彼の秘書マディソン。
彼女の元彼カートが、ストーカーのようになって職場に姿を現していて
事件の夜もバーで見かけたと言うことだった。
満月の夜に現れる狼人間の仕業と、少しワクワクと装備を整えるディーン。
怪しいカートの部屋を探ると、その部屋の建物の壁には鋭い爪あとが。
そしてそこの警備員がまた襲われ犠牲になり心臓も奪われている。
カートが頻繁にマディソンのところに姿を現すことから、
彼女の側にサムが、カートをディーンが見張ることになる。
いつもはディーンがイイ思いをするほうを取るのだけれど、
今回は、どうやらサムはマディソンにかなり興味が・・・。
次第に彼女と親しくなってもいくサム。
ディーンがカートの部屋の外で見張っていると、窓ガラスの割れる音が。
急行してみると、なんとカートを襲っている狼人間はマディソンだった!
彼女の部屋の横で寝ずの番をしていたサムには信じられないことだったが
ディーンが狼人間に切りつけた傷が、間違いなくマディソンの腕にあり~。
身に覚えなく否定するマディソンを拘束するが、
自分の体のことと重ね合わせ、意識の無いうちに狼人間と化したマディソンを
なんとか救う方法がないかと考えるサム。
彼女が一ヶ月前に通り魔に襲われ、首の後ろを噛まれていることから、
彼女を噛んだ通り魔、狼人間を始末する方法にかけることにし
サムは引き続きマディソンの見張り、ディーンは通り魔が出没する場所で待機。
現れた通り魔は、マディソンの隣人のグレンだった。
狼人間化しているグレンをディーンが退治。
月夜とともに狼人間化したマディソンだったが、サムが襲われながらも部屋に彼女を閉じ込め、朝になると、普通に戻っていた。
グレンを退治したことで、さらに一晩監視するも変化なし、
マディソンは元に戻ったかと思われ、
互いに惹かれあったサムとマディソンは・・・・
あららぁ、今度はサムの熱いシーン登場デシタ、濃厚~(*^_^*)
ペネロペちゃんを彷彿とするような、かなり美女なマディソンだもんねーー。
しかし、またその夜には、狼人間に変身してしまうマディソン。
ボビーにも確認したところ、元になった狼人間を退治しても、一度変身してしまった者は
元に戻れないのだと。
マディソンを救うためには、彼女自身が覚悟してそう望んだように、
退治するしか方法がない。
苦悩の末、マディソンに銃を向けるサムと、それを見守るディーン、哀しい結末でした。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/226-55128cda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。